スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下から覗くハンターさん、続出!? |д´)チラッ

新しい覇種として金銀ヴォルが実装された事により、新しい武具がいくつか追加されました。
覇種防具も追加されたわけですが、それはアルゴルシリーズとなります。

アルゴル1
他の覇種防具ですと強化過程が多かったのですが、アルゴルは生産時に
既にFシリーズとなっておりますので、いくらか強化はしやすいと思います。

生産に古龍種の稀玉を使うのは他の防具と同様ですが、討伐の証を使用しない所も良いですね。
アルゴルシリーズの性能と強化素材は既に判明しておりますので、ご紹介いたします。

アルゴルFXヘルム   達人5・風圧5・耐震5.断食5・気力回復5
アルゴルFXメイル   回復速度5・斬れ味5・風圧5・回避性能5・匠3
アルゴルFXアーム   攻撃5・研ぎ師5・風圧5・地形5・根性5
アルゴルFXフォールド 回復速度5・全耐性UP5・風圧5・回避性能5・高速設置5
アルゴルFXグリーヴ  斬れ味5・攻撃5・風圧5・地形5・体術5

アルゴルFXキャップ 装填5・特殊攻撃5・精密射撃5・捕獲上手5・耐状態異常5
アルゴルFXレジスト 回復速度5・達人5・装填5・砲術師5・溜め短縮5
アルゴルFXガード  食いしん坊5・攻撃5・装填5・スタミナ5・広域5
アルゴルFXコート  達人5・装填5・反動5・広域5・捕獲上手5
アルゴルFXレギンス 攻撃5・全耐性UP5・装填5・砲術師5・武器捌き5


Fレベル1 古龍種の稀玉×1・黄金魚竜の鱗×10・白銀魚竜の鱗×10
Fレベル2 黄金魚竜の箔鱗×3・白銀魚竜の鏡鱗×3・跳緋獣の緋毛×1
Fレベル3 桜火竜の鋼殻×1・魚竜種の錬牙×1
Fレベル4 黄金魚竜の箔鱗×10・大猪の尖牙×1・跳緋獣の猛毛×1・魚竜種の豪ビレ×1
Fレベル5 白銀魚竜の鏡鱗×10・盾蟹の斬爪×1・ランポスの最上皮×1・魚竜種の錬牙×3
Fレベル6 眠鳥の金赤毛×1・舞雷竜の雷鱗×1・鎌蟹の絶爪×1・魚竜種の豪ビレ×3
Fレベル7 仰々しいクチバシ×1・桜火竜の艶殻×1・眠鳥の晃胃石×1

FXレベル1 金銀魚竜の乱殻×4・溶岩竜の旋ビレ×1
FXレベル2 鮮烈なる滾血×4・盾蟹の断爪×1・眠鳥の純蒼毛×1
FXレベル3 逞しいクチバシ×1・鎌蟹の斬爪×1
FXレベル4 鮮烈なる滾血×2・火竜の獄鱗×1・大猪の猛牙×1
FXレベル5 ランポスの長爪×1・錆びた鉛翼×1
FXレベル6 鮮烈なる滾血×2・桃毛獣の抉爪×1・水竜の凄ビレ×1・舞雷竜の燐鱗×1
FXレベル7 金銀魚竜の乱殻×2・跳緋獣の剛毛×1・溶岩竜の凄ビレ×1


FreeDomの小部屋様のHPにてアルゴルシリーズの詳細が載っておりますので、
そちらの方もご覧ください。

G級武具入手イベントの関係上、アルゴルFXは最低でも1部位を作成しなければ
ならないのですが、性能を考えると、アルゴルFXメイルを作成する人が多いと思います。

アルゴル2
そのアルゴル胴を装備してみて驚いたのですが、
胸の上部は隠されているものの、下部が見えてしまっているではありませんか Σ(・ω・ノ)ノ

今まで、胸の下部を隠して上部を見せ、谷間を強調する防具はたくさん存在しておりましたが、
アルゴル胴はその逆という事になります。

これは世に言う「下乳(したちち)」という事なのでしょう (//∇//)
金銀ヴォルという存在自体が驚きでしたが、それによって作成できる物も驚きでしたw

アルゴル3
アルゴルの色は、まさしく金銀ヴォルを表しております。
しかし金銀ヴォルは滑らかな姿をしているのに対し、アルゴルは尖がった感じがしますね。

アルゴル4
アルゴル5
それにしても、この下乳の破壊力は凄まじいと思います ( *ノノ)
ついつい角度を付けて、下から覗いてみたくなるデザインですw

カメラを上からの視点にし、上から覗くように谷間を観賞した事はたくさんありましたが、
下からの視点にして下から覗くというのは新しいです。

さて、ネタはこれくらいとしまして、これからアルゴルの活用方法を考えていかねばなりません。
私はとりあえずアルゴルFXメイルのみを作成し、他の部位は作成する予定はありません。

アルゴルFXメイルは作っておいて損はしない性能ではあるのですが、
他の部位(剣士)は少々微妙な性能に落ち着いてしまいましたね。

そういう訳で、アルゴルFXメイルを使用した新しい装備も考え中であります。
私と同様に、アルゴルは胴しか使用しないという方も多くいらっしゃる事でしょう。

そこで、アルゴルFXメイルと他の覇種防具の腰との組み合わせをご紹介致します。
胴と腰の組み合わせが大事という事で、とりあえずその2部位がメインとなります。

アルゴル6
腰にウインドを使う機会は結構多いと思います。
色の違いは気になりますが、両者とも出っ張り感があるので、悪くはない様な気がします。

アルゴル7
腰がオディバの場合、こちらも色の違いは気になるものの、オディバの刺々しさとは
合うという事で、色の違いさえ許容できればこちらも悪くはなさそうです。

アルゴル8
業物を発動させる時にワダツミ腰と組み合わせる事がありそうですが、
前方から見ると、それほど悪くはありません。

ワダツミ腰の場合、後方からの見た目が悪くなってしまいますけどね (ノ∀`)
これはアルゴルは関係なく、どの部位と組み合わせても同様の事が言えます。

アルゴル9
腰をブリッツにした場合、色に関しては、こちらの組み合わせが一番良いでしょう。
ただ、ブリッツ腰は他の腰よりも使用頻度が少ないのが残念であります。

武者の腰は所持しておりませんので試す事ができませんでしたが、
これからアルゴルを使用した装備を作成する際に、参考にしてみて下さい。

今回はアルゴル胴と他の腰の組み合わせをご紹介させていただきましたが、
良い装備を組む事ができましたら、そちらもご紹介させていただこうと思います。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

お久しぶりです

覚えていませんかもしれませんが、夫婦ブログというブログを書いていたオット(の名前を久しぶりに書くw)です。

久しぶりに覗いてみて、以前の変わらずの記事で
とっても懐かしいやら嬉しいやらです。

すでにMHFからだいぶ離れてしまい、
昨日も息子の保育園のお遊戯会を全力で
ビデオ撮影していた(オット)ですが
以前のフレさんがブログを辞めてしまってて
エゾシカさんは?と赴いて、以前と変わらずで
とても懐かしいです♪

出来れば、いつかまたブログを再開しようと思ってますので
その時はまたおじゃまします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>オットさん
お久しぶりです^^
お子様が元気に育っていらっしゃるようで、なによりです。
私は相変わらず、MHFもブログもダラダラと続けている感じですねw
4月からMHFも大きな変化を遂げますので、引き続き頑張っていきたいと思います。

もし新しくブログを開設する事がありましたら、
非公開コメントで結構ですので、ご一報いただけると幸いです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。