スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌルヌル回避で世界が変わる (゜Д゜三⊂(゜Д゜)スカッ

本日のメンテ明けから、剛種グレンゼブルの配信が始まりました。
そういえば、狩人祭の週に新しいクエが配信されるのは、珍しいですね。

さて、そのグレンゼブルですが、HR71以上から参加できる上位クエでも、
相当な攻撃力を誇る強敵でした。

そのため、剛種グレンゼブルに中途半端な防御力で挑んでしまうと、あっさりと
即死してしまうのではないかと思い、できるだけ高い防御力の装備で行く事にしました。

その前に、今ではリタイアしても剛種チケットが消費されなくなりましたので、
軽い気持ちで下見へ行ってみました。

剛種でしか見られない攻撃もあるかもしれないですから、野良でご一緒させていただく前に、
ある程度は剛種グレンゼブルの動きを把握しておきたかったのです。

ちなみに、今日の記事は剛種グレンゼブルのネタバレを含みますので、
これから行くつもりの方は、ご覧にならない方が良いかもしれません。

グレンゼブル剛種1
私が一番驚いたのは、水ブレスを吐きながら、薙ぎ払いをしてくる所です。
グラビモスの薙ぎ払いビームと殆ど同じです。

この攻撃は、おそらく即死級の破壊力があると思われますので、
前方に位置している時は注意が必要です。

この薙ぎ払い水ブレスは、グレンから見て左から右へと薙ぎ払ってきます(グラと同じ)。
グレンから見て左側はブレスの判定が甘いので、その位置が比較的安全かもしれません。

また、自身の棘を撒き散らす攻撃もしてきます。
ガンナーや弓のように、遠距離で攻撃する場合も、気が抜けないでしょう。

グレンゼブル剛種2
その撒き散らされた棘ですが、地面に突き刺さります。
上記SSでは、少し分かりづらいですが、水色の棘が何本か地面に刺さっております。

洞窟のように雷が落ちない場所であれば、この棘はすぐに消えてなくなるのですが、
落雷が起こる場所では、この地面に刺さった棘は非常に怖い存在となります。

この棘に雷が落ちる事がありまして、それでダメージを受けてしまうのです (゚ロ゚;)
そのため、落雷が起こる場所では、その棘に近寄らないほうがよさそうです。

さてさて、ソロで下見も済んだ事ですし、求人区で
剛種グレンゼブルに挑んでみる事にしました。

最初はガードできる武器で安全に戦った方が良いかなと判断し、ランスを選択しました。
防御力は722と、結構硬い装備です(硬化薬グレートで732)。

グレンゼブル剛種3
ランスで一通り突いてみましたが、尻尾を突いた時にヒットストップがかかりましたので、
剛種グレンゼブルの斬弱点は尻尾の様に感じました。

原種では背中が弱点で、背中でヒットストップが発生しておりましたが、
剛種では肉質等が変更されているのでしょう。

私は剛種オオナズチのランス・ネブラコルムナを挑みましたが、
剛グレンとは離れた場所から攻撃しても簡単に当たりますので、相性は良いと思います。

また、回避性能があると、致死率が大幅に下がるように感じました。
薙ぎ払い水ブレスやバギクロス(?)も、ステップで避ける事ができましたし。

回避性能に加え、ガード性能もあると、相当楽に戦えます。
風圧大無効は、グレンゼブルにおいては必要無いでしょう。

グレンゼブル剛種5
初PT戦では、驚くべき事に6ラスタ(6分~6分59秒)で捕獲できてしまいました。
思っていたよりも、あっさりでしたねw

この部屋で結構連戦しましたが、全て5分針(9分59秒以内)で終えていました。
剛種デュラガウアの時は相当時間がかかっておりましたが、これくらいが丁度良いですね^^

最終的に、8勝2敗1リタイアという戦績でしたが、実装直後でのこの戦績は良いと思います。
巷では拡散弾祭りが横行しているようですが、私の場合、最初はガチで挑戦します。

ただ、今後証を手っ取り早く集めなければならなくなってしまった場合は、
楽な方法を選択するでしょうけどねw

剛種グレンゼブルと戦ってみての感想ですが、私はかなり面白いと感じましたね~
剛グレンの体力も、丁度良いのではないでしょうか。

初めて剛種グレンゼブルに挑戦するけれども不安だという方は、
ガード可能な武器で挑むと良いと思います。

防御力も、683あれば大丈夫なようです。
私の防御力は732でしたが、バギクロスを喰らっても即死はありませんでした。

そのため、慣れないうちは攻撃スキルを多少落としても、死なない装備にした方が良いですね。
少なくとも、業物+2などを付けている代わりに防御599とかは避けた方が良いかも。

防御を重視するあまり、攻撃スキルが皆無なのも、それはそれでどうかと思いますけどねw
とりあえず、慣れない内は防御力をできるだけ上げていくとよろしいかと思います。

余談ですが、受けるダメージが変わる防御力のラインがあるようです。
FreeDomの小部屋様のサイトで、被ダメージを計算する事ができます。

色々な要素が積み重なって、多少は変動があるかもしれませんが、
防御力の値によるダメージの軽減は以下のとおりとなっております。

防御力568以上:ダメージ21%に軽減
防御力602以上:ダメージ20%に軽減
防御力641以上:ダメージ19%に軽減
防御力683以上:ダメージ18%に軽減
防御力729以上:ダメージ17%に軽減
防御力782以上:ダメージ16%に軽減


私の場合、防御力がお守り込みで722だったため、硬化薬グレートを飲んで
732にする事により、防御力729以上のラインを確保したという事になります。

今はリタイアで剛種チケットが戻ってきますし、棘眠で多くのチケットを集めた方も
たくさんいらっしゃると思いますから、気楽に挑戦してみてもよいかもしれませんね^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。