スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンターは意外と収納上手です (`・ω・´)v

3月7日から剛種アビオルグ2頭クエが配信されまして、そのクエをクリアする事により、
「獰竜2頭討伐の証」を手に入れる事ができるようになりました。

そして先日書かせていただいたとおり、私は獰竜2頭討伐の証を15枚集めております。
集めた獰竜2頭討伐の証を何に使用するのかと言いますと、それは剛アビ大剣となります。

アビオルグ大剣1
剛アビ大剣の「アッシェ・レベル」の強化に獰竜2頭討伐の証を15枚使用しますので、
私はこれを作成するために剛アビ2頭クエへ行っていた事になります。

アッシェ・レベルは「攻撃1344・火200・会心マイナス15」という性能で、
リーチ極長であるところも大きな特徴と言えるでしょう。

アッシェ・レベルを作成するためには「飛竜種の宝玉・古龍種の剛翼・獰竜2頭討伐の証」が
必要で、今存在している剛アビ武器の中では一番作成難易度が高いと思います。

ただ、マイナス会心はあるものの攻撃力は高いですし、リーチ極長という特徴もありますから、
「とんがった性能」が魅力的に感じ、私は作成してしまいました ∩( ´∀`)∩

アビオルグ大剣2
アッシェ・レベルの見た目ですが、私は素晴らしいデザインだと思います。
刃の部分は鮮やかなオレンジで、怒ったアビオルグの背中を連想させますね。

アビオルグ大剣3
また、武器収納時にはコンパクトに折りたたまれるというギミックもございます。
他のリーチ極長大剣は、収納時には先端が地面に埋まってしまいますよねw

アビオルグ大剣4
アビオルグ大剣5
収納時には綺麗に折りたたまれているアッシェ・レベルですが、
武器を構えた瞬間に「シャキーン」と刃がせり出してくる所も面白いです。

アビオルグ大剣6
リーチ極長であるがゆえに、振り回すとかなり迫力はありますね。
この武器を扱う時は、味方に攻撃を当てないよう、注意しましょう。

アビオルグ大剣7
キリンを相手にアッシェ・レベルの試し斬りをしてみましたが、リーチ極長ですと
より一層打点の高い攻撃が可能になりますので、楽々キリンの角に攻撃を当てる事ができます。

アビオルグ大剣8
この時は睡眠剣を付けていきましたので、睡眠溜め4にも挑戦してみたのですが、
リーチ極長ですとキリンの角に当たる立ち位置をつかむのが若干難しかったです^^:

さてさて、私はアッシェ・レベルを作成したわけですが、
この他にも存在するリーチ極長大剣との比較をしてみたいと思います。

今回比較対象となるのは、ニフリートドゥームと巨龍剣【オリンポス】です。
どちらも、リーチ極長大剣として物凄く有名ですね。

アビオルグ大剣9
まずアッシェ・レベルですが、短いながらも紫ゲージがある所が大きいです。
単純に火力を比べるとしたら、アッシェ・レベルが一番強いでしょう。

ただ、ニフリートドゥームには「親方印」という大きなアドバンテージを持っております。
リーチ極長大剣において、武器の出し入れが早くなる親方印の存在は大きいです。

リーチ極長大剣を用いる際の基本的な立ち回りですが、「抜刀縦斬り→(コロリン回避)
→武器収納→抜刀縦斬り→以下ループ」という流れになる事が多いです。

他の大剣であれば「縦斬り→薙ぎ払い→縦斬り」と繋げたい所ですが、リーチ極長大剣を
使用するという事は、攻撃を当てたい箇所が相当高いという状況である事が多いはずです。

つまり、リーチ極長大剣の基本となる攻撃は縦斬りとなる事が多いですから、
薙ぎ払いをする機会は他のリーチの大剣と比べて少ないでしょう。

よって、リーチ極長であれば武器を一旦しまってから再度縦斬りをしたくなる状況が多いのですが、
素早く武器を収める事ができるニフリートドゥームは物凄く扱いやすいという事になります。

また、先ほども申しましたが、リーチ極長大剣で薙ぎ払いをしてしまうと味方に攻撃が
当たってしまう可能性が高いですので、やはり極長で薙ぎ払いは好ましくないですね。

もちろん、時と場合によって状況は変わりますから一概には言えず、縦斬りを中心として
立ち回りたいのなら、縦斬り→回避→縦斬りとすれば、武器をしまわなくても済んでしまいます。

その辺は人それぞれのスタイルがありますが、私がリーチ極長大剣を使用する時は頻繁に武器を
しまいますので、ニフリートドゥームの扱いやすさは抜きん出ているという評価になります。

巨龍剣【オリンポス】に関しては、「もうこれの時代は終わった」といったところでしょうか。
龍属性が効く相手に対しては利用価値があるとは思いますが、基本的には使う事はないでしょう。

巨龍剣【オリンポス】は匠を付けなくても白ゲージがあるというメリットはありますが、匠を
付けるのが難しくない今となっては、匠で紫が付かない事が大きな汚点となってしまっております。

話をまとめますと、火力を重視したい時はアッシェ・レベルを、扱いやすさを重視したい時は
ニフリートドゥームを使用するという感じで、両者を使い分けていきたいと思います。

ただ、アッシェ・レベルの作成難易度は相当高いですので、
作成するのが難しい人は、ニフリートドゥームで十分だと私は思います。

ニフリートドゥームを作成するためには狩人祭で勝たなければなりませんから、メインキャラと
サブキャラを使い分けない人で運が悪いと、いつまでたっても作成できないですけどね^^;

今回の祭で勝利を収めると、ニフリートドゥームの強化に使用する「祭の追憶【藍】」を
手に入れる事ができますから、無事に勝てた人はぜひ作成してみてください。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

こんにちあ。
うちもアッシェ・レベルはかなり気に入りました。
個人的にエゾシカさんのおっしゃるとおり、とんがった性能の武器は好きですw
バランス良い武器もいいけれどバランス型はいざというとき決め手にかけるものもあるかなぁともおもうです。
いまあるベテランのいかにもガロウしてください^^と訴えてるかのようなあのリナーシタの大剣もきにいってます

No title

>ジルなんとかさん
アッシェ・レベルは見た目も性能も魅力的で良いですよね。
ただ、強化に必要な飛竜種の宝玉集めが物凄く退屈なのが困り物ですが^^;
普通に強い武器も欲しいですが、ある特定の条件化で使えるような武器が、
これからも出て欲しいと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。