スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウナギをふっくらと炙りましょう ┏鰻┓φ(ω・@)イタダキマス

先日、ガンランスのSRを取得した事を書かせていただきましたが、今日はその続編となります。
ちなみに11種ある武器の中で、ガンランスのSR取得は最後でありました。

ガンランスSR18
これにて11種全ての武器のSRを取得した事になりますが、
11番目のSRを取得する際、専用のメッセージを見る事ができます。

「オヌシに渡す秘伝書はついに今ので11冊目。そう、最後になったのじゃ。よく頑張ったのう」
という言葉をギルドマスターから頂けます。

とっくの昔に11種全てのSRを取得済みだという方も少なくないでしょうが、
ここまでたどり着くために相当努力しましたので、私なりに頑張ったと思います。

さて、先日はガンランスのSRを取得する事によって使用できるヒートブレードと属性砲を
ご紹介致しましたが、今日はそれらに対する私の評価を述べたいと思います。

まずヒートブレード(以下:HB)ですが、ガンランスの先端から
バーナーの様に火を噴出するという所は、見た目にも面白いものだと思います。

HBの発動中は突きの会心率が100%になるという所から、強い技であると言えるでしょう。
しかしこれを忘れてはいけないのですが、HBの持続時間は1分間であるという事です。

もちろん、「HBの効果時間が長すぎると強くなりすぎる」という事になりますので、
効果時間が1分間である事に対しては全く異論はございません。

問題なのは、HBの効果時間が過ぎてしまうと、斬れ味が最低まで落ちてしまう所です。
つまり、HB後は斬れ味が赤ゲージになってしまうため、そのままでは使い物にならないのです。

そうなると砥石を使用して斬れ味を回復させないといけないのですが、1回研いだくらいでは
駄目な場合もありますので、砥石を使用するために戦闘から離脱する事になります。

レアアイテムではありますが砥石Gを使用したり、砥石使用高速化のスキルを付ける事によって
その問題はある程度解決するのかもしれませんが、私はあまり良い印象を持ちません。

以前、他の人がHBを使用していて、その後にのんびりと砥石を3回使っている所を見た時は
(砥石使用高速化は無し)、「それだったらHBを使わない方が…」と感じてしまいました。

きちんとしたガンランス使いの方であれば、そんな事は無いと思いたいですけどね^^:
たっぷりエスピ亜の様に、1分かからずに終わるのであればHBは物凄く有用ではあります。

ただ、殆どの場合で戦闘時間が1分以上かかる事になりますから、HBは使い所が難しいでしょう。
実を言うと、HBの運用が難しいというのが、ガンランスのSRを最後にした理由ではございません。

私は常々、ガンランスは突きよりも砲撃に特化する武器であるべきだと思っておりました。
突きはランス・砲撃はガンランスという位置付けで、両者を使い分けているつもりです。

しかし、HBは発動時に突きの会心率が100%となり、更に竜撃砲が使用できなくなります。
通常の砲撃は使用できますが、HB発動時は結局突き特化型の武器へと変貌してしまう訳です。

HB発動時に突いて攻撃すれば会心100%ですので強いのは間違いありませんし、
先端から火が噴出するのも面白いとは思います。

ただ、ガンランスの最大の見せ場だと思っている竜撃砲を使用できなくなる事に加え、
突き特化型の武器に変貌し、そして1分後には使い物にならなくなる所がシックリ来ないのです。

「突きを行う機会が多いのであれば、ランスでいいよね」という考えに行き着いてしまいます。
この「ランスでいいよね」という言葉は、本当は言ってはいけないものなのかもしれませんが^^;

「突きはランス・砲撃はガンランス」という概念が私の中で定着しておりまして、突き特化型へと
変えてしまうHBに魅力を感じなかったため、ガンランスSRの取得が最後になってしまったのです。

大剣と弓の天ノ型が微妙であった(大剣最大の見せ場である溜めが使用できなくなる・弓の
持ち味とはかけ離れた昇龍弓)事が理由で大剣と弓のSR取得が後回しになったのと同じ感じです。

ちなみに、大剣と弓は嵐ノ型で蘇りましたから、今では多くの方がSRを取得しているでしょう。
これらの考え方は私が抱いているだけという物ですので、一般論だとは思っておりません。

今では砲術神で砲撃特化にするよりも、攻撃大・見切り3・砲術王の方が良い場合もありますので、
私の様に「ガンランスは砲撃>突き」という考えに固執するのは時代遅れなのだと思います。

また、ガンランスを専門に扱う方達は、HBのデメリットも把握した上で
HBのメリットを最大限に活かすような戦闘方法をとっている事でしょう。

私の場合、特定の武器を専門的に扱うというスタンスは基本的には取りたくなく(秘伝防具の関係で
HCクエは片手で行かざるを得ない)、11種全てを扱いたいというのが本音です。

そのため、ガンランスを専門に扱う方より、ガンランスへの愛の深さや知識・発想・PSは劣ります。
こうした背景も、HBに後ろ向きな評価を与える事になった要因に繋がったのかもしれません。

天ノ型のHBには厳しい評価を与えてしまっておりますが、その一方、嵐ノ型で使用できるようになる
属性砲に対しては、ガンランスらしいという評価を与えております。

属性砲は使用中の武器に付属している属性が砲撃に付与されますので、
ガンランスは砲撃がメインの武器だと考えている私にとっては好印象な技なのです。

高い雷属性を誇るガンランスのダンディズムで、剛種オオナズチ相手に
属性砲+連撃砲を駆使するのは物凄く有効である事は有名ですね^^

ただ、その属性砲も、現状では限られた武器・限られた相手にだけ有効であるというのは
否めませんので、もう少し日の目を見る事のできるようになって欲しいと思います。

そういえばフォワード.1から、HB使用時に武器の斬れ味が最大にまで回復するようになりました。
これは、ガンランスでHBを使用する方にとっては大きな上方修正であると思います。

色々と辛辣な事を述べてしまいましたが、私はガンランスのSRを取得を済ませましたので、
今後ガンランスを使用する機会がありましたら、柔軟に天ノ型や嵐ノ型を使用していきたいです。

さてさて、突き特化型になる事に違和感を覚えた事がガンランスSRの取得を最後に回した
要因ですが、SRを取得したら取得したで、やはりHBを体験してみたくなります。

そこで、5月1日から5月9日の間に配信されていたイベント
「失われた地図・二章」でHBデビューを飾っております。

この時は仲間とイベをこなしていて、この時点ではガンランスのSRが31で
弱い武器しか装備できなかったのですが、仲間の許可を得てガンランスで参加しております。

この時はネカフェからのプレイでフラウを連れておりましたので、
私の武器が弱い替わりに損失補填としてフラウに頑張ってもらっていましたw

ガンランスSR15
HBを発動している間に突きを行うと、バーナーでヴォルを焼いているように見えますね。
「鰻(うなぎ)のHB炙り」という料理が登場したりしてw

ガンランスSR16
ガンランスSR17
野良での狩りをする時、はっきり言いまして私はHBを使用する事はないと思いますが、
仲間と遊ぶ分にはHBを楽しく使用していきたいと考えております。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。