スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強すぎたって、挫けません (っ`・ω・´)っ

本日も覇種について振り返ってみましょう。
今回は第4の覇種である覇種ドラギュロスです (*・∀・)ノ

覇種ドラギュロスの配信が開始されたのは1月9日の事でしたが、1月10日にパスワードアタック
事件が発生し、そのゴタゴタで満足にプレイできなかった人も多かったと思います。

これは、覇種ドラの配信で盛り上がっていた所に水をさした嫌な事件でした。
しかし、そんな外的要因に負けないくらい、覇種ドラ自体は物凄く良かったと思います。

覇種ドラギュロス3
まず、覇種ドラの見た目が格好良かったです (*^ー゚)b
通常のドラよりも色が濃くなり、強そうな印象を与えてくれます。

覇種ドラギュロス19
そして一定ダメージを与えると覚醒シーンが発生する所は粋な演出でした。
この演出は先に幻ドラで実装されておりますが、覇種ドラにも取り入れたのは良かったです。

覇種ドラギュロス14
そして覚醒後の覇種ドラは銅のような色に変化し、更に強そうに、そして更に格好良くなります。
見た目のインパクトの大きさは覇種パリアが1番ですが、覇種ドラは2番に挙げたいです。

覇種ドラギュロス15
そして覚醒後の覇種ドラを攻撃すると、赤い玉のようなものが飛び散る所が個人的には好きです。
激しい戦いを繰り広げているので余裕はないのですが、「綺麗だな~」と感じる事ができます。

さて、見た目は非常に良い覇種ドラですが、その中身も
よく作られたモンスターだと私は評価しております。

元々、通常のドラギュロスも戦っていて面白い相手でありましたが、覇種ドラは
その面白さを失う事無く、更に覇種らしい強さと外観を手に入れた存在と言えるでしょう。

覇種ドラの攻撃は下手にガードしてしまうと致命傷を負うことがありますので、
いかに集中して回避をするかが勝利の鍵を握っていると思います。

よって、覇種ドラに関しては回避が大事という事で、敵の攻撃を回避するのが
好きという人にとっては、覇種ドラは面白い相手と言えるのではないでしょうか。

私も、回避が有効な攻撃を多用するモンスターを好む傾向にありますので、
覇種アンノウンや覇種パリアプリアと同様に、覇種ドラもかなり好きという事になります。

ただ、覇種ドラは回避が有効と言いましても、私の腕前の関係上、
かなり被弾する事が多く、覇種の中では1,2を争う強さを持っていると思います。

覇種ドラが配信された時には既にFコースが実装されておりましたし、元気のみなもとも
ありましたので、「Fコorみなもと」で楽にクリアした人も少なくないでしょう。

しかし私はFコースやみなもとに頼らずに挑んでいましたので、
覇種ドラに対しては「強すぎる」という印象を強く抱いております。

強すぎるがゆえに挑み甲斐がありますし、討伐した時の喜びはひとしおですけどね。
この「強すぎる」という感覚は、私にとって良い方向に働いてくれました。

覇種ドラギュロス10
一方、覇種ドラの悪い点を挙げるとすると、一部の攻撃の当たり判定が理不尽だという事です。
代表的なのは、覚醒後に放ってくる超極太ビームでしょう。

この超極太ビームのターゲットになってしまったら、もう喰らうしかありません。
離れている場所から放たれたビームを回避した事はありますが、2,3発目で喰らいました。

お上手な方であれば、3回連続で回避する事ができるのかもしれませんが、私には無理です。
もう少しだけ、当たり判定の時間を短くしてくれたら良かったのですけどね~

根性を付けた状態で1発目を素直に喰らっておけば、倒れている間に2,3発目が
放たれて死なずに済みますので、そこは良心的だったとは思います。

見た目自体は物凄く格好良いですし、このビームを放っている間、ターゲットにされていない
人にとっては攻撃チャンスでもありますので、一概に悪い事ばかりではありませんが。

そして、サマーソルト時に攻撃を避けたと思ったのに、
鉤爪に引っかかる事があるのは勘弁してほしいです^^;

あの鉤爪の当たり判定も、相当酷いですよね (ノ∀`)
まあ、これも私の腕前の無さを棚に上げているだけとも言えるのですが^^:

その他、戦闘フィールドとなる樹海頂上部ですが、夜でなおかつ雨が降っておりますので、
視界が良くないという点は私は好きではありません。

覇種ドラ戦では回避が重要で、一瞬の判断が大事となってきますので、
視界が悪く画面が見づらいのは私にとっては困りものなのです。

一方、戦闘フィールドの広さに関しては、丁度良いと思います。
覇種アンノウンのように広すぎず、覇種パリアのように狭すぎずという感じですね。

覇種ドラギュロス17
ただ、樹海頂上部では、尻尾を斬る位置が悪いと剥ぎ取れないという事もあります。
こうした事態は通常のドラでも起こりうることなので、覇種ドラに限った話ではありませんがw

ブリッツ16
そして、覇種ドラ素材で作成できる武具は、優秀な物が多いです。
ブリッツFXは見た目が良いですから、そのために覇種ドラを狩った人もいらっしゃるでしょう。

さて、話をまとめますが、一言で表すと「覇種ドラは好き」となります。
他の人の覇種ドラ評価を拝見しても、概ね良い感想を目にするような気がします。

見た目や演出は非常に凝っており、覇種ならではの特別感を味わう事ができます。
また、覇種ドラは強いがゆえに非常に挑み甲斐があり、更に楽しいのもポイントですね。

覇種ドラ戦では物凄く集中力を使いますので、連戦すると結構疲れてしまいますが、
それを考慮しても覇種ドラは良い出来と言えると思います。

そういうわけで、ここまでご紹介した覇種の総合順位をご紹介しますと、
「ドラギュロス>アンノウン>パリアプリア>オディバトラス」となります。

今更なのですが、わざわざブログで6回の更新に分けなくても、
パッと総合順位を出してしまった方が良かったような気もしてきましたw

そんな事を思いつつも、もったいぶって、あと2回の更新へ繋げようと思います。
覇種を振り返るという形で、6回分の更新のネタになりますので助かります^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。