スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尻に火がつくとは言うけれど… ( >_<) アチチ

昨日、第6の覇種である覇種テオ・テスカトルが登場するクエスト、
「豪炎灼華」が遂に配信されました。

これで、フォワード中に配信される予定だった覇種が全て出揃った形となります。
最後の締めくくりは覇種テオが飾るわけですが、配信を楽しみにしていた人も多い事でしょう。

覇種テオ1
クエの依頼文に「紅蓮の世界を創造せし覇種炎王龍」とありますが、格好良い言い回しですねw
さて、私はとりあえず、ソロ(ラスタ・フォスタ付き)で下見をしてみる事にしました。

戦闘フィールドは塔ですが、ナナやエスピ亜等と同様に、戦闘の場となる頂上部の
1つ手前からスタートしますので、移動の手間が省けて助かります。

覇種テオ2
早速、戦闘エリアへ突入してみましたら、覇種テオが イタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!
見た感じ、普通のHCテオとあまり変わりありませんね^^;

覇種テオ3
行動もHC剛種テオとさほど変わらず、また、一人でもスタンも取る事ができました。
他の覇種と同様に、途中から強くはなるだろうなとは予感していましたけどね。

ソロで4分ほど戦った後にリタイアし、その後自由区の募集に参加させていただきました。
ハンマーで十分戦えるという事が確認できましたので、初戦からハンマーでの挑戦です。

最初にお世話になったPTは「ハンマー3狩猟笛1」という構成で、最初は何も問題なく
進めてこれたのですが、途中から覇種テオが驚くべき変貌を遂げ、驚かされる事になります。

覇種テオ4
何と、覇種テオの体から炎が舞い上がっているではありませんか Σ(・ω・ノ)ノ
体内から熱を発するだけでは止まらず、遂には炎までも発するようになったのですね。

覇種テオ8
別の角度からもご覧いただきますが、メラメラと燃え上がった炎がとても格好良いです。
まさに、炎王龍の名に恥じない風貌と言っても過言ではなさそうです。

炎を纏うようになってからが本番といった感じで、ここからは私も初体験でしたから、
見慣れない技を多数受けてしまい、相当苦戦してしまいました。

覇種テオ5
「打撃4」という構成でしたから、ダウンは他の武器よりも取りやすかったでしょうし、
スタンも取れますので、近接に関しては相変わらずハンマーが優勢のように感じました。

それでも、覇種テオは普通のHCテオよりはダウンしづらくはなっておりましたので、
その分面倒にはなっている事でしょう。

こうして苦戦しながらも戦闘を続け、2死という追い詰められた状況(私も1死)に
なりつつも、遂にこの時がやってきました。

覇種テオ6
何と、初戦で覇種テオの討伐に成功したのです (●´∀`)ノ+゜*。゜喜+゜。*゜+
正直、5戦くらい繰り返さないと勝てないと予想しておりましたので、驚いてしまいました。

パリア・ドラ・ヴォルといった覇種は、数戦失敗した後に初討伐を果たしましたから、
初戦で覇種テオを討伐できた事に関しては、良い意味で想定外です。

しかも、狩猟笛の方はFコースかみなもと有りでしたが、他の3人はみなもと無しでしたし。
初戦で討伐できたという驚きが大きかったのは事実ではありますが、素直に嬉しかったです。

覇種テオ7
炎は「足・尻尾・翼爪」から発せられるのですが、討伐後は
それらの部分が蛍光のオレンジ色になり、綺麗に感じてしまいます。

覇種テオ10
そして、HC素材の「炎王龍の覇角」も剥ぎ取る事ができました。
HC素材を剥ぎ取る事ができるという点は、パリアやドラと変わりありませんね。

覇種テオ11
私は元気のみなもとを使用せず戦いましたので、新しい称号も手に入れております。
六種の覇種を討伐した証という事で、「制覇」の称号も入手しました。

覇種テオ9
さて、覇種テオでは様々な新技を披露してくれますが、その殆どが
炎に関係したもので、演出は相当派手となっております。

しかし、見た目が派手な反面、当たり判定が一瞬しかない技も多いので、
慣れてくれば回避できるようになるでしょう。

その意味でも、回避性能はあった方が良いと私は感じました。
覇種テオの新技を回避する事ができれば、その後は攻撃チャンスが待っています。

事前では、地形ダメージ減【大】やダメージ回復速度+2が必要ではないかと
予想されておりましたが、個人的にはそれほど必要とは感じませんでしたね。

もちろん熱によるスリップダメージは怖いのですが、
私がハンマーで戦っていた際には、活力剤のみで済みました。

ただ、ランスやガンランスのように覇種テオに張り付く事が多くなる武器種ですと、
地形ダメージ減少が欲しくなるのではないかと思います。

こうして自由区で数戦しましたが、みなもと無しの近接武器構成でクリアした事に満足しましたので、
あとは素材集めを手っ取り早く進めたいという気持ちから、楽な戦法を選択してしまいました。

その戦法とは、「大銃仙3狩猟笛1」です。
最適ではないにせよ、結局この構成が有効になってしまうのですね (; ̄ー ̄A アセアセ

覇種テオ12
そもそもテオは貫通弾向けの体格はしておりませんが、それでも早く討伐できてしまう強さが
大銃仙(へビィボウガンの秘伝防具)にはあるという事なのでしょう。

回復は狩猟笛の人にお任せし、被弾しないようにガンガン撃つだけです。
この構成ですと、Fコースなしでも6~8ラスタで討伐できてしまいます。

真冥雷獄重砲【玄鷹】(もしくは弩岩獄重弩【狙熱射】)を使用する事を想定しますが、
以下のような装備を組むと良いでしょう(装飾品の組み合わせは他にもあります)。

武器スロット1           Lv1      ●  剛力珠
トルマリンFXキャップ   (SR)  Lv7  104  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ペリドットFXレジスト   (SR)  Lv7  104  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ペリドットFXガード    (SR)  Lv7  104  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ペリドットFXコート     (SR)  Lv7  104  ●●● 弾穴珠G, 乱射珠G, 狙撃珠G
ペリドットFXレギンス   (SR)  Lv7  104  ●●● 狙撃珠G, 眠瓶珠G, 根性珠G
服Pスロット2                    ★★  根性カフPA1

防御値:520 スロット:■0□0●16○0 火:10 水:10 雷:10 氷:10 龍:10

攻撃力UP【特大】,重銃技【銃仙】,狙い撃ち,見切り+3,回避性能+2
火事場力+2,装填速度+2,貫通弾・貫通矢威力UP,装填数UP,根性


もし、狩猟笛の人が親方印の狩猟笛を担いでいなかったり、回復が遅い場合、
自身で回復する事も想定して早食いを付ける事もできます。

武器スロットなし
ペリドットFXキャップ   (SR)  Lv7  104  ●●● 仙人珠G, 仙人珠G, 剛力珠
ペリドットFXレジスト   (SR)  Lv7  104  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ペリドットFXガード    (SR)  Lv7  104  ●●● 剛力珠, 弾穴珠G, 反動珠G
ペリドットFXコート     (SR)  Lv7  104  ●●● 眠瓶珠G, 狙撃珠G, 狙撃珠G
トルマリンFXレギンス  (SR)  Lv7  104  ●●● 根性珠G, 気短珠G, 気短珠G
服Pスロット2                    ★★  根性カフPA1

防御値:520 スロット:■0□0●15○0 火:10 水:10 雷:10 氷:10 龍:10

重銃技【銃仙】,攻撃力UP【大】,狙い撃ち,見切り+3,回避性能+2
装填速度+2,貫通弾・貫通矢威力UP,根性,装填数UP,早食い
受け身


ただ、自身で回復しようとすると手数が相当落ちますので、
回復は狩猟笛の人にお任せした方が討伐時間は短縮されます。

それにしても、覇種テオも結局ヘビィが有効になるとは予想しておりませんでした。
事前の予想では、覇種の中で覇種テオが一番ヘビィ向けではないと思っていたのですけどねw

結局、ヘビィで狩る事に若干の違和感を覚えつつも、覇種テオから手に入る
「炎王龍の灼翼」を使った武具はたくさん作りたいので、そこは割り切ります。

配信された直後に集めておかないと、募集がめっきり少なくなってしまいますしね。
ある程度炎王龍の灼翼が集まりましたら、まったりと装備自由で遊んでみるつもりです。

さて、覇種テオの感想ですが、近接よりも遠距離の方が楽だとは感じてしまいました。
現実として、大銃仙の募集が多い事から、そう感じている人は少なくないはずです。

あくまで初日においての感想にはなりますが、覇種テオは
期待していたほど楽しくはなかった様な気がします。

しかし、私が近接(ハンマー)で挑んだのは、まだ慣れてもいない最初の4,5戦の事ですから、
覇種テオに慣れてくれば、近接でも楽しく戦えるようになるかもしれません。

覇種テオに慣れ、様々な武器で戦えるようになったら、本評価をしてみたいと思います。
機会があれば、全6種の覇種を振り返ってみるのも面白そうですね。

覇種テオ13
先ほどもご紹介したとおり、覇種テオの尻尾からは炎が発せられるのですが、
これを見た時、「尻に火がつく」という言葉を思い浮かべてしまいました。

尻に火がつくとは、「事態が差し迫って、追いつめられた状態になる」事を表す言葉ですが、
覇種テオはハンターに襲われ、追いつめられたために火が付いたのかもしれませんねw

※「尻に火がつく」の誤用として、「尻尾に火がつく」と言うことがあるそうです

覇種テオ14
そんな覇種テオですが、カムに尻尾を噛み付かれてしまいました (☆3;)イタイッ
根拠はありませんが、カムとテオは対峙すると喧嘩を始めそうなイメージがありますw

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。