スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵入者には容赦しないニャ (=`ω´=)

先日、第53回公式狩猟大会の結果が発表されました。
参加なさった皆様、お疲れ様でした ( ^-^)_旦""

今回の個人韋駄天の種目は下位グレンゼブルで、「レア7以下の武器使用可能」という事で
比較的強い武器が使用できる大会でしたが、それでも結構強敵と感じざるを得ませんでした。

今回は「大剣・ガンランス・ライトボウガン」以外の武器種で挑んでみたのですが、
どの武器種でもかなり時間がかかってしまいましたので (´∀`;A アセアセ

場所が高地という事で移動だけでも時間がかかりますし、グレンゼブルは弱点が狙いづらい
位置にありますから、下位ながらも結構ダルイ戦いになってしまったという事になります。

さて、そんなグレンゼブルですが、今大会においては毒武器がかなり有効だったようですね。
グレンゼブルを毒状態にすると、120秒で720もダメージを与える事ができます。

実際に毒武器で挑んだのは双剣(猛毒双オオナズチ)とランス(ギフト=カイザー)の
2種類でしたが、他の武器種よりもタイムが良かったですし、順位も悪くはありませんでした。

韋駄天290
その他の武器種に関しては、単純に一番強い武器を使用しております。
片手剣は黄金獣棍【狂】を使用しましたが、麻痺後のガスがいやらしいですね^^:

ちなみに片手剣はこの1回しか挑戦しなかったのですが、
結果を見てみますとジャスト300位で驚いてしまいました ∑(=゚ω゚=;)

暫定順位を見て、「300位以内は大丈夫だろう」と放置していたのですが、危なかったです。
200・300位や111・222位のぞろ目の人には賞品コード2個贈呈とかはどうでしょうかw

韋駄天291
グレンゼブルはいやらしい攻撃をしてきたりもしますが、直線水ブレスをたくさん
吐いてくれるグレンゼブルは良いグレンゼブルですよね ( ・∀・)[=========

直線水ブレスを吐いている間は硬直時間が長く、その隙に狙いたい部位を攻撃する
チャンスでもありますから、ドンドンこの攻撃を行ってもらいたいところであります。

韋駄天292
しかし、突進タックルばかりを繰り返されると、かなり嫌になってきます。
特にヘビィボウガンを使っている時は、突進されると間違いなく喰らってしまいました::

他の武器であれば、こちらから見て左へ避けると大丈夫なのですが、ヘビィの場合は
早めにコロリン回避を繰り返して左へ避けても当たってしまうのですよね~

ちなみに、突進タックルは左へ避けた方が良いですが、ジャンプタックル
(こちらに向かってジャンプして角を地面に突き刺す)の場合は右へ避けた方が良いです。

韋駄天293
今回の韋駄天は「高地は移動が面倒」「グレンゼブルを倒すのがダルイ」という感じで
連戦したい気になれない大会でしたが、雑魚敵の存在もそれに拍車をかけていたように思います。

今回の種目は下位グレンゼブルのクエをそのまま持ってきたような感じで、
普通にブルックやカンタロスといった雑魚敵が配置されておりました。

ブルックに関しては、ブルックエリアにグレンゼブルが移動した場合、
ブルックのいる位置とは逆方向へグレンゼブルを誘導しておけば問題ありません。

私が一番気になったのが、グレンゼブルが瀕死になって巣へ戻った場合、
アイルーとメラルーが一斉に襲い掛かってくるところでありました。

韋駄天294
例えば、グレンゼブルが直線水ブレスを吐き、「よし!攻撃チャーンス(`ー´)」と思った
瞬間にメラルーアタックを喰らってしまうと、「 ンモォー!! o(*≧д≦)o 」となりますよねw

また、相当被弾してしまい、回復薬の在庫が乏しくなった状態で秘薬をメラルーに
盗まれてしまうと、「返して~ε=ε=ε=(/´□`)/ 」と追いかけてしまうハメになります。

韋駄天295
そういう訳で、今回はアイルーとメラルーにはイライラさせられてしまったのですが、
何だかんだ言って可愛らしいので、憎めないのですよね~w

今大会は一つも100位以内に入る事ができませんでしたが、
300位以内はたくさん入れましたので、結果的には満足しております。

思えば、グレンゼブルに対してソロで挑むのは、
シーズン9.0でグレンゼブルが実装された日以来の事となるはずです。

普段はソロでグレンゼブルと戦う機会はありませんでしたから、いつもとは違った
楽しみ方を味わえたような気がして、だるいながらも結構面白かった大会でもありました。

ただ、上位進出を狙って連戦する方々にとっては、つらい大会だったのかもしれませんね。
移動が面倒なのと雑魚が邪魔であったというのは、少ししか挑戦しない私でも感じましたし。

前回のゴゴモアと今回のグレンゼブルは「レア7以下の武器が使用可能」で
強い武器が使用できましたから、2連続で難しめの種目が行われた事になります。

次回大会は4月6日に開催される事になっておりますが、
次回は比較的簡単な相手が種目になりそうな予感がしております。

そういえば今大会の猟団対抗韋駄天において、無効化されるはずであった
秘伝書の特殊効果(会心率アップ)が適用されてしまうという不具合があったようです。

前回も無効化されるはずだった秘伝書の特殊効果が適用されており、今回の不具合によって
2大会連続で失態を見せてしまったわけですから、次回こそは改善して欲しいと願っております。

そして、公式サイトには以下の様な発表が書かれておりました。

『フォワード.3』以降、様々な不具合の発生によりお客様に大変なご迷惑をおかけしております。
MHF運営・開発チームでは、『フォワード.3』以降に不具合が頻発している
ことに関しまして、お詫びの補償を行なわせていただく予定です。
詳細は後日、改めて発表させていただきます。


との事です。
お詫びの補償は嬉しいのですが、その前に不具合が起こらないようにはしてほしいですね。

もしここで「お詫びとして、たっぷりクエを1週間配信します^^v」とでもなれば、
「あれ?(´・ω・`;) 」と感じてしまうかもしれません。

たっぷりクエを配信する事により多くの人が喜びますから、それはそれで良いのですが、
結果的にプレミア・ネカフェ・アシスト課金で収益が上がりますので、お詫びとしてはどうなのかと。

過度な補償は期待しておりませんので、それならそれで私としては別に構いませんけどねw
まあ、さすがにたっぷりは無いとは思っておりますが、果たしてどうなる事やら。

ありえそうな補償としては、以下の様なものでしょうか。

①7日間ハンターライフコースコード配布
②誰でもアシスト&プレミアム
③棘眠系の剛チケ救済クエの配信
④ティガフル変種の縄張りとレウス変種3頭縄張りの配信
⑤1週間たっぷりクエ配信


私としては②が一番嬉しいのですが、可能性として高そうなのは③や④あたりでしょうか。
先ほども申したとおり過度な期待はしておりませんので、適当な妄想という事にしておいて下さいw

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。