スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の物は俺の物、落ちている物も俺の物 (☆゜д゜)

今日は時間がありませんので、雑談で終わりたいと思います。
以前から興味があったデッドライジング2を、ようやくプレイする事ができました。

そもそも、デッドライジング2は武具コード目的で買ったゲームソフトですが、
せっかくXbox360本体もあるのに、遊ばないのは勿体無いですしね^^

デッドライジング2はどの様なゲームかと言いますと、一言で言うとゾンビゲームです。
ただ、ホラーゲームという様な怖いゲームとも違います。

大量に徘徊しているゾンビをバッタバッタと倒していく、
痛快アクションゲームと言った方が良いのでしょうか。

面白いのが、そこらに落ちている物が武器になるという所です。
道においてあるベンチやゴミ箱から、おもちゃ屋で売られている水鉄砲までもw

ショッピングモールが舞台となっておりますので、様々なお店に入ると武器に
なりそうな物がたくさんあり、それを使用してゾンビを倒す事ができるのです。

ただ、デッドライジング2の評価は、思ったより高くないように思えます。
私は中々楽しいと思ったのですが、1からプレイしていた方の評価がよろしくありません。

前作が素晴らしすぎて、その次の作品が平凡に感じるというようなものなのかもしれません。
逆に、私は今作が初めてですので、まっさらな気持ちでプレイできましたけどね。

しかし、不満に思える部分は随所にございます。
まず、ロード時間の長さは致命的欠陥と言っても過言ではございません。

エリアを変える毎に長いロード時間が発生するため、相当イライラさせられます。
ハードディスクにゲームをインストールしてみても、解消されませんでした。

そして、ゾンビをバッサバッサと倒していく事が楽しいゲームのはずなのに、
ゾンビをスルーして移動しなければならないのです。

このゲームはリアルタイムに時間が経過していって、
生存者を救いに行くイベントは時間経過で消滅してしまいます。

つまり、のんびりゾンビ相手に遊んでいると、
いたずらに時間が過ぎていってしまい、イベントが消滅してしまうのです。

そうなると、迅速にイベント発生地点へ急行しなければならないため、
ゾンビを上手に避けるゲームへと変わってしまいます。

せっかく倒せるゾンビがそこら中にウヨウヨしているのに、
それをスルーせざるを得ないのはどうなのかな~とは思いましたね^^:

あと、イベントに関係する事ではありますが、
イベント発生ポイントへ移動するのが面倒に感じてしまいます。

そういう訳で、デッドライジング2はそこそこ楽しいゲームではありますが、
「暇な時に遊んでみてもいいかな」程度の面白さになってしまいました。

このゲームはもっと面白くなる要素があったはずなのに、
開発者がどこかで間違ってしまった感が否めません。

この辺の評価は人によって変わってくるので、一概には言えませんけどね。
私からすると、時間経過無しに、もっとのんびりと遊ばせてくれた方が良かったです。

とりあえず、MHF内の強い武具を入手できましたから、
デッドライジング2を購入した事に関して、何ら後悔はしておりません。

余談ですが、今日のブログタイトルは、漫画『ドラえもん』から生まれた
名言(?)を使わせていただきました。

これは、のび太がジャイアンに「漫画本を返して」と要求したのですが、「おまえのものは
おれのもの、おれのものもおれのもの」と言って、逆ギレを起こす場面がありました。

これって、理不尽極まりない事を言っていますよねw
大人になってしまうと、そう冷静につっこみたくなってしまいます。

ジャイアンの名誉のために補足しておきますが、劇場版ドラえもんでは、
ジャイアンは物凄く男らしい人物で描かれますw

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。