スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転ばないように、注意してくださいね~(ノ_<。)

今日はもう眠たいので、手短に雑談でも^^
今日から、札幌雪祭りが開催されます(2月5~11日)。

多くの観光客が訪れるイベントですが、地元の人間は
あまり雪祭りに行く事は無いような気がします。

それは、私自身や私の身の回りの人が、たまたまそうであるだけかもしれませんので、
「いやいや、地元の人間だけど、雪祭りには行くよ~」という方もいらっしゃるでしょう。

どちらにしても、多くの観光客が訪れることは間違いありません。
寒そうにしている観光客ですが、逆にその寒さを楽しんでいるように思えます。

また、冬になってから、韓国・中国・台湾あたりからの旅行者が増えました。
その方々には、札幌をと言うよりも、日本を好きになって欲しいですね^^

さてさて、私は雪祭りには行かない人間だったのですが、昨日
開催場である大通り公園を通りましたので、一足先に雪像を見てきました。

雪祭りの本開催は今日(5日)からですが、実は前日からでも
会場内に入って見る事ができるのです。

未完成の雪像があったりして、一部進入禁止の箇所はありましたが、
殆どの箇所が開放されており、多くの出店が賑わいを見せておりました。

そして前日にもかかわらず、多くの人で賑わっていましたね~
私自身も久し振りに雪像を見ましたので、楽しく拝見させてもらいました。

明るい内にも行きましたし、暗くなってからも行ってみたのですが、
どちらも味わいがあります。

明るい内に行くと、雪像の細かい部分を見る事ができ、
「よくここまで細かく作れるな~」と感心してしまいます。

日が落ちて暗くなってきますと、辺り一面がライトアップされます。
光に照らされた雪像や氷像は、お昼とは違った顔を見せてくれます。

暗いが故に像の細かい部分等は見づらいかもしれませんが、
素直に「綺麗だな~」と感動する事間違いありません。

札幌雪祭りに訪れる方がいらっしゃいましたら、昼も夜もご覧になる事をお勧め致します。
相当寒い思いをするのは間違いありませんが、楽しんでいただけるかと思います。

ただ、足元には十分ご注意下さい。
はっきり言いまして、地面はツルツルです。

雪が降ってくれれば、地面は逆に滑りづらくなります。
しかし、最近は雪があまり降らないこともあり、地面が凍って滑りやすくなっております。

地元の人間も、「ソロ~」や「ペタペタ」と歩いたりして、転ばないようにするのに一苦労です。
普段暖かい所に住んでいる方であれば、歩くだけで危険だと思います。

楽しい思い出を残すためにも、転んで怪我をしないように気を付けて下さい。
くれぐれも、走ったりしないように('-^*)ネッ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

果たして日本チームの運命は!?('-'*)ドキドキ

一昨日の午前2時から、2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会の
組み合わせ抽選会が行われました。

夜遅くまで起きて、テレビ中継に釘付けだった方も多かったのではないでしょうか。
私も眠い目をこすりながら、テレビ中継に見入っていました。

そうは言いましても、抽選の前のセレモニーが思ったより長かったですけどねw
それでは、一昨日決まった組み合わせをご紹介致します( ^-^)つ

A組 南アフリカ   メキシコ    ウルグアイ    フランス
B組 アルゼンチン ナイジェリア  韓国        ギリシャ
C組 イングランド  アメリカ     アルジェリア    スロベニア
D組 ドイツ      オーストラリア セルビア      ガーナ
E組 オランダ    デンマーク    日本         カメルーン
F組 イタリア    パラグアイ    ニュージーランド スロバキア
G組 ブラジル    北朝鮮      コートジボアール ポルトガル
H組 スペイン    スイス      ホンジュラス     チリ

ご覧の通りです。
毎回、「ジャパ~ン」と呼ばれるまでのドキドキ感がたまらなく好きです(*^m^)

さてさて、日本の対戦相手ですが、オランダ・デンマーク・カメルーンの3カ国に決定しました。
みなさんは、この組み合わせをどうお感じになったでしょうか。

私は、「最悪では無いけれど、厳しいかな~」という感想を抱きました。
ちなみにどの組み合わせになっても、「厳しいな~」と感じるとは思いますがw

試合の日程ですが、初戦がカメルーン、2戦目がオランダ、3戦目がデンマークとなっております。
何と言いましても初戦のカメルーン戦の結果が、日本代表の行方を左右すると思います。

ここで負けてしまうと、グループリーグ突破は極めて難しくなるように思えます。
※4チーム中、上位2チームが決勝トーナメント進出

カメルーンは強豪ですから、中々勝ち点を与えてくれないでしょう(勝ち:3点 引き分け:1点)
カメルーンには、エトーというスーパースターがいます。

日本のディフェンダーが、彼を封じ込める事ができるかに注目が集まりますね。
その他にもスター選手が多数いますので、厳しい戦いを強いられることでしょう。

しかし、カメルーンとは相性が良いというデータがあります。
親善試合での戦いはあまり参考になりませんが、真剣勝負で勝利したという前例もあります。

つまり客観的に見るとカメルーンの方が遥かに上ですが、日本にも十分付け入る隙はあります。
また、アフリカチームのお家芸とも言える、大会前のチーム内のゴタゴタにも期待できます。

毎回アフリカチームは、何かしらチーム状況の悪さという問題を抱えます。
選手と協会との確執・選手と監督との確執・ボーナスを巡っての一悶着などなど・・・

まあ、そういう所を期待するよりも、純粋に戦って勝って欲しいという願望もありますけどねw
とにかく、ベスト4という目標を立てるのであれば、初戦は負けるわけには行かないでしょう。

2戦目のオランダですが、ここははっきり言いまして、勝ち点を期待しておりません。
つまり、勝ちはおろか引き分けすら難しいと私は思っております。

客観的に見るとそう思ってしまうのですが、実はオランダ戦が一番楽しみです。
W杯という真剣勝負の場でスター選手揃いのオランダと戦えるのですから、ワクワクします。

10月に親善試合でオランダと対戦済みというのも、良い研究材料になるでしょう(0対3で敗戦)。
オランダは日本を舐めてかかってくるでしょうから、その足元を掬って欲しいですねw

もし日本がオランダから勝ち点を奪ったら、世界的に驚かれる事になるはずです。
そうなったら、とてつもなく気持ちが良いですねw

ただ2戦目のオランダ戦は、やはり初戦の結果次第で展開が変わってくると思います。
例えば初戦で勝った(もしくは引き分け)場合、オランダ戦は無理はしなくても良いかもしれません。

「オランダ戦は引き分けでOK」「負けたとしても、得失点差を考慮して0対1ならOK」
という感じの戦い方になる可能性もあります。

しかし初戦で負けてしまった場合、オランダ戦は勝ちに行かなければなりません。
最悪でも引き分けに持ち込む必要が出てきます。

そうなると攻めなければなりませんから、守備がおそろかになり、
オランダ戦では大敗を喫するというシナリオが浮上してくるのです::

オランダ戦では楽な気持ちで戦って欲しいので、そういった意味でも初戦では勝って欲しいです^^
そして3戦目がデンマークです。

サッカーをあまりご存知でない方は、「デンマークって強いの?」という風に
思っていらっしゃるかもしれません。

確かに、オランダほど世界的なスーパースターを抱えているわけではないと思います。
ただ、チームとして凄くまとまっているという感じがします。

W杯欧州予選でも、ポルトガル・スウェーデンといった強豪を押しのけ、
首位通過でW杯出場を決めました。

あくまで個人的かつ素人目からの見解ですが、日本にとっては
カメルーンよりもデンマークの方が強いのではないかと思います。

初戦・2戦で、日本が勝ち点1以上を取っているのなら、3戦目のデンマーク戦は
生き残りをかけた非常に大事な一戦になるはずです。

一番なって欲しくない展開は、初戦・2戦目共に負けてしまい、
デンマーク戦が消化試合になる事です。

グループリーグ突破にわずかな可能性でも残されていれば、3戦目は物凄く面白くなるはずです。
前回の大会でも3戦目に望みがありましたから、見ていてドキドキしましたし。

予選を突破できるとなれば、勝ち点5(1勝2引き分け)か勝ち点4(1勝1敗1引き分け)
あたりがラインになるでしょうか。

以前、19歳以下の大会で、勝ち点2で日本が決勝トーナメントに進出したという例がありました。
その時は、オランダ勝ち点9(3勝)、日本勝ち点2(1敗2引き分け)でした。

これは極めて異例と言えますが、その時もオランダが同組でしたので、その再現が?
まあ、予選突破のラインとしては、最低4であると思います。

オランダには、是非ともデンマークとカメルーンに勝って欲しいですね。
そうすれば、日本にもチャンスが出てくるかも。

個人的な予想ですが、日本がグループリーグを突破する確率は、20%程度だと思っております。
しかし、W杯では0%というのはありえません。

MHFの世界でも、10%の確率を期待する事は多々あります。
何が起こるか分からないのが、短期決戦の怖い所です。

果たして、日本はグループリーグを突破する事ができるのでしょうか。
非常に難しいとは思いますが、世界を驚かせるためにも、是非頑張っていただきたいと思います。

他のグループも気になります。
ホスト国の南アフリカが可哀想なことに::

ホスト国は第1シードになりますので、強豪国とは当たりづらいはずなのですが、
よりによってフランスを引いてしまいました。

メキシコも第1シードされてもおかしくない強豪国ですし、ウルグアイも強いです。
個人的には、南アフリカには予選を突破してもらいたいです。

ホスト国が予選リーグで敗退したという前例は、今までありません。
2002年の日韓大会でも、日本と韓国は無事に決勝トーナメントを果たしました。

そのジンクスを守るために、南アフリカには頑張ってもらいたいですね^^
力で劣っても、地の利・コンディション作り・ホームの大声援が後押しするはずです。

G組の、ブラジル・ポルトガル・コートジボアール・北朝鮮も注目です。
これって、北朝鮮は涙目ですね(つдT)

同じアジアのチームとして頑張って欲しいとは思いますが、現実は厳しいかと^^:
コートジボアールも運が無いと思います。

前回大会では、アルゼンチン・オランダ・セルビアモンテネグロという死のグループに
放り込まれましたが、今大会でも、ブラジル・ポルトガルと一緒とかw

大会が始まるまで、あれこれ予想するのも、W杯の楽しみの一つです。
そして、ここまでワクワクできるのは、日本が出場するからでもあります。

そういう意味で、私達に夢を与えてくれた日本代表には、とても感謝しております。
是非とも頑張っていただきたい!!

まだまだ書きたい事はあるのですが、キリが無いのでここまでという事でw
付け加えますと、素人の私の見解は、あまり当てにしない方が良いですよ~( ̄ー ̄)ニヤリ

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

今からワクワクが止まりません (*゚▽゚*)ワクワク

昨日、2010年に行われるサッカーワールドカップの出場国が全て出揃いました。
32カ国のチームが、南アフリカで行われるW杯で凌ぎを削る事になります。

本戦の開催まで約7ヶ月ありますが、今からとても楽しみにしております。
南アフリカと日本では7時間の時差があります。

そのため、深夜に試合をテレビ観戦する事もありますので、
W杯開催時は間違いなく寝不足になるでしょうw

逆に考えると、夜にテレビ中継される分、確実に観戦出来ると言うメリットもあります。
2002年の日韓大会では、平日のお昼の試合は観戦できませんでしたし::

気になる組み合わせ抽選会ですが、南アフリカ現地時間12月4日夜7時開始だそうです。
※日本時間12月5日深夜2時かと思われます

毎回、抽選が行われる瞬間がドキドキしてたまりません o(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク
前回の2006年の抽選会は、NHKで放送されておりました。

おそらく今回も放送されると思われますので、良い組み合わせになる事を祈って
テレビに噛り付きながら見る事になるでしょう。

そして昨日、面白い物を発見してしまいました。
2010 FIFA World Cup South Africa 抽選シミュレータという物です。

これは、W杯の組み合わせ抽選を疑似体験できるという物です。
私も早速試してみる事に。

ちなみに、4チーム中上位2チームが決勝トーナメントに出場できます。
さてさて、気になる結果は・・・

A組 南アフリカ   パラグアイ      ポルトガル  アメリカ
B組 ドイツ      カメルーン      スロベニア  オーストラリア
C組 フランス    ガーナ        ギリシャ    メキシコ 
D組 イングランド  ナイジェリア    オランダ    韓国
E組 スペイン    ウルグアイ     スイス     日本
F組 イタリア     チリ          デンマーク  ホンジュラス
G組 ブラジル    コートジボアール  セルビア   北朝鮮
H組 アルゼンチン  アルジェリア    スロバキア  ニュージーランド


ほほ~、日本はスペイン・ウルグアイ・スイスと同組ですか~
凄いありえそうな組み分けだと思いますw

イングランド・オランダ・ナイジェリアと一緒になった韓国は涙目ですね (つω:)
それ以外は、強豪国が上手くばらけたと思います。

この組み分けだった場合、スペインがグループリーグ突破の大本命でしょう。
そうなると、ウルグアイ・スイス・日本で残りの1枠を巡り、争う事になります。

しかしウルグアイは古豪ですし、スイスもここ最近はW杯や欧州選手権の常連となっております。
つまり、両者とも楽に勝たせてくれるような相手で無く、日本より各上だと私は思います。

そもそもW杯に出場する国の中で、日本が楽に勝てる相手なんて無いですけどね^^:
ただ、この組み合わせだった場合、日本にも十分予選突破のチャンスがあると思います。

2年前、アウェーの地で、スイスに4対3で勝利しているというデータがあります。
しかし1年前、ウルグアイに1対3の完敗を喫していますけどね(しかも札幌の地で::)。

それでも過去と今ではチーム状態が全然違っていたりしますし、W杯という真剣勝負の場では
何が起こるか分かりません。

スペインは確実に予選突破できるみたいな事を書きましたが、その保障はどこにもないですし。
優勝候補の国が予選敗退という事もありえますので、その辺が勝負の面白いところです。

日本が予選を突破するには、これからのチーム作りと成長が不可欠ですが、
どうしても組み合わせ次第という「運」も絡んでくると思います。

選手・監督からすると、「どの相手と当たっても、自分達のサッカーを貫けば予選は突破できる」と
確信しているでしょうが、素人目から見ると、「組み合わせ次第だな~」と思ってしまうのです::

その「組み合わせ次第」というのは、第1シード国で南アフリカを引き当て、
ヨーロッパ枠でポルトガル・オランダを引かない事だと思います。

私が考える「この組み合わせだったら予選突破できるかも!?」という組み分けはこちらです。

南アフリカ パラグアイ スロベニア 日本

この組み合わせだったら、日本も十分戦えるんじゃないかな~と (`∇´)
強豪国が集まると「死のグループ」と呼ばれますが、これだと「本命無きグループ」ですねw

しかし先ほども述べましたが、日本が楽に勝てる相手などありません。
その分、強い相手と真剣勝負ができると考えると、日本にとっても幸せでしょう。

とにかく、W杯に出場する役者は揃いました。
あとは私達に素晴らしい戦いを見せてくれる事を期待したいと思います。

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

日本ハムファイターズ、おめでとう~ヾ(*^∀^*)ノ゛バンザーイ

昨日、北海道日本ハムファイターズが東北楽天ゴールデンイーグルスとの対決を制し、
見事日本シリーズへの切符を手に入れる事ができました o(〃^▽^〃)o

多くの道民が、この結果を喜んでいる事でしょう。
日ハムの関係者の皆様、本当におめでとうございます。

同時に読売ジャイアンツも中日ドラゴンズとの対決に勝ち、日本シリーズ進出を決めております。
これで、日本シリーズは日ハムVS巨人という図式が出来上がりました。

これは個人的な意見ですが、私は中日より巨人と日本シリーズで戦って欲しいと思っておりました。
一昨年と3年前は、2年連続で日ハムと中日との対決だったからです。

一昨年の対決では中日に苦汁をなめさせられており、もし中日が勝ち上がったとしたら
その雪辱を晴らす機会が巡ってくるという考えもあるとは思います。

しかし私としては、3度目の中日との対戦でマンネリ化するよりは、
巨人と戦ったほうが新鮮な気持ちで見る事ができると思ったからです。

また、日ハムが北海道に移転する前、北海道における人気球団は巨人でした。
その名残で巨人ファンも数多くいらっしゃると思いますので、盛り上がるのではと期待しております。

注目の日本シリーズは、10月31日(土)~11月8日(日)の間に開催されます。
1,2,6,7戦は札幌ドームで、3,4,5戦は東京ドームで行われます。

日ハムの4連勝でも良いのですが、そうなるとホームの6,7戦が無しになってしまいますので、
贅沢を言わせていただくと、地元で日本一を決めて欲しいですね^^

今回のクライマックスシリーズをテレビ・インターネット等で全て観戦しましたが、
どの試合も素晴らしい内容だったと思います。

日ハムの戦いぶりは、見ていて頼もしい物がありましたが、楽天も立派でした。
そして忘れてはいけないのが、楽天の野村監督が今期限りで監督を辞められるという事です。

昨日の一戦の後、日ハム・楽天の選手が一緒になって野村監督を胴上げしました。
敵味方関係無く、去り行く名将を胴上げで送り出すという粋な計らいは、素晴らしいと思います。

そして札幌ドーム全体では、日ハムファンが野村監督への労いの声援を送り、
楽天ファンは日ハムの勝利を称えたそうです。

この様に、選手・ファン共に清々しいのは素晴らしいですね (o^-')b
さて、戦いはもう一週間後に迫っております。

お互いの健闘を祈りつつ、応援していきたいと思います。
頑張って~ (/゜▽゜)o

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ - ジャンル : スポーツ

ご冥福をお祈りいたします

今日の記事は、皆様の気持ちを沈ませてしまう可能性がございます。
何卒お許し下さい。

6月13日22時過ぎ、プロレスリングノアの社長でもあり選手でもあった
三沢光晴さんがこの世を去りました。

試合中のアクシデントによるもので、享年46歳という若さでした。
この知らせを聞いた時、一瞬頭が真っ白になり、事態の把握に時間を要しました。

三沢さんの死は、今でも信じられません。
これは夢ではないかと、未だに信じられない気持ちでいっぱいです。

三沢さんは2代目タイガーマスクとして活躍し、素顔になってからは全日本プロレスのエースとして、
プロレスリングノア設立後は社長兼選手として頑張ってきました。

試合中に相手選手のバックドロップを喰らい、そのまま意識不明となり、帰らぬ人となりました。
三沢さんは受身の上手さに定評があったのですが、まさかこんな結果を生もうとは・・・

私は昔からプロレスが好きでして、今でこそ昔ほどの熱は持っておりませんが、
それでも情報は仕入れていますし、去年もプロレス観戦に行ったほどです。

私が好きな団体は新日本プロレスで、三沢さんはライバル団体の全日本プロレス出身でしたが、
それでも私は三沢さんの事を素晴らしいレスラーだと思っていました。

私がプロレスを一番好きだった時期は三銃士・四天王が全盛期の頃で、
彼らの勇姿に目を奪われたものです。

※三銃士(新日本プロレス:武藤敬司・蝶野正洋・橋本真也)
 四天王(全日本プロレス:三沢光晴・川田利明・小橋建太・田上明)

私は全日本プロレスやノアの試合を生で観戦した経験が無いため、
三沢さんの勇姿をこの目で見た事は無いですが、テレビでよく見させてもらっていました。

この頃から、三沢さんは危険な技を受け続けていました。
それでも、三沢さんは華麗な受身で大技を受けきって、ファンを魅了し続けてきました。

しかし、46歳という肉体的な衰えに加え、社長としての責務もこなさなければならなかったため、
コンディションは良くなかったのかもしれません。

ここ最近の三沢さんの肉体を見ると、「コンディション悪そうだな」とは感じていました。
一昨日も、試合中に調子が悪そうだったと言う話も伝わっております。

地上波のテレビ放送の契約も打ち切られ、観客動員数も落ち込んでいたそうで、そんな大変な
時期を乗り越えようと尽力した事が、三沢さんの心身を蝕んでいたのかもしれません。

しかし三沢さんは責任感が人一倍強い人でしたので、
「この厳しい時期に休むわけにはいかない」という思いもあったのでしょう。

三沢さんの師匠でもあり全日本プロレスの社長でもあったジャイアント馬場さんは生前に
「あいつは(三沢さん)自分から休ませてくれとは絶対に言わないんだよ」と仰っていました。

体がボロボロになっていても戦い続け、遂には半ば社長命令として欠場させた事もあるそうです。
その時は、エースとしての自覚と責任感が三沢さんを突き動かしてきたのでしょう。

ここ最近は社長として、もちろん選手としてファンを裏切らないために
体に鞭打ってリングに上がり続けたのかもしれません。

2005年の橋本さんの死も衝撃的でしたが、まさか三沢さんまで・・・
橋本さんは40歳、三沢さんは46歳で、二人ともまだまだトップレスラーとして君臨していました。

レスラーとして、人間として、ファン・他のレスラーから絶大な尊敬を集めてきた人達が
死んでしまうなんて、本当に信じられない気持ちが頭を巡っております。

それでも三沢さんの死は、紛れも無い事実であり現実でもあります。
三沢さんが残していった物を、関係者・ファンは受け継いでいかなければなりません。

今回の三沢さんの死によって、プロレスの火が消えてしまうのは絶対に避けなくてはなりません。
それは、生命をかけてリングに上がり続けた三沢さんが、一番望まない事でしょう。

絶大な人気を集めてきた選手を、そして社長を失ったプロレスリングノアの関係者の皆様、
心中お察しいたします。

これからが大変だとは思いますが、どうか三沢さんの意志を受け継いで、
プロレス業界を盛り上げる事を期待しております。

ここで、ユーチューブとニコニコ動画から、三沢さんに関する動画を拝借させていただきました。
他のニコニコ動画を当ブログに貼るのは初めてなのですが、追悼の意味も込めて紹介致します。






三沢さんの入場テーマであるスパルタンXを聞くと、ファンからの「みっさっわ!みっさっわ!」
コールの中、三沢さんが今にも登場してきそうな気すらします。

しかし、それも今となっては叶わぬ夢に・・・
この曲を聞いていると、涙が溢れてきます。

三沢さんはプロレスファンにとって、永遠に忘れる事のできない存在となるでしょう。
稀代の名レスラーの早すぎる死は、悔しいと共に残念でなりません。

本当は、昨日の記事を急遽後回しにして、三沢さんの事を昨日書こうかとも思ったのですが、
時間を十分空けて落ち着いた状態で書きたかったため、今日公開する事になりました。

今まで素晴らしい戦いをファンに見せ続けてくれた三沢さん。
本当にありがとうございました。安らかにお眠り下さい。

心より哀悼の念とご冥福をお祈りいたします。
合掌

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。