スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙った獲物は逃しませんよ~ (*^ ∋^*)チュンチュン

先日、第49回公式狩猟大会の結果が発表されました。
参加なさった皆様、お疲れ様でした ( ^-^)_旦""

今回の個人韋駄天の相手はヒプノック繁殖期でしたが、そもそもヒプノック系は戦っていて
あまり面白くありませんので、何となく嫌な予感はしていましたね~ ( ̄▽ ̄;)

防具は貸し出し・武器はレア5以下を使用という制限があり、
今回は弓のフルンブラッサムで挑戦してみました。

ヒプ繁殖期の腹の肉質は「弾90・雷30」となっておりますから、データ上では
フルンブラッサムで腹を連射撃ちするのが有効と思っていたのですが、甘く無かったです::

韋駄天270
そもそもヒプ繁殖期にソロで挑むと、殆どお尻を向けてくれません。
後ろ斜めの位置で尻尾の付け根辺りを撃ちたかったのですが、その機会が殆どありませんでした。

また、今回貸し出された防具にはランナーが備わっておりませんでしたので、
スタミナを消費しつつ溜めながら立ち回る弓での戦いにおいては、スタミナ管理が大変でした。

韋駄天271
そして私が一番イライラさせられたのは、ホーミングついばみです <^) ツンツン
ヒプ繁のついばみの精度の高さは異常なほどですw

先ほども申したとおり、弓の場合は溜めながらの戦いになる事が多いのですが、溜めながら
ついばみを避けようとすると、ギリギリの所でヒプ繁の脚に引っかかってしまうのです。

コロリン回避を使えば難なく避けられるのですが、そうすると、転がった分スタミナが消費されて
しまいますし、せっかく溜めていてもリセットされてしまい、また溜め直さねばなりません。

睡眠ブレスも、吐き出す直前までこちらに照準を向けてきますので、相当いやらしいです。
はっきり言って、私はヒプ繁をここまで攻撃精度が高い敵だとは思っていませんでした。

ソロで戦ってみると、今までとは違った一面を再確認する事ができる場合もあるのですね^^
そして私は今回の大会で、「ヒプ繁はやっぱり面白くない」という事も再確認してしまいましたw

そういえば、ヒプ繁は先日行われたモンスター人気投票にて最下位でしたね ( ゜ Θ ゜)ナンダト?
今回の件で、その理由が分かったような気がしますw

かなり前の話になりますが、ヒプノRシリーズが実装された当時は相当強い防具で、
その強化にヒプ繁素材を使用していた事から、多くの人がヒプ繁を狩っていた事と思います。

しかし今やヒプノRシリーズは使われる事がありませんので、ヒプ繁を狩る必要性はありません。
今後、ヒプノRXが実装され、それが相当強かったりしたら、少しはヒプ繁人気は高まるかも?

また、HCヒプ繁が実装されましたから、少しはヒプ繁の人気薄が払拭されるかと思いきや、
募集は殆ど見かけず、今の所は空気の様な存在ですね^^:

HCヒプ繁の素材は「眠鳥の純蒼毛(SR31~)」「眠鳥の輝蒼毛(SR51~)」 の
2種類ありますが、これらの素材は現在は有効な使い道が殆ど無い状態です。

こちらも、今後強い武器の作成に使用する事になったとしたら、
少しはヒプ繁人気が高まるかもしれません。

韋駄天272
最初の内はできるだけ腹を撃つ事を試みていたのですが、段々面倒になってきて、
中盤以降はずっとヤケクソ気味に昇龍弓ばかりをして遊んでいましたw

頭に上手く昇龍弓が当たるとヒットストップが発生しましたので、
ザックリ感が結構気持ちよかったように思えます。

ただ、それでもヒプ繁を楽しいと思える事はありませんでしたし、適当に戦いすぎた
という事もあり、討伐するまでかなり時間を費やしてしまいました (ノ∀`)

結局、挑戦したのはこの1回きりで、順位も300位台と散々な結果に終わっております。
韋駄天は適当にやりたい私にとっては、ヒプ繁は最悪な相手でしたw

韋駄天273
その他、猟団韋駄天の方にも挑戦しております。
バサルモスとドスファンゴの両討伐ですが、この組み合わせは記憶に無いですね~

2頭クエという事で乱戦になるかと思いましたが、バサルモスはいつも通り
地面に埋まっていましたので、普通に1頭ずつ戦え、事なきを得ております。

さてさて、今回の公式狩猟大会ですが、とんでもない自体になっておりました。
本来であれば、1日3回順位が発表されていたのですが、その順位発表が行われなかったのです。

過去にも途中経過の順位発表が遅れてしまった事があったと記憶しておりますが、
その時は今回ほど酷かったでしたっけ?

今回の不具合は、結局最終日の10時に修復したらしく(終了が14時)、
今現在の順位を随時確認したい人にとっては、相当頭にきていた事でしょう。

順位が発表されないと、今の自分の順位がどの位なのかが分かりませんから、
今選択している戦略が正しいのかの判断がしづらいというデメリットがあるでしょう。

きちんと順位が発表されていれば、「自分よりも順位が高い人が多いので、
違った戦法を試してみようかな」という判断に繋がる可能性もありますしね。

私の様にブログのネタにするために適当に参加しているような人であれば途中で順位が発表されて
いなくても全然問題ありませんが、本気で頑張っている人にとっては残念な出来事でしたね。

一応、公式狩猟大会の賞品である匠チケット・猟団ポイント・狩人祭の魂は補償されましたので、
結果的には今回の不具合で物理的に損をしたという人は殆どいないと思います。

ただ、物とかは関係なく、精神的に苦痛を受けた人はいらっしゃるかもしれませんので、
やはりこうした不具合の発生は避けて欲しいですよね。

今回の不具合に関して、発生した事はもちろん問題ですが、
個人的には発表の遅れなどの対応の遅さの方が気になりました。

不具合が発生した際、問題の解決が迅速になされる事がベストではありますが、
解決が難しくても、発表できる範囲で結構ですのでユーザーに知らせるべきだと思います。

今回の不具合に関し、公式で発表がなされたのは最終日となる月曜日の深夜でした。
土日は重要な社員が休日だったのかどうかは分かりませんが、発表は遅かったですね。

せめて、「順位が発表されないだけで、記録はきちんとなされておりますので、ご安心下さい」
というような発表が早い内に行われていたら、参加者は安心したと思うのですが。

「順位が発表されないという事は、記録自体が行われていない」という可能性も無くは無いので、
そう疑ってしまった人がいたとしたら、とても気の毒です。

そもそも、最初に今大会の種目が発表された時に、間違って違うモンスターが絵の中に
登場していたそうですが、結果論を言うと今大会は最初から躓いていたわけですね^^:

狩人祭とは違って、公式狩猟大会の参加者はプレイヤーの1割と少なめという事で、
先日の狩人祭の不具合よりは騒ぎになっておりませんが、やはりこの問題は感心しません。

個人的な見解をまとめますと、順位が発表されなかったという不具合はシステム上の問題だと
思いますので、ある程度は仕方がないと思います(あくまでシステムの素人の考え)。

しかし私が気になったのは、問題が発生した事よりも、発表などの対応が遅れた事です。
これに関しては、人によって意見は様々である事でしょう。

公式狩猟大会でも狩人祭でも、一番望ましいのは、問題を発生させない事ではありますけどね。
それに対する補償が行われたとしても、狩人祭の時の様に不公平感を招きかねませんから。

公式狩猟大会・狩人祭と不具合が立て続けに起こり、多くの人が不満を募らせていると
思いますので、運営・開発には今一度気合を入れて仕事をしていただきたいと願っております。

ついでにはなりますが、書き忘れていた第48回公式狩猟大会について。
個人韋駄天はババコンガでしたが、こちらも面白くなかったです^^:

韋駄天264
エリアチェンジしてしまう位置に居座られたりして、結構イライラしてしまいましたw
この大会も、300位以内にも入れずに大惨敗です。

韋駄天267
猟団韋駄天はクックとクック亜の両討伐で、こちらは結構楽しかったです。
2頭のポーズが揃っていて、物凄く息の合うタッグのようですねw

さて、次回は記念すべき(?)第50回大会となりますが、11月25日に開催されます。
新しい試みがなされる雰囲気もありますが、参加なさる方は頑張ってください^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

No title

50回目がまたドラとかだったら
泣きます(ノД`)・゜・。

No title

>ふみさん
第50回大会の種目が本日発表されましたね。
節目となる大会で相手がゲリョス亜種とは少々地味な感じがしますが、
参加なさる人達には是非頑張っていただきたいと思います^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。