スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いのと短いの、どちらがお好み? (@゜o゜)σ

ある特定の武器種の秘伝防具を作成し始めると、様々な相手を想定して装備を
作ったりもしますが、その装備とは防具に限らず武器も含まれます。

そして私は太刀の秘伝防具作成を進めている関係上、太刀用の防具を組むだけに留まらず、
今まで所持していなかった太刀にも興味を抱いてくるわけです。

そこで、前々から興味を抱いていた太刀を作成してみました。
剛種ルコディオラの太刀、ニゲル=レクスです (o*´∇`)o

ルコディオラ太刀1
ニゲル=レクスは「攻撃1248・龍400・麻痺220・会心0・スロット0・リーチ長」
という性能で、龍と麻痺の2つの属性を備えているという点ではレアな太刀となります。

ニゲル=レクスに関しては実装された直後から興味を持っておりましたが、
強化に古龍種の稀玉を4個使用するという事で、今まで作成を見送っておりました。

しかし、古龍種の稀玉が手に入るデイリークエストが配信されていたおかげで
稀玉の在庫は結構増えましたから、問題なくニゲル=レクスを作成できるようになりました。

また、今では太刀を使用する頻度が著しく上がり、これからニゲル=レクスは大いに
活躍してくれるであろうと考えましたので、この度ニゲル=レクスを作成したというわけです。

さて、龍太刀としての性能を考えた場合、実はHC武器の覇帝刀エムカムトルム
(攻撃1344・龍660・会心マイナス10)の方が強い場合が殆どです。

しかし、ニゲル=レクスにはニゲル=レクスなりの大きな長所がいくつもありますね。
まず、ニゲル=レクスはルコ武器らしく、斬れ味ゲージがとても優秀です。

紫ゲージが短いのは残念ではありますが、匠を付けなくても
白ゲージが相当長いので、秘伝防具での運用も問題なく行えます。

そして龍と麻痺の2つの属性を持つ太刀という事で、麻痺にも期待する事ができます。
※龍麻痺太刀はルコ武器以外にSP太刀しか存在しない

ニゲル=レクスの麻痺属性値は220とあまり高くなく、緋猛太刀【天啓】であれば麻痺属性値は
380と高めですから、麻痺に重きを置くのであれば天啓の方が良さそうではありますが^^;

そういうわけで、龍属性が効く相手と戦う際にはニゲル=レクスを使用し、
1回麻痺を取る事ができればラッキーという感じで扱ってみてもよさそうです。

もう1つの長所は、リーチ長であるという事です。
太刀は元々高い位置への攻撃が得意な武器でありますが、それを更に上回ります。

また、リーチ中の時よりも相手との間合いを詰めずに済みますので、
比較的安全に立ち回る事ができるでしょう。

しかしリーチ長というのは長所でもあり、同時に短所にもなりえます (・w・)
攻撃範囲が広くなる分、味方へ自分の攻撃を当ててしまう可能性も増えてしまうのです。

特に練気ゲージを消費する気刃斬で攻撃すると、当たり判定が横方向へ伸びてしまいますので、
リーチ長での気刃斬は注意しないと横にいる味方も巻き込みかねません。

そして、リーチ長であるがゆえに、狙った位置への定点攻撃が難しくなる場合があります。
例えば顔を攻撃するつもりで気刃斬を繰り出しても、翼に引っかかってしまうような場合ですね。

私は基本的に太刀のリーチ長は長所であると捉えているのですが、上で例を挙げたように
場合によっては短所にもなりえますから、上手に活用していく必要があります。

ルコディオラ太刀2
見た目は、「いかにもルコ武器」という感じがしますねw
太刀というよりも、大剣にも見えてしまいます ヽ(*゚O゚)ノ

ルコディオラ太刀3
太刀っぽくないのは事実ではありますが、きちんと鞘がある所は好印象です。
刀身部分が色鮮やかで、ビームサーベルのようにも見えます。

ルコディオラ太刀4
実際にニゲル=レクスを使用してみますと、中々面白い太刀であると感じました。
やはりリーチが長い分、攻撃は当てやすいですね。

また、私が太刀を扱う時は麻痺剣+3のスキルを付ける事が多いのですが、ニゲル=レクスには
麻痺220がありますので、麻痺剣晶を使い切ったあとも2度目の麻痺を狙う事ができます。

ルコディオラ太刀5
一方、先ほども申しましたリーチ長であるがゆえの短所も感じる事ができます。
例えば顔を狙っても、翼や首といった違う箇所に攻撃を吸われる事もあります。

テオの場合ですと頭判定が狭いので、リーチ長ですとかえって当てづらい印象がありました。
その辺も含めて、上手に扱えるように鍛錬を積み重ねていきたいと思います。

今ではニゲル=レクスを使う機会が結構ありますので、
思い切って作成して良かったと思っております。

8月29日には剛種防具の生産で消費した古龍種の稀玉が戻ってきますので、
在庫に余裕があり、太刀を頻繁に扱う方は、ニゲル=レクスを作成してみてはいかがでしょう。

その他、ニゲル=レクスを作成したついでになりますが、
剛種アビオルグの太刀のグランツ・レベルも作成してみました。

アビオルグ太刀1
剛アビの証が余っているという事もあり、衝動買いしてしまいましたw
大剣・弓に続きまして、私にとって3つ目の剛アビ武器となります。

「攻撃1248・火240・会心35%・スロット0・リーチ短」という性能で、
ニゲル=レクスとは逆の短い太刀となります。

火属性値があまり高くなく、会心率が高い事から、無属性太刀としての運用もできそうですね。
紫ゲージがもう少し長ければ嬉しかったのですが、斬れ味ゲージは概ね良好です。

アビオルグ太刀2
グランツ・レベルは柄の部分が他の太刀とは違う感じがし、珍しいという印象があります。
見た目もアビオルグっぽくて面白いですね。

グランツ・レベルはリーチ短という事で、通常のリーチよりは攻撃範囲が狭くなりますが、
その分低い位置への定点攻撃が行いやすく、味方を巻き込む心配も少なくなります。

しかし、実を言うと、私はグランツ・レベルを一度も使用した事がございません (゚ロ゚;)
強い太刀である事は分かっているのですが、今のところ活躍する機会がないのが現状です。

そういう訳で、個人的にはグランツ・レベルの優先順位は高くないと思っております。
仮に、HC剛種パリアプリアがギルド優先依頼になってくれたら、使えそうな気はしますね。

腹の下に潜り込んでグランツ・レベルで攻撃していれば、リーチ短である事が幸いして
弱点の胴に攻撃が当たるような気がします。

まあ、HC剛パリアばかりが狩られる事を問題視して優先依頼を導入したのですから、
HC剛パリアが優先依頼の仲間入りする事は極めて考えづらいと言えるでしょう。

もしかしたら、期間限定でHC剛パリアも優先依頼の対象にしてくる可能性が
あるのかもしれないですが、過剰な期待はしないでおきます ∠( ゚д゚)/

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。