スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙道ならきっと何とかしてくれる… 八(^□^*) タノム!!

剛種ゴゴが実装されて以来、積極的に通うようにしていた私ですが、
証も貯まっていき、剛ゴゴ武器をいくつも作成できるまでになりました。

先日は剛ゴゴの弓とライトボウガンを作成した事をお知らせいたしましたが、
今現在ではランス・片手・太刀の3つも完成させるに至りました ヾ(*´∀`*)ノ゛

ゴゴモアランス1
まずランスの緋猛槍【仙道】ですが、「攻撃575 麻痺380 スロット2 リーチ長」
という性能で、これは作成する価値が高いランスであると言えると思います。

必要となる素材もそれほど入手難易度が高くなく、比較的作成しやすい武器ではあるでしょう。
デフォで白ゲージはありますが、物凄く長い白というほどでもありませんので、匠は欲しいですね。

匠さえ付けておけば、殆どのケースで白ゲージで攻撃できますので、業物+2は必要ありません。
スロットも2個ありますので、それを活用すると充実した装備が組めそうです。

ゴゴモアランス2
緋猛槍【仙道】は、ゴゴモア武器らしくフサフサとした毛に覆われていて、
中々面白いデザインだと私は思います。

試しに剛種ドラギュロスで使用してみましたが、やはりリーチ長だと攻撃が当てやすいですね。
ランスにおいてリーチ長は大きな利点となりますので、非常に使いやすい武器と言えるでしょう。

他のリーチ長の代表的な剛種ランスには、ニゲル=ウルティオと
真冥雷槍【鴆】と怒髪閃槍【皐月】がございます。

※ニゲル=ウルティオ:攻撃552 龍480 麻痺260
 真冥雷槍【鴆】:攻撃552 龍380 会心35 スロット1
 怒髪閃槍【皐月】:攻撃552 水320 会心30

どのランスも優れた性能を持っておりますので、全て持っていても損はしないでしょう。
大事なのは、敵によって上手に武器を使い分けるという事ですね。

緋猛槍【仙道】は、属性があまり効かない相手(変種など)に対しては
利用価値の高いランスだと思います。

はっきり言える事は、剛種ヤマツカミランスの浮岳槍【極楽浄土】は、
緋猛槍【仙道】によって出番を奪われる事になるという事です。

浮岳槍【極楽浄土】は「攻撃529 麻痺410」という性能で、
攻撃力・リーチ・スロットの数が緋猛槍【仙道】と比べて大きく劣っております。

浮岳槍【極楽浄土】が勝っている点としては、麻痺属性値が30多いのと、
匠で紫ゲージが付く事くらいでしょう。

ライトボウガン部門でも、剛ゴゴライトは剛ヤマツライトに引導を渡してしまいましたね。
武器の属性が被ってしまうと、この様な事になってしまうのは仕方が無い事なのでしょう。

これは余談ですが、仙道と聞くと、バスケットボール漫画「スラムダンク」に
登場してくる陵南高校の仙道君を思い出してしまいます。

「それでも仙道なら…。仙道なら何とかしてくれる。」というように、味方から絶大な信頼を誇る
仙道君ですが、緋猛槍【仙道】も同じくらい信頼される武器になってくれると良いですね^^

ゴゴモア片手1
そして片手剣の緋猛剣【一閃】ですが、麻痺片手剣としては優秀だと思います。
個人的な希望としては、攻撃力378は欲しかった気がします::

ただ、麻痺片手剣は使い道が多いですし、リーチ長という利点がある事を考慮すると、
攻撃350が妥当であるのでしょうね。

また、斬れ味ゲージに紫はありませんが、匠無しで長い白ゲージがあるのも特徴です。
こちらは匠を切ってもさほど問題ありませんので、他のスキルを充実させる事ができるでしょう。

ゴゴモア片手2
剛ゴゴ武器全般に言えることなのですが、匠なしでも白ゲージがありますので、
匠を付けづらい秘伝防具との相性はバッチリです (*^ー゚)b

ゴゴモア片手3
緋猛剣【一閃】ですが、斬られるよりも、爪の様な部分で
引っかかれた方が痛そうなデザインですねw

緋猛剣【一閃】は、私が片手剣の秘伝防具を作成していた時期に登場してくれていたら、
間違いなく相当活躍してくれていたと思います。

ゴゴモア太刀1
最後に太刀の緋猛太刀【天啓】ですが、こちらは久し振りとなるリーチ中の剛種太刀です。
リーチ中の剛種太刀が実装されたのは、シーズン7.0以来の事となります(エール=ダオラ)。

しかも、MHFオリジナルモンスターの太刀は、オルガロンの天狼刀【須佐之男】を最後に
登場してきませんでした(ラヴィエンテ太刀は進化武器で特殊なので除外)。

オルガロン以降、デュラガウア・グレンゼブル・ルコディオラと新モンスターが登場し、
様々な武器も実装されましたが、何故か太刀だけは実装されてこなかったのですよね~

シーズン7.0以来となるリーチ中の太刀、そしてシーズン6.0以来となるMHFオリジナル
モンスター太刀が実装されたという事で、太刀好きの方は歓喜している事でしょう。

攻撃力も1248と決して低くありませんし、デフォで長い白ゲージがありますので、
匠を無理に付けなくても良いのが嬉しいですね。

ちなみに私の場合ですが、デフォで長い白ゲージがあったとしても、
ついつい匠を付けたくなってしまいます^^:

私は迷いも無く緋猛太刀【天啓】を作成したのですが、今では麻痺剣スキルを付ける事は
難しくなく、わざわざ麻痺属性の太刀を使う必要性が薄くなってきているような気もします。

単純に火力を重視するのならアルゲン太刀のジルバザント(攻撃1296 会心40%)の方が
強いので、麻痺が非常に有効である場合に緋猛太刀【天啓】を運用した方が良いでしょう。

ゴゴモア太刀2
上のSSは鞘に刃が納まっている状態ですが、こちらも他の武器同様に、
ゴゴモアらしくフサフサした感じがします。

ゴゴモア太刀3
しかし鞘から刃を抜いてみますと、意外と格好良いデザインでした。
鞘のフサフサ感から一転して、かなり鋭い印象がありますね。

ちなみに、私はアクラ・ヴァシム相手に緋猛太刀【天啓】の試し斬りを行いましたが、
「アクラに麻痺武器とか^^:」と突っ込まないでおいてください (ノ∀`)アチャー

今の所、剛ゴゴ武器はハンマーと狩猟笛以外は作成済みです。
ハンマーと狩猟笛は、今の所は作る気はございません。

ハンマーの緋猛槌【鬼哭】ですが、同じ麻痺ハンマーの浮岳槌【天空城】と比べると、
紫ゲージの有無の関係で瞬間火力は浮岳槌【天空城】の方が上回るでしょう。

緋猛槌【鬼哭】は浮岳槌【天空城】よりも麻痺値が高いですが、そもそもハンマーに麻痺は
期待しませんので、浮岳槌【天空城】をお持ちの方は無理に作成しなくても良いと思います。

ソロプレイでハンマーを頻繁にお使いになるのであれば、緋猛槌【鬼哭】の高い麻痺値・
長い白ゲージが活きてきますので、作成する価値は十分高いと思われます。

また、狩猟笛の緋猛笛【捧舞】ですが、「攻撃1196・麻痺410・スロット1・
赤旋律・デフォで長い白ゲージ」と、かなり優れていると言えます。

しかし私の場合、ネカフェ武器のズモス・ベリオ(攻撃1144・麻痺400・会心15%)を
持っておりますので、とりあえずは緋猛笛【捧舞】を作るつもりはございません。

私の狩猟笛のSRは600に達していないため、緋猛笛【捧舞】を作ったとしても、
HCチケット欲しさにズモス・ベリオばかりを使ってしまうからです。

ズモス・ベリオをお持ちでない方は、緋猛笛【捧舞】を作っておいて損はしないでしょう。
麻痺剣晶を使い果たした後も、引き続き麻痺を狙う事ができるのは嬉しいです。

さてさて、とりあえず作成したい剛ゴゴ武器は全て作ってしまったので、
もう剛ゴゴへたくさん通う事もなくなりました。

剛ゴゴ武器に関しては、予想外にすんなりと作成できた印象がございます。
一応、牙獣種の燦角がストッパー素材になるのでしょうが、普通に集まりますしね。

F1の時の古龍種の稀玉・飛竜種の稀玉・逆鱗の様な、入手するのが困難な素材が無い分、
F2からの追加武器の作成難易度はかなり良心的であるとは感じました。

やはり、F1の時にユーザーから多く意見が届いていた事と思いますが、
その意見を反映したかのようなF2からの設定は、私は好感が持てると思います。

もちろん、武具の作成に使用するレア素材は、ある程度高い入手難易度に設定されるのは
仕方が無いとは思うのですが、飛竜種の逆鱗を例に上げると、あれはかなり酷かったですよね。

私は剛種グレンゼブル睡眠大剣タメ4作戦を行う事ができるので、逆鱗にはそれほど苦労は
しませんでしたが、普通に集めていたら、必要数が貯まるのはいつになるか分かりません。

それに比べ、剛ゴゴ武器は普通に証を集めている過程で必要となる素材が集まって行く事が
多いと思いますので、多くの方に作ってもらえるという点では、良い事だと思います。

まあ、実を言うと、古龍種の髄という新ストッパーもあるのですけどね^^:
これはまだ未実装ですが、何となく剛ナナの尻尾から出てきそうな気がします。

飛竜種の逆鱗と同様に5%だと結構辛いので、10~15%辺りの
確率に設定してもらえると嬉しいです。

理想は「剛ナナのみから入手可能というのではなく、剛テオ・剛クシャ・剛ナズチの尻尾からも
手に入る」という展開ですが、そこまで甘くないような気もしてしまいます (;´▽`A

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。