スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには旅行の話でも・・・イタリア・ローマ編 その1

今日は久し振りに、私が以前体験した海外旅行について書かせていただきます。
今日ご紹介する場所は、イタリアです イタ━━(*´∀`*b)━━リア!!

1月17日の記事にて、イタリアでサッカー観戦をしたという事を書かせていただきましたから、
私がイタリアへ旅行へ行った事があるというのは、皆様もご存知かと思います。

さて、私が体験したイタリア旅行ですが、8泊9日のツアーで、
イタリアの主要観光都市を巡るというものでした。

日程もそこそこ長めでしたし、巡った場所も多かったため、今日全てをご紹介する事はできません。
今日は、出発時から最初の目的地であるローマの所までご紹介させていただきます。

さてさて、私は札幌に在住しているという事もあり、海外旅行をする際にはどうしても大きな
空港へ一度足を運ばねばなりません(成田国際空港・関西国際空港・中部国際空港など)。

これらの国際空港の近辺にお住みの方々は良いのでしょうが、
私の場合は「千歳空港→国際空港」と移動に手間がかかります。

関空発や中部発の場合は千歳から直通便がありますのでまだマシなのですが、成田発の場合は
千歳からいったん羽田空港へ移動し、そこからバス等で成田へ移動しなければなりません。

今は羽田も国際線が増えましたので状況は変わっているのかもしれませんが、
「千歳→羽田→成田」ですとお金と時間が余計にかかるので、かなり嫌でしたね^^:

このイタリア旅行ですが、「千歳→羽田→成田→ローマ」という経路で移動しております。
利用した航空会社は、日本航空(JAL)となります。

JALの国際線の場合、国内線よりも機内設備が充実しているのが嬉しいです。
エコノミークラスでも、1人1つ小さいモニターが設置されているのです。

そのモニターで映画や簡単なテレビゲームが楽しめますから、
長いフライトの間、暇つぶしができますね。

しかし、海外旅行をご経験の方であればお分かりかと思いますが、
長時間にわたって飛行機に乗り続けるのは、体力的に相当きついです。

「成田→ローマ」ですと、約13時間も飛行機の中で過ごさねばなりません。
ロングフライトに慣れていないと相当つらいでしょう(慣れていてもつらいでしょうが)。

眠って時間を潰せれば良いのですが、思っているよりも熟睡するのは難しいです^^;
時差の関係もありますから、眠りすぎても後々の旅行に支障をきたす恐れもあります。

そういう訳で、本を読んだりモニターで映画を見たりして時間を潰していたのですが、
私は機内上映の「アポロ13」を2回も見てしまいましたw

また、13時間もの間、椅子に座りっぱなしでいるのも体に良くないです。
頻繁にトイレに行くなどして、適度に機内を歩いた方が良いでしょう。

私の場合、少しでも脚への負担を和らげたいので、裸足になりますw
靴を履きっぱなしで同じ体勢で座っていると、かなりつらいのですよね~

使い捨ての簡易スリッパを持って行き、それを機内で履くというのも、
脚への負担を和らげるという意味では非常に有効です。

基本的に機内での時間は面白くありませんが、機内食が一番の楽しみです (*^m^)
「成田→ローマ」間で、2度機内食が出されました。

ローマ1
ローマ2
※上:和風チキン(だったかな?)
 下:スパゲティ

エコノミークラスですので、一見大したことがないように見えますが、
私は機内食を毎回楽しみにしております。

ただ、「機内で食べる」という雰囲気が好きなだけですので、もし普通に外食をしに行って、
この程度の料理が出てきたとしたら、イマイチに感じるかもしれません。

さて、13時間という長いフライトを経て、ようやくローマの地へと脚を踏み下ろしました。
これは海外旅行をするたびに感じるのですが、異国の地へと下りると気持ちが高ぶります。

この旅はツアーですが添乗員はおらず、現地係員が案内する形となっておりました。
全国から何十人と旅行者が集まり、一つのバスで観光名所を回っております。

ローマ3
ここは「フォロ・ロマーノ」というかつての公共広場の遺跡で、
ローマにはこういった遺跡がゴロゴロと存在しております。

ローマ7
ローマ8
ここは言わずと知れた「コロッセオ」です。
ここで、剣闘士同士、もしくは剣闘士と猛獣との生死をかけた戦いが繰り広げられていたわけです。

一度に5万人も収容でき、剣闘士の入場のための人力エレベーターも存在していたそうで、
今から2000年近くも昔にこの様な建築物を作成できたのは凄いと思います。

コロッセオは全世界から旅行者が集まる観光名所ですが、この場所に
鎧と剣を装備して剣闘士の格好をしたイタリア人がウロウロとしております。

この人達は、旅行者と一緒に写真に写り、お金を貰う事をなりわいとしております。
彼らも旅行者慣れしており、片言の日本語で話しかけてくる所が面白いです。

旅の記念にお金を払って写真撮影をするのも悪くないと思いますが、お金を払うつもりが
無いのなら、彼らを写真に収める行為は避けた方がトラブルにならないでしょう。

ローマ4
そして、こちらは「サン・ピエトロ大聖堂」です。
バチカン市国の中にあります、世界最大のキリスト教教会(カトリック)となります。

バチカン市国は世界最小の独立国家として認められている国で、サン・ピエトロ大聖堂と
サン・ピエトロ広場は、イタリアのローマを旅行するのであれば外せない場所です。

ローマ法王のミサが行われる特別な日には、世界中から信者が集まるそうです。
私は信心深い人間ではありませんが、この場所に立った時に感動を覚えました。

敬虔なカトリックの信者であれば、もう涙物の聖地なのかもしれませんね。
とにかく素晴らしい場所でありました。

ローマ6
サン・ピエトロ大聖堂の中へは、一般人も入る事ができます。
建物の造りから装飾品にいたる全てが素晴らしいと感じさせられます。

ローマ5
こちらはミケランジェロの作品「ピエタ像」で、十字架から降ろされた
イエス・キリストと、その亡骸を腕に抱く聖母マリアをモチーフにした像だそうです。

私は芸術には疎いですが、この手の作品をお好きな人であれば、ずっと見ていたくなるでしょうね。
教会に興味の無い人でも、ローマを訪れた際には、是非立ち寄っていただきたい場所であります。

さて、ローマでご紹介したい場所はまだまだあるのですが、
長くなってしまいますので、今日はここまでとさせていただきます。

普段は旅行の事は書きませんので、次回はいつになるのかは気分次第であるのですが、
できれば1ヵ月に1回のペースでご紹介できたらと思っております。

しがない旅行記ではありますが、ご興味がおありであれば、過去の記事もあわせてご覧下さい。

※過去の海外旅行の記事
ベトナム編:第1弾第2弾第3弾
イタリア・サッカー編

テーマ : ★イタリア旅行★ - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。