スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山へ登りに行こう ┌( ̄ー ̄)┘ エッホッエッホ

昨日、W杯で韓国対アルゼンチン戦が行われました。
同じアジアの仲間として韓国を応援していたのですが、1対4で敗れてしまいました::

韓国からすると、一失点目のオウンゴールは痛かったでしょうし、
後半に訪れた相手キーパーとの1対1の場面を決められなかったのが後を引きました。

あの場面でゴールを決めて同点にしていたら、少なくとも3点差での敗北は無かった様に思えます。
ただ、「たら」「れば」を言ってしまうと、キリが無いですけどねw

この4失点が、予選突破の妨げにならなければ良いのですが・・・
次のナイジェリア戦で勝利を収める事ができれば、予選突破はほぼ間違いないと思います。

理想なのは、「韓国がナイジェリアに勝利or引き分け」「ギリシャがアルゼンチンに敗北」
という展開で、そうなると韓国の予選突破が決定します。

普通に考えるとアルゼンチンはギリシャに勝ってくれるとは思うのですが、アルゼンチンは
予選突破をほぼ手中に収めていますので、モチベーションが低くなる可能性はあります。

そのため、ギリシャがアルゼンチンに勝つ可能性は、十分あるのです。
それを考慮すると、韓国はナイジェリアに是が非でも勝ってほしいですね^^

そして、昨日も話題に上がりました南アフリカですが、メキシコ対フランスで
メキシコが勝った事により、南アフリカの予選敗退が現実味を帯びてきました。

第3戦で南アフリカ対フランス・メキシコ対ウルグアイが行われますが、
メキシコとウルグアイは、引き分けで両者仲良く予選突破が決まります。

つまり、メキシコ対ウルグアイが引き分けに終わった場合、南アフリカがフランス相手に
100対0で勝ったとしても(ありえませんがw)、予選敗退が決まってしまうのです。

フランスは調子が悪いとはいえ、南アフリカが勝つのは至難の業でしょうし、
メキシコ対ウルグアイ戦はどちらかに勝ってもらわねばならないという他力本願状態です。

第3戦は全て同時刻に行われますので、他会場の途中経過も気になりますね。
同時刻での戦いは、様々なドラマを生みます。

1998年のフランス大会の話ですが、第3戦で
ブラジル対ノルウェー・モロッコ対スコットランド戦が同時刻に行われました。

ブラジル絶対有利というのが大方の予想でして、
モロッコとスコットランドの勝者が予選突破するであろうと思われていました。

そしてモロッコがスコットランドに3対0で快勝し、モロッコは自分達が予選突破すると思い込んで
はしゃいでいたのですが、何とノルウェーがブラジルに勝ってしまったのです。

結局、ブラジルとノルウェーが予選突破を果たし、「まさかブラジルが負けるなんて…」という
モロッコの落胆が残ったというドラマを生みました。

また、同じくフランス大会で、第3戦でスペイン対ブルガリア・
ナイジェリア対パラグアイが行われました。

その時点でナイジェリアの1位突破が決定していて、残り一つの椅子を3チームで争っていました。
この時もナイジェリア有利と伝えられていて、スペインの予選突破が有力視されていました。

スペインからすると、「ナイジェリアはパラグアイに勝ってくれるだろうから、
自分達がブルガリアに勝てば予選突破だ」と、非常に張り切っていたと思います。

そのお陰か、試合終了間際の時点で5対1とブルガリアを圧倒していたのですが、
ここでも大方の予想に反して、パラグアイがナイジェリアに勝ってしまったのです。

これにより、スペインの予選敗退が決定したのですが、パラグアイの勝利が試合中の
スペイン側にも伝わり、スペイン選手全員が落胆の表情を見せていました。

その直後、スペインが6点目を入れたのですが、何点入れても予選突破できない現実に、
ゴールを決めた選手が喜びもせず暗い表情をしていたのが印象的でした。

ゴールを決めたのに、喜びもしない状況は珍しいですよね。
浦和レッズの降格が決まり、福田選手がゴールを決めたのに落ち込んでいたのと同じ感じです。

第3戦のドラマは他にもありますが、この様に同時刻での戦いは様々なドラマを生むのです。
それが、W杯の楽しみ方の一つかもしれませんね。

W杯ウンチクはこのくらいにしておいて、モンハンのお話でも。
ちなみにW杯期間中は、記事の内容が W杯>MHF となる事が殆どですので、ご了承を^^:

公式HP上で、今後のアップデート計画が発表されました。
秋にシーズン9.0(9月?)・冬にシーズン10(12月?)が実装されます。

3.jpg
「アップデート計画2」によると、
「11種の武器種ごとに有効なスキルが発動する新防具が登場」との事です。

シルエットを見る限り、11種類の防具のデザインが異なっているように見えますから、
片手剣専用デザインの防具という感じで登場してくるのでしょうか。

別にそれでも構わないのですが、この要素はSR限定になりそうな予感が・・・
そうなると、殆どの防具を纏う事が出来なくなってしまいます。

私はSRに片手剣を選択しましたから、片手剣専用防具しか装備する事ができなくなります。
そうなってほしくありませんので、SR限定というは避けてほしいというのが本音です。

8割方、SR限定になりそうな予感はしますけどね~::
どうなる事やら。

また、ハードコアモードの剛種クエが登場します。
これは、SR限定である事は決定事項ですね。

やり応えのあるクエが増えるのは良い事なのですが、ただでさえ弱めの武器を
使用せねばならないのに、防御力も大幅に下げられるのは、きつ過ぎですね~

これは、SR上げのためのプレミアムコースへの加入を促す要素になりかねません。
上でも書きました武器種ごとの防具もSR限定であれば、プレミアありきの追加要素になるでしょう。

以前、インタビューで「苦労して作った剛種武器の出番が少ないので何とかしてほしい」
という要望に、杉浦さんが真剣な表情で応えていました。

剛種ハードコアクエが、「このクエでのみ、剛種武器の使用を認めます」となってくれると
いくらかマシにはなりそうですが、期待しないほうが良いかもしれませんねw

1.jpg
22.jpg
今後の展開で期待できそうなのは、新フィールドの追加でしょう。
これは、新マップではないかと期待しております。

以前行われたネカフェ大会で、「天気が変わるフィールド」というのを仰っていたそうです。
もしかしたら、ここが天気が変わるフィールドなのかもしれません。

上記SSでは、なんとなく山を連想させる場所に見えますので、
「山の天気は変わりやすい」というコンセプトで実装されたりしてw

相当前の話ですが、私は新フィールドの予想で「山岳」を挙げた事がございます。
当たっていたら、嬉しいな~ (´∀`)

でも、「山」という言うよりは、「崖」と言った方がシックリくる絵ですね~
とりあえず、発表を待ちたいと思います。

余談ですが、上でも書いた「山岳」を予想した時、同時に「渓流」も予想しました。
渓流は、MHP3で登場するんですよね~

それを知った時、「そっちか~」と思ってしまいましたw
それでも、あれこれ新要素を予想するのは楽しいものです (*≧▽≦)

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。