スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果たして日本チームの運命は!?('-'*)ドキドキ

一昨日の午前2時から、2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会の
組み合わせ抽選会が行われました。

夜遅くまで起きて、テレビ中継に釘付けだった方も多かったのではないでしょうか。
私も眠い目をこすりながら、テレビ中継に見入っていました。

そうは言いましても、抽選の前のセレモニーが思ったより長かったですけどねw
それでは、一昨日決まった組み合わせをご紹介致します( ^-^)つ

A組 南アフリカ   メキシコ    ウルグアイ    フランス
B組 アルゼンチン ナイジェリア  韓国        ギリシャ
C組 イングランド  アメリカ     アルジェリア    スロベニア
D組 ドイツ      オーストラリア セルビア      ガーナ
E組 オランダ    デンマーク    日本         カメルーン
F組 イタリア    パラグアイ    ニュージーランド スロバキア
G組 ブラジル    北朝鮮      コートジボアール ポルトガル
H組 スペイン    スイス      ホンジュラス     チリ

ご覧の通りです。
毎回、「ジャパ~ン」と呼ばれるまでのドキドキ感がたまらなく好きです(*^m^)

さてさて、日本の対戦相手ですが、オランダ・デンマーク・カメルーンの3カ国に決定しました。
みなさんは、この組み合わせをどうお感じになったでしょうか。

私は、「最悪では無いけれど、厳しいかな~」という感想を抱きました。
ちなみにどの組み合わせになっても、「厳しいな~」と感じるとは思いますがw

試合の日程ですが、初戦がカメルーン、2戦目がオランダ、3戦目がデンマークとなっております。
何と言いましても初戦のカメルーン戦の結果が、日本代表の行方を左右すると思います。

ここで負けてしまうと、グループリーグ突破は極めて難しくなるように思えます。
※4チーム中、上位2チームが決勝トーナメント進出

カメルーンは強豪ですから、中々勝ち点を与えてくれないでしょう(勝ち:3点 引き分け:1点)
カメルーンには、エトーというスーパースターがいます。

日本のディフェンダーが、彼を封じ込める事ができるかに注目が集まりますね。
その他にもスター選手が多数いますので、厳しい戦いを強いられることでしょう。

しかし、カメルーンとは相性が良いというデータがあります。
親善試合での戦いはあまり参考になりませんが、真剣勝負で勝利したという前例もあります。

つまり客観的に見るとカメルーンの方が遥かに上ですが、日本にも十分付け入る隙はあります。
また、アフリカチームのお家芸とも言える、大会前のチーム内のゴタゴタにも期待できます。

毎回アフリカチームは、何かしらチーム状況の悪さという問題を抱えます。
選手と協会との確執・選手と監督との確執・ボーナスを巡っての一悶着などなど・・・

まあ、そういう所を期待するよりも、純粋に戦って勝って欲しいという願望もありますけどねw
とにかく、ベスト4という目標を立てるのであれば、初戦は負けるわけには行かないでしょう。

2戦目のオランダですが、ここははっきり言いまして、勝ち点を期待しておりません。
つまり、勝ちはおろか引き分けすら難しいと私は思っております。

客観的に見るとそう思ってしまうのですが、実はオランダ戦が一番楽しみです。
W杯という真剣勝負の場でスター選手揃いのオランダと戦えるのですから、ワクワクします。

10月に親善試合でオランダと対戦済みというのも、良い研究材料になるでしょう(0対3で敗戦)。
オランダは日本を舐めてかかってくるでしょうから、その足元を掬って欲しいですねw

もし日本がオランダから勝ち点を奪ったら、世界的に驚かれる事になるはずです。
そうなったら、とてつもなく気持ちが良いですねw

ただ2戦目のオランダ戦は、やはり初戦の結果次第で展開が変わってくると思います。
例えば初戦で勝った(もしくは引き分け)場合、オランダ戦は無理はしなくても良いかもしれません。

「オランダ戦は引き分けでOK」「負けたとしても、得失点差を考慮して0対1ならOK」
という感じの戦い方になる可能性もあります。

しかし初戦で負けてしまった場合、オランダ戦は勝ちに行かなければなりません。
最悪でも引き分けに持ち込む必要が出てきます。

そうなると攻めなければなりませんから、守備がおそろかになり、
オランダ戦では大敗を喫するというシナリオが浮上してくるのです::

オランダ戦では楽な気持ちで戦って欲しいので、そういった意味でも初戦では勝って欲しいです^^
そして3戦目がデンマークです。

サッカーをあまりご存知でない方は、「デンマークって強いの?」という風に
思っていらっしゃるかもしれません。

確かに、オランダほど世界的なスーパースターを抱えているわけではないと思います。
ただ、チームとして凄くまとまっているという感じがします。

W杯欧州予選でも、ポルトガル・スウェーデンといった強豪を押しのけ、
首位通過でW杯出場を決めました。

あくまで個人的かつ素人目からの見解ですが、日本にとっては
カメルーンよりもデンマークの方が強いのではないかと思います。

初戦・2戦で、日本が勝ち点1以上を取っているのなら、3戦目のデンマーク戦は
生き残りをかけた非常に大事な一戦になるはずです。

一番なって欲しくない展開は、初戦・2戦目共に負けてしまい、
デンマーク戦が消化試合になる事です。

グループリーグ突破にわずかな可能性でも残されていれば、3戦目は物凄く面白くなるはずです。
前回の大会でも3戦目に望みがありましたから、見ていてドキドキしましたし。

予選を突破できるとなれば、勝ち点5(1勝2引き分け)か勝ち点4(1勝1敗1引き分け)
あたりがラインになるでしょうか。

以前、19歳以下の大会で、勝ち点2で日本が決勝トーナメントに進出したという例がありました。
その時は、オランダ勝ち点9(3勝)、日本勝ち点2(1敗2引き分け)でした。

これは極めて異例と言えますが、その時もオランダが同組でしたので、その再現が?
まあ、予選突破のラインとしては、最低4であると思います。

オランダには、是非ともデンマークとカメルーンに勝って欲しいですね。
そうすれば、日本にもチャンスが出てくるかも。

個人的な予想ですが、日本がグループリーグを突破する確率は、20%程度だと思っております。
しかし、W杯では0%というのはありえません。

MHFの世界でも、10%の確率を期待する事は多々あります。
何が起こるか分からないのが、短期決戦の怖い所です。

果たして、日本はグループリーグを突破する事ができるのでしょうか。
非常に難しいとは思いますが、世界を驚かせるためにも、是非頑張っていただきたいと思います。

他のグループも気になります。
ホスト国の南アフリカが可哀想なことに::

ホスト国は第1シードになりますので、強豪国とは当たりづらいはずなのですが、
よりによってフランスを引いてしまいました。

メキシコも第1シードされてもおかしくない強豪国ですし、ウルグアイも強いです。
個人的には、南アフリカには予選を突破してもらいたいです。

ホスト国が予選リーグで敗退したという前例は、今までありません。
2002年の日韓大会でも、日本と韓国は無事に決勝トーナメントを果たしました。

そのジンクスを守るために、南アフリカには頑張ってもらいたいですね^^
力で劣っても、地の利・コンディション作り・ホームの大声援が後押しするはずです。

G組の、ブラジル・ポルトガル・コートジボアール・北朝鮮も注目です。
これって、北朝鮮は涙目ですね(つдT)

同じアジアのチームとして頑張って欲しいとは思いますが、現実は厳しいかと^^:
コートジボアールも運が無いと思います。

前回大会では、アルゼンチン・オランダ・セルビアモンテネグロという死のグループに
放り込まれましたが、今大会でも、ブラジル・ポルトガルと一緒とかw

大会が始まるまで、あれこれ予想するのも、W杯の楽しみの一つです。
そして、ここまでワクワクできるのは、日本が出場するからでもあります。

そういう意味で、私達に夢を与えてくれた日本代表には、とても感謝しております。
是非とも頑張っていただきたい!!

まだまだ書きたい事はあるのですが、キリが無いのでここまでという事でw
付け加えますと、素人の私の見解は、あまり当てにしない方が良いですよ~( ̄ー ̄)ニヤリ

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。