スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻撃しすぎて絆を壊さないように…(三・o・)三☆三(`ε´三)

昨日から、ゲーム内イベント「決して忘れぬ絆」と「決して色褪せぬ絆」が
配信されておりまして、このイベントで武器のアミクスシリーズを作成する事ができます。

アミクスシリーズをまだ生産していない人は、まず最初に「決して忘れぬ絆」をクリアしなければ
いけないのですが、私は以前の配信で既にアミクスシリーズの生産を済ませております。

よって、「決して忘れぬ絆」の続編であるとともに、
今回が初めての配信となる「決して色褪せぬ絆」へと挑戦してみました。

「決して色褪せぬ絆」をクリアする事によって、今まで存在していたアミクスシリーズを
更に強化する事ができますが、クエの内容は結構面倒です^^:

「メイン:クック変種6頭の捕獲・サブA:クック変種4頭の捕獲・サブB:クック変種2頭の捕獲」
という内容のクエで、討伐してしまいますとクエスト失敗となりますのでご注意下さい。

今まで、下位クックではありますが「クック6頭捕獲クエ」がありましたので、
それと殆ど同じだと思っていたのですが、クックの初期位置や沸く位置などが異なっておりました。

アミクス1
今回のクエにおけるクック変種の初期位置ですが、エリア2と6に1頭ずつ配置されております。
そして、捕獲後に新たなクック変種が沸いてきますが、その位置も2と6になります。

2で3頭、6で3頭のクック変種が沸いてくるという感じですね。
2(6も)に4頭目のクック変種が沸いてくる事は無いようです(エリアチェンジはしてくる)。

4人で挑むのなら、エリア2とエリア6で2:2に分かれて戦った方が効率が良いと思います。
4人でフルボッコしてしまうと、うっかり討伐してしまうかもしれませんしね。

2:2に分かれて戦えば、戦力が分散される分、捕獲ラインを通り越して討伐してしまう
危険性も少なくなりますので、このクエにおいては分かれて戦った方が捗ると思います。

ゴゴモアライト2
今回は、10月12日の記事でご紹介させて頂きました装備を着て、
剛種ゴゴモアライトボウガンの緋猛軽弩【雄飛】を使用してみました。

アミクス2
クック変種を麻痺させ、その最中に嵐ノ型の超速射を叩き込むのは有効な手段です。
ただ、やりすぎると討伐してしまう恐れがありますので気をつけましょう。

クックの場合、瀕死になると耳をたたみますから捕獲ラインが分かりやすいのですが、
麻痺させているとその目印が分かりませんので、過度に麻痺させるのは危険だと思います。

自由区で知らない人とこのクエを回す場合、がむしゃらに攻撃して討伐してしまう人が
いるかもしれませんので、それを考慮すると麻痺武器は怖いような気もします。

私の場合、イベント系のクエは身内としかやりませんので、その心配はないですけどね。
知らない人と回すのであるのなら、安全策として捕獲名人を付けていくのも有効だと思います。

アミクス3
クック変種自体は強くないのですが、6頭も捕獲しなければならないという事で
結構面倒で気を使うクエであると言えるでしょう。

このクエの報酬は、メインで「悠久たる仲間の印」・サブAで「悠久たる仲間の力」・
サブBで「悠久たる仲間の証」が手に入り、各10個ずつ集めるとOKです。

アミクス4
ご覧の様に、一回のクエで一つの種類が複数個出る場合もあるのですが、結局3種類を
各10個ずつ集めなければいけませんので、結構な回数をこなす必要がございます。

例えば、「悠久たる仲間の力」と「悠久たる仲間の証」が早めに10個集まっても、
「悠久たる仲間の印」が10個に達していなければ、そのまま続けなくてはいけません。

実は私もまだ3種類を各10個集め終わっておりませんので、
引き続きこのクエへ行く事になります。

アミクスシリーズの強化は行うつもりがありませんので、急がず進めたいと思います。
さて、私は強化をしないアミクスですが、実は結構強い武器ではあります。

アミクス5
大剣のアミクスセヴァーは「攻撃1200・龍460・毒340」という性能で、
中々強い大剣です。※FreeDomの小部屋様から画像を拝借

ここで比較対象となるのは剛種武器のネブラグラディウスですが、
昨今の大剣事情を考えると、剛種武器にしては悲しすぎる性能です (つω:)

ネブラには紫ゲージはありますが極端に短いですし、スロット2も大きな利点にはならないでしょう。
つい最近も書かせて頂きましたが、剛種武器でありながら攻撃1152は残念すぎます。

また、アミクスセヴァーには親方印が付いているのが嬉しいですね^^
大剣は武器を構えたままの移動が苦手で、武器を収める機会が多いですから、相性は良いです。

私の場合、龍大剣は進化武器の大蛇ノ大鉈を使用しますのでアミクスセヴァーは必要の無い物
なのですが、大剣のSRを上げている途中というような人であれば十分使える武器だと思います。

アミクス6
一方、片手剣のアミクスグレインは相当利用価値の高い武器だと思います。
「攻撃力350・龍420・毒300・会心10・スロット1」と、剛種武器並の性能です。

剛種武器と比べると斬れ味ゲージがあまり良くないので、その点はマイナス要素ではありますが、
それでも片手剣を頻繁にお使いになる人にとっては嬉しい性能でしょう。

他の龍・毒片手剣と言うとリアンキット(4.0パッケ)に付いて来る
ヴェノムドラグーンがありますが、それよりはアミクスグレインの方が強いですね。

ヴェノムドラグーンにはリーチ長という利点がありますので、一概に優劣は
付けられないのですが、基本的にはアミクスグレインの方が良いと思います。

そして今現在は作成する事ができませんが、剛種オオナズチ片手剣のネブラボルヌスも
アミクスグレインと似たような性能を持っております。

ネブラボルヌスは「攻撃378・龍300・毒450」という性能で、
斬れ味ゲージも素晴らしいものがありますね。

ただ、個人的にはネブラボルヌスにはもう一声欲しかった気もします。
片手剣の場合、属性値の高さが重要になる事が多いので、龍300は少し物足りなく感じます。

私としては、龍と毒の属性値を入れ替えて欲しかったですね^^:
テオ・デュラ・ドラには毒が有効ですが、それ以外は毒の優先順位は低いような気がしますし。

ここで色々と述べてはみても、古龍種の髄が実装されない事にはネブラボルヌスは作成できません
ので、それまでのつなぎとしてアミクスグレインを使っていくのは悪くはないでしょう。

他に弓のアミクスアルクスⅤもありますが、これは必要ないかな~とは思います。
強化しないとは分かっていても、イベント系武具の素材は逃す事ができませんけどねw

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。