スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴の下のドンちゃんに会いに行こう ((((((/・ω・)ノ オジャマシマス

昨日一昨日に続きまして、本日も覇種を振り返ってみましょう。
今回ご紹介しますのは、第3の覇種である覇種パリアプリアです (*´・ω・`)つ

覇種パリアプリアはF5プレビューサイト等で事前に姿が公開されておりましたが、
その変わり果てた姿を見て驚いた方は多いはずです。

私も「パリアがゾンビのような姿になってしまった」と衝撃を受けました。
そして実際に対峙してみましたら、更に驚きましたけどねw

覇種パリア1
最初、「おや、また何かを食べているのかな?」と気がつき、覇種パリアの前方へ
回ってみたのですが、ファンゴを貪り食っている場面を見た時は物凄く驚いてしまいました。

覇種パリア8
大穴に落ちてしまい(?)、不幸にも覇種パリアの餌となってしまったファンゴの亡骸を見ると、
ここは狂気に満ちている場所なのだと感じる事ができます。

覇種パリア2
さて、パリアプリアと言うと、通常個体・特異個体を含めて、あまり強くはないという印象が強いです。
しかし覇種パリアは、そんな印象を払拭するだけの強さを秘めておりました。

最初は自由区にて元気のみなもと無しPTで挑みましたが、クエストは失敗の連続となり、
5戦目くらいでようやく初討伐を果たしたと記憶しております。

覇種オディバトラスは根性さえあれば難しくはありませんでしたが、覇種パリアは覇種アンノウンと
同等の強さを誇っており、覇種の恐ろしさを改めて実感させられる結果となりました。

つまり、今後登場してくる覇種は、全て覇種アンノウン・覇種パリアと
同等の強さなのだと思い知らされた瞬間でもあったと言えます。

覇種パリア4
覇種パリアの特徴の1つとして自身にバリア(オーラ)を張るという事が上げられますが、
バリア時の状態異常攻撃は非常にいやらしかったです^^;

毒でしたらマシなのですが、睡眠と麻痺は死に直結しますので、
慣れないうちは非常に恐ろしかったです。

覇種パリア5
このバリア(オーラ)ですが、青黄紫でダメージ35%減(弾の場合さらに20%減)、
赤でダメージ45%減と、こちらが与えるダメージが減らされるというのも非常に厄介でしたね。

このバリア(オーラ)のせいで、覇種パリアは非常にタフでダルイという印象が今でも強いです。
また、弾の場合はさらにダメージが減るというのは、やりすぎのような気はしました。

弾に弱くしてしまうとヘビィボウガンの餌食になるのは目に見えておりますので、
それを避けるための設定なのかもしれません。

覇種パリア11
しかし弾のダメージが減ろうとも、結局ヘビィで貫通弾を撃っていれば、それなりに強いのですよね。
ヘビィ秘伝3狩猟笛1の構成ですと、最適ではないにせよ、安定して狩る事ができます。

この弾に強い設定のせいで、一番割を食ったのは弓ではないかと思います。
弓と言えば、対パリア戦ではかなりの強さを発揮できる武器種でありました。

覇種パリアに対しても弓は有効だろうと予想しておりましたが、
結局はヘビィで貫通弾を撃っていた方が楽だったわけです。

せめて覇種パリアだけでも、弓がヘビィよりも強さを発揮できる設定にしても
良かったのではないかと、今でも思っております。

ただ、弾に強い設定にしなかった場合、弓が有効になると同時に更にヘビィの威力も増す事に
なりますので、覇種パリアの問題と言うよりも、武器種間の問題のような気もします。

覇種パリア15
一方、対覇種パリアで注目を浴びた武器種といえば、ハンマーになるでしょう。
「ハンマー3狩猟笛1」「ハンマー4」といった構成は、覇種パリアに対しては非常に有効でした。

この事は2012年12月7日の記事でご紹介させていただいておりますが、
覇種パリアに対してハンマーで挑むのは非常に楽しかったです。

私の場合、覇種パリアに対してはハンマーで行った時が一番楽しいのですが、
その他の武器で行った場合も、結構楽しめます。

さて、覇種パリアに関してはあまり良くない評価を耳にしますが、私は覇種パリアが結構好きです。
効率を考慮しなければ、様々な武器種で楽しめる相手だと思っております。

まず覇種パリアの良い点を挙げるとすると、覇種パリア自体が
非常に良い雰囲気を醸し出しております。

通常のパリアと違って、狂気に満ちたその姿は非常に印象深いですし、
凶悪な強さと姿を持つべきである覇種に相応しい存在だと私は思います。

また、覇種パリアだけではなく、戦闘フィールドも戦いの雰囲気作りに役立っております。
あの閉鎖的な場所での戦いは、厳しい戦いを強いられている感覚に陥らせてくれます。

そういう訳で、戦いの雰囲気に限って言うと、全6種の覇種の中で覇種パリア戦が一番好きです。
モンスターの出来は非常に大切ですが、戦いの雰囲気というものも大事だと思いますので。

そのモンスターの出来に関してですが、私は覇種パリアを
結構良く作られたモンスターだと感じております。

動きが通常のパリアよりも素早い分、攻撃が避けやすいです。
覇種アンノウンもそうでしたが、回避可能な攻撃を多用してくれると、楽しく感じますね。

降ってくる岩に当たると気絶したり、麻痺・毒・睡眠といった状態異常になるのは
厄介ですが、基本的に理不尽な攻撃は、それほど無いような気もします。

他にも印象深い攻撃を仕掛けてきますし、特に「吸い込みからのジャンプブレス」は
覇種パリアならではの攻撃で面白かったです。

一方、覇種パリアの悪い点を挙げるとすると、やはりバリア(オーラ)の
ダメージカットの影響で、タフに感じてしまう所です。

また、閉鎖的な戦闘フィールドは雰囲気を高めてくれている反面、
「狭くて戦いづらい」「壁際が怖い」という悪評にも繋がります。

他の覇種の戦闘フィールドと比べてみますと、覇種パリアの戦闘フィールドは一番狭いです。
覇種パリアをあまりお好きではない方は、この狭さも気になっているのではないでしょうか。

この狭さに関しては、良くもあるし悪くもありますね。
場合によっては戦いづらいというのは、実際に私も感じます。

しかし、繰り返しになりますが閉鎖的な場所は雰囲気作りに役立ってくれますし、
狭いがゆえに覇種パリアは覇種アンノウンのように遠くへ行く事もないという良い点もあります。

パリアプリアハンマー8
覇種パリアから作成できる武器は優秀な物が多く、私はライトボウガンの
モナーク=ダオラ以外は作成してしまいました。

※「天狼極剣【銀月】」「ドドンガ・ハヴォック」「怒髪獄閃槍【文月】」「緋猛獄剣【虚無】」
 「ドドンガ・リッパー」「ドドンガ・オオタチ」「ドドンガ・ズドドドン」「ドドンガ・ヴォイド」

防具に関しては、私は「ワダツミFX【丸帯】」を1部位作成しただけです。
防具はイマイチでも、これだけ武器が優秀なら、覇種パリアへ行く価値は高いでしょう。

余談ですが、覇種パリア討伐ランキングによると、討伐成功率は66.08%だそうです。
この数字は、全6種ある覇種の中で一番低いです。

覇種パリアが実装されたのはFコースが実装される一週間前ですから、
その影響もあって成功率は一番低かったのでしょう。

成功者の中には、一日5回までの元気のみなもとを使用した人も多いと思いますが、
66.08%という数字は、それだけ覇種パリアは強敵だった事を物語っております。

話をまとめますと、「覇種パリアはあまり良い評判は聞かないけれど、私は結構好き」という事です。
見た目のインパクトや戦闘の雰囲気に関しては、覇種の中で一番だと思っております。

どちらかと言うと、シンプルに「楽しさ・面白さ・モンスターとしての出来」の方が
重要ではありますので、総合評価として順位付けをするとなると変わってきますけどね。

ここまでご紹介した3体の覇種を総合評価で順位付けすると、
「アンノウン>パリアプリア>オディバトラス」となります。

ただ、覇種パリアを高く評価しているとはいえ、やはりダルイという点は否定しようがないので、
あまり連戦したくはないというのも、また1つの本音と言えます。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。