スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返ると紙を思い出す (。´-ω・)ン?

明日のメンテ明けに、いよいよ大型アップデート「フォワード.4」がやってきます。
F3が2月1日でしたから、4ヶ月経たずにアップデートがあるのは嬉しいですね。

明日になると新しく実装されるものを色々と見て回る事になるでしょうが、
今日はF3を振り返ってみようと思います。

アビオルグ49
タイクンザムザ27
まずF3を振り返ってみて思いつくのが、2体の新モンスターが追加されたという事です。
皆様もご存知の通り、アビオルグとタイクンザムザですね。

個人的には、この2体のモンスターとは戦っていて中々面白いと感じており、
大型アップデートの目玉の一つである新モンスターが良かったという点では好印象です。

一回の大型アップデートにつき、2体も新モンスターを追加できたというのは
開発陣が大いに頑張って下さったという事でしょうから、その事は高く評価できるでしょう。

惜しむらくは、アビオもザムザも作成できる武具がイマイチで(アビオ武器は結構良かったですが)、
これらのモンスターの人気があまり高くなかったという点です。

この事は当ブログで4~5回述べておりますので、皆様には「またその話か」と
思われてしまうでしょうが、つくづくその事を残念に思います。

特にザムザに関してですが、私はザムザの剛種武器を一つも作成しておりません。
今までの私ですが、新モンスターの実装直後には、絶対に何かしらの剛種武器を作ってきました。

しかしザムザは、今まで長い間MHFを続けてきた私が、
剛種武器を作らなかった唯一の剛種モンスターとなります。

これは私の事ですので、皆様全員に同じ事が当てはまっているとは思っておりませんが、
それでも「用がないから狩りに行かない」という存在になるのは非常にもったいないですよね。

「アビオ・ザムザ武具(特に防具)を作成するくらいだったら、秘伝防具作りのために
猪でも狩っていたほうがマシ」となるのは悲しい気もしてしまいます。

結局、アビオは「2頭討伐の証」により不満を生み、ザムザは勝ち組先行配信で話題を呼んだ
ものの、一過性のブームで終わってしまった存在になってしまった印象があります。

せっかく頑張って作ったモンスターなのですから、皆に愛される存在であってほしいですね。
F4ではクアルセプスが実装されますが、F3の2体と同じ運命を辿らない事を願います。

幸い、クアル武具は結構使えそうです。
特に、剣士クアルFXの腕と脚が使えそうですね。

クアルFXアーム :防御155・スロ2・攻撃6・スタミナ5・ガード性能5・匠5・火耐性-3
クアルFXグリーヴ:防御155・スロ2・攻撃6・スタミナ5・ガード性能5・剣術7・火耐性-3


秘伝防具や課金防具を推し進めたい気持ちも十分理解できますが、やはり新モンスターの武具は
それなりに魅力的な物にしていただきたいので、クアルに関しては期待しております。

次はF3で実装された新スキルですが、どれも使えないものばかりでしたね^^:
スローイングナイフや格闘王は、ネタとしては優秀なのは認めますが (´・ω・`;)

これらの新スキルのせいで、アビオFX(ナイフ使い)やザムザFX(いたわりと対防御DOWN)
の性能がイマイチになってしまったと言ってもあながち間違いではないと思います。

とりあえずF4からはいたわりがラスタにも適用されますし、またF4からの
新スキル「剣術」にも期待が持てそうなので、F3の二の舞にならない事を祈ります。

そしてF3で忘れてはいけないことは、アナザーターゲットが
好ましくない形で利用され始めたという事です。

F2までは「アナザーを達成すると素材が増えてちょこっとお得ですよ」という軽い
位置づけだったのが、F3からは露骨に延命の手段としてアナザーを用いてきましたね。

その最たる例として、イベントでのアナザー必須というのが挙げられます。
イベントにおけるアナザーには、多くの人が苦しめられたのではないでしょうか。

アナザーターゲット1
親方ハンマーイベなんて、酷かったですよね~ (ノ∀`)
HRとSRで獲得できるアナザー素材が異なり、最悪20回も繰り返さねばなりませんでした。

しかも、アナザーは1枠固定ですので、超激運や報酬術の恩恵は一切受けません。
アナザー達成を必須の流れに持って行った担当者は、延命の天才だと思いますw

イベントにかかわらず、秘伝の証や武具職人魂といった素材を手に入れるためにも
アナザー達成が必須だったという点も忘れてはいけません。

この流れは今後も採用されていくでしょうから、私は既に諦めております。
ただ、「F3からこの流れが常態化した」という事で、F3への悪い印象に繋がる事でしょう。

F3は悪い事ばかりではなく、もちろん良かった事も多々あります。
その一つとして、私はデイリークエストを挙げたいです。

一日一回ではありますが、お得なクエへ行けるというのは良い事です。
また、私には関係なかったのですが、1日3回ポイントボーナスがあったのも良かったですね。

ネカフェ・プレミアでたっぷりクエを回すのには及びませんが、それでもデイリーや
ポイントボーナスはHR/SRを上げるのに役立つという点では良い試みです。

デイリーやポイントボーナスのために毎日ログインしたという人もいらっしゃるでしょうから、
ログイン率を上げるのに一役買ったという事を考えると、良いアイディアだったと思います。

お次はフィーチャーウェポンですが、これは少々期待外れでしたね~
効果が期待外れだったというよりも、適用される日があまりにも少なすぎました。

特に韋駄天開催時には、その週にフィーチャーされる武器は無いに等しかったですし。
おそらく、韋駄天クエでフィーチャー効果を無効にするのは難しいのでしょうね。

最近、一日につき複数の武器種がフィーチャーされておりましたが、今後もそういった形で
もっと存在感のあるものにしていただいた方が、実装した意義があると言えるでしょう。

他にも色々と良かった点・悪かった点がございましたが、きりがないのでこれくらいにしておきます。
最後にF3への印象をまとめるとすると、「紙集めに奔走したシーズンだった」となります。

つまり、特出すべき新コンテンツも無く、2体の新モンスターへ行く用事が少なかった事から、
秘伝防具作りのための紙集め(魂集め)ばかりをこなしていたという事です。

私の場合、普通に仲間と楽しく遊べた時間も多かったのでまだ良かったのですが、
ひたすら紙集めしか行わなかった人は面白くなかったでしょうね。

「F3は特にやる事が無かった分、紙集めが捗ってかえって良かった」と前向きに
捉えている人であれば良いのですが、そう思わない人も少なくないはずです。

「F4でも結局紙集めしかしなかった」という事にならないよう、
マイミッションやクアルセプス等の新コンテンツは充実したものになると良いですね^^

明日にはF4がやってくるわけですから、とにかく色々と楽しんでいきたいと思います。
とりあえずF4でやる事と言いましたら、新武具のチェックとクアルへの挑戦となるでしょう。

毎回恒例となっておりますが、新モンスターへはソロで挑んでみるつもりです。
今回はHR71~という事で、初体験で倒せなさそうな気もしますが ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

=======================================

F4で実装される赤秘伝防具の性能が明らかになりましたので、ご紹介いたします。
ただ、これは雑誌からの情報のようなのですが、誤植が無いとも限らないと思います。

片手剣「ルベライト」:片手剣技【剣聖】、回避性能+2、
             攻撃力UP【大】、ダメージ回復速度+2、属性攻撃強化

大剣「ジルコン」:大剣技【剣王】、集中+2、見切り3、防御+60、剣術+2

双剣「ラズライト」:双剣技【双龍】、スタミナ急速回復【大】、業物+2、回避性能+2、早食い

太刀「スピネル」:太刀技【刀神】、集中+2、龍風圧無効、見切り3、耐震+1

ハンマー「ジェイド」:鎚技【鈍器獣】、絶倫、攻撃力UP【大】、回避性能+2、属性攻撃強化

狩猟笛「アゲート」:狩猟笛技【奏帝】、餓狼+2、状態異常攻撃強化、見切り3、はらへり倍加【大】

ランス「パイローブ」:槍技【天槍】、回避性能+2、攻撃力UP【大】、
             スタミナ急速回復【大】、武器捌き

ガンランス「アイオラ」:銃槍技【砲皇】、砲術王、ガード性能+2、砥石使用高速化、見切り3

ライトボウガン「シトリン」:軽銃技【銃傑】、反動軽減+2、餓狼+2、
                装填数UP、調合成功率+30%

ヘビィボウガン「ペリドット」:重銃技【銃仙】、狙い撃ち、装填速度+3、
                 攻撃力UP【大】、回避性能+2

弓「ターコイズ」:弓技【弓鬼】、装填速度+3、属性攻撃強化、見切り3、連射

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。