スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M(桃太郎)H(ヘッドハンティング)F (*ノ´∀`)ノダンゴ、アゲル

本日、公式サイトにて、フォワード.4 プレビューサイトの第一回目の更新がありました。
いつもであれば金曜日の更新ですが、祝日の関係で水曜日に早まりましたね。

また、同時にF4のPVも公開されまして、そちらの方も
中々見ごたえのある出来に仕上がっております。

では、プレビューサイトとPVで気になった点を取り上げてみましょう。
まず最初に新モンスターのクアルセプスが紹介されておりました。

その他プレビューサイト以外で、4Gamer.netの方でもクアルセプスの紹介が
されておりましたので、そちらの内容を転載させていただきます。

◆「クアルセプス」とは
クアルセプスは、「海竜種」に属するモンスターとされているがこれは、
幼生時の殆どを海の中で過ごすという生態に由来する。
成体になると、獲物を求め海から陸へと住処を移すため、
「海竜種」でありながら「陸棲」という風変わりな性質をもつ。
「晶竜」の異名を持ち、背中にまばらに生えた水晶が特徴的なモンスターだ。


●「クアルセプス」の生態
特徴的な背中の水晶は、地中の鉱石を食すことにより皮膚が硬質化し出現したものでクアルセプス
が咆哮するときに発せられる音波に反応し、雷光を蓄積・放出する特性があるとされる。


F45
クアルセプスと言うと、体に張り付いている水晶が特徴的ではありますね。
動画では水晶がチャラチャラと音を立てていて、うるさいと感じてしまいましたがw

F46
その水晶に蓄積されたエネルギーを攻撃手段として用いてくるそうですが、
放電される範囲は広そうで、なおかつ威力も高そうですから、手ごわい相手になりそうです。

F47
そして、2体同時にクアルセプスが登場してくるクエも配信されるようですね。
単体でも苦戦しそうな気がしますから、それが2体になるだけでも脅威かもしれません。

2体同時クエは別にかまわないのですが、アビオルグのように2頭討伐の証を実装してくると
思われますので、それを考えると「またか~」という気持ちにはなってしまいました^^;

とりあえず動画を見る限りでは「高地・砂漠・樹海頂上部」の3箇所に登場してくるようです。
樹海頂上部ですと移動がありませんので助かりますが、最初は高地に配置される事でしょう。

また、動きもかなり滑らかになっているように感じました。
特に長い首がニョロニョロと動きますので、ハンマーで戦うのはきつそうという印象を受けました。

MHトライ系のモンスターで似たようなものがいるそうですが、クアルセプスは
私にとっては馴染みの無い系統のモンスターですので、戦える事を今から楽しみにしております。

F48
また、赤秘伝防具の情報もありましたが、たいした中身ではありませんねw
赤秘伝に関しては、また後日書かせていただきます。

そして今日は、PVを見ていて見つけた新装備を取り上げてみたいと思います。
PVをじっくり見てみますと、今までになかった装備等が発見でき、面白いですよね。

F49
こちらはクアルセプスの防具でしょうが、色々と残念なデザインになってしまいました。
安っぽいロボットだと感じてしまったのは私以外にもいらっしゃるような気がします。

最近、ゴゴ・アビオ・ザムザと、防具の見た目が良いモンスターが続きましたが、
たまにはこういった防具もありなのかもしれません。

F410
こちらは新デザインの防具のようです。
何となく、新しい祭防具のように感じたのですが、どうなるでしょう。

もしくは、プレミアムキットの防具という可能性もあるでしょう。
個人的には好きになれないデザインではありますが、鎧好きの人は嬉しいかもしれません。

F411
そしてこちらの防具ですが、間違いなく剛種防具のクシャ版となる事でしょう。
キリン・テオ・ナズチに続く、4つめの剛種防具となりそうです。

私はクシャ防具は好きではありませんので、全然嬉しくはないのですが、
クシャの剛種防具の実装を心待ちにしていた人は少なくないような気がします。

ただこうして見てみますと、男性の方は良いのですが、女性の方の見た目は結構きついですね~
性能が良いと作らざるを得なくなるかもしれませんから、性能は控えめで良いかもw

F412
そしてこちらはデュラガウアをイメージとした防具で、おそらくBP14でしょう。
こちらは何と言いましても、腰部位が目玉になりますねw

この尻尾は面白すぎます (//∇//)
正直、「格好良い・かわいい」とは言えないデザインではありますが、面白さは抜群です。

F413
その他、防具以外でも新しい武器をいくつか見つける事ができました。
こちらはゴゴモアの双剣でしょう。

ゴゴモアの剛種武器といえば、匠を付けなくても長い白ゲージがあるというのが特徴であります。
その傾向を引き継いでいるのなら、剛ゴゴ双剣も匠無しで白ゲージがあるという事になります。

少なくとも、進化武器やニゲル=ニンブスの様な斬れ味ゲージになりそうですので、
匠を付けづらいアメジストで使えるようですと嬉しいです。

ゴゴ武器という事で麻痺属性も付くでしょうが、双剣ですからあてにはしておりません。
「攻撃364・麻痺30・進化武器以上の斬れ味ゲージ」といった性能になるでしょうか。

F414
また、双剣以外でもゴゴモアのガンランスが実装されるようです。
ついでに、右から2番目のハンターはルコディオラのガンランスを持っておりますね。

ゴゴもルコも武器の性能は期待してよさそうですし、一気に2つも新しい剛種ガンランスが
実装されるという事で、ガンランス使いの人にとっては朗報と言えそうです。

F415
そして運営レポート動画版でも予告されておりましたが、
遂に進化武器のヘビィボウガンが実装されるようです。

新しい弾を撃つ事ができるとの事でしたが、PVでは
ティガレックスを相手に見慣れない弾を撃っておりました。

エフェクトを見る限り、滅龍弾の強化版という印象を受けましたが、どうなのでしょう。
ヘビィボウガン使いの人は、今からラヴィエンテでgを貯めておくと良いかもしれません。

せっかく実装するのですから、進化ライトボウガンのようにはならないで欲しいと思います。
ちなみに、このハンターが着ている防具は、エクエスの黄色版ですね。

その他にもまだまだ気になる点がありましたが、きりがないのでここまでとさせていただきます。
最後に、今回のPVのネタですが、中々面白かったです。

F417
侍の格好をしたハンターが「ノノ服を着たプーギー・ホルク・ココモア」に何かを渡し、
その3匹と仲良く戯れているシーンがございます。

これって、絶対に「桃太郎」を意識していますよねw
犬・キジ・猿にきびだんごを渡し、その3匹を引き連れておりますし。

その後、「うちの子に何しているのよっ!」とばかりにゴゴモアの怒りを買うわけですが、
その次のシーンにはとても驚かされてしまいました。

F418
何と、ホルクに飛び乗り、空へ飛んでいってしまったではありませんか。
これは果たして、F4で実装される学びの書を使い、実現できるものなのでしょうか。

さすがに、ハンターが空を飛ぶというのはありえない様な気がしますので、
あくまでPV上での演出でしかないとは思っております。

以前もPVで野球をするシーンがありましたが、結局ゲーム内では実現できませんでしたし。
そう思わせておいて実際は空を飛べるとしたら、これは革命的な事かもしれませんw

================================

雑誌『フロンティア通信 フォワード.4』の予約が始まりました。
今回は双剣がおまけとして付いてくるようです。



テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

どうも、はじめまして~
腰部位が結構面白くていいですねww
やっぱりぶらぶら揺れるんでしょうかねww
ぜひとも欲しい一品ですww

No title

>yamashoさん
あの腰の尻尾は、良くも悪くも目立ちすぎですねw
BP防具特有のギミックも期待できそうですので、
仰るとおりブランブランしそうな気もします。
それはそれで面白いですが、気になって
仕方が無いとなりかねないかもしれません^^;
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。