スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウナギに食べられ、犬に食べられ (゚◎゚)∋ウナー Uo・∇・oU ワンワン

本日、第45回狩人祭が幕を閉じました。
参加なさった皆様、お疲れ様でした ( ^-^)_旦""

狩人祭187
今回は紅組に振り分けられましたが、残念ながら負けを喫してしまいました (つω:)
×○○×××○○×××○○○○○○×○○××○○○××○○×○×○○××○×○○× (23勝18敗)

狩人祭188
個人成績は入魂数が5000を超え、結構頑張ったと思います。
今回は古龍の章という事で、シクレ(ボーナス試験)で獲得できる魂が多かったのが要因でしょう。

今回のシクレは獲得できる魂の数が49か99と定められておりましたので、
運良くシクレに出会えると、短時間で多くの入魂を果たす事ができたのが嬉しかったですね^^

剛種テオのシクレが配信された時、私はHCクエでの募集に参加させていただきました。
個人的には、HCクエにする事ができるクエは、できるだけHCにしたいもので。

狩人祭181
昨日の記事でも書かせていただいた通り、私は双剣の秘伝防具を作成する事に決めましたので、
今回のシクレ(HCクエの場合)では全て双剣で参加させていただいております。

双剣でHC剛種テオに参加するのは物凄く久し振りの事でしたので、かなり怖かったです。
ただ、緊張感を持って戦えるのは楽しいですし、HCテオは面白いのが良いですね。

この時は装備自由部屋にお邪魔させていただいたのですが、とても楽しかったです^^
しかし、このシクレでかなりくだらない失態を見せてしまいました (゜ロ゜)

テオタックルを喰らい、根性で生き延びた人がいらっしゃって、「このままだと
テオの熱で死んでしまいそう」と思った私が生命の粉塵を使おうとしたその時です。

慌てていたためか、アイテム選択を誤り、生命の粉塵を使うつもりが、
戦闘復帰玉を使ってしまったのです Σ(・oノ)ノ

全員が同じエリアに集結している時に戦闘復帰玉を使用しても意味が無く、
ただ同一エリア内でワープするだけです。

そしてよりによってテオの真ん前に私がワープし、その直後にブレスを敢行してきて、
なすすべなく喰らって私は死んでしまいました ヽ(ヽ>ω<)

HCクエの場合、自分が死んだ直後に討伐を果たすと剥ぎ取れない可能性がありますので、念の
ために戦闘復帰玉を持っていくようにしているのですが、思わぬ所で裏目に出てしまいましたw

剛テオの場合(通常でもHCでも)、構成次第では結構時間がかかったり、クエストが
失敗する危険性もありますが、迎撃ヤマツカミは難易度が低く、魂を稼ぎやすかったですね。

迎撃ヤマツでは私が求人区に部屋を建て、笛1ランス3で連戦しておりました。
このクエは難しい事は何もありませんので、気楽に連戦できるのが良かったと思います。

狩人祭182
この時はくろくろ【クゥーン】を使いましたが、この絵は面白いですねw
私がヴォルガノスに食べられ、それを更にカム・オルガロンが食べております。

狩人祭183
それが一転して、この場面ではヴォルガノスがカムを捕らえている様にも見えます。
こうしたモンスターをモチーフにした防具や武器は、見ていて面白い所が評価できます。

そういえば、前回の古龍の章でも迎撃ヤマツがシクレとして配信され、
その時は99魂だったのですが、今回は49魂に減らされてしまいました。

49でも十分嬉しいのですが、99と比べると少し物足りなく感じてしまいますね^^:
ただ、他のシクレとのバランスを考えて、今回は49に減らしたという事なのだと思います。

狩人祭184
そして剛クシャシクレの時は、当然の事ながらHCクエでの募集に参加です。
双剣でHC剛クシャと戦うのは初めてで不安でしたので、念のために根性を付けていきました。

根性に関しては否定的な意見をお持ちの人も多いとは思いますが、この時はシクレという事で、
皆さんがたくさん回数をこなしたいという状況ですから、死ぬのは極力避けなければなりません。

案の定、私は対HC剛クシャにて双剣での戦いに慣れていない事もあり、序盤は根性に
助けられた場面がありましたので、根性を付けたという選択は正しかったと思います。

ただ、慣れてくると咆哮のタイミングやスタミナの管理の仕方が徐々に分かってきますので、
このシクレも連戦していてとても楽しかったです。

狩人祭185
鋼龍の暴殻も1個ですが剥ぎ取れましたし、双剣魂・天や入魂数も相当稼げましたので、
私としては大満足です (v^ー°)

狩人祭186
そして下位オオナズチもシクレとして配信されておりましたが、
こちらももちろんHCクエにして、双剣で参加しております。

この時は通常では扱いづらいリーチ極長の氷雪双牙【氷河】を使用していましたが、
オオナズチは体が大きく、攻撃が当てやすいので、相性は良かったと思います。

ただ、HCナズチは緑の泡のような物を辺りに撒き散らし、それに触れると
スタミナが無くなってしまい、鬼人化が解除されてしまうのがいやらしいですね^^;

他の武器であれば強走薬を飲めば全く問題はありませんが、双剣を使用している場合は
そうもいきませんので、スタミナの管理には多少気を使います。

そこで、HCナズチに対しては10月9日の記事でご紹介させて頂きました
「スタミナ急速回復【小】」が付いた装備を使用しております。

スタミナ急速回復【小】を付けていれば、緑の泡に触れてしまってスタミナが失われても
すぐにスタミナが回復し、迅速に鬼人化を発動させる事が可能というわけです。

このクエは下位という事もあり、剛種とは違ってリラックスして臨めますし、気楽に49魂を
稼ぐ事ができる上に双剣魂・序もたくさん集める事ができたという意味では良いシクレでした。

さて、今回の祭は残念ながら負けてしまいましたので、楽しみにしていた
勝ち組ラオやストレガFXは夢へと消えました。

今回は物凄く勝ちたかった回ではありますので、負けてしまった事に関しては
素直に残念に思いますが、勝敗につきましては運ですので、仕方がありません。

勝敗を抜きにして振り返ると、入魂数が稼ぎやすかった事に加え、私個人の都合ではありますが
双剣魂もたくさん集める事ができましたので、結構良い祭だったと思っております。

前回の古龍の章は物議を醸した物となってしまいましたが、
今回は前回の反省点を色々と活かしていましたしね。

古龍の章では入魂数を稼ぎやすいという事で、祭ポイントの上限を増やしたのは良い事だと
思いますし、シクレの配信スケジュールも前回とは異なり、一応考えられてはいたと思います。

さすがに、今回は火曜日の夜に99魂のシクレは配信してこなかったですねw
その点においては、前回と同じ轍を踏まなかったという事で評価したいです。

さてさて、今回の古龍の章ではきちんと調整が計られていたと思いきや、
またまたとんでもないミスをしてしまいましたよね~

迎撃テオで31+18(テオ討伐分)で49魂と設定したつもりのシクレが、途中でテオが
逃げ出してしまって討伐できないため、31魂しか獲得できないという問題が発生しました。

この問題に対して公式でも発表がありましたが、「また、やらかしたか~」と思ってしまいました。
これはシステム上の不具合ではなく、100%人為的ミスと言えると思います。

シクレを選抜した担当者は、「下位の迎撃テオは途中で逃げ出す」という事を知らなかったのか
忘れていたのかは分かりませんが、間違いなく恥ずかしいミスです。

ただ、個人的にはシクレ担当者のみを責めるつもりはなく、「ミスは誰にでも起こりうる」
というのを十分承知しておりますから、過去の不始末にも寛大に捉えてきたつもりです。

問題は、一人(もしくは複数)が犯したミスを、他の誰かに気が付かれる事無く実行され、
ユーザーからの声で初めてミスに気が付くという、チェック体制の甘さだと思います。

最近行われた韋駄天においても問題が発生し、今後の対策として色々と書き綴っていましたが、
その直後に今回の問題が発生しましたから、これは大失態だと罵られても仕方が無いでしょう。

「反省の言葉は、もう聞き飽きた」とお思いの人は結構多いはずです。
文面や口先だけの反省よりも、私が望んでいるのはしっかりと仕事をして欲しいという事ですね。

一応、今回のミスのお詫びとして褒賞を増やすという措置を取ってくれましたが、
「ミスを犯す→お詫びとして補償します」の流れは飽きましたw

今回は補償は無いと思っていましたので、褒賞が増えた事に関しては棚ぼたではありましたが。
個人的には、勝者敗者共に勝ち組クエへ行ける様にしなかったのは妥当だと思います。

私自身、勝ち組ラオに行った事が無いですし、ストレガFXも作れない側の人間ですので、
「両者勝ち組クエへ行ける様にしろ」と言い出す人の気持ちは分からないでもないですけどね。

ただ今回のミスは、勝敗に直接影響を及ぼしたと100%断言できるというほどの物では
ありませんから、勝ち組クエを安売りしなかったのは妥当であるというのが私の見解です。

まあ、今回のミスにより、勝敗の結果が入れ替わっていた可能性が、
もしかしたらあったかもしれないとお考えの人もいらっしゃるでしょう。

今回の様なつまらないミスを犯すと、そういった疑いを持ってしまう人がどうしても現れてしまい
ますので、誰もがすっきりとした気持ちで祭を終えられるよう、やはりミスは避けて欲しいですね。

私になりに今回の祭を総評しますと、つまらないミスにより祭にケチが付いたのは事実ですが、
たくさん入魂できて、更に双剣魂もたくさん集まったという事で、結構有意義な祭ではありました。

5月26日の記事でも書かせて頂きましたが、私は古龍の章という企画に対しては概ね好意的に
捉えておりますので、今後もたまにで良いので開催していただきたいと思います。

負けてしまったのは、ただ単に運が悪かっただけと思っています。
また次回、勝てるように頑張りたいですね^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

ゲーム業界ってこんな会社ばかりなんですかねぇ(笑)。チェックを強化しますなんて何度聞いたことか。ミスしたとかなんとかは全く気にしませんが、1企業として見た場合、ゲーム業界ってこんな会社ばっかりなのかと思ってしまいますね(失笑)

No title

勝敗をどうのこうの言うつもりはありませんがミスの補償は祭りPだけにしてほしかったです。
証まで増やすと勝ち組の人がより多く勝ちクエに行けておいしい思いをしたかもしれません。
負け組みによけい腹の立つ補償にしかならなかったのでは?

No title

あのシクレのせいでオレはやる気をなくした・・・
同じような人もたくさんいたのでは?

No title

>通りすがりさん
私も通りすがりさんと同様な事を感じてしまいますね。
口先だけの謝罪はもう飽き飽きですので、
行動で示してもらいたいものです。

>負け組みの者ですがさん
確かに、獲得できる祭典の証の数が増えた事により、
一見すると全員が恩恵を受けたかのように感じますが、
目の前の事だけを考えると負け組にとってはあまり意味がなく、
負け組みの者ですがさんの仰るとおり、
負け組の人の神経を逆撫でする可能性はありますね。
もし運営の頭の中に「補償すれば騒ぎが沈静する」
という考えが少しでもあるとしたら、また同じ過ちを繰り返すでしょうから、
気持ちを引き締めて仕事をしてもらう事を願います。

>名無しさん
名無しさんのような人もいらっしゃるでしょうね::
あのようなミスが発生すれば、すっきりとした気持ちで祭を終えられる人の数は
間違いなく減りますから、今回の様な事は繰り返さないようにしてもらいたいものです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。