スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッハトルテを作ってみよう (*´∇`)ノ

先日、久し振りにケーキを作ってみることにしました。
どんなケーキを作ろうか色々と思案したのですが、今まで作ったことが無い物に挑戦する事に。

今回挑戦することに決めたのは、「ザッハトルテ」です \(⌒∇⌒)/
ザッハトルテは有名なチョコレートケーキですが、詳細をご紹介致します。

ザッハトルテ(独:Sachertorte,ウィーンではサカトルテかサハトルテ)は、オーストリアの
代表的な菓子(トルテ)。チョコレートケーキの一種。ザッハートルテとも。

こってりとした濃厚な味わいを特徴とする。ウィーンのホテル・ザッハーの名物菓子であるが、
今日では広く世界各地で作られており、チョコレートケーキの王様と称される。(Wikipediaより)


上記にもあるとおり、ザッハトルテはウィーンのお菓子だというのは有名ですね。
そのお菓子に挑戦です (/゜▽゜)o ガンバルゾー

ザッハトルテ2

参考までに、ザッハトルテの一般的な外観はこの様な感じです。
周りをチョコレートで綺麗にコーティングしているのが特徴です。

中身にアンズジャムを挟むのが本来の形なのですが、アンズジャムの代わりに
生クリームやチョコクリームで代用するパターンもございます。

私の場合、アンズジャムを所持していなかった事に加え、
チョコクリームの方が好みの味になるかと思い、今回はチョコクリームを挟む事にしました。

ザッハトルテに挑戦するのは初めてという事もあり、戸惑う場面もありましたが、
無事に作り上げる事に成功しました ヾ(*^∀^*)ノ゛

それでは、苦労の末に出来上がった一品を見ていただきましょう~
こちらで~す ( ^-^)つ

DSC00901.jpg

見た目は、いかにも素人が作りました、という感じですねw
妥協が大好きな私にとっては、特に問題は無いように思えました (´0ノ`*)ホホホ

ただ、外側のチョココーディングをよ~く見てみますと、何か違和感を感じませんでしょうか。
一般的なザッハトルテは、外側がつるつるしているはずなのです。

しかし、私の作ったザッハトルテの表面は、デコボコしている感じがします。
「感じがする」ではなく、実際にデコボコしておりますw

これは、私のウッカリミスが原因です (゜Д゜;)
今回、チョコを3つの部門に分けて使用しました。

①ケーキ生地に入れるチョコ ②中に挟むチョコクリーム ③表面のチョココーティング です。
そして③で使用したチョコに、決定的な欠点があったのです。

③で使用したチョコレートには、小さなナッツが入っていたのです ∑(゚Д゚)
外側のデコボコは、小さなナッツのカケラという事になります。

ツルツルのコーティングをしたいのなら、ナッツ入りのチョコレートを使ってはいけないというのは
誰が考えても分かりますよね (つω:)

では何故かと言いますと、今回使用したチョコレートは私が買ってきた物ではなく、
韓国へ旅行に行った方のお土産として頂いたチョコレートだったのです。

韓国製のチョコレートである事自体は全く問題ありませんが、韓国語表記のパッケージだったため、
ナッツ入りだという事に気が付かなかったのです(その可能性すら疑いませんでした::)。

①と②も韓国製でしたが普通のチョコレートだったのに、運の悪い事に③だけナッツ入りとか^^:
カットした写真しか紹介していないのは、これが原因です。

ホール状の出来栄えは、とてもじゃないですがお見せする事はできません。
カット状ならそんなに悪くないですが、全身像はデコボコしすぎて荒地のようでした ( ̄▽ ̄;)

見た目はよろしくない物になってしまいましたが、味は美味しかったですよ~ (o^-')b
作るのが難しいとされるチョコクリームも、固さ・甘さ共に満点でした。

ザッハトルテ3

ちなみに、こちらがウィーンのザッハーホテルのザッハトルテです。
やはり、こちらの方が高貴な感じすら覚える素晴らしい出来栄えですね (°∀°)b

こうして見てみると、実際に現地で食べてみたくなりました。
東欧へ行った事は無いのですが、いつか訪れてみたいものです (^O^)

テーマ : ケーキ - ジャンル : グルメ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。