スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引きつけと突き放しを使い分けるツンデレ龍です (  `-ω)ω<*)

昨日、インした直後は広場をうろついたり新武具を調べたりしていたのですが、
まず最初に行ったクエストは、もちろんルコディオラとなります。

新モンスターが実装されるたびに、私はソロで初体験するのが常となっておりますので、
今回もソロプレイ(ラスタ無し)で挑戦してみました。

ちなみに、決戦の場となるのは「迎撃拠点」となります。
「戦闘街」のリニューアル版といった感じでしょうか。

ルコディオラ16
迎撃拠点はBC(ベースキャンプ)と3つのエリアで成り立っております。
見づらいかもしれませんが、画面の右上にマップがありますね。

ここはBCなのですが、メゼポルタ広場らしき場所を見る事ができます。
この事から、迎撃拠点とメゼポルタ広場は、結構近いという設定なのかもしれません。

ルコディオラ17
ここはエリア1で、ここが戦いの場になる事はなさそうです。
調べてはいないのですが、大砲やバリスタの弾等が拾えるのかもしれません。

さてさて、いよいよルコディオラとの対面を果たす事ができます。
ルコ戦は、開始直後にムービーが流れます。

ルコディオラ1
ルコディオラ2
まず、ルコディオラが颯爽と空から登場し、咆哮する所までがムービーで流れます。
ムービーはキャンセルできないのですが、短い時間ですので、そんなに気にはなりませんでした。

上位と剛種ルコは未実装ですので分かりませんが、ムービーは下位だけだと嬉しいです。
剛ルコは、剛ラオ・剛シェン・剛ヤマツの様に、ムービーが省略されているような気もします。

ルコディオラ3
最初のプレイという事で、敵の攻撃パターンを見るために、適当に戦っておりました。
実際にルコディオラと戦ってみての感想ですが、かなり戸惑いましたね~

画像の左上にキャラ名がありますが、その右隣にU型磁石のマークが付いております。
この状態になってしまうと、ルコディオラの思うが侭です。

ルコディオラは磁力(?)を操り、プレイヤーを自分の所へ引き付けたり、
逆に遠ざけたりしてくるのです。

上の画像でもお分かりの通り、自分の周りに円を描くような磁界を張り、
その中に入っているプレイヤーに様々な干渉を行ってきます。

例えば、振り向き様にルコの顔に斬りかかった時、いつのまにか磁界の外へと追いやられ、
攻撃が空ぶるという事もあるのですよね^^:

攻撃のタイミングや斬りかかる間合いは、慣れてくると問題無いのかもしれませんが、
初めてルコディオラと戦った時は、物凄くやりづらかったです。

ルコディオラ5
そして薙ぎ払いビームをしてくる時、ルコディオラの横や後ろにいると安全なのですが、
横から顔を攻撃しようと近づくと、磁力で引き付けられ、ビームに当たってしまいます。

この薙ぎ払いビームは、弓やガンナーにとっては厳しい攻撃となりそうです。
一応、コロリン回避で薙ぎ払いビームを避ける事は可能ではあります。

ルコディオラ4
私が一番面白いなと感じたのが、ルコディオラが麻痺した際、
麻痺したまま頑張って歩き出す所ですw

ビリビリしたまま「ヨイショ!ヨイショ!」と一生懸命歩く姿は、結構可愛いと感じてしまいました。
これは、ハメ対策(麻痺→スタン→麻痺のループ)の一環なのかもしれませんけどね^^:

ルコディオラ6
迎撃拠点には、様々な仕掛けがあるようです。
ルコディオラに隅へと追いやられ、トランポリンの様な物の上で戦っていましたら・・・

ルコディオラ7
ルコディオラ8
「ボヨヨ~ン」と、上へ持ち上げられてしまいました Σ(゚Д゚;
龍撃槍やバリスタを使用したい時に、このトランポリンを利用して高台へ上るわけですね。

ちなみに、迎撃拠点には耐久度がございまして、ルコディオラの攻撃を喰らう度に
(もしくは時間経過?)、その耐久度が下がっているようです。

ルコディオラ9
ルコディオラ12
ルコディオラ13
そうしますと、BCやエリア1の各所で火が燃え盛ります。
この辺は、中々凝った演出ですね。

この火に近づいてしまうと、溶岩と同様にスリップダメージを受けますので、ご注意下さい。
また、画面が若干赤みを帯びて、暗くなっている事もお分かりになるかと思います。

今日の記事の1.2枚目のSSとは、明らかに明るさが違いますね。
これは、ルコディオラにより、街が戦火に包まれたという事を意味するのでしょう。

ルコディオラ10
さて、初戦はルコディオラの攻撃を満喫したくて適当に戦っていたのですが、
拠点の耐久度がゼロになり、クエストが失敗してしまいました ∑( Д )゚ ゚

ルコディオラ11
その瞬間、「ポカーン (" ゚〇゚) 」となってしまいましたねw
拠点に耐久度がある事なんて考えてもみませんでしたから、全くの予想外でした。

そういえば、戦闘街にもそういった設定がありましたね~
私は50分以内に倒せれば良いと考えていましたので、のんびりしすぎてしまいました。

この時は、もう少しで30分になろうかという時に耐久度がゼロになってしまいました。
そのため、目安としては戦闘開始30分がリミットなのだと思います。

ルコディオラ14
「これではイカン」という事で、火力を重視するために双剣に持ち替えた結果、
無事にソロ討伐を果たす事ができました(20ラスタ)。

正直、ソロプレイはかなり厳しかったですね~
矢継ぎ早に攻撃を受けてしまいますので、回復する暇もあまりありません。

同じソロプレイでも、ラスタを連れて行けばターゲットが分散される分、
非常に戦いやすくなりますので、クリアタイムが劇的に縮まると思います。

とりあえず下位とはいえ、ソロでルコディオラを討伐できましたから、私としては満足です。
その後、仲間とPTを組んで戦ってみましたが、あっさり倒せてしまいましたw

ルコディオラ15
ルコディオラは角が2段階で破壊され、尻尾も切断する事ができます。
ルコディオラの尻尾は、その辺の木にある小枝の様ですねw

翼破壊は私は果たした事がありませんので、詳しくは分かりません。
ただ、斬属性の武器で翼を攻撃すると手ごたえがありますので、斬の弱点は翼なのかも。

また、ルコディオラが落し物をした際は、必ず拾いましょう
「極龍の鱗」を拾う事ができますが、鱗は中々手に入らないようです。

ルコディオラとはまだ4回しか戦っておりませんが、
PTで挑んでみれば、下位であれば簡単に倒せてしまいます。

ただ、これから配信される上位や剛種となると、そう簡単にはいかないでしょう。
特に、剛種ルコディオラは物凄く強そうですね~

ルコディオラの剛種武器は魅力的なものが多いので、作る価値は十分あります。
剛種武器を作るまでの道のりは険しくなりそうですが、頑張って狩っていきたいと思います。

最後にルコディオラの評価ですが、私は中々面白いモンスターだと思いました。
慣れないうちは、磁力で引っ張られたり跳ね返されたりと戸惑いますけどねw

ただ、これからたくさんルコディオラを狩る事になるでしょうから、
その過程で楽しくルコディオラを狩る事ができるのではないかと思っております。

また、「ルコディオラはモンハンらしくない」という声もよく聞かれます。
世界観に拘る方々であれば、そうお感じになっても不思議ではないと思います。

確かにそういった意見も一理あるとは私も思いますが、ルコディオラに対しては、
私は良く言えば頭が柔らかい・悪く言えばあまり深く考えていないという感じなのだと思います。

そのため、ルコディオラがモンハンの世界観にそぐわないと多くの方が評価しているとしても、
私はそれほど気にはしていないというのが素直な気持ちです。

簡単に言うと、「戦っていて楽しいモンスターなら、それでOK」という事です。
「ルコディオラが2足歩行だったら、ウルトラマンに出てきそうだな」とは思いますけどねw

ユーチューブに、対ルコディオラの1回目と2回目のプレイダイジェストを載せております。
ルコディオラの動きをお知りになりたい方は、是非ご覧になってみてください。
※3分9秒あたりのルコが麻痺をするシーンは必見です





左がPC版、右がXbox版となっております。
予約受付は5月8日までとなっておりますので、お早めにどうぞ。

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。