スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには股間を潜り抜けてみよう ε≡ ヽ__〇ノ ズサー

以前、ハンマーの秘伝防具・ジェイドの作成を最優先にしているという事を
書かせていただきましたが、その後にちょっとした心境の変化が生じました。

結論から申し上げますが、片手剣の秘伝防具作成を再開する事にしたのです。
それまではガーネットFXは作成していたものの、強化は行っておりませんでした。

しかし、優先すべき他の秘伝防具作成はある程度済ませてしまい、心に余裕が生まれました。
「それならば」という事で、既に片手剣秘伝防具作成を再開しております。

長い間、片手剣でHCクエへ行っておりませんでしたので、
もっと片手剣を扱いたいという気持ちも強かったですね。

そういう訳で、今ではハンマーと片手剣、そしてもう1つの武器(後日ご紹介する予定です)
を使用して、HCクエへ行く事が多いです。

秘伝防具作成を急ごうとすると、どうしても1つの武器しか扱わなくなってしまう事が
多くなりますが、こうして3つの武器を併用していった方が楽しく遊べるでしょう。

複数の武器を使って遊んだ方が飽きないですし、武器にはモンスターとの相性というものも
ありますから、状況に応じて武器を使い分ける事ができるといった点で望ましい事だと思います。

片手剣秘伝作成1
今では、すぐに終わるギルド優先依頼の日を狙って、
片手剣でも積極的に参加させて頂いております。

今の所は魂・極集めを中心に行っておりますので、
属性が殆ど効かないHC変種モンスターと戦わねばなりません。

そうなると、麻痺属性の緋猛獄剣【虚無】が活躍してくれるわけです。
状況に応じて武器は使い分けますが、緋猛獄剣【虚無】の出番が圧倒的に多いですね。

片手剣秘伝作成2
ちなみに、防具はガーネットFXばかりを使用しているのですが、
再びパイナップルの様な頭をしているガーネットを使える事は、とても嬉しいです。

生い茂る草の中でしゃがんでみると、よりいっそう髪の毛が植物に見えてしまいますねw
偶然ではありますが、髪の毛の色も植物のようでした。

片手剣秘伝作成3
それにしても、片手剣で参加しても、すぐに終わるクエが増えてくれて本当に助かります。
HC変種クエでありながらも、ある程度の装備が整っていれば、1ラスタで終わりますしね。

上のSSに写っているHCクック変種も、すぐに終わる相手の1つでもあるのですが、
2010年のシーズン8.0での実装当初は、最強といっても過言ではない強さでした。

その当時はSRの値に応じて防御力が減っておりましたから、
HCクック変種の攻撃は何を受けても、ほぼ即死だったのです Σ(・ω・ノ)ノ

しかも根性が実装されておりませんでしたから、
即死を恐れてビクビクしながら戦っていた記憶があります。

今でもHCクック変種の怒りグルグルアタックは物凄く強力なのですが、防御力マイナス補正は実質
撤廃されましたし、マイミッションの被ダメージ軽減や根性がありますから、昔ほど怖くはないです。

そして武器や防具も、HCクック実装当初と比べると格段に進化しているのも大きいです。
当時のMHFを知っている人は、「ああ、そうだったそうだった」と共感してくれると思います。

このように片手剣でHC変種とたくさん戦った結果、3部位ではありますが、
ガーネットFXをレベル7にまで強化する事ができました (・∀・)

このまま残りの2部位をレベル7にまで強化してもよいのですが、前々から考えていた、
ガーネットと紅秘伝のルベライトの混合を目指す事に決めております。

もちろんガーネットを5部位使用するという手段もありますが、ガーネット3ルベライト2の
混合の方が拡張性が高いので、その組み合わせを選択している人は多いでしょう。

片手剣秘伝作成4
そういうわけで、今現在は極集めを優先してはいるものの、片手剣魂・序と中も
コツコツとではありますが進めている所です。

HC下位・上位モンスターですと属性が効く場合が多いので、片手剣も気兼ねなく使えますね。
とりあえず序・中はルベライト2部位分で足りますので、それほど苦労はしないでしょう。

今回、片手剣秘伝防具作成を再開したわけですが、未強化ながら
私が最初に作成した秘伝防具はガーネットでした。

秘伝防具が実装された当初はHCモンスターの数も今ほど多くなく、
手に入る武器魂も1枚だけでしたから、かなりきつかったですね~

しかも片手剣が好まれる事があまり無かったため、肩身の狭い思いもしました。
今では武器魂が手に入りやすくなりましたので、昔と比べると良い時代になったと思います。

片手剣の新スタイル(天ノ型)がとても楽しくて、初めて作成する秘伝防具にガーネットを
選択したのですが、今また片手剣で楽しく遊べている事を嬉しく思います。

その後追加された嵐ノ型は期待はずれに終わってしまいましたが、
MHFGで追加される新アクションには大きな期待をしております。

紹介ムービーを見る限りでは、一歩も動かずに連続攻撃を繰り出しておりますので、手数の多い
定点攻撃が可能であれば、かなり使えるアクションになるのではないかと予想しております。

そういえば、シーズン10で追加されたスライディングは意図的に使う事はないですね~
極稀に、操作ミスでスライディングが発動してしまう事がある程度です。

片手剣秘伝作成5
これは、間違ってスライディングを発動させてしまい、それがとどめとなった場面ですが、
操作ミスによる攻撃がとどめになりましたので、一人で恥ずかしい気持ちになってしまいましたw

シーズン10のPVにて、スライディングでラージャンの股下を
くぐっている場面を見た時は心が躍ったのが、今では懐かしいです。

MHFGで追加される新アクションですが、スライディングのように使われないという
運命を辿る事がないよう、しっかり調整していただきたいと願っております (人´∀`*)

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

片手を最初の秘伝書に選んだことを、SR31の頃は凄く後悔しましたが、今では良かったと思うようになりました(ノ∀`)
嵐は使い所がむずかしいですが、ナズチやクアルなどの腹を狙うのにはとてもべんりですよ(ω)

僕はガーネット2・ルベライト3最初の秘伝作成に選びました。FX1が完成したら、スピネルをつくりたいとおもいます(ノ∀`)

>A.KIさん
秘伝書は一度獲得してしまうと、SR200に上げるまで
新しい秘伝書を手に入れる事ができないという仕様は困りますよね^^;
今はSRPがたくさん入る時代なのでマシにはなっておりますが、
以前は相当大変でした。

片手剣の嵐ノ型は、重心が低い相手には当たりやすいのですが、
2足歩行の相手には非常に当てづらい上に、モーション値が低いので、
私は殆ど使いません(つд⊂)
せっかく技の選択肢があるのですから、本当は使いたいのですけどねw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。