スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず、ちょこっとだけ行ってみます|柱|ω・)チラ

昨日から、「暴君のなわばり」というクエストが配信されております。
これは、昨日ご紹介させていただいた「棘と眠」と同様、非常においしいクエなのです。

暴君2
内容はラージャン変種3頭の狩猟となっておりまして、
尻尾を切断してしまうとクエストが失敗してしまいます。

また、ラージャンが2頭同時に登場しますので、正攻法で戦うとなると時間がかかってしまいます。
そのため、ガンナーによる高台ハメが主流となっているのが現状です。

2010年1月4日の記事でも、暴君についてご紹介させて頂きましたが、
今でも崖上で散弾L3を撃つのが最適であるという事は変わりありません。

暴君1
真冥雷重砲【天鷹】(以下:ドラ天)用として作成した装備がこちらとなります。
ただ、ドラ天に装填数のスキルは、あまり必要ないように思えます。

ドラ天は散弾L3を7発撃つ事ができますが、散弾L3は60発までしか持てません。
7発装填の場合、60発撃ち切るのに9回装填する必要がございます。

6発装填の場合は60発撃ち切るのに10回装填する事になりますから、1回しか違いありません。
よって、装填数のスキルを諦めて、運気を付けても良いのかもしれませんね。

ただ、スキルの妥協は場合によっては他の人に不快感を与える事になりかねませんので、
「フルスキル」といった募集の場合は、きちんとスキルを完備した方が良さそうです。

暴君3
このクエでやる事といいましたら、崖上でひたすら散弾L3を撃つだけですw
しかし、散弾L3を撃つ募集であるにもかかわらず、L2やL1を撃つ方がいらっしゃるそうです。

散弾L3の調合にカラ骨小と竜の牙を使用しますから、それを節約しようという思惑があるので
しょうが、散弾L3調合撃ちという募集であったのなら、そういった姑息な事は絶対に止めましょう。

暴君4
ご覧の通り、基本報酬で剛翼が出てくれるのが嬉しいですね^^
昨日は2時間ほどやってみましたが、成果は剛翼2・上翼3でした。

ちなみに、一般的な崖上のやり方はヘビィ4という構成なのですが、
仲間との狩りの際、狩猟笛を1人入れて挑戦してみました。

必要スキルは、笛吹き名人・捕獲名人・自動マーキングで大丈夫です。
あとは激運なり付けて行くと良いでしょう。

暴君5
攻撃大の旋律や鬼人笛などのサポートを行い、あとはラージャンの後ろでボーっとしています。
近づきすぎると、散弾アババババの餌食になりますねw

暴君6
そして捕獲が可能になりましたら、忍耐の丸薬を飲み、シビレ罠をしかけ捕獲しましょう。
忍耐の丸薬を飲んでいれば一切怯まなくなりますので、散弾の嵐の中でも動く事ができます。

そしてここからが大事なのですが、1頭を捕獲した後、
2頭目も捕獲ラインに達しましたら、そのまま逃がしてあげましょう。

何故かと言いますと、1頭目と2頭目をほぼ同時に狩猟してしまいますと、
3頭目と4頭目がほぼ同時に登場してきます。

そうなると、3頭目と4頭目に与えるダメージが分散してしまうのです。
ラージャン変種3頭の狩猟が目的ですから、4頭目にダメージを与える意味は無いのです。

2頭目を逃がしてあげれば4頭目は現れませんので、3頭目だけを集中的に攻撃できるのです。
ガンナーさんが3頭目を攻撃している間に、頃合を見て2頭目の捕獲に行きましょう。

暴君7
逃がしてあげた2頭目は巣で寝ておりますので、簡単に罠を仕掛けて捕獲できます。
寝ている所を罠に嵌めるのは、可哀想ですけどね^^:

あとは、3頭目が捕獲可能になりましたら、再び忍耐の丸薬を飲み、捕獲してしまいましょう。
この戦法で、7分30秒~8分ちょっとでクリアしていたと思います。

ガンナーの構成ですが、全員暴れ撃ち無し・餓狼なし・ドラ天2人・テオSP1人でしたので、
タイムとしては悪くないと思います。

笛を入れることによるメリットは、捕獲ラインに達したら即捕獲しますので、
ガンナーの弾(カラ骨小)を節約できるという所です。

また、攻撃大と聴覚保護を吹く事の出来る笛を持っていけば、
ガンナーさん達は耳栓を入れなくても済むというメリットもあります。

耳栓を除外すれば運気なども入れやすくなりますので、装備も作りやすくなりますね^^
ただ、笛役は寄生と見られる可能性もありますので、この戦法は身内用になってしまうかも。

最後に一つだけ注意点ですが、2頭目を逃がしてあげる際、捕獲ラインに達してから
すぐ攻撃を止めてもらうのではなく、そのまま少し攻撃してもらいましょう。

捕獲ラインギリギリのまま放置していますと、まだまだ元気なのか、中々巣へと戻りません。
そのため、私は2頭目が捕獲ラインに達しても、OKサインを出すのを少し遅らせております。

暴君8
報酬術が発動したのに、玉のかけらとギルドチェックばかりだとガッカリしますよね::
この時は、もちろん翼系などは出ておりませんw

このクエの古龍種の上翼・剛翼の入手確率は、共に4%だそうです。
ただ、上翼と剛翼だけが欲しい場合、剛クシャのサブクリの方が良い気もします。

剛クシャでの入手確率ですが、上翼は15%・剛翼は10%となっております。
これに関しては、両者ともメリットとデメリットがありますね。

暴君の場合、一回にかける時間が多いというデメリットがあります。
フルスキルで挑んだとしても、7ラスタ(7分~7分59秒)はかかってしまうでしょう。

それに比べ剛クシャサブクリは、短時間で終わらせる事ができるはずです。
笛1ヘビィ3の場合、翼を壊して一定ダメージのサブクリで、2~3ラスタだと思います。

しかし、剛クシャサブクリでは剛種チケットが1枚消費されてしまうという欠点がございます。
暴君では参加するのに必要な物などありませんから、その点では暴君の方が良いですね。

入手確率を比べてみますと、両者の比較は中々難しい物があります。
剛クシャサブクリは、翼破壊による報酬は1枠しかありません。

暴君の場合、剛翼は4%の抽選を3~24回・上翼は4%の抽選を2~4回行いますので、
複数枚の獲得が期待できます。

ただ個人的な見解としては、暴君での上翼の獲得は、あまり期待できないと思います。
前回の配信の時も、上翼はあまり出てこなかった記憶がありますし。

やはり、最終的には剛クシャサブクリのクリアタイムの短さが差を付けるでしょう。
私は翼だけが欲しいので、暴君を狂ったように回す事はしないと思います。

今度剛クシャが配信されましたら、サブクリで参加してみようと思っております。
幸い、とげみんで大量の剛種チケットが手に入りますしねw

「棘と眠」は8月10日まで、「暴君のなわばり」は8月11日まで配信されます。
意外と配信期間が長いですから、少しずつ行く感じにしておいた方が健康的ではありますね。

とりあえず棘眠は相当行く予定ですが、暴君はチョコッと行く感じで終える事になりそうです。
余談ですが、次回の公式狩猟大会と、これらのイベントは重なってしまいましたねw

私は、どうせ適当に韋駄天に数回参加するだけですから問題ありませんが、
本気で大会に挑む方は頭が痛いでしょう。

「韋駄天を頑張るか、イベントに行くか」という感じで。
もしかしたら、今回の大会は参加者が少なくなるかもしれませんので、狙い目かもしれませんねw

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

こんちゃ~

もっすー
暴君棘眠再配信きましたねぇ
自分は前回受験でできませんでしたし
去年は勉強で剛ナズチが角を出しまくるときに
いませんでしたので剛角もちょいちょい狙って
24時間耐久で臨みますww
おかげでFX系が1日で2種類できましたお(((o(^。^")o)))
そちらも無理せずがんばってくだしあ

No title

Lambさん>
今週は逆襲グラビモスが配信されておりましたので、
棘眠が配信されていない時は、暴君をそっちのけで頑張っていました。
幸いお金も貯まりましたので、明日以降の暴君は、
多少行ってみようかと思っております^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。