スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヤダー」のAAは マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆

本日からフロンティア通信.comのサイトにて、
「運営レポート フロ通.com出張版 Vol.11」が配信されております。

この「運営レポート フロ通.com出張版」を毎回楽しみにしている方も、
多くいらっしゃることでしょう。

今回の配信の冒頭で、運営プロデューサーの杉浦さんが、
とある事について謝罪しておりました。

それは、9.0にて着手されました、肉質変更についてです。
最初に補足しておきますが、今では9.0以前の肉質に戻っているようです。

肉質変更についてご存知ではない方もいらっしゃるかもしれませんので、
簡単にご説明させていただきます。

簡単に言いますと、変種等の一部モンスターの肉質を変更し、怯み値を上げたそうです。
それにより、以前と比べて怯まなくなってしまったのです。

機械やゾンビを相手にしているようだと、相当な悪評でした。
それと同時に、部位破壊を果たす事が一部モンスターで難しくもなっておりました。

10月8日の記事の中でも書かせていただきましたが、部位破壊は
狩りをする上での目標の一つであり、それを果たした時の達成感は大きな物がございます。

その部位破壊も果たせない・こちらがいくら攻撃しても反応が無い(怯まない)となると、
それが面白いかと問われると、面白くは無いかなとは思ってしまいます。

皆様には実際に「運営レポート フロ通.com出張版 Vol.11」を見ていただきたいとは
思うのですが、収録時間が30分もありますので、私なりにまとめてみました。

杉浦さん曰く、「担当(開発チーム?)がやりたかった事と、
ユーザーが求めていたことが噛み合っていなかった」との事です。

担当からすると、「多く要望を受けていた肉質変更をすると弱くなってしまうので、
体力上昇・部位を硬くする・怯み値上昇といった措置をとろう」という事なのかもしれません。

その担当の思惑と私達ユーザーの要望が、大きくかけ離れてしまった事が、
今回の騒動へと繋がってしまったようです。

杉浦さんも、ご自身の口で「9.0の部位破壊に関して、
調整不足は否めない」と仰っていました。

その事を認め、事の重大さに気が付いたからこそ、早期の修正が実現したのかもしれません。
「早めに修正したからといって、失った信頼は取り戻せない」という辛辣な声も一部聞かれます。

ただ、変更による悪影響に気が付き、それを早めに修正した事に関しては評価したいです。
皆様からは、「甘い!」と一喝されるかもしれませんけどねw

そもそも、「どうして9.0の肉質変更の様な、ユーザーの視点に
基づいていない変更を行ったのか」という事も見逃せません。

担当には担当の思惑があるでしょうし、その事自体は問題は無いのですが、
その実装を認めてしまった運営チームにも責任はあるでしょう。

杉浦さんは、「(担当との?)コミュニケーションが欠如していた・
私のまとめる能力に問題があった」という、非常に気になる事を仰っていました。

私はゲーム業界の裏事情は全く存じておりませんので、大きな事は言えないのですが、
大きな変更(今回は肉質変更)をする際は、全チームで意思疎通を図る物ではないのでしょうか。

その次にも、驚くべき事を杉浦さんが仰っていました。
それは、一部モンスターの挙動の変更についてです。

9.0で、ベルが帯電しながらエリアに降りてくるという変更が告知無しでありましたが、
その変更を杉浦さんが知らなかったようなのです。

「ベルやパリアの挙動が変わったとお客様からご指摘を受けて、私もチェックしてみたのですが、
結論から言うと変わっていました」という事を仰っていましたから、とても驚いてしまいました。

ゲーム業界に限らず、開発に携わる仕事には疎い私ですが、「何かしらの変更に着手する際、
その仕事に携わっている全ての人に伝わるようにする物ではないのかな?」と思ってしまいました。

しかし、運営プロデューサーという大きな肩書きを持っている杉浦さんが、
知らなかったと言わんばかりの事を仰っていましたから、ビックリです。

この辺の、「各チームで意思疎通が出来ていないのでは?」と思われても
仕方が無いような体質が、今回の騒動を引き起こした様に、私は感じてしまいました。

この業界には、私には全く分からない事情があるでしょうし、杉浦さんも、
あのインタビュー内では伝えられなかったご自身の思いも、おありだったと思います。

そういったもどかしさのせいかどうかは分かりませんが、インタビュー内での
杉浦さんの元気の無さは、気になってしまいましたね。

とりあえず安心したのが、来年1月に予定されている
シーズン10での肉質変更は見送りとなったという事です。

「9.0で実装されたものが、そのまま10で再び実装される事は無い」
と言い切っておりましたから、それに関しましては安心して良さそうです。

本当は、書きたかった事がまだまだあるのですが、今日はここまでにしておこうと思います。
今日の記事は急いで書き上げましたので、色々と文章が変かもしれません^^:

さてさて、物事というのは、色々な成功や失敗を繰り返して成長していきます。
今回の件も、MHFがより一層成長していく過程で起きた事だと前向きに捉えておきます。

これから、運営・開発といった提供者とユーザーが広く深く繋がって、
これからも大きく盛り上げていこうとする動きになっていく事を、期待しております。

最後に、9.0の肉質変更で、パッと思いついたネタを投入いたします。
このAAは前から好きだったのですが、MHFに当てはまるとは思いもしませんでしたw

AAヤダー1
喜びから一転、絶望へと変わり、ヤダーと飛び上がって泣いている姿は可愛いと思いますw
この元ネタのAAが中々見つからなくて、大変でした^^:

追記:ダレットの社長である稲船氏が退社されるようです。
この事が、今後のMHFに何かしらの影響をもたらすのでしょうか。

杉浦さんのテンションが低すぎだったのは、稲船氏の退社と何か関係があるのでは?
と、変に勘ぐってしまうのですが、どうなのでしょう。

MHFは、ダレットだけではなくハンゲームとXboxもありますから、
あまり変な方向に物事を考えなくても大丈夫の様な気はしますけどね。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。