スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突進せずにはいられません [`◇´]]]]]]]]]]] ドドドドド

常時、長期開催イベントは12種配信されておりますが、
先日とある長期開催イベントを終わらせる事ができました。

どの長期開催イベントかと言いますと、ランスになります (。・∀・)ノ゛
イベント名は「爆炎の希少鉱石」で、いわゆるドリルランスです。

それまで、イグニスピラルを生産し、親方印のナールフォラーズへ強化する所まで
進めておりました(2010年5月27日の記事2011年7月6日の記事を参照)。

その後、2012年10月17日にHC武器のナールイウサールが強化先として追加され、
先日の狩人祭終了後に、ようやくナールイウサールへ強化する事ができたのです。

このイベントでは「さびた塊」シリーズを集めねばなりませんが、
エクストラクエの「古塔大採取・下位編」を繰り返していれば、比較的楽に集まります。

また、さびた塊シリーズは80祭Pもしくは12NPと交換できます。
私は今回、基本的に採取で集め、足りない分は祭Pとの交換で手に入れておりました。

ドリルランス8
そして、さびた塊シリーズを納品して「琥珀の稀水」と「翡翠の稀水」を集める事になりますが、
このクエは古いクエですので、ご覧のように複数出てくれる事があります。

最近の長期開催イベにかかわるクエですが、昔のように報酬枠が増える事がなくなりましたので、
少しでも楽に終わらせたいのならば、超激運や大激運を持っていきましょう。

ドリルランス9
こうして、無事にナールフォラーズからナールイウサールへの強化を果たす事ができました。
性能は「攻撃力437・火1400・スロット1」となっております。

数値上はナールフォラーズと全く変わらないのですが、ナールイウサールはHC武器ですので、
HCクエで斬れ味ゲージがワンランクアップする所が嬉しいです。

ただ、武器の出し入れ速度が遅いランスにとっては、
ナールフォラーズの親方印効果も相当魅力的ではあります。

そのため、ナールフォラーズのままにしておくという選択肢もあったのですが、HCクエにおける
斬れ味ゲージの変化の方がメリットが大きいだろうと判断し、ナールイウサールへと強化しました。

ついでに、ナールイウサールですとレア4ですので、低レア武器しか使用できない
韋駄天で火に弱い敵が種目となった場合、正解武器になりそうです。

ドリルランス10
このシリーズは火属性が物凄く高く、火に弱い相手に絶大な威力を発揮するランスで
ありますが、性能面だけではなく、見た目も非常に特徴的と言えるでしょう。

とにかく、見た目は物凄く格好良いと思います (*ゝ∀・*)
ドリル型というだけで、ついつい高い評価を与えてしまいそうになります。

しかも、武器を出した状態ですと、ドリルがグルグルと
回転するという素晴らしいギミックがある所も見逃せません。

ドリルランス11
ドリルランス12
このシリーズのランスを持つと、ついつい岩に向かって突進してみたくなりますw
ランスはいつも嵐ノ型にしておりますので、地ノ型へ変更しなくてはなりませんけどね。

ドリルランス13
こちらはおまけですが、突進をするとご覧のような良いアングルになりますw
とはいえ、昨今では突進を使用する機会は殆どないでしょう。

さて、長期開催イベントの中には、「これは絶対にクエでは使用しないだろう」
という物もあるという事は否めません。

そんな中、ランスに関しては最適な武器になりえるポテンシャルを秘めております。
剛種・天嵐・覇種武器の中に、火属性のランスが存在しないと言う事も要因でしょう。

大当たり剛猫武器や最終強化進化武器も含めるとなると話は変わってきますが、
それは一般的ではありませんので、今回の話題から除外しても問題なさそうです。

MHFGの極海に登場してくるアノルパティスやポカラドンは火に弱いという
可能性もありますので、もしかしたらナールイウサールが絶大な威力を発揮するかも?

しかしナールイウサールはリーチ中ですので、「どんなに強くても、
リーチ中という時点で選択肢から外す」という人はいらっしゃるような気がします。

私の場合、リーチ中だからといって、それだけで選択肢から外すような事はしませんが、
リーチ長だと嬉しいと感じてしまうのは、言うまでもありませんけどねw

MHFG47
そういえば、MHFGのプロモーションサイトにて紹介されているランスですが、
おそらくPVにも登場していたカム・オルガロンっぽいG級モンスターのランスと思われます。

これは新属性「炎」のランスと予想しておりますが、火と炎の関係は気になります。
※炎:火と龍の複属性

炎の武器を使用した場合に考えられるのは、以下のような事でしょうか。
例① 火30・龍15が通る敵に対しては、高い方の火30の分を属性ダメージとして加算
例② 火30・龍15が通る敵に対しては、火30+龍15=45を属性ダメージとして加算


これは予想の粋から脱しませんが、何となく②として処理されるような気がします。
①だったら、普通に一番効く属性の武器を使用すればよいですしね。

仮に②として処理されるとすれば、炎と同じく新属性の「雷極(雷と龍の複属性)」は、
雷と龍に弱いクシャルダオラに対して物凄く効く事になりそうです。

他のモンハンシリーズにて、「火と氷」「雷と龍」の属性を持った双剣が
存在しているようですが、MHFでは複属性がどのような仕様になるか注目しましょう。

仮に、MHFGでは常に「炎>火」になったとしても、ナールイウサールの高い火属性は他に
代えられる物ではありませんので、MHFG以降も活躍してくれる事を期待しております。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

仕事してるんですか?まさかフロンティアが仕事とは言わないでくださいね

>名無しさん
働かずに遊んで暮らせるのなら良いのですが、
現実はそうはいきませんね┐(´ー`)┌
もし働かずに済むようになったとしても、
MHFが仕事とは恥ずかしくて公言できませんけれどもw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。