スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年に大いなる期待を込めて (・∀・)

2012年も、残すところあと僅かとなりましたが、
今年一年、皆様はどうお過ごしになられたでしょうか。

今年を振り返ってみて、良かったという人もいらっしゃれば、
悪かったという人もいらっしゃるかと思います。

来年は、皆様にとって更に良い年であって欲しいですね。
今年一年、お疲れ様でした。

そして、当ブログを見てくださった皆様、本当にありがとうございました。
また来年も宜しくお願いいたします。

手短な挨拶のみとなりますが、2012年の最後の更新とさせていただきます。
それでは、良いお年をお迎え下さい。

挨拶1


スポンサーサイト

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

寒くたって、いつも生足です ヽ(〃'∇')┌θθ ホレホレ

ただ今、シリーズクエストの中のベテランシリーズの新作である
「ミズキのハンター養成所?」が配信されております。

シリーズクエスト52
今回のイベントをクリアする事で作成できる物は、防具のタングスシリーズ(剣士)と
コバルタシリーズ(ガンナー)で、ハルバダーシリーズの色違いとなっております。

今回行く事になるクエですが、全てソロ用のクエとなっておりますのでご注意下さい。
クエの内容は以下の通りです。

①ギルドフラッグを山頂に設置・フルフルベビー1個の納品のマストオーダー
②岩4個の破壊 ※失敗条件:コンガ4頭の討伐
③石ころ2個の納品・孤鉄石4個の納品のマストオーダー
④火薬岩1個の納品
⑤イャンクック1頭の討伐・ラージャン1頭の討伐のマストオーダー


全て一人で行かなくてはなりませんので面倒そうに感じるかもしれませんが、
実際に行ってみますと、どのクエも簡単でした。

シリーズクエスト53
1つ目の課題ではフルフルベビーを採掘しなければならなかったのですが、雪山頂上部の
クシャの抜け殻を見ると、MH2のムービーを思い出して懐かしい気持ちになれます。

このようなイベントの時くらいにしか、この場所に来る機会は無いですしね。
普段行わないような事を課題にするイベントも、たまには良いでしょう。

2つ目の課題は岩破壊ですが、ドロップキックをしていれば簡単に壊れます。
また、3つ目の課題は、運が悪いとリタイアしなければならないかもしれません^^;

シリーズクエスト54
4つ目の課題の時はクロオビSPが貸し出されますが、見た目は何気に良いと思います。
縦縞のセーターの様な胴は見た目が良いですし、脇チラには高得点を与えたくなりますw

太腿の辺りも、個人的には好きですね~ (*^ー゚)
普段着ないような装備を着る事ができるという所も、イベントならではと言えるような気がします。

①~④までは「武器防具貸し出し・アイテム所持禁止」という制限がありましたが、
最後の⑤だけはこうした制限がありませんので、お好きな装備を着ていきましょう。

シリーズクエスト55
相手はクックとラージャンという事で、一見厳しそうにも感じますが、
弱めの個体が登場しますので、それほど苦労はしないと思います。

私は大人気なく、スピネルという本気装備で行きましたけどね (*`▽´*)
そこまで本気装備じゃなくても、クリアする事は難しくないはずです。

これにて防具を作成する事ができますが、剣士・ガンナーの10部位分を
集めるのならば、このイベントを2回行ってください。

さて、今回のイベントでも、ミズキさんから色々なお話を聞く事ができました。
どうやら、ミズキさんは寒いのが苦手なようです。

ミズキ22
7月5日の記事でも取り上げましたが、ミズキさんはタイツもストッキングも
履いていないので、この寒空の中では凍える事でしょう {{(>_<)}} ブルブル

そしてミズキさんの口から「冬用の制服とか用意してくれればいいのに」という発言が
飛び出しておりますが、実際に冬服が実装されたら面白いと思います。

これは以前も書かせていただいた事があるのですが、季節ごとに広場の装飾を
変えられるのですから、NPCの服装もこっそり変えられそうな気はしますけどねw

ミズキ23
年中、生足ミニスカという格好で頑張るミズキさんですが、
寒さ対策としてホットドリンクが手放せないようです。

ハンターからすると、ホットドリンクの値段(通常で250z)なんて微々たる物ですが、
MHFにおける一般市民の感覚からすると、結構お高いのですね。

「体はあったまっても、懐がどんどん寒くなる」なんて、上手い事を言っておりますw
また、飲みすぎによる体重増加も、やっかいな問題のようです。

ミズキ24
12月9日の記事にて、「ミズキさんに黒真珠のアクセサリーをプレゼントすると、
ミズキさんとの距離が縮まるかも」と書かせていただきました。

しかし、そんな高価な物をプレゼントするよりも、さりげなくホットドリンクを
差し入れとして渡してあげた方が、仲良くなれそうな気がします (*^。^人^。^* )

ミズキ25
ミズキ26
そして、足元に火薬岩を置いて暖を取ろうという奇策を思いついたミズキさんですが、
あっさりと却下されてしまったようです。

せめて、生足をやめるだけで、相当暖かくなるとは思いますけどね~
そこで、ペイントを使ってミズキさんにストッキングを履かせてみました。

ミズキ27
ただ色で塗りつぶしただけですので、完全に手抜きの作品です (ノ∀`) アチャー
絵がお上手な方や、良いお絵かきソフトをお持ちの方は、もっと良い出来に仕上げる事でしょう。

私の作品はあまりにも酷すぎて、ストッキングというよりもタイツですねw
個人的には生足の方が好みなので、やはり今までどおりの姿でいてほしいです。

と、こんな感じでくだらない事を延々と書き連ねてしまいましたが、今年一年、
ミズキさんはブログのネタをたくさん提供してくれましたので、とても助かりました。

ミズキさんネタですが、今年は今回で最後となるでしょう。
また来年も、ミズキさんネタを皆様にご提供させていただきたいと思っております。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

外見はむっすり、心の中ではニッコリ(。・`ω´・。)→(o^∇^o)

昨日の記事にて、HC下位ゴゴモアについて書かせていただきましたが、
跳緋獣の緋毛が必要数揃った後は、返す刀でHC上位ゴゴモアへも挑戦しております。

試しにソロ(ラスタ・フォスタ付)で挑んでみたところ、
ガンランスで3ラスタ討伐を果たす事ができました。

しかし、必要なHC素材の数が1個というのならソロでも良かったのですが、今回は3個も
必要でしたので、ここは素直に求人区にてPTを組ませてもらっております。

ソロの時はガンランスで戦っていたのですが、PTを組むようになってからは
狩猟笛へと武器を変えてみました。

その際、ガンランスで使用していた装備を殆ど変える事無く流用したので、
狩猟笛との相性が悪い剣術+2も付いてしまいました。

狩猟笛に剣術+2を付けた場合、2ヒットする際の引っ掛かり具合が物凄く大きくて、
かなりの違和感を覚えます。

ゴゴモア特異個体4
更に、ゴゴモアの背中にはココモアが乗っているわけですから、殴る位置によっては
「ゴゴモアへ2ヒット・ココモアへ1ヒット」と、計3ヒットも当たってしまうのです Σ(・ω・ノ)ノ

3ヒットもしますから、一回のぶん回しに費やす時間もその分増えてしまい、
ダメージ効率としては悪くはなるでしょう。

ただ、効率抜きに考えると、もっさりと3ヒットするのは非常に面白いというのは事実です。
とは言え、あまりお勧めはしませんけどねw

ゴゴモア特異個体5
昨日も書かせていただいたとおり、下位素材の跳緋獣の緋毛はあっさりと揃ったのですが、
今回お目当ての上位素材「跳緋獣の猛毛」は全然出てくれなくて、相当苦労しました (´ヘ`;)

やはり、同一のHC素材を3個も集めるのは、中々難しいです。
これでしたら、HC素材集めを目的として、ついついFコースへ課金したくもなりますねw

実際、Fコースへ課金していると思しき方は結構いらっしゃいます。
いくつものHC素材を集めたいのならば、Fコース課金も選択肢としてありですね。

今回、私はFコースへもアシストコースへも課金はしておりませんが、
どうにか自力で跳緋獣の猛毛を3個剥ぎ取る事ができました。

これで揃ったと思いきや、今度はハンマー魂・天が10枚足りなかったというw
そこで出番なのが、グーク鍋です 【鍋】φ( ̄¬ ̄ヾ)

グーク鍋1
覇種・天嵐武器を作成するために使用する武器魂が足りないという事はあると思いますが、
そういう時に余ったHC素材を武器魂に変えてくれるグーク鍋が活躍します。

私の場合、HC剛クシャ素材の「鋼龍の暴殻」が余っておりましたので、そちらを煮込みました。
鋼龍の暴殻を煮込むと武器魂・天が5個手に入りますので、2回煮込んで終了です。

こうして、必要となる素材は全て集まりましたので、早速工房へ直行です ε=ε=(o゜―゜)o
今回作成したかった武器は、ヤマツカミハンマーの浮岳獄槌【綺羅星】となります。

ヤマツカミハンマー1
まず、天嵐武器の浮岳獄槌【虚空ノ都】へと強化してから、覇種武器の綺羅星へと強化します。
綺羅星(きらぼし)とは「きらきらと光り輝く無数の星」という意味で、ロマンチックですね。

ただ、見た目が達磨(だるま)なので、星とは似つかわしくない気がします (´-ω-`;)
更に、作成元であるヤマツカミの見た目を思い出すと、ますます星らしくはないですねw

綺羅星のもう1つの意味である「地位の高い人や明るいものが多く並ぶようすのたとえ」
の方が、いくらか当てはまっているのかもしれません。

綺羅星の性能は「攻撃1404・麻痺420・スロット3」という性能で、
従来の覇種ハンマーの攻撃力のラインである「1404」には達しております。

ただ、会心も属性もありませんので、火力だけを見ると、覇種ハンマーとしては低めです。
しかし綺羅星において、火力「だけ」で評価するのは意味がありません。

綺羅星は麻痺値が420と高めですので、例えば麻痺剣+3を付けて1麻痺を取り、
麻痺剣晶を使い果たした後も2麻痺目を狙うといった使い方ができます。

短期戦でしたら、麻痺剣晶のみを使用して1回麻痺させれば十分である事が多いですが、
ある程度戦闘時間が長引くような場合に、綺羅星の麻痺値が輝くと思います。

また、綺羅星が4つ集まると、面白そうな気はしますね。
もしかしたら、今後綺羅星が指定されるような事があるかもしれません。

スロットが3つ空いている点も評価できます。
この3つのスロットを利用すれば、装備も組みやすくなるでしょう。

一方、綺羅星の欠点を挙げるとすると、個人的には斬れ味ゲージを挙げたくなります。
匠を付ける事で紫ゲージが発生するのは良いのですが、綺羅星は匠ありきの武器なのですよね。

匠を付けないと青ゲージ止まりですので、私のようにハンマー秘伝はエメラルドしか持っておらず、
匠を付けられない場合、秘伝防具では綺羅星は扱いづらいという事になります。

そして先ほども申しましたが、火力を考えると他の覇種ハンマーの方が強い場合が多いですし、
麻痺剣で十分な場合も多いですから、絶対に作っておいた方が良いとまではいかないと思います。

ヤマツカミハンマー2
それでも、強いハンマーである事には変わりありませんし、見た目も面白いので、
私は綺羅星へ強化した事は全く後悔しておりません。

ヤマツカミハンマー3
長い間使われる事がなかったこのハンマーも、出番が回ってきて嬉しい事でしょう。
達磨さんは険しい表情をしておりますが、心の中では笑っているかもしれませんね (*´∀`)ウフフ

ちなみに、綺羅星のSSを撮影する際、ヤマツカミの防具を着て写ろうかと思ったのですが、
意外な事に胴しか生産しておりませんでした。

そこで、頭はラオ、胴はヤマツ、腕と脚ラージャンの防具を装備し、和風な感じにしてみました。
ラオが覇種・天嵐防具になったのですから、ヤマツやシェンも可能性はあると思います。

ヤマツカミハンマー4
さて、実際に覇種オディバ相手に綺羅星を使用してみましたが、
1麻痺1スタンという結果で、結局2回麻痺させる事はできませんでした。

綺羅星はまだ1回しか使用しておりませんが、これから使ってあげたいと思っております。
一度、綺羅星を4つ集めて戦ってみたいですね (つ・∀・)つ

いたわりのおかげでハンマーが4人重なって戦えるようになったのですから、
麻痺とスタンのループが可能になる場合もあるような気がします。

それにしても、グレンランスの文月といい、綺羅星といい、
HCゴゴ素材を3つも要求してくるのは勘弁して欲しいです (>0<)

まあ、そんな時のためのFコースなのでしょうねw
私はなるべくFコースへは課金したくないので、これからも頑張って自力で集めるつもりであります。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

顔が2つで不気味さが2倍に!? (´・ω・人・ω・`)

昨日のメンテ明けから、遂にHCゴゴモアが解禁となりました。
HCゴゴモア素材を使用して作成する武器で欲しい物がありましたから、待ち遠しかったです。

HCゴゴモアには下位・上位・剛種の3種類ありますが、とりあえず下位から挑戦してみました。
HC下位ゴゴモアを体験してみて感じた事ですが、「弱い」の一言に尽きますw

ゴゴモア特異個体1
それもそのはずで、HC下位ゴゴモアはSR3から受注できるという
敷居の低いモンスターですから、弱いのは当然とも言えます。

最初の3戦くらいは本気装備でソロプレイ(ラスタ・フォスタ付き)をしていたのですが、0ラスタ
討伐間違いなしというほどの弱さでしたので、途中から剥ぎ取り名人を付けてしまいました。

ゴゴモア特異個体2
頭・胴・腰をビストロRに、腕と脚をオディバFXにすれば、剥ぎ取り名人でありながら
スキルワンランクアップ効果込みで、そこそこ立派なスキルを付ける事ができます。

このような適当な装備でも、0ラスタでソロ討伐ができてしまいますので、
HC下位ゴゴモアに関しては剥ぎ取り名人を付けていくべきです。

PTを組んでしまうと、周りの目を気にするかもしれないですが、
はっきり言いましてPTを組むまでもありません。

また、自由区の募集においては4人集まらないと出発しない風潮にあるように感じますが、
人が集まるまで待つのは時間が勿体無いので、試しにソロで挑戦してみて下さい ε=ε=(* ̄ー)

ゴゴモア特異個体3
剥ぎ取り名人のお陰からか、あまり長い時間を費やさなくても、
「跳緋獣の緋毛」をあっさりと4つも剥ぎ取る事ができました(最後に2つ剥ぎ取れました)。

跳緋獣の緋毛は3つ必要で、剥ぎ取り2%の素材を3つ集めるのは物凄く大変だろうと
覚悟しておりましたが、思っていたよりも断然早く終える事ができたのでホッとしております。

さて、跳緋獣の緋毛を3つ集めた理由ですが、ランスを強化したかったからであります。
そのランスとは、グレンゼブルのランス・怒髪獄閃槍【文月】です ヽ(* ̄∇ ̄)ノ

グレンゼブルランス6
今までグレンランスは怒髪閃槍【皐月】までしか強化できませんでしたが、跳緋獣の緋毛が
実装された事により、天嵐武器の怒髪獄閃槍【水無月】へ強化できるようになりました。

そして更に、覇種武器の怒髪獄閃槍【文月】にまで強化する事ができます。
文月を作成するために、覇種パリアを狩って呑竜の爛石を50個確保しておいた人は多いでしょう。

怒髪獄閃槍【文月】は「攻撃644・水480・会心40・リーチ長」という性能で、
物凄く強いランスと言えます。

「高い攻撃力・高い会心率・扱いやすさ抜群のリーチ長」の三拍子揃っていますしね。
また、斬れ味ゲージも中々優秀です。

匠を付けなくても白ゲージがそこそこ長いので、匠無しの秘伝防具でも扱えます。
匠を付けると白ゲージが物凄く長くなりますので、これなら業物は必要ないでしょう。

標準で紫ゲージがあれば文句無しだったのですが、それは高望みしすぎではありますね^^:
文月で残念な点を挙げるとすると、スロットが空いていないという所でしょう。

せめて、スロットは1つくらい空いてくれていれば嬉しかったのですが (つд⊂)
ただ、スロット無しという欠点を補うほどの強さを秘めておりますので仕方がありません。

ちなみに、弩岩獄槍【闇雲突】とネブラダ・ライリスに続いて、
文月はランスとしては3本目の覇種武器となります。

闇雲突はリーチ中・ライリスはリーチ極長でしたから、リーチ長の覇種ランスとしては初となります。
私にとって、ランスはリーチ長が一番扱いやすいので、これからは文月の出番が多くなるでしょう。

せっかく文月を作成したのですから、クエで使ってみたくなります。
そこで、昨日から配信されております「赤影のなわばり」へ行ってみる事にしました。

なわばり1
闇雲突もライリスも強いランスでありますが、やはり
リーチ長である文月の方が扱いやすいとは感じました。

もちろん、相手や状況によって最適なリーチや有効な属性は変わってきますので、
その辺は上手に使い分けていきましょう。

なわばり2
さて、年末年始恒例の「なわばりクエ」ですが、今回は「フルフル奇種3頭」です。
今の所、1回しか挑戦していないのですが、この時は乱戦になってしまいました。

上のSSは2頭のフルフル奇種が丁度重なった場面ですが、
新種のモンスターに見えなくもないですね Σ(・ω・ノ)ノ

1つの体に2つの頭が存在しているように見え、ただでさえ気持ちの悪い(?)モンスターが、
もっと不気味に見えてしまいます (ノ∀`)

シーズン3.0の時、暗闇の中に潜むアクラ・ヴァシムのシルエットを見て、
「眼が4つあるから双頭竜ではないか」と噂されていたのを思い出します。

アクラヴァシム14
今では上のシルエットの真相が分かってしまっていますが、この時はアクラの姿が
公開されておりませんでしたので、4つの眼の意味が分からなかったのです。

さすがに、今後も双頭のモンスターが実装される事は無いと思いますけどねw
双頭のモンスターが実装されてしまうと、一気にファンタジーの世界になってしまうでしょう。

なわばり3
このクエで在庫が少ない古龍種の髄が出たのは嬉しかったですが、今は古龍種素材よりも
武器魂やHC素材の方が欲しいので、積極的になわばりへ行く事は無いと思います。

以前は、なわばりが配信されると嬉しく感じていたものですが、時代は変わってしまいました。
それでも、古龍種素材が足りないという方にとっては、ありがたいクエだと思います。

話が途中から逸れてしまいましたが、ランスを扱うのであれば文月は作った方が良いでしょう。
また、年明けには覇種ドラが実装され、ドラランスも強化できますので、更にランスは充実します。

今現在、ランスの秘伝防具作成は休止しておりますが、いずれは再開しようと思っておりますので、
その時に文月やドラランスが大いに活躍してくれる事でしょう。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

まだまだ若いモンには負けん! (´盆`〟) ホッホッホ

ご紹介するのが遅れてしまいましたが、覇種パリアプリアから手に入る
呑竜の爛石を使用して作成する武器の1つに、弓がございます。

その弓とは、パリアプリアの弓であるドドンガ・ヴォイドです ( ゚▽゚)/
ただでさえ強かったドドンガ・イクリプスがドドンガ・ヴォイドになる事で、更に強くなりました。

パリアプリア弓4
ドドンガ・ヴォイドは「攻撃348・水330・防御+30・スロット1」という性能で、
溜め3で拡散LV4となる事から、拡散弓として用いられる事でしょう。

前身のドドンガ・イクリプスの性能が「攻撃336・水300・防御+15・スロット1」
でしたので、物凄くパワーアップしたというわけではありません。

ただ先ほども申した通り、ドドンガ・イクリプスの時点で相当強かったのですから、
強化幅としては妥当なところといった感じでしょうか。

ドドンガ・ヴォイドは拡散弓としては最強クラスの性能を誇りますので、
弓を扱うのならば絶対に作成しておいたほうが良いと私は思います。

覇種ドラギュロスが実装されると、ベル弓の真舞雷極弓【鳳翔】が作成できますが、
物理攻撃だけだったら鳳翔に軍配が上がると思います。

それでも、各属性ごとの最高の武器は揃えておいた方が良いですし、鳳翔には武器スロットが
無いのに対し、ドドンガ・ヴォイドには武器スロットがありますので、使い分けはできるでしょう。

パリアプリア弓5
ドドンガ・ヴォイドは覇種武器でありますので、蒼いオーラを纏います。
これは何度も申し上げておりますが、弓のオーラの量は少なくて、ケチですよねw

ちなみに、私が弓の秘伝防具・ラピスを作成していた時は、
ドドンガ・イクリプスには物凄くお世話になっておりました。

今ではHCクエで弓を扱う事がありませんので、せっかく
ドドンガ・ヴォイドに強化したのに、中々使う機会が無いのが残念であります。

パリアプリア弓6
それでも、HC以外のクエへ行く時は、なるべく使ってあげたいですね。
先日の勝ち組クエはソロで行っておりましたが、その時に大いに活躍してもらいました。

さて、覇種パリアを倒してドドンガ・ヴォイドを手に入れたわけですが、
ドドンガ・ヴォイドの武器の説明文に気になる事が書かれております。

「会うことすら珍しい、老齢にして剛健な呑竜を狩った証。」
という説明文が書かれておりました。

「老齢」とありますので、覇種パリアは高齢のモンスターという事になります。
確かにあの姿から、若いパリアだとは連想しづらかったですよね。

覇種パリアの狂気に満ちた姿を見て、「このパリアは幾多の困難も乗り越えてきたのだろう」
と思っておりましたが、ドドンガ・ヴォイドの説明文を見て納得しました。

そして高齢であるにもかかわらず、剛健(心や体が強く、たくましいこと)である所も凄いです。
年を重ねると体は劣ってきますが、覇種パリアにはそんな事を感じさせない凄みがありますね。

覇種パリアは「高齢なのに剛健」ですが、ここでとあるキャラを連想してしまいました。
それは、スパⅣに登場してくる「剛拳」という人物です。

スパⅣ18
剛拳はリュウやケンのお師匠さんで、豪鬼の兄でもあります。
老人でありながらも屈強な体を維持しているのは、覇種パリアに通ずるものがあります。

そういえば、マイトレ管理人の次女さんと三女さんがパリアプリアについて話す場面が
ありましたが、お2人ともパリアプリアの事はあまりよく知らないみたいですねw

マイトレ管理人35
マイトレ管理人36
マイトレ管理人37
三女さんは知らないくせに「これからの時代はパリアプリアよ!」と
のたまわっている所は面白いですし、次女さんのパリアプリアの呼び方は可愛らしいです (´ー`)

最後になりますが、年明けの1月9日から、
第4の覇種モンスター「覇種ドラギュロス」が配信されます。

覇種ドラギュロス1
覇種パリアは非常に手ごわくて面白い相手でしたが、覇種ドラにも期待できそうです。
戦闘フィールドが樹海の頂上部ですので、移動の手間が無いのも嬉しいです。

覇種ドラを狩る事によって「冥雷竜の焦鱗」が手に入ると思われますが、冥雷竜の焦鱗を
手に入れる事で作成できる武具は以下の通りです(記載漏れがありましたらごめんなさい)。

片手剣:ネブラボルナレイオ
大剣:多殻獄挟剣【緋牡丹】
ハンマー:真舞雷極槌【紙禽】
狩猟笛:真冥雷獄笛【翡翠】
ランス:真冥雷獄槍【鵆】
ガンランス:天狼極銃槍【白夜】
ライトボウガン:真冥雷獄銃【斑鳩】
ヘビィボウガン:真冥雷獄重砲【玄鷹】
弓:真舞雷極弓【鳳翔】
防具:ブリッツFX


とりあえず、ハンマー・ランス・ヘビィは絶対に作成します。
その他、いくつかの武器も作成する事にはなるでしょう。

また、ブリッツFXが作成できるようになりますので、また新しい装備を組む事ができそうです。
年明けの覇種ドラの配信を、今から楽しみにしておきます (*´∀`)ノ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

クエ後は飛ばし合いに!? #○`ε´)=○)゚O゚)☆グハッ

秘伝防具を作成する上で一番大変なのは、間違いなく魂・極集めとなるでしょう。
フル強化する場合、極の要求数は序・中・天と比べると多いですしね^^;

それでもギルド優先依頼や秘伝コースの実装により、以前よりは断然楽にはなりました。
また、効率的な極集めの方法も様々開発されております。

そして本日は、ハンマーの極集めとしてお勧めの戦法をご紹介致します。
その気になる相手ですが、グラビモス変種となります。

グラ変種は優先依頼の対象にもなっており、遠距離武器での募集が物凄く多い事で有名です。
私もヘビィボウガンの極集めにおいて、グラ変種には物凄くお世話になりました。

グラ変種が優先依頼の日は遠距離募集ばかりが目立ちますが、
実はハンマーの極集めで有効な相手でもあるのです。

どのような構成かと言いますと、「麻痺剣ハンマー2・麻痺剣火力2」となります。
ハンマーの数は多い方が安心感は増しますので、「ハンマー2以上」という感じになるでしょう。

私は以前からこの戦法に興味を持っており、秘伝コース無料期間中の11月26日は
グラ変種が優先依頼の日でしたので、この戦法の募集に参加させていただきました。

ギルド優先依頼グラビモス1
この時は太刀の魂集めをしており、私は麻痺剣太刀で参加させていただいたのですが、
この戦法ですとあっという間に終わりますので、物凄く快適に極集めをさせていただきました。

そして、昨日の優先依頼もグラ変種でしたね。
今はハンマー秘伝のエメラルドの強化も行っておりますので、私にとってはチャンスでした。

そして運良くこの戦法の募集を見かけましたので、
今度はハンマーで参加させていただいております。

それでは、私が体験させていただいた戦法をご紹介致します。
まず、ハンマーで参加するのなら、いたわり+2は欲しいですね。

本当はエメラルドで行きたいのですが、空きスロットの関係でいたわり+2を
付けるのが難しいため、今回は覇種・天嵐防具で装備を組んでみました。

これは変種クエという事で、覇種・天嵐防具よりも秘伝防具の方が強いですから、
他の人にいたわりが付いていれば、いたわり無しの秘伝防具でも良さそうな気はします。

今回私が付けたスキルですが(ワンランクアップ効果後)、「攻撃特大・見切り4・
火事場2・匠・いたわり2・超高級耳栓・龍風圧無効・麻痺剣3・集中2・早食い」です。

早食いは、無くても全く問題はありません。
龍風圧無効も、無くても大きな問題にはならないでしょう(あった方が安心ではあります)。

そして、ある意味一番大事なのかもしれないのが、「キケン大好き」です。
キケン大好きの重要性は、このクエに限らない話ではありますね。

さて、進め方ですが、細かい所は貼り主によって若干変わってくるかもしれませんので、
とりあえず私が体験した進め方をご紹介致します。

ギルド優先依頼グラビモス2
まずキケン大好きが発動して、全員がグラエリアからスタートしたと想定しますが、
罠役の人以外は溶岩の上で麻痺剣晶を装着しましょう。

火事場発動を狙いますので、クーラードリンクを飲まず、
溶岩で体力を半分近くにまで減らします(出発前の弁当は無し)。

罠役の人は閃光玉を投げ、落とし穴で落とします。
ちなみに、私がお世話になった貼り主の方は、2回穴を置く流れで進めておりました。

ギルド優先依頼グラビモス3
グラが穴に落ちましたら、麻痺剣乱打で腹を攻撃しましょう(落ちる前に攻撃してもOK)。
構成にもよりますが、おそらく1つ目の穴では麻痺しない事が多いと思います。

そうしますとグラが穴から抜け出ますから、罠役の人が2つ目の穴を設置します。
グラは空へ飛び上がって抜け出ますが、着地すると同時に2つ目の穴に落ちるというわけです。

穴を2つ駆使すれば麻痺させる事ができるはずです。
注意点としましては、着地してから穴に落ちる前に麻痺させない事です。

「着地→穴→麻痺」が理想的な流れで、「着地→麻痺→穴」ですと後々面倒になりますので、
心配なら1つ目の穴から抜け出た時に一度乱打を止めた方が良いでしょう。

穴から抜け出た後に乱打を一度止め、グラが空に飛び上がっている間に再度力を溜めて、
2つ目の穴に落ちた後に乱打を再開すると確実です(構成次第で変わるので調整して下さい)。

ギルド優先依頼グラビモス4
麻痺しましたら、ハンマーは頭へ移動し、頭を殴ります。
ハンマーが2人いればスタンを取る事ができます。

スタンした後は、再び腹に乱打をします。
そして2回目の麻痺を取る事ができ、遅くとも麻痺明けには討伐を果たす事ができるでしょう。

流れを簡単にまとめますと、「閃光→穴→穴→麻痺→スタン→麻痺→討伐」です。
武器の構成や貼り主のやり方によっては、穴は1つしか使用しない場合もあるようです。

片手剣のように、迅速に麻痺を取る事ができる武器種が混じっていれば、1穴で済むとは思います。
この戦法ですとハンマーが集まりやすいので、そうなりますと2穴の方が安定はしそうです。

ちなみに、火事場が発動していれば、スタン明けに討伐できる事もあります。
麻痺剣晶装着を溶岩の上で行い、クーラーを飲まずにいれば、自然と火事場は発動します。

ただ、タイムアタックをしているわけではないのですから、
火事場は必須とまではいかないと私は思います。

火事場を発動していなくてもあっという間に討伐できるのですから、
火事場の有無に関しては貼り主に確認して下さい(もちろん、あった方が良いです)。

キケン大好きが発動し、火事場を発動している人が多かった場合は
(罠役の人は火事場発動は無理です)、0ラスタが出る事もありました。

火事場が無くても0ラスタに近い1ラスタで終わりますので、お勧めの戦法です。
ちなみにキケン大好きが発動しなかった場合ですが、この時は一旦エリア3に集合しておりました。

一人だけグラエリアからスタートする場合もありますが、
その時は迅速にエリア3へ移動する事になっておりました。

この辺は貼り主によって変わってくるかもしれませんが、
足並みを揃えた方が安定はすると思います。

ギルド優先依頼グラビモス5
いたわりのおかげで、ハンマーも重なり合いながら攻撃できるようになりましたが、
メインターゲット達成直後に、いたわり効果が切れるのですよね~ Σ(・ω・ノ)ノ

この戦法ですと、腹での乱打でフィニッシュとなりますが、
高確率で味方を吹っ飛ばす、もしくは吹っ飛ばされますw

吹っ飛ばされると仰向けに倒れますから、パンツが見えてしまいますね (//∇//)
さて、この戦法ですが、もっともっと流行って欲しいと私は思っております。

ハンマーの魂集めとして優れているのはもちろんの事、ハンマーは最低でも2人いれば成立します
ので、他の武器が参加できる余地がある所も嬉しいです(もちろん麻痺剣は付けましょう)。

しかも、グラ変種は4回も剥ぎ取る事ができるのでHC素材も手に入りやすいですし、
鎧竜の灼殻は、グーク鍋で煮込めば極が5枚も手に入るという換金率(?)の良さも光ります。

youtubeにて「HCグラビモス変種 麻痺剣・鎚2適当2」と検索をすると参考動画が
見つかると思いますので、ご興味がある方は一度ご覧になってみてください。

それにしても、こうした戦法を開発する方々は凄いですね~
私は真似をさせていただくだけですが、大いに感謝致しております (人´∀`*)

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

寒いこの時期は、バーナーで温まろう (。-∀-)ヌクヌク

昨今のガンランス事情としまして、ガンランスが高く評価されているのは、
「秘伝防具を着て、属性に弱い相手に対して連撃砲を放つ」という事だと思います。

また、弩岩獄銃槍【突放撃】やドドンガ・ズドドドンといった砲撃レベル6のガンスが
追加された事により、砲撃や竜撃砲での攻撃はF4の頃よりは強くなりました。

覇種・天嵐防具の効果のおかげで、砲術神のスキルを付けやすくなった影響も大きいでしょう。
※砲術王(スキル値20)を付ければ、スキルワンランクアップ効果で砲術神

つまり、ガンスの秘伝書システムにおいて多く扱われるのは、連撃砲の嵐ノ型と
砲撃(竜撃砲)の地ノ型という事になります。

最近は私もガンスを使う機会がめっぽう増えましたが、相手によって
地ノ型と嵐ノ型を使い分けるようにしております。

さて、「あれ?天ノ型は?」と突っ込みたくなりますが、
はっきり申し上げますと、ガンスの天ノ型は殆ど扱いません。

竜撃砲の砲撃による威力を近接攻撃用に転化した攻撃です。
ヒートブレードが発動している間は、武器の斬れ味が全く落ちず、会心率が100%になるほか、
攻撃がはじかれなくなり、ヒートブレード発動中の砲撃は火属性が3倍になります。
また、ヒートブレード発動中の近接攻撃には
そのガンランスの砲撃レベルに応じた火属性も付与されます。
その反面、ヒートブレードが終了した瞬間に斬れ味が最低まで落ち、
放熱板を開いた状態となるため一定の間ヒートブレード発動が行なえなくなります。

公式マニュアルより

以上が、ガンス天ノ型の説明になります。
この天ノ型ですが、地ノ型や嵐ノ型よりも多く扱うという人は殆どいらっしゃらないと思います。

天ノ型への評価につきましては、2011年5月23日の記事で書かせていただきました。
一年半前の記事ではありますが、天ノ型への評価としては、今とさほど変わりません。

そこで、5月23日の記事の中から天ノ型への評価を一部引用致します。

私は常々、ガンランスは突きよりも砲撃に特化する武器であるべきだと思っておりました。
突きはランス・砲撃はガンランスという位置付けで、両者を使い分けているつもりです。

しかし、HBは発動時に突きの会心率が100%となり、更に竜撃砲が使用できなくなります。
通常の砲撃は使用できますが、HB発動時は結局突き特化型の武器へと変貌してしまう訳です。

HB発動時に突いて攻撃すれば会心100%ですので強いのは間違いありませんし、
先端から火が噴出するのも面白いとは思います。

ただ、ガンランスの最大の見せ場だと思っている竜撃砲を使用できなくなる事に加え、
突き特化型の武器に変貌し、そして1分後には使い物にならなくなる所がシックリ来ないのです。

(中略)

「突きはランス・砲撃はガンランス」という概念が私の中で定着しておりまして、
突き特化型へと変えてしまうHBに魅力を感じなかった


この時から一年半も経過しておりますから、多少状況は変わっているとは思いますが。
このような感じで、私は天ノ型をあまり評価していないのですが、場合によっては有効となります。

突き攻撃が物凄く効く相手で、なおかつ1回目のヒートブレード(以下:HB)の
効果が切れる前に終わるような短期戦であれば、天ノ型も活躍できます。

天ノ型が活躍できる場の一例として、エスピナスが挙げられます。
エスピナスは斬攻撃で頭を集中攻撃していれば、あっという間に倒す事ができます。

ガンランスHB1
武器スロット1           Lv1      ●  障壁珠G
カマレラHCハール    (パ)  Lv7   75  ●●● 障壁珠G, 慰労珠G, 慰労珠G
ファランHCメイル・※   (パ)  Lv7  142  ●●● 慰労珠G, 腕力珠G, 腕力珠G
オディバFXアーム    (覇)  Lv7  149  ●●● 腕力珠G, 腕力珠G, 腕力珠G
ファランHCコイル・※   (パ)  Lv7  142  ●●● 腕力珠G, 腕力珠G, 腕力珠G
オディバFXグリーヴ   (覇)   Lv7  149  ●●● 痺剣珠G, 痺剣珠G, 痺剣珠G
服Pスロット2                    ★★  氷攻撃カフSA1

防御値:657 スロット:■0□0●16○0 火:7 水:7 雷:1 氷:7 龍:1

攻撃力UP【特大】,ダメージ回復速度+2,いたわり+2,高級耳栓,風圧【大】無効
麻痺剣+2,ガード性能+1,剣術+1,状態異常攻撃強化,氷属性攻撃強化【小】


そこで、ガンランス魂・中集めのために、HC上位エスピナス用の装備を組んでみました。
武器は氷ガンスの天狼極銃槍【七星】を想定しておりますが、それ以外でも良いでしょう。

HB発動中は会心率が100%になりますので、見切りは必要ありません。
その代わりに攻撃特大を付け、覇種防具効果で攻撃絶大になるようにしております。

麻痺剣も付けていったほうが安心感は増すでしょう。
もちろん、いたわり+2は外せません(忍耐の丸薬という手段もありますが)。

ガンランスHB2
HBの欠点の1つとして、発動させるのに若干時間を費やす事が挙げられますが、
エスピナス戦においては、発動時間の発生はそれほど問題にはなりません。

これは上位も変種も同じなのですが、「一人がシビレ罠を置いて強制的にエスピナスを起こす
→罠にかかったら閃光玉を投げて怒らせる(→足元にシビレ罠を置く)」という流れになります。

つまり、頭ハメを開始する前に手間が発生しますので、その間にHBを発動させてしまうのです。
罠設置や閃光玉は人任せになりますので、申し訳ない気持ちはありますが (; ̄ー ̄A アセアセ

ちなみに、この時は腕力珠Gの在庫が足りず、胴はアクラFXメイルを使用しておりました。
また、上のSSでもありますが、ファラン腰を使用すると、不自然な形でスカートがめくれますw

そういう訳で、HB発動中の場面を見ると、オディバパンツが見えてしまっていますね ( *ノノ)
ファラン腰の謎のめくりは実装当初から気になっておりましたが、今でも謎です。

ガンランスHB3
あとはひたすらエスピナスの頭を突くだけとなっております。
魂・中集めとして魅力的なクエはたくさんありますが、個人的にはエスピナスも結構好きです。

火事場を発動させなくても1ラスタで終わりますし、この相手から剥ぎ取る事ができる
「棘竜の豪棘」をグーク鍋で煮込めば、魂・中が5枚も手に入るのは嬉しいです。

通常のガンスの突き攻撃は他の武器種に比べると劣るのは否めませんが、
攻撃絶大・会心100%であれば、火力として貢献できない事はないでしょう。

麻痺剣で麻痺させる事ができれば大きな貢献となりますし、
剣術+2で突き攻撃の威力を増幅させる努力もしております。

しかも、ガンスは定点攻撃が可能ですので、怯み管理は行いやすいです。
ステップを挟まないとリズミカルな攻撃ができないランスとは、ここが異なっておりますね。

ガード突きで攻撃する場合の注意点として、いたわり+2を付けていても、
味方の攻撃をガードしてしまい、一瞬硬直する事があります。

また、その際にガード性能が付いていなければ、味方の攻撃をガードしたという事で
「ズサー」と後ずさりしてしまいますので、ご注意下さい。

ガード性能が無くても、動きを工夫すれば大きな問題にはなりませんが、ステップを挟んだり
「切り上げ」を取り入れるなど、多少面倒になりますので、私はガード性能を付けていきます。

このような感じで、天ノ型も扱い方によっては有効となる場合もあるのです。
突き専門になるのは違和感がありますが、素材集めの作業と割り切る事にしました。

ちなみに、HB自体は嵐ノ型でも行えてしまいますけどねw
とりあえずHBでの突きは、短期戦では有効となりうるとお考え下さい。

先ほど話題に上がりました剣術+2ですが、ガンスと剣術との相性は良い方だと私は思います。
狙った位置にほぼ2ヒットしますし、意外な事にヒットストップも殆ど感じません。

ガンスを使っておいて突きに従事するのも違和感がありますが、麻痺剣を付けて
突いた方が貢献できる場合も多いので、その際に剣術は有効となるでしょう。

そしてHBによる突きと剣術の組み合わせですが、
通常の突きとは違った感覚が味わえる事に気が付きました。

HBの発動中、ガンスの先端に火が付きますが、この火にも剣術効果が付与されるようなのです。
先日、HC下位グレンと戦っていて、偶然気が付きました。

HBを発動し、グレンの腹下でガード突きをしてみたのですが、
とんでもなく大きなヒットストップを感じたのです。

「ガンスで2ヒット+先端の火で2ヒット」という当たり判定になっているのかどうかは
不明ですが、「4ヒットしているのではないか」と思えるほど、大きなヒットストップでした。

実際に4ヒットしている事は無いと思いますが、グレンの様な肉厚の相手に対して
「HB+剣術」で戦ってみると、面白い体験ができるのは確かです。

面白いと言いましても、あまりにもヒットストップが大きすぎて、実用的ではありませんけどねw
普通の相手であればヒットストップは殆ど発生しませんので、特に気にする事ではなさそうです。

ガンランスHB4
上のSSは「HB+剣術」でデュラガウアと戦っている場面ですが、
何も問題はありませんでしたし、エスピナスの頭を攻撃する際も同様です。

最後に、ファラン腰の謎のめくれ方について取り上げてみましょう。
HBを発動させようとすると蟹股になるのですが、視点を変えるとパンツが丸見えになります。

ガンランスHB5
最近、エロネタが無かったような気がしますので、久しぶりに雪山で撮影してみました。
エロネタは需要がある(と勝手に思っている)ので、来年もたま~に取り上げるつもりです (`∇´)

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

オルガロンとゴゴモアは犬猿の仲!? (三・o・)三☆三(`ε´三)

私は呑竜の爛石を使用する武器をいくつも作成致しましたが、今日ご紹介したいのは
オルガロン大剣の天狼極剣【銀月】です (。´∀`)つ

オルガロン大剣2

天狼極剣【銀月】は「攻撃1344・氷770・会心率30%・スロット1」という性能で、
大剣としては物凄く強い武器となります。

銀月の攻撃力は1344という事で、一見するとオディバ大剣の弩岩獄大剣【重何断】
(攻撃力1440)よりも劣るように感じますが、実は銀月の方が強い場合が多いです。

会心率30%という値は伊達ではなく、氷が効く相手に対してはもちろんの事、
氷が効かない相手に対しても、与えるダメージは重何断よりも上回る事が多い大剣であります。

最初に剛種オルガロン大剣として天狼大剣【月讀】が実装された頃、匠を付けても
青ゲージしかないというのは何かの間違いではないかと感じていたのが懐かしいです。

月讀があまりにも使えないため、一度性能が上方修正されましたが、同じ氷大剣として
フォルテペルフェットが存在していたため、それでも評価は変わらずでしたね。

そんな不遇な大剣だったのが、天嵐武器の天狼極剣【月蝕】へ強化できるようになり、
そこで紫ゲージが付いた事で、一線で活躍できる大剣となったという歴史があります。

そして更に覇種武器として銀月へと強化できるようになり、最強クラスの大剣へと
のし上がりましたから、大出世と言っても過言ではないでしょう。

オルガロン大剣3

この大剣のデザインですが、オルガロンらしくて私は結構好きです (・∀・ )
鎌を連想させるような大きな牙(?)が特徴的で、斬る際の引っかく感じが面白いです。

先ほども申した通り、氷が効かない相手に対しても絶大な威力を発揮しますので、
大剣がお好きな方であれば作っておいた方が良いでしょう。

オルガロン大剣4

先日配信されていた勝ち組クエで、私は殆どソロで戦っていたのですが、
銀月に睡眠剣+3を付けて相手を眠らせ、火事場溜め4を喰らわせる戦法をとっておりました。

私は大剣の秘伝防具を作成する予定がありませんので、HCクエで大剣を使用する機会が殆ど
無いのが残念ではありますが、こうした非HCクエでは積極的に銀月を使用してみたいと思います。

さて、銀月が優れた大剣であるのは疑いようもないのですが、それでは先ほども
話題に上がった重何断が必要無くなるのかと問われましたら、そうではありません。

オルガロン大剣5

単純に火力だけを評価しますと、銀月の方が強い場合が多いのは事実です。
氷が少しでも効くのなら、火力差はもっと広がるでしょう。

ただ、上の比較SSをご覧いただくとお分かりのとおり、
斬れ味ゲージに関しては重何断の方が圧倒的に優れております。

銀月は匠を付けてようやく紫ゲージが発生しますが、
重何断は匠無しでも紫ゲージがある所は嬉しいですね。

匠が付かない大剣秘伝防具の場合でも、重何断ですと何も問題なく扱う事ができます。
また、非秘伝防具の場合でも、匠の代わりに他のスキルを充実させるという事もできますね。

そしてスロット数ですが、銀月が1個、重何断が2個という事で、
こちらも重何断に軍配が上がります。

更に餓狼を発動して戦えるのであれば、重何断の方が良いでしょう。
(例)餓狼で50%+見切り4で40%+斬れ味補正で10%=会心率100%

このような感じで、状況によって銀月と重何断の優劣が入れ替わるため、
大剣を頻繁に扱うのであれば、どちらも作成した方が良いと私は思います。

「どちらか一方を作ってしまえば、他の武器は作る必要がない」という状況になるよりも、
銀月と重何断の様に選択の余地がある状況の方が面白いと私は考えております。

そういえば、昨日から特異個体ゴゴモアが登場しましたね。
まだHCにはできませんが、楽しみにしていた方も多くいらっしゃると思います。

ゴゴモアには氷が多少効きますし、大剣カウンターが物凄く有効ですので、
HCゴゴモアでは銀月が活躍してくれる事でしょう。

ただ、私はまだ2回しか特異個体ゴゴモアへ行っておりませんので結論付けるのは
早いのですが、カウンターチャンスは通常のゴゴモアよりも少ないように感じました。

上位でも様々な攻撃が追加されておりましたし、HC剛種ゴゴモアでは
更に新技を見せてくるでしょうから、一筋縄ではいかない相手なのかもしれません。

特異個体ゴゴモアは昨日実装されたばかりで不明な点も多いですし、新技もカウンターで
撃墜できるかもしれませんから、これから色々と試してみたいと思います。

今後登場する覇種大剣用の大剣魂・天も集めねばなりませんので、カウンターが
できるのであれば、HC剛種ゴゴモアは銀月で戦ってみるつもりです。

HCゴゴモアが実装される事で作成できるようになる武器はいくつもありますので、
来週はHCゴゴモア狩りで忙しくなりそうです。

これに関して釈然としない事がありまして、ヤマツカミハンマーで「跳緋獣の猛毛」を、
グレンランスでは「跳緋獣の緋毛」を何故か3個ずつ必要になるのですよね~

今まで実装されてきた覇種・天嵐・HC武器において、
同一のHC素材を3個も要求してくる武器は1つも無かったと記憶しております。

おそらく、跳緋獣の緋毛と跳緋獣の猛毛は下位と上位のHCゴゴモアから
手に入る素材だと予想されますので、狩ること自体は難しくないとは思います。

それでも、HC素材を3個ずつ集めるのはかなり面倒になりそうです。
もしかしたら、さりげなくFコースへの課金を誘導しているのかもしれません (ノ∀`)

まあ、HCゴゴモアは目新しい相手という事で、楽しみながら素材を集めていくつもりです。
下位なんてSR3から受注できるのですから、あっという間に倒せそうですねw

HCゴゴモア対策として銀月が用いられる事は多いと思いますが、犬のようなオルガロンの大剣で
猿のゴゴモアと対峙するという事で、犬猿対決はどちらに軍配が上がるのかが注目されます。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

お腹がすく前に帰りましょう (((((((っ´Ι`)

前回の記事でも書かせていただきましたが、私は紅白太刀秘伝防具のフル強化を
目指していて、残るは太刀魂・天のみという所にまで来ておりました。

そして、日曜日の導きデュラへは太刀で行っておりましたから、
そこで太刀魂・天を相当手に入れております。

導きデュラを終えて、「さて、太刀・魂は何枚にまで増えたかな?」と在庫を
確認してみましたところ、何と太刀魂・天が438枚もあるではありませんか Σ(・ω・ノ)ノ

必要だった太刀魂・天の枚数は425枚ですので、いつの間にか揃ってしまっていたのですw
思いがけず揃ってしまいましたが、これで手付かずだったクォーツを完成させる事ができます。

クォーツ3
そういう訳で、早速クォーツを生産し、一気にフル強化してしまいました。
秘伝防具を5部位もフル強化すると散財しますので、ポルチケを何回も売るのが面倒です^^:

クォーツ1
そしてクォーツFXをフル強化する事ができ、既にスピネルFXのフル強化を
済ませておりますから、これにて紅白太刀秘伝を全て完成させた事になります。

紅白太刀秘伝フル強化の証である、太刀技【大刀神】の文字が眩しいです (☆。☆)
これにより匠が自動的に付与されるようになりましたから、今よりも武器の選択肢が増えそうです。

さて、せっかくクォーツも完成したのですから、この防具の分析をしてみましょう。
はっきり言わせていただくと、紅秘伝のスピネルの方が数倍も優秀です (*゚0゚)

スピネルFX:太刀技【刀神】・見切り+3・龍風圧無効・耐震+1・集中+2
クォーツFX:太刀技【刀神】・ダメージ回復速度+2・砥石使用高速化・回避性能+2・餓狼+2


まずダメージ回復速度+2ですが、このスキルは無くても困りません。
しかも、アイテムの活力剤で代用できてしまいます。

ダメージ回復速度+2は「体力ゲージの赤い部分の回復速度が4倍になる」に対し、
活力剤は「回復速度が5分間で2倍」と、違いはありますけどね。

砥石使用高速化もアイテムの高速砥石で代用できますので、嬉しくないです。
一応、MHFGで上位スキルとして「研ぎ師」が実装される予定ではあります。

研ぎ師:砥石系アイテムの回復量がさらに上昇
     さらに一定時間「斬れ味レベル+1」と同等の効果が発動


そのスキルの効果によってはクォーツの価値が上がるかもしれませんが、
まだまだ先の話という事で、現状では砥石使用高速化も嬉しくないスキルです。

回避性能+2は、あると嬉しいスキルではありますね (*^-゚)
ただ、スピネルにも回避+1を簡単に付ける事ができます。

そして餓狼+2ですが、こちらも嬉しくないスキルですね~
餓狼は発動させてしまえば物凄く有用ではありますが、問題は発動しづらいという事でしょう。

スタミナを25にまで減らさないと餓狼は発動しませんから、
発動せずにクエが終わってしまう場合が殆どだと思います。

「スタミナ-50」の飯を食べていけば、6分後に餓狼が発動しますが、
毎回餓狼飯を食べていくのは面倒ですよね(はらへり倍加大で3分・小で4分)。

劇薬【黄】を使えば、あっという間に餓狼が発動しますが、劇薬は
レアアイテムでありますので、ここぞという時以外は使われないでしょう。

仮に餓狼が発動した場合ですが、餓狼+2の効果として回避+2も付与されますので、
標準として発動している回避+2と効果が被ってしまい、気分的に損をしたようにも感じます。

スピネルは攻守共に嬉しいスキルが付くのに対し、クォーツは微妙なスキルが多いですから、
「どうしてこんなスキルを付けてしまったの?」と嘆きたくもなります (ノ∀`)

その影響からか、紅白の2着が出揃った後に太刀秘伝作成を始めた人は、
スピネルから作成し始めた人が圧倒的に多いはずです。

また、スピネルを完成させた後にクォーツ作成を進めている人の多くは、
クォーツが欲しいからではなく、大刀神のために仕方なく作成しているのだと思います。

私が、まさにそれに当たります。
「クォーツが完成した」という結果を吹っ飛ばして、「大刀神」を手に入れた事を喜ぶ感じでしょうか。

それでも、せっかく苦労してクォーツを作成したのですから、使ってみないと勿体無いですね。
そこで、スタミナ-50飯を食べ、餓狼の発動を期待しつつ剛種アビオルグへと挑戦してみました。

クォーツ4
最近は餓狼を使う機会が無かったのですが、
餓狼発動時の青白いエフェクトは、いつ見ても格好良いです。

クォーツ5
しかし、餓狼が発動したのはクエ開始から6分後で、
餓狼が発動したと思った矢先にクエが終了してしまいました Σ(*゚Д`;)

場所が「雪山・沼地の洞窟・夜の砂漠」でしたら、餓狼が早く発動するので
まだ実用性はありますが、普通のフィールドですと餓狼発動には期待が持てません。

コゲ肉を食べると50%の確率でスタミナが減りますから、一か八かに賭けるのもありかも。
結局、クォーツは限られた条件下でしか輝けない秘伝防具であると言えるでしょう。

スピネル8
そういう訳で、私は素直にスピネルを着ますw
餓狼が発動しやすいクエにおいて、遊び心でクォーツを着る事はあるかもしれません。

ちなみに、私はスピネルを数え切れないほど着ておりますが、最初はあまり好きになれなかった
見た目も、使っていくうちに慣れてきたのか、段々と好きになってきました。

クォーツ2
スピネルが完成した時にも書かせていただいたのですが、ポニーテールのように
ピョコンと飛び出た髪の毛が結構可愛らしいと思います。

さて、こうして紅白太刀秘伝が完成しましたが、私が手に入れた紅白秘伝は
双剣・ヘビィボウガンに続いて3着目となります。

大刀神スピネルに関しては需要がかなりありますので、これから大いに役立ってくれる事でしょう。
ただ、今やお約束となりましたが、HCクエで太刀を使う機会は減るでしょうね^^;

太刀魂・天は覇種武器の作成で使用しますので、HC剛種・覇種クエではスピネルで行く事は
あるはずですが、下位・上位・変種のHCクエでは他の武器種で行く事が多くなるでしょう。

とりあえず、目標としていた紅白太刀秘伝は完成しましたので、ホッとしております。
今後はガンランスの秘伝防具作成を優先しつつ、色々と考えながら遊んでいきたいと思います。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

力尽きると、運気が上昇? (;・∀・)

12月14~16日の3日間、天嵐への導きの第3弾が配信されておりました。
下位・上位・剛種(変種)の3種のHC素材を集めるには、良いクエでありますね。

今回の相手は「剛クシャ・剛ナズチ・剛デュラ」の3種でしたが、私は3種とも挑戦しております。
初日の剛クシャでは、「ハンマー4」の募集に参加させていただきました。

剛クシャと言えば、全員が頭を攻撃してダウンを繰り返させる戦法が有効でありますが、
いたわり+2を付けたハンマーですと、ダウンとスタンを繰り返しますので、物凄く楽です。

天嵐への導き6
私は覇種・天嵐防具を5部位使用した装備を組んで参加させていただいていたのですが、
剛種・覇種クエにおいては武器倍率が80も上昇しますので、火力が相当上がります。

また、いたわり装備を組む際に慰労珠G(いたわり5・運気3)を使用しますので、
さりげなく幸運を付ける事ができる所も嬉しいです ( ̄ー ̄)ニヤリ

これは前々回の記事でも書かせていただいたとおりですが、覇種・天嵐防具効果で
幸運が激運となりますので、天嵐への導きにおいては有効です。

ちなみに、上のSSで写っているとおり、私はキリンハンマーの
幻雷獄鎚【裂雷】(以下:裂雷)を使用しておりました。

裂雷は11月27日の記事でご紹介させていただいたハンマーですが、
実はクシャに対しては相当強いハンマーであります。

裂雷は見た目や音が素晴らしいハンマーではありましたが、今まで
中々出番が回ってこなかったので、今回大いに活用できた事を嬉しく思います。

最初にお世話になったPTでは全員が裂雷を使用しており、とても驚いてしまいました。
このハンマー(裂雷・招雷・雷電)が実装されて以来、4つ集まるのは初めてだったと思います。

このハンマーは武器をしまう時に音を発しますが、討伐後、
4人が一斉に武器を収める時に「ポコポンポン」が4回も聞けるのは笑えますw

そして2日目の剛ナズチへは、ガンランスのダンディ・ダンディで挑戦しております。
前回の記事でも書かせていただいたとおり、非秘伝でも胸を張って参加できる所が嬉しいですね。

天嵐への導き7
ナズチの左側に回って連撃砲を当てるだけで、あっという間に討伐できてしまいます。
キケン大好きが発動していれば、0ラスタ間違いなしのクエでしたねw

ちなみに、ホストの人は闇雲に連撃砲を当てるのではなく、なるべく
ナズチがダウンから起き上がるタイミングを狙って連撃砲を放ちましょう。

そうすれば、ダウンループへと繋げる事ができます。
いたわり+2のおかげで、他の人に気を使う必要がないですから、非常にやりやすかったです。

剛ナズチは優先依頼の対象から外れておりますので、普段はあまり行く機会が無いのですが、
今回たくさん行く事が出来て良かったと思っております。

天嵐への導き8
2時間半程度連戦しましたが、「斑皮×14・幻皮×8・虹皮×3(内、剥ぎ2)」
という結果で、かなり偏ってしまいました Σ(・ω・ノ)ノ

贅沢を言わせていただくと、虹皮はもう少し欲しかった所ではありますが、それでも
斑皮と幻皮の在庫は相当増えましたので、この二つに関しては、今後困る事は無さそうです。

そして3日目の剛デュラですが、今回の導きの中では一番時間をかけておりました。
昨日の午後から、4時間半近くもぶっ通しで続けていたと思います。

私は太刀秘伝のスピネルの強化を全て終えて、更にクォーツの分は
太刀魂・天以外を全て集め終わったという事を以前お伝えいたしました。

つまり、紅白太刀秘伝を完成させるためには太刀魂・天が必要だったのですが、
「これは丁度良い」という事で、太刀魂・天集めも兼ねて、太刀で参加させていただきました。

様々な武器で構成されたPTとなり、ある程度討伐時間が長引くのであれば、
猛毒剣+3を付けて毒状態を狙うというのは有効な手段ではあります。

しかし、スピネル&殻王獄刀【玉鋼】×4という構成であれば、2~3ラスタで
終わりますので、その構成でしたら猛毒剣よりも麻痺剣の方が良いですね。

天嵐への導き9
剛デュラに対して毒は物凄く有効ではあるのですが(2分間で1440ダメージ)、
順調にいけば戦闘時間は2分もかけずに討伐する事ができます。

そのため、麻痺剣+3を付けて麻痺状態にし、麻痺中に一気に体力を削った方が良いでしょう。
そういうわけで、私は「刀神・麻痺剣・玉鋼」の募集に参加させていただいておりました。

ただ、麻痺剣と猛毒剣のスキルを分担して付けるという作戦でも良いとは個人的には思います。
その辺は貼り主の裁量に任せましょう。

天嵐への導き10
HCデュラは戦っていて非常に楽しいので、飽きずに続ける事ができましたが、
成果は「冷殻×11・凍殻×5・氷殻×6(内、剥ぎ3)」となっております。

凍殻の在庫が少なかったため、そちらが本命だったのですが、中々思い通りにはなりませんね^^;
1~2%の確率ですので仕方ないのですが、1%の討伐の証がやたらと複数出た印象があります。

天嵐への導き12
また、今回に限った話ではないのですが、うっかり死んでしまった時は、
報酬が良い場合が多いような気がしました (;´▽`A

こうして導きクエへたくさん行く事ができ、HC素材もそれなりに潤っております。
年末には再び天嵐への導きが配信されるそうですので、楽しみにしておきましょう。

余談ですが、今回の導きデュラにおいて、グークアイテムの迷子玉を使ってみました。
迷子玉ですが、使い方によっては相当役に立つアイテムであります。

迷子玉を使用すると、ランダムでエリアを移動する事になるのですが、デュラのように
BCスタートで固定されているクエにおいては、戦闘復帰玉と同様の効果があります。

天嵐への導き11
クエがスタートしたら、その場から動かずに麻痺剣晶を装着し、瞬歩の実を飲みます。
そして他の人がエリア1に入るタイミングで迷子玉を使ってみると、エリア1へワープするのです。

降り立つ位置はエリア2の入り口にそこそこ近いですし、既に麻痺剣晶を装着しているので、
マラソンにおいてはトップを獲得できますw

少し試してみたかっただけですので、途中からは普通に走り出しましたけどね。
また、太刀4の場合、なるべく4人同時にデュラエリアへ入った方が良いです。

4人がほぼ同時にデュラエリアへ入り、同時に攻撃をし始めれば、
怒り咆哮時には全員の錬気ゲージが溜まっているはずです。

迷子玉に関しては、ランダムスタートクエで遠い位置から
スタートしてしまった場合に使ってみるのも有効です。

再度配置しなおしとなりますので、普通に走って移動するよりも早くに、
モンスターのいるエリアへ辿りつく事もあります。

グークのお守りを持っている場合は秘境に飛んでしまい、
「秘境→BC→秘境」という移動を繰り返す事になりますので、ご注意下さい。

戦闘復帰玉やホルクの呼び声は勿体無くて使えないような気がしますが、迷子玉はマイガーデンへ
出入りするだけで手に入りますので、もっと流行って欲しいアイテムではあります。

※グークアイテムの入手方法は2月3日の記事を参照

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ブリッツさんの大きさには敵いません (>人<*)

今日は、ガンランスの連撃砲について書かせていただきます。
これはかなり前から書きたかった内容で、ようやく書く事ができました。

ブログを更新する時間が無かったり、他にご紹介したい内容が出てきたりと、
今日まで先延ばしになってしまいました (ノ∀`)

さて、今更ご紹介するまでもないような気はしますが、ガンスの連撃砲は、
いまや指定されるほど大いに認められた攻撃となっております。

通常の竜撃砲と異なり、肉質無視ダメージ+武器の属性ダメージを与えます。
無属性武器の場合は、属性ダメージの代わりに打撃ダメージを与えます。※公式マニュアルより


正確には「属性砲+連撃砲」という事になるのでしょうが、
連撃砲と一括りしてしまって良いと思います。

ガンスの連撃砲につきましては、2011年5月20日2011年6月21日の記事でも書かせて
いただいておりますが、この時は今ほど周囲に認められるような攻撃ではありませんでしたね。

連撃砲は属性に弱い相手には絶大な威力を発揮するというのは以前から周知されておりましたが、
この当時、連撃砲が有効なガンスといえばダンディズムくらいしかありませんでした。

しかし、属性値が1000もある黒レイアガンスが実装され、雷以外の連撃砲も
実用化されましたから、それにより連撃砲が一気に注目を浴びたと言えるでしょう。

私はガンスの秘伝防具を作成している関係上、連撃砲を上手に扱っていく事が
必須だと考えましたので、連撃砲用の装備を組んでみました。

ガンランス連撃砲1
武器スロットなし
ゾデックHSヘルム・※  (パ)  Lv7  134  ●●● 透眼珠, 文鎮珠G, 軽足珠G
SP剣士胴             Lv7  109  ■  忍足珠SP・改
ファランHCアーム・※  (パ)  Lv7  142  ●●● 音無珠G, 属撃珠G, 属撃珠G
ウィンドFXアンダ     (覇)  Lv7  160  ●●● 慰労珠G, 慰労珠G, 慰労珠G
オディバFXグリーヴ   (覇)   Lv7  149  ●●○ 慰労珠G, 気短珠G
服Pスロット2                    ★★  火攻撃カフSA1

防御値:694 スロット:■1□0●11○1 火:6 水:7 雷:1 氷:9 龍:1

いたわり+2,ガード性能+1,高級耳栓,風圧【大】無効,幸運
属性攻撃強化,武器捌き,回避性能+1,早食い,火属性攻撃強化【小】


他にも色々と連撃砲用の装備は組んでいるのですが、
一番使う機会が多いのは、こちらの装備となります ( ・∀・)つ

こちらの装備は覇種防具のスキルワンランクアップを見越して組んでおりますが、
体力33%以上を維持していれば効果がありますので、大きな問題は無いと思います。

連撃砲は味方を吹き飛ばしてしまいますので、いたわり+2は必須ですね。
また、連撃砲を放つためには毎回武器をしまわなければなりませんので、武器捌きも欲しいです。

そして、連撃砲は属性ダメージが命ですので、属性攻撃強化と○属性攻撃強化【大】も付けましょう。
私はスキルワンランクアップを想定しているので、スキルカフで小を発動させているだけですけどw

ちなみに、連撃砲用装備において、砲術師(王・神)のスキルは重要ではないと私は思います。
砲術系のスキルを付けたとしても、属性ダメージは増えません。

一応、無属性ダメージ分は上昇しますが、属性ダメージに比べると微々たる物です。
よって、連撃砲においては、砲術系のスキルはあまり意味がないという事になります。

ただ、連撃砲はヒートブレード(以下:HB)発動中にしか放つ事ができず、
HBの効果が持続する1分間しか連撃砲は使えません。

HBを再度発動させるためには45秒も待たなくてはなりませんから、
その間に通常の砲撃で攻撃するのであれば、砲術系のスキルは有効となります。

昨日配信されていた導きオオナズチのように、1回目のHBで
終わるようなクエでしたら、砲術系のスキルは必要ないでしょう。

他に、匠も業物も必要ありません。
地ノ型ガンスとは運用方法が全く異なりますので、きちんと専用装備を組むのが望ましいです。

さて、連撃砲用の装備を組むにあたって候補は物凄く多かったのですが、
胴にSP防具を使用するという所が、上でご紹介した装備を選択した理由の一つでした。

SP防具ですと見た目を色々と選ぶ事ができますから、見た目に個性を出せますね (^O^ )
私は今回、ヒプノメイルSP赤を選択致しました。

ガンランス連撃砲2
色合いも他の防具とマッチしておりますし、引き締まったお腹を見せてくれる所もグッドです。
ただ、ヒプノ系の胴の胸のボリュームは、他の防具よりも控えめに見えますね。

ガンランス連撃砲3
ブリッツ胴と見比べてみますと、その差は歴然です。
この辺の好みは、人によって分かれますけどねw

それはさておき、私はガンスの秘伝防具作成を進めてからというものの、
連撃砲には物凄くお世話になっております。

ガンランス連撃砲4
連撃砲を放つためにはHBを発動させねばなりませんが、
発動させようとしている間は無防備になりますので、お気をつけ下さい。

発動しきる前に敵の攻撃で吹っ飛ばされたら、再度発動しなおしですので、
「 (#^ω^) ピキピキ 」となりますよねw

ガンランス連撃砲5
無事にHBが発動しましたら、あとは1分間
「武器をしまう→連撃砲→武器をしまう→連撃砲」の繰り返しとなります。

ソロや身内との狩りで連撃砲を積極的に使用しておりますが、
属性が相当効く相手には連撃砲が有効であるという事が実感できます。

しかし、しっかりと理解していかなければならない事がありまして、それは
連撃砲はガンスの秘伝防具を着て真価を発揮する攻撃であるという事です。

連撃砲で頻繁に使用される黒レイアガンスですが、拡散型の砲撃タイプですので、
連撃砲は2発しか発射されません。

一方、ガンスの秘伝を着る事によって発動する銃槍技【砲皇】(以下:砲皇)では、
非秘伝と比べて多く砲撃を装填する事ができます。

※砲皇の効果
①超高級耳栓が発動
②ガンランスの攻撃力が1.2倍に上がり、攻撃がはじかれなくなる。
③放熱時間が1/2に短くなり、HB発動が3秒になる。
④砲撃の装填数が、通常型+2,放射型+1,拡散型+1される。


属性が相当効く相手であれば、拡散型の2発でもある程度は有効なのですが、砲皇ですと
拡散型でも3発装填できますので、1.5倍も多く砲撃を発射できる事になります。

つまり、連撃砲においては、秘伝と非秘伝の差は物凄く大きいのです。
「連撃砲が強い」というよりも、「属性が効く相手に対して砲皇+連撃砲が強い」という事になります。

その他、砲皇の「放熱時間が1/2に短くなり、HB発動が3秒になる」も大きいですね。
1回のHBで倒せなくても、すぐにHBを発動しなおす事ができます。

そういえば、私はお会いした事が無いのですが、属性が殆ど効かない相手に対しても、
非秘伝で連撃砲をしている人がいるというのを聞いた事があります。

連撃砲は上手に扱えば物凄く強くても、使う相手や自身の装備によっては全然強くない場合も
ありますので、運用方法はお間違いにならないようご注意下さい。

かつて爆撃オーラが流行った時代に、しゃがみ撃ちの間違った運用をしている人が
目立ちましたが、ガンスの連撃砲もそうならない事を願いたいものです (人д<o)

私も非秘伝のうちは、知らない人との狩りでは黒レイアガンスでの連撃砲は殆ど行いません。
「この相手になら連撃砲が有効だろう」と思っても、理解してくれない人もいるかもしれませんし。

ガンランス連撃砲6
非秘伝連撃砲は微妙な場合があるのはここまでお伝えしたとおりですが、
非秘伝でもダンディ・ダンディ(ダンディズム)に限っては物凄く有効になります。

黒レイアガンスは2発しか砲撃を装填できないのに対し、ダンディ・ダンディは
通常型の砲撃タイプですので、5発も砲撃を装填する事ができます。

砲皇ですと+2されますので7発も装填できるのですが、それでも5発もあれば十分強いです。
つまり、雷に弱い相手であれば、非秘伝でも胸を張って連撃砲を使って問題ないでしょう。

しかも、ダンディ・ダンディは親方印の武器ですので、武器捌きは必要ありません。
もしダンディ・ダンディをお持ちではない方は、ホワイトデーイベントで忘れずに獲得して下さい。

注意点としましては、なるべく5発全てを雷に弱い位置に当てる事でしょうか。
相手の肉質を理解したうえで、ご使用下さい。

連撃砲の真価を発揮するために、私も早くガンス秘伝を手に入れたいですね~
でも、特に作成を急いでいるわけではありませんので、マイペースで進めてまいります。

ここ最近、属性が効く相手には砲皇か銃仙(ヘビィ秘伝)が猛威を振るっておりますが、
片手剣ももっと表舞台に立って欲しい気がしております。

個人的には「属性=片手剣」というイメージが強いため、そう感じてしまうのかもしれません。
それでも、「属性=砲皇連撃」という道がガンランスに開けたわけですから、喜ぶ人もいるでしょう。

本音を言うと、ガンランスと属性というのは、今でもシックリきません^^:
私の中で、ガンランスは肉質無視の砲撃がメインというイメージが根強いからだと思われます。

まあ、戦い方の幅が広がるのは良い事でもあります。
ガンスの場合、地ノ型と嵐ノ型とでは必須スキルも戦い方も変わる所は面白いですしね。

私は地ノ型で突きと砲撃を織り交ぜる戦法の方が好きなのですが、連撃砲も嫌いではありません
ので、その時その時の状況に合わせてベストの戦法を選択していきたいと思っております。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

「ド」が増えるたび、強くなる!? ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘ ドドドド

私は以前、「呑竜の爛石を使用する武器は、ガンランスとライトボウガン以外を
作成するつもりです」と書かせていただきました。

その理由としまして、覇種ガンスは弩岩獄銃槍【突放撃】(12月4日の記事参照)と、
後に実装されるオルガロンガンスの天狼極銃槍【白夜】で十分だと思っていたからです。

ただ、天狼極銃槍【白夜】は覇種ドラギュロスが登場してこなければ作成できず、
覇種ドラが配信されるのは、おそらく年明けになる事でしょう。

私はガンスの秘伝防具作成を進めており、今はガンスを頻繁に使用する事から、
覇種ドラの実装を待ちきれず、今の時点で作成できる強いガンスを欲しくなったのです。

そういう訳で、覇種パリア配信前は作成するつもりがなかったガンスを作成してみました。
その名も、パリアプリアの覇種ガンス「ドドンガ・ズドドドン」です ( ^-)つ

パリアプリアガンス4
私は剛種武器のドドン・ゲイザーは所持しておりましたが、強化はそこで止めておりました。
そのため、まず天嵐武器のドドンガ・ズドドンへ、そしてドドンガ・ズドドドンへ強化しております。

ドドンガ・ズドドドンは「攻撃644・水480・毒280・スロット2・拡散型の砲撃LV6」
という性能で、相当強い武器であります。

ドドンガ・ズドドドンは斬れ味ゲージも素晴らしいですね。
前身のドドンガ・ズドドンよりも斬れ味が良くなっている点も嬉しいです。

さて、ドドンガ・ズドドドンですが、突き攻撃だけをするのならば、
弩岩獄銃槍【突放撃】の方が強い場合が多いと思います。

ただ、ドドンガ・ズドドドンを持って突き攻撃ばかりをするのは勿体ありません。
この武器の真の長所は、「拡散型の砲撃LV6」のガンスであるという所です。

今まで砲撃LV6のガンスは、進化武器と大当たり剛猫武器しか存在せず、
弩岩獄銃槍【突放撃】が実装されてようやく、砲撃LV6のガンスを手に入れやすくなりました。

しかし、弩岩獄銃槍【突放撃】は通常型の砲撃という事で、正直
砲撃で攻撃するには物足りなさを感じていたのは事実です。

通常型には通常型の良い所もありますし、好みで分かれるのでしょうけど、
私は通常型はあまり好きではありませんでした。

そこで登場してきたのが、拡散型の砲撃LV6を持つドドンガ・ズドドドンです。
私は「通常型・放射型・拡散型」の3つのタイプの中で拡散型が一番好きなので、大歓迎です。

拡散型ですと、爆発の規模が他の砲撃よりも大きいため、とても気持ちがスカッとします。
SR実装前はガンスを結構使っておりましたが、拡散型のガンスを多く使っていたはずです。

以前は使い方を誤れば味方を吹き飛ばしかねませんでしたが、いたわり+2を付ける事により、
周りを気にせずに遠慮なく砲撃できるようになったのも大きいでしょう。

パリアプリアガンス5
ドドンガ・ズドドドンですが、パリア武器らしからぬ、近代的な印象があります。
ちなみに上の装備は、「天嵐の導き・ゲリョス」用に組んだ物です。

腰に使用しているのはワダツミFX【丸帯】で、これにて
G級武具入手イベントの第3弾も無事に済ませる事ができました。

せっかくドドンガ・ズドドドンという強いガンスを手に入れ、ゲリョス用の装備も
組んだのですから、「天嵐の導き・ゲリョス」を連戦してみました。

天嵐への導き4
スキルワンランクアップで「攻撃特大・見切り4・業物2・麻痺剣3・砲術神」というスキルになり、
基本的には麻痺を狙って突いておりましたが、要所要所で砲撃も交えておりました。

ちなみに、いたわり+2を付けるために慰労珠Gを5個使用しておりましたが、
おまけで幸運も付いてくるのですよね ( ̄ー ̄)ニヤリ

いたわり+2を発動させる上で、普段は慰労珠G×3と慰労珠×3で幸運が発動しないように
しておりますが、天嵐の導きにおいては、運気スキルは欲しくなります。

今回は私が募集主でしたので、ご勘弁ください (〃ゝω・人)
もちろん、必要なスキルを欠いてまで運気を付けようとは思いません。

天嵐への導き5
2時間半程度連戦し、「ゴム質の最上皮×4、ゴム質の極上皮×9、
毒怪鳥の石頭×9(内、剥ぎ5)」という成果でしたので、大満足です (ノ⌒∇)ノ

パリアプリアガンス6
そして昨日はガンスがフィーチャーの日でしたので、いつもよりも多めに砲撃をしておりました。
ガンスがフィーチャーの日ですと砲撃の威力が1.5倍になりますので、かなり強力です。

砲撃中心で立ち回るのならば、やはり通常型よりも拡散型の方が楽しいです。
結果論を申し上げると、ドドンガ・ズドドドンを作成して本当に良かったと思っております。

もし天狼極銃槍【白夜】が実装されるまで待っていたとしたら、
一ヶ月以上も拡散型砲撃LV6の楽しさを味わえなかった事になりますしね。

ドドンガ・ズドドドンは性能も素晴らしいですし、スロットが2個ありますので
装備も組みやすい事から、ガンスを扱う人には大いにお勧めしたい武器と言えます。

ちなみに、弩岩獄銃槍【突放撃】は通常型、ドドンガ・ズドドドンと天狼極銃槍【白夜】は
拡散型の砲撃LV6ガンスですが、放射型の砲撃LV6ガンスもきちんと存在しております。

デュラガウアガンスのフォルテFフェネシアが、それにあたります。
しかし、作成するためには炎王龍の灼翼が必要ですので、覇種テオ待ちという状況です。

私は拡散型が一番好きですが、放射型が一番好きという声も根強く聞かれますので、
放射型がお好きな方にとっては、フォルテFフェネシアの実装が待ちきれない事でしょう。

何となく、「1月に覇種ドラ、2月に覇種テオ、3月に謎の覇種」という
配信スケジュールになるような気がしますが、果たしてどうなることやら。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ヌメリを活性化させたら、真っ白に ヽ(*゚O゚)ノ

先週から覇種パリアプリアが配信され、そこで呑竜の爛石が手に入るようになりましたが、
呑竜の爛石で作成できる武器は魅力的な物が多く、どれを作成するか迷ってしまいます (o*゚ー゚)o

先日、呑竜の爛石を使用する武器としてハンマーのドドンガ・ハヴォック作成した事を
ご紹介させて頂きましたが、その後、双剣のドドンガ・リッパーを作成してみました。

パリアプリア双剣5
ドドンガ・リッパーですが、事前にF5のプレビューサイトでも紹介されており、
その性能の良さから、物凄く話題になった双剣ですね。

「攻撃力378・水560・防御+62・スロット3」と、数値上も素晴らしいですが、
ドドンガ・リッパーの真価は、何と言っても斬れ味ゲージにあります。

剛種武器のドドン・シザーの斬れ味ゲージは緑一色だったのが、天嵐武器のドドンガ・シザーでは
青一色となり、そして覇種武器のドドンガ・リッパーでは白一色になってしまいました。

ドドンガ・リッパーに匠を付けても白ゲージが伸びるだけなのですが、ゲージ幅をいっぱいに
使った真っ白なゲージを見ると、笑いが込み上げてきそうですw (≧∇≦)ノ彡 バンバン

そして剛種・覇種クエでは斬れ味ゲージが白から紫に変わりますが、
ここまで紫ゲージが長い武器が実装されるとは、F5前までは予想もできませんでした。

ちなみに剛種武器のドドン・シザーですが、昔は頻繁に使われていましたね。
剛種チケットが手に入るティガレックス変種クエでは、普通に指定されていたほどです。

しかし、匠が簡単に付くようになり、そして業物+2が実装されて以降、
緑ゲージというのが仇となり、全然使われなくなっておりました。

つい最近までは倉庫で埃を被っていた武器が、こうしてパワーアップを遂げたのを見ると、
「再びお世話になります ( 〃_ _)) ペコッ 」と頭を下げたくなってしまいます。

パリアプリア双剣6
長い間、持った事すらなかったこの双剣ですが、久しぶりに持ってみると懐かしく感じます。
ドドンガ・リッパーは覇種武器ですので蒼いオーラを発しますが、水武器らしくて良いです。

さて、こうしてドドンガ・リッパーを作成したわけですが、
この双剣を最大限に活かすためには、専用装備を作るべきでしょう。

ドドンガ・リッパーには匠も業物+2も必要ないのですから、
匠・業物付きの汎用双剣装備で扱うには勿体無いです。

そこで、ドドンガ・リッパー用の装備を組んでみました。
ドドンガ・リッパー用として考えておりますので、武器スロットは3個使用しております。

剣術双剣1
武器スロット3           Lv1      ●●● 龍王珠G, 障壁珠G, 障壁珠G
アージェHCヘッド     (パ)  Lv7   85  ●●● 怪力珠, 怪力珠, 怪力珠
ブリッツFベスト      (天)  Lv7  149  ●●● 怪力珠, 怪力珠, 怪力珠
オディバFXアーム    (覇)  Lv7  149  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ウィンドFXアンダ     (覇)  Lv7  160  ●●● 剛力珠, 音無珠G, 気力珠G
オディバFXグリーヴ   (覇)   Lv7  149  ●●● 気力珠G, 気力珠G, 気短珠G
服Pスロット2                    ★★  スタカフPA1

防御値:692 スロット:■0□0●18○0 火:7 水:8 雷:3 氷:10 龍:1

攻撃力UP【特大】,見切り+3,高級耳栓,風圧【大】無効,スタミナ急速回復【小】
アイテム使用強化,ランナー,早食い,剣術+1,回避性能+1


とりあえず軽く組んでみたのが、こちらの装備となります (*^ー^)つ
匠と業物を外す代わりに、スタミナ急速回復と剣術を付けてみました。

覇種防具3部位・天嵐防具1部位を使用しておりますので、常時スキルはワンランクアップします。
理想は、ワンランクアップで攻撃絶大・見切り5にする事だったのですけどね~

今回装備を組むにあたって、以下のような条件を付けましたら、絶大見切り5は無理でした。
そういう訳で、攻撃絶大・見切り4で妥協しております。

※手持ちの防具・スキルカフのみを使用する
※覇種・天嵐を4部位以上使用する
※剣術とスタミナ急速回復を付ける


気力回復系のスキルカフⅡPAを使えば絶5は可能だったのかもしれませんが、
そこまでしなくても良いと判断しました。

また、本来はガンナー用防具である日光頭を使用すると、良い双剣装備を組む事ができます。
しかし、私は双剣秘伝防具を紅白共完成させておりますので、双剣はめっきり使わなくなりました。

これからも頻繁に双剣を扱っていくのなら、スキルカフⅡPAや日光頭を手に入れても
良いのですが、現状はそうではありませんので、手持ちの物だけで組みたかったのです。

それでも、覇種・天嵐防具を4部位使用しておりますから攻撃力も相当上がりますし、
スキルに関しても特に問題は無いでしょう。

また、この装備でアージェHCヘッドを使えるのは良い意味で意外でした。
私はアージェ頭をクエで使用した事がありませんので、新鮮な気持ちで扱えます。

個人的には、双剣装備において、スタミナ急速回復をお勧めしたいです。
スタミナ急速回復【大】ですとあっという間にスタミナが回復しますので、中毒性は高いですねw

そして、この装備で一番の目玉と言えば、剣術となります。
双剣と剣術の相性の良さは、多方面から頻繁に聞く事ができますね。

剣術双剣2
剣術を付けると、武器種によってはヒットストップが大きすぎて、立ち回りに悪い影響を
及ぼす事もありますが、双剣ですと全くと言って良いほど悪い影響はありません。

そもそも剣術は突き攻撃との相性が良い方ですから、双剣の3連突きとは相性がバッチリです。
ほぼ確実に2回ヒットしますから火力が上がりますし、ヒットストップも殆ど感じません。

剣術双剣3
回転斬りの場合、3連突きに比べて、ほんの少し引っかかるような感覚がありますが、
「ほんの少し」ですので、殆ど気にならないでしょう。

実際、双剣の秘伝防具よりも、剣術を付けた覇種・天嵐防具の双剣装備の方が強いそうです。
それだけ、武器との相性さえ良ければ、剣術は素晴らしい攻撃スキルであるという事になります。

F5から、タイフェン=ダオラやドドンガ・リッパーのように、匠と業物の
両方を付けなくても良い双剣が実装された事も大きいでしょう。

それにより、剣術のような他のスキルを充実させる事ができるようになったという事になります。
オディバの腕と脚の2部位だけで剣術は付きますから、是非お試しいただきたいと思います。

最近の双剣装備は剣術が流行ですが、双剣秘伝防具の出番が無くなるかと問われましたら、
必ずしもそうではないと私は思います。

火力面で言ったら、剣術を付けた覇種・天嵐防具の方が強いのかもしれませんが、
双剣秘伝には他には無い能力がありますしね。

双剣秘伝の「鬼人化中にモンスターを攻撃するとスタミナが3回復する」
という能力を体験してみれば、その素晴らしさに感動するはずです。

双剣の火力が高いのはあくまで鬼人化中での話ですが、殴り続ける事で、その鬼人化を
長く保つ事のできる双剣秘伝は、相手によっては絶大な威力を発揮する事になります。

長い間攻撃をし続けられるような相手であれば双剣秘伝の能力が活きますし、
ある程度難しい戦いになるような相手であれば、剣術覇種・天嵐防具の方が良いでしょう。

基本的には、双剣は剣術覇種・天嵐防具の方が良いとは思いますけどね。
要は、上手に使い分けていくのがベストであるという事です。

冒頭でもお伝えしたとおり、覇種パリアを狩る事で作成できる武器は優秀な物が
多いですから、どの武器を作成するか迷っている方も少なくないと思います。

その中でドドンガ・リッパーは異色の武器と言っても過言ではありませんので、
双剣を頻繁に扱うのであれば、作ってみても損はしないと思います。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

フローラさんには罪は無い、無いのですが・・・人(´▽`;)ゴメンネ

本日から2013年4月17日までの期間限定で、新しい課金コース
「MHF フォワード応援コース」が販売されます(以下:Fコース)。

そしてFコースの販売に先駆けまして、昨日一昨日と
「MHF フォワード応援コース無料開放キャンペーン」が開催されておりました。

色々と物議を醸す新コースでありましたが、多くの方がFコースの恩恵を受けていた事でしょう。
ちなみに、Fコースの効果は以下のとおりとなっております。

①元気のみなもとが常時発動
②HC素材の入手確率が2倍(剥ぎ取りもレスタの持ち帰りも)
③剥ぎ取り回数が1回増える
④モンスターへのダメージが1.25倍に

⑤獲得できる武器魂が増加
⑥獲得できるHCチケットが増加
⑦武器のレア度制限緩和
⑧ステータスのマイナス修正撤廃 ※⑤~⑧は秘伝コースと同じ

⑨レジェンドラスタがクエに同行
⑩レジェンドプーギーがクエに出現
⑪レジェンドラスタかレジェンドプーギーによる追加報酬
⑫常時激運効果
⑬獲得できるギルド貢献Pが2倍 ※⑨~⑬はアシストコースと同じ

⑭レジェンドラスタの能力アップ(攻撃力1.25倍、戦闘中離脱しない)

⑮レジェンドラスタにスキル追加発動
 ※⑮はアシスト+秘伝コースのW購入特典と同じ

Fコースで注目すべき効果は、やはり①~④になるでしょうね。
そこで、昨日一昨日と私はHC素材を目当てにHCクエへばかりに行っておりました。

「剥ぎ取り回数が1回増える+剥ぎ取りで出る確率4%+レスタが持ち帰る確率4%」
という効果は、HC素材を集める大きなチャンスであります。

まず始めに、ガンランスの秘伝防具・サファイアFXの作成に使用する
「水竜の刃ビレ」を求めて、HC上位ガノトトスを連戦しておりました。
 
水竜の刃ビレですが、私は1個しか所持していなかったのですよね~
先日配信されていた導きガノは1時間しか出来なかった事に加え、刃ビレは出ませんでしたし^^;

ちなみに、ドスファンゴやギルド優先依頼が実装される前にヘビィボウガン・ライトボウガンの
武器魂・中を集めていた方は、おそらく水竜の刃ビレをたくさん所持していたかと思います。

「成長クエの上位ガノ 高台撃ち」の戦法は、昔のボウガンの中集めで活用されていた事でしょう。
私は、その時代は別の武器の秘伝を作っておりましたので、上ガノへは殆ど行きませんでした。

Fコース1
さて、Fコースが適用されてから最初に行ったクエが上ガノという事になりますが、
その効果の大きさに、とても驚かされてしまいました。

数戦しただけで、水竜の刃ビレは3個も手に入ってしまったのです Σ(・ω・ノ)ノ
元々ガノは4回剥ぎ取る事ができましたが、Fコース中は5回も剥ぎ取れるので集まりやすいです。

更に、レスタがHC素材を持ち帰る確率も上がっておりますので、そちらの貢献度も高いですね。
ただ、剥ぎ取り回数+1の効果も相まって、基本的には剥ぎ取りの方が期待できるでしょう。

早々に水竜の刃ビレが3個手に入り、「これで在庫は4個だけど、サファイアFXを5部位作る事も
あるかもしれないから、もう1個集めておこう」と続けましたが、そこからパタッと出なくなりました。

いくら従来よりもHC素材が出やすくはなっているとはいえ、やはり出ない時は出ないですねw
それでもすぐに終わりますし、ガンランス魂・中も2枚手に入りますから、苦ではなかったです。

そして無事に水竜の刃ビレが5個集まった後は、様々なHCクエへ行っておりました。
「出ない時は出ない」というのは当然ではあるのですが、HC素材が出やすいのは実感できます。

とりあえず、「在庫が少ない・優先依頼の対象ではない・強くて普段は面倒」
という条件を満たしたモンスターを中心に狩っていたと思います。

優先依頼の対象であるのなら、これからも行く機会は多いでしょうし、募集も多いはずです。
また、弱い相手であれば、ソロで行く事もできます。

しかし、そうではないモンスターのHC素材は集めづらいですから、
Fコース中にそれらのモンスターを狩っていたのは正解だったと思っております。

そんな中、HC素材を手に入れるまでに苦労したモンスターが2体存在しております。
まず、HC上位ベルキュロスです。

HC上ベル自体は、それほど強くはないのですが、一番厄介なのは
ベルが移動を繰り返してばかりになるという所ですね ε= (・c_,・。A)アセアセ

峡谷で戦うと移動を繰り返す事は分かってはいたのですが、HC素材の「舞雷竜の雷鱗」は
1個も所持しておりませんでしたので、とりあえず1個だけでも持っておきたかったのです。

それにしても、峡谷におけるベルの移動は酷いものがありました フゥ(o´Å`)=з
ガンランスの連撃砲を一撃当てただけで移動するというのは珍しくありません。

一応、囮役+被弾役としてフォスタ2名を連れて行きましたが、それでも移動してばかりでした。
そんなわけで、Fコースにより攻撃力が上がっていても、5ラスタはかかっていましたね。

Fコース2
幸い、あまり回数を重ねずに舞雷竜の雷鱗は手に入ったのですが、
HCベルに関しては、素直に塔ベルの配信を待つべきだと思います。

丁度、本日から戦慄ベルが配信されておりますので、こちらが狙い目でしょう。
塔ですので移動されないですし、障壁珠Gという優れた装飾品の生産素材も手に入ります。

そして、Fコース中に私が一番苦労したのは、HCフルフル奇種です。
こちらは、「在庫が少ない・優先依頼ではない・強くて面倒」の3拍子揃っていましたw

ヘビィの秘伝防具を作成している間にHCフルフル奇種へは行った事がありますが、
水冷弾を撃っていればそれほど強くは感じません。

しかし、やたらと攻撃力が高いので、近接武器で行くと強く感じてしまいます。
そういうわけで、Fコース中に行っておこうと思った次第です。

大体5ラスタ(レスタ・フォスタ付きのソロプレイ)で終わるクエであったのですが、
よりによって一番面倒なこの相手の時だけ、全然HC素材が出てくれませんでした (つд⊂)

ちなみに、最初はフラウさんを連れて行っていましたが、フラウさんの攻撃が
当たっていない事が多かったので、気分転換にフローラさんを連れて行っております。

フローラさんはレスタの中ではかなり好きなので、最初は楽しく狩っていたのですが、欲しい物が
全然出なくなると、「レスタを代えれば出るのでは?」とまで思うようになってしまいました。

私の引きが悪いだけで、フローラさんは悪くないのですが、ちょっと流れを変えたかったため、
涙を飲んでリアさんに交代してもらっております (人´∀`*)ゴメンナサイネ

Fコース3
そうしましたら、リアさんと数戦しただけであっさり「深紅色の腹かみ」が出たというw
「出るときは出る。出ないときは出ない」の怖さを実感したような気がします。

この相手に予想以上に時間を費やしてしまい、これにて無料Fコースは終了となりました。
大体、数戦しただけでHC素材は出てくれておりましたから、Fコースの効果は大きかったです。

私はFコースに課金する事は無いと思いますが、まとまった時間を確保でき、HC素材を
集中的に集めたいという場合に、大いに有効となるコースであると言えるでしょう。

さて、こうして終了しました無料Fコースですが、発表されたコース内容に変更は加えられず、
本日から普通に販売されております。

Fコースが発表されてからは、多方面から物凄く多くの反応があった事でしょう。
その多くは、批判的な反応であったと思います。

私が最初にFコースの内容を見た時は、はっきり言いまして「おいおいw」と感じました。
その時の気持ちを表すと、「これは引くわ~ (ノ∀`) 」という感じでしたねw

Fコース4
①元気のみなもとが常時発動
②HC素材の入手確率が2倍(剥ぎ取りもレスタの持ち帰りも)
③剥ぎ取り回数が1回増える
④モンスターへのダメージが1.25倍に
⑭レジェンドラスタの能力アップ(攻撃力1.25倍、戦闘中離脱しない)


最初の方でもご紹介しましたが、Fコース独自の効果は上の5点となるでしょう。
そして多くの方が批判しているのは、①と④になるかと思います。

私も気になったのは①と④ですね。
課金する事で、そのまま与えるダメージが増えるというのは、違和感があります。

モンハンは、武具を作成する事で攻撃力や防御力を上げ、狩りを優位に進めていくゲームで
あるのが基本概念ですから、課金が与ダメージに直結するのは、ちょっと違いますよね。

また、常時みなもと状態であれば、避けるよりも攻撃を続けてごり押しした方が良い場合が
多いので、アクションゲームとしての楽しさは欠落する事もあるでしょう。

私もこの2日間、「攻撃は喰らってもいいや」という気持ちから、ごり押しが多かったです。
そういうプレイを続けていれば、間違いなく上達は見込めないでしょう。

正直、この2日間のプレイは楽しくはありませんでした。
敵に攻撃を喰らってもダメージは殆ど減らず、ごり押しばかりをしても面白くはありません。

このような感じで、私も①と④の効果に関しては「え?」とは思っておりますが、
実はそれほど批判的には捉えておりません。

今後、おそらくFコースへ課金しない私にとっては、どんな効果が付与されようとも、
私には関係のない話だからです。

簡単に言いますと、Fコースの内容を忌み嫌うのならば、自身で課金しなければ済む話です。
必要とあれば課金すれば良いですし、特に必要がなければいつもどおりで問題ないでしょう。

もし仮に、Fコース課金が必須となるような事になってしまうとしたら、それは大問題だとは
私も思いますが、さすがにそれは無いだろうと私は考えております。

さすがに、72時間3000円のコースが必須になるというのは考えづらいでしょう。
たまにFコースへ課金する事はあったとしても、常時課金する人は多くないはずです。

Fコースを批判する人の言い分は、ほぼ同意できます。
私のように「課金しなければ済む話」と思えるかどうかで、考えが分かれるような気はします。

MHFが「プレイヤー対プレイヤー」の対人ゲームであったとしたら、
Fコースの実装に対して「血迷ったか」と私でも思うでしょうけどねw

私は基本的に、選択肢は多い方が良いと思っておりますから、
Fコースも選択肢の一つという感じで軽い気持ちで捉えております。

先ほども似たような事を申しましたが、「普段は時間があまり取れないけれども、まとまった時間が
取れた時に一気に欲しい物を揃えたい」という方にとっては嬉しい選択肢となるでしょう。

また、この2日間、仲間と遊ぶ時以外はずっとソロでプレイしてきましたが、
普段ソロでプレイしている人にとっても悪い内容ではないと思います。

Fコースはあくまで選択肢の一つでしかありませんし、強いられているものでもありません。
まあ、こういう事に関しては、性格の差が大きく表れるでしょうねw

ネガティブに捉える人もいれば、特に気にしないと捉える人もいるという事です。
そして、どういった捉え方をしようとも、どれも間違ってはいないのだと思います。

私がFコースに感じた事をまとめますと、

※Fコースの内容を知って
①うわっ、遂にこんな効果を課金で買えるようになってしまいましたか~(少し引く)
②でも、無料期間は活用させてもらうけど、その後は課金しないだろうから自分には関係ない

※実際にFコースを体験してみて
③HC素材がたくさん出るし、狩りも相当楽になるから、作業だと割り切れば悪くない
④でも、アクションゲームとしては正直面白くなかった
⑤今後もFコースには課金しないと思うし、課金しなければ何も問題はない
⑥今までどおり、楽しく遊ばせてもらうだけ


このような流れになるでしょうか。
私は普段からネガティブには考えたくない人間なので、楽観的になる事が多いですw

結局、Fコースは何も変更無く販売されるわけですから、成り行きを見守るしかありません。
もちろん、今でも納得できない人は、粘り強く要望を送り続けた方が今後のためになると思います。

私がお願いしたい事は、Fコースありきの難易度に設定しないで欲しいという事ですね。
ただ、運営側も、Fコースが必須の流れになるのはまずいとは考えているとは思います。

とにかく、来年の4月17日にはMHFGがやってくるわけですから、
一人でも多くのプレイヤーがMHFGというステージに立っていて欲しいです。

今回のFコース実装により、運営に呆れてしまい、
MHFから気持ちが離れてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

気持ちが離れてしまったのなら無理に続ける必要は無いとは思いますが、それでもMHFに
対する愛が残っているのなら、是非一緒に楽しんでいけたらと願っております (人●´ω`●)

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

剥ぎ取るためなら、登山も行います ε=ε=┌(; ・_・)┘

先日、第56回狩人祭が幕を閉じました。
参加なさった皆様、お疲れ様でした ( ^-^)_旦""

狩人祭255
今回、私は紅組に振り分けられたのですが、勝利を収める事ができました (・∀・)
×○○×××○○×××○○○○○○×○○××○○○××○○×○×○○××○×○○××○○○○○○○(30勝19敗)

狩人祭256
そして個人入魂数は目標の5000を超えましたので、大いに満足しております。
今回はシクレ(ボーナス試練)以外での通常入魂も多く果たせていたはずです。

前回の祭は「鳥竜種の逆襲」で、鳥竜種以外のモンスターを狩っても魂が
手に入らなかったのですが、やはり従来どおりの形式の方が入魂数は稼ぎやすいですね。

ギルド優先依頼を連戦していれば、ある程度の入魂数を稼ぐ事ができるでしょう。
上位エスピナスや上位ノノの優先依頼では、短時間で9魂入るのが嬉しかったです。

さて、通常入魂もそこそこ頑張りましたが、シクレに数多く挑戦できた事が、
入魂数が5000を超えた大きな要因となります。

狩人祭257
今回の祭で一番最初に行く事が出来たシクレはドスランポス上位2頭で、
もちろんHCクエにして挑戦しております(HCクエ化が可能なクエは、全てHCクエに)。

HCドスランポスはちょこまかと動き回りますので厄介ですが、
麻痺剣や麻痺武器で拘束すると、あっという間に終わりますね。

話題にするような大したクエではありませんでしたが、
2頭が仲良く並んでいるのを見て、思わずSSを撮ってしまいましたw

狩人祭258
そしてHC下位キリンへも行く事ができましたが、HC下位キリン素材の
「キリンの最上皮」は需要の高い素材ですので、行く事ができて良かったです。

下位キリンの場合、場所が雪山でも塔でも移動に時間を費やしますから、
入魂だけを考慮すると、あまり良いシクレではないとは思います(24魂)。

それでも、私は運良くキリンの最上皮を1個剥ぎ取る事ができましたので、満足しました。
ブリッツFXを作成するのにこの素材を2個も使用しますから、集めておいた方が良いでしょう。

「あまり良いシクレではなかった」と言えば、HC上位ドスファンゴもそうでした。
すぐ終わるのは良いのですが、こちらは素材にうまみが無かったですね^^:

HC上位ドスファンゴから剥ぎ取る事のできる「大猪の猛牙」は物凄く余っていますし、
グーク鍋で煮込んでも、武器魂・中は1個にしかなりません。

狩人祭259
このシクレはすぐに終わるという点が、一番褒められるべき所でしょうか。
私はPTを組んで行く事ができましたが、ソロプレイヤーにとっては嬉しいシクレだった事でしょう。

ちなみに、HCドスファンゴが実装される以前にも、
雪山上位ドスファンゴがシクレになった時がありました。

このクエは遠くの地点からスタートした場合、到着する前に他の人が倒してしまうのですよねw
しかも、その時はドスファンゴから剥ぎ取っても殆ど意味が無かったです。

よって、遠くの地点からスタートした場合は近くの人に戦闘を任せ、
休憩するという方法を選択していた記憶がございます(もちろん互いに休みあう)。

今回はHCドスファンゴという事で、暴れられたら少し厄介なので複数人で戦いたかったですし、
私は貧乏性なものでHCクエでは絶対に剥ぎ取りたいため、毎回登山をしておりました。

狩人祭260
そして今回の祭のシクレの中で一番良かったのは、ノノ・オルガロンでしょう。
HCノノはすぐ終わりますので武器魂集めに適していますし、33魂入るのは良かったです。

更に、日曜日の夜にもノノシクレが配信されましたが、その日は丁度ノノが優先依頼の対象だった
ため、武器魂もたくさん集まり、たくさん入魂もできたという事で、一石二鳥のシクレでありました。

今回は下位キリン・ティガレックス変種・上位ノノの3つのシクレが優先依頼と重なりましたが、
これは運営が空気を読んでシクレを選抜したのでしょうね。

また、覇種武具の作成でお金が足りなくなった方も多いと思いますが、
金策として重宝する逆襲グラビモスをシクレにした事も評価して良さそうです。

ちなみに、稼いだお金はミズキさんを介してポルタチケットと交換する事ができますが、
アイテムを交換する際のミズキさんの反応速度の遅さは若干気になります。

数回交換する程度でしたらさほど気にはならないのでしょうけど、何回も何回も連続して交換する
際には、反応速度の遅さが積み重なって、イライラする人がいらっしゃるかもしれません。

さて、今回の祭の閉幕をもって、2012年度の狩人祭は終了する事になります。
次回の開催は2013年1月23日からですので、結構間が空きますね。

来年度も継続して狩人祭は開催されると思いますので、今現在抱えている問題をできるだけ
改善し、なおかつ新しいアイディアを盛り込んだ楽しい祭が開催される事を期待しております。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

黒真珠でミズキさんのハートをゲットしよう チュッ (*  ̄)( ̄▽ ̄*)ゞ

ただ今、シリーズクエストのベテランシリーズの新作として
「続!甲殻ダッシュ!!」が配信されております。

シリーズクエスト51
これは以前配信されていた「甲殻ダッシュ!!」の続編という事になるのでしょうか。
※過去に配信された「甲殻ダッシュ!!」については1月6日の記事を参照

「続!甲殻ダッシュ!!」をクリアするための手順は以下のとおりとなっております。

①ダイミョウザザミ1匹の狩猟(甲殻のコイン×3)
②タイクンザムザ1匹の狩猟(コナマキダケ×20)
③迎撃拠点で上位シェンガオレンの討伐(大タル爆弾G×10)
④ガノトトス3頭の狩猟(エビの大殻×5)
⑤灰晶蠍の血晶石1個の納品(光沢のある白甲殻×10)
 ※カッコ内は報酬

今回のイベントはそれほど面倒ではありませんでしたので、良かったです。
そしてもちろん、ミズキさんから色々なお話を聞く事ができました (・_・D フムフム

ミズキ19
ミズキさんは甲殻類があまりお好きではないそうです。
まあ、甲殻類が好きという女性は、あまりいないような気はしますけどねw

「足がいっぱいあって不気味」いう所もミズキさんが甲殻類を好きになれない
理由らしいですが、それだったらクモやムカデなんかも苦手なのかもしれません。

何となくですが、ミズキさんはクモを見て「キャーキャー (≧△≦) 」と騒ぎそうな気がします。
その方が女の子らしいと言えば、そうなのかもしれませんけどね。

ミズキ20
そして、今回のイベントにてミズキさんは女性だという事をアピールをしておりました。
宝石やアクセサリーの類の物を欲しがるのは女性らしいですね。

この会話から、ミズキさんは黒真珠のアクセサリーを欲しがっている事が判明しました。
これはミズキさんファンの人にとっては重要な情報となりえるでしょう。

クリスマスに黒真珠のアクセサリーをプレゼントしてあげれば、
きっとミズキさんとの距離はグッと縮まるに違いありません。

え?ミズキさんには彼氏がいるかもですって?
そこは何とかして下さいw ( ̄ー ̄)ニヤリ

ミズキ21
そして、ミズキさんはコナマキダケが大好物である事も判明しました。
下手に高価なアクセサリーを送るよりも、コナマキダケ鍋にでも誘った方が良かったりしてw

この会話から判断するに、ミズキさんはお料理をきちんとするようです。
お料理の出来る女性(男性にも言える事ですが)はポイントが高いので、これは好印象です。

今回のイベントを進めると、ミズキさんの事を色々と知る事ができますので、
ミズキさんファンの方には大いにお勧めしたいイベントであります。

さて、このイベントで手に入る「光沢のある白甲殻」を使って、弓を作成する事ができます。
「甲殻ダッシュ!!」の時はヴァシム弓でしたが、今回はジェビア弓が作成できます。

アクラジェビア弓1
早速「ジェビアボウ」を生産してみましたが、
ヴァシムボウと同様に見た目はかなり良いと思います。

最終的には親方印とHC武器の2つに派生しますので、
どちらも作成するのであれば、このイベントは2週する必要があります。

ジェビアブラスター「攻撃力336・レア9・スロット2・溜め3で貫通LV4・親方印」
ジェビアバスター「攻撃力324・レア5・スロット1・溜め3で貫通LV4・HC武器」


これらの弓に出番が回ってくる事は無いと思いますので、一切強化はしていないのですが、
見た目は良いので、コレクション好きな方は是非手に入れてみて下さい。

ちなみに、今回のイベントの最後で灰晶蠍の血晶石を1個納品しなければなりませんが、
これを持っていない方は、アクラ・ジェビアを狩る必要があります。

しかもただ討伐するのではなく、尻尾を斬り、なおかつ切断面の結晶を
壊さないと灰晶蠍の血晶石が手に入りませんから、結構手間はかかりますね^^;

今となってはHCクエに出来ないモンスターを狩る機会は殆どないですから、
ジェビアの全破壊を果たす機会も、殆どないでしょう。

ヴァシムやジェビアの部位破壊は(特にジェビア)、MHFが誇る
ギミック系の部位破壊と言っても過言ではないと思っております。

その存在が埋もれてしまうのは勿体無いような気はしてしまいました。
ただ、それも時代の流れで仕方がないのでしょう。

ヴァシムもジェビアもHCモンスターになってくれれば、皆が狩る様になってくれるとは
思いますが、それでもHC素材の関係で、全破壊は果たされないでしょうね。

もし仮にヴァシムやジェビアがHCモンスターとなり、全破壊しなければ
手に入らないHC素材が実装されたとしたら、相当面倒な事になります。

HCクエとは関係ない通常のクエであれば、打撃・切断と最適な構成を組むのは容易ですが、
HCクエとなると理想的な構成になる可能性は低くなるでしょう。

Aさん「HCジェビア全破壊 主太刀 @3」
Bさん「双剣ですがよろしくお願いします^^」
Cさん「弓で参加させていただきます」
Dさん「ライトボウガンでも大丈夫ですか?」


武器指定をかけないと、こうなってしまったりしてw
結局、HCアクラ系で全破壊限定の素材を実装してしまう事はないと予想しております。

最後になりますが、このイベントでジェビアと戦う際、
剣術+2を付けて狩猟笛で挑んでみました。

アクラジェビア9
剣術+2と狩猟笛との相性ですが、はっきり言ってしまうと最悪です Σ(・ω・ノ)ノ
剣術+2と一番相性が悪い武器は太刀だと思っておりましたが、笛も同格でした。

とにかくヒット間隔が広すぎて、非常に違和感を覚えます。
分かりやすく例えますが、物凄く大きなヒットストップが発生するとお考え下さい。

「ガッ、ガッ」と引っかかるような感覚があり、これはこれで面白いのですが、
攻撃として有効かと問われたら、疑問符が発生します。

奇妙な感覚を体験できるので面白いのは事実ですから、一度ご自身でお確かめ下さい。
剣術に関しては人それぞれで感想が異なりますので、もしかしたら気に入るかもしれないですし。

ちなみに剣術のおかげで、ぶん回しの1ヒット目が頭に、2ヒット目が爪に当たった事がありました。
タイミングが合えば、2個同時破壊も果たせたりして?(破壊の演出上、無理だとは思います)

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

果てる直前、いつもの痛がるドンちゃんに!? (≧ヘ≦ ) イタイッ

配信初日は成功率が低かった覇種パリアですが、二日間が経過して
皆さんも徐々に慣れてきているでしょうから、成功率は相当上がっている事と思います。

おかげさまで呑竜の爛石が結構集まり、新しい覇種武器を作成できるようになりましたが、
今回の覇種武器は作りたい物ばかりですので、どれから作成するか非常に迷います (。-`ω-)

色々と考えた結果、呑竜の爛石で作成できる覇種武器第一号は、ハンマーにする事に決めました。
そのハンマーとはパリアプリアのハンマー「ドドンガ・ハヴォック」です (* '-')ノ

パリアプリアハンマー5
ドドンガ・ハヴォックは「攻撃1404・水600・毒400・スロット2・リーチ長」
という性能で、覇種武器の名に恥じない素晴らしい性能であると言えます。

ドドンガ・ハヴォックの素晴らしい点の1つとして、斬れ味ゲージの良さが挙げられます。
匠を付けなくても長い白ゲージがありますので、秘伝防具でも問題なく扱えるでしょう。

また、匠を付ける事で長い紫ゲージが発生し、そこから空色ゲージにも変化しますから、
秘伝防具だけではなく、覇種・天嵐防具での運用もできます。

そして、リーチ長であるというのも大きな特徴と言えます。
サイズが大きめの相手と戦う時、リーチ長ですと攻撃が当てやすい事が多いので有効です。

武器スロットが2個ある所も、何気に嬉しいですね。
一応、単純に火力だけで判断してしまうと、これより強いハンマーは存在しております。

しかし、ドドンガ・ハヴォックにはリーチ長という他には代えられない特徴を持っておりますから、
そこに魅力を感じるのであれば、作成しておいた方が良い逸品と言って間違いないと思います。

パリアプリアハンマー6
私がハンマーを扱う際、覇種・天嵐防具とエメラルドFXを使い分けていきますが、
ドドンガ・ハヴォックは匠を付けられないエメラルドで扱えるので本当に助かります。

11月26日の記事でご紹介させていただいた真舞雷極鎚【金鵄】に
引き続き、エメラルドで扱えるハンマーが増えてくれたのは嬉しかったです (゚∀゚)

パリアプリアハンマー7
先ほど、リーチ長のメリットについて少し触れましたが、リーチ長は
サイズが大きい相手以外にも非常に有効になる事があります。

その一例として、乱打が挙げられます。
乱打の攻撃距離は案外短く、リーチ中のハンマーですと当たらない場合があります。

しかしリーチ長ですと乱打を当てやすいので、麻痺剣乱打などが有効になるでしょう。
また、ドドンガ・ハヴォックでしたら、麻痺剣を使っていても斬れ味が落ちづらいです。

さて、作成したい武器はまだまだ存在しておりますので、引き続き覇種パリアを
狩っているのですが、昨日からハンマーで挑む事が多くなっております。

覇種パリア14
今までは太刀・ガンランス・ヘビィボウガンで挑んでおりましたが、
覇種パリアに対してはハンマーで戦う時が一番楽しいです (*⌒▽⌒*)

覇種パリアはスタンしますので、その間に総攻撃をかけられるのは大きいと思います。
また、スタンプやジャンプスタンプが非常に有効なので、エメラルドとの相性は良い方です。

エメラルドですと集中+2が付きますので溜め攻撃が行いやすいですし、ハンマー秘伝の
瞬撃効果も相まって、スタンプとジャンプスタンプの威力は絶大となります。

※瞬撃:溜め攻撃を溜まった瞬間に発動すると攻撃力が1.3倍に上がる

もちろん、いたわり+2は付けていきますけどね。
この場合は味方に怯まされないようにするためというよりも、味方を吹き飛ばさないためです。

私はエメラルドFXの強化を済ませていないのですが、ドドンガ・ハヴォックには
武器スロットが2個ありますので、そちらに頼っていたわりを付けております。

パリアプリアハンマー8
自由区にてハンマーで参加させていただきましたが、
ハンマーが2人いればスタンは2回取る事が可能でした。

そういえば、ドドンガ・ハヴォックは覇種武器という事で、蒼いオーラを発しております。
ドドンガ・ハヴォックは水武器なので、蒼いオーラの方が合っているような気はしましたね^^

そして昨日から、求人区において「鈍器獣3・笛1」の募集が一気に増えました。
初日は「大銃仙3・笛1」募集が多かったのですが、今では鈍器獣募集の方が多いと思います。

私はその募集には興味があったものの、慣れていないので参加を見送っていたのですが、普通の
「秘伝・覇種防具」募集に参加させて頂きました所、運良く「ハンマー3笛1」になっております。

覇種パリア15
この戦法の面白い所は、3人でジャンプスタンプを積極的に狙っていく所ですねw
上のSSのように、3人が一緒になって舞い上がっているシーンを見ると非常に面白いです。

覇種パリアは頭判定がかなり広いので、ジャンプスタンプで攻撃すると、
大抵スタンエフェクトが発生してくれます。

7月10日の記事でも書かせていただきましたが、実はパリアに対しては
ジャンプスタンプが決まりやすいので、理にかなった戦法と言えるでしょう。

ハンマー3の構成であれば、スタンは3回取る事ができます。
スタン時ですが、私の場合は「縦3を1セット→起き上がりにジャンプスタンプ」という感じです。

覇種パリア16
こちらはジャンプスタンプの振り上げ(1ヒット目)が止めになったシーンですが、
死ぬ直前になって、「痛い!」というドンちゃんらしい表情を見せてくれましたw

この戦法は非常に楽しいですし、有効でもありますので、是非お試しになってみて下さい。
私はまだまだ被弾が多いのですが、少しずつ上達していけたらと思っております。

最後に、昨日も触れました「脱臭」の有無に関してですが、
やはり私は脱臭はそれほど重要なスキルではないと感じました。

臭い状態になる攻撃を受けた場合、ありがたい事に大抵武器が収納されるのですよね。
つまり、すぐに消臭玉を使用する事ができます。

「消臭玉→回復」という流れで、回復までに1秒程度費やしますから、それが死活問題と
お考えの人は脱臭は付けるべきでしょうが、個人的にはそうは感じませんでした。

そもそも、太刀・ハンマー・ヘビィを扱っていて、臭い状態にはあまりなりません(初日を除く)。
近接は回避性能を、ヘビィだったら脱臭よりも装填数UP等をつけた方が良いと私は思います。

※ヘビィ秘伝で脱臭を付けている人は、スキル数の問題で大抵
装填数UPか見切りが欠けているので

私の場合、回避性能が付いていないと、更に被弾回数が増えてしまうと思うのですよね^^;
回避を付けながらも多く被弾(臭い状態になる攻撃以外)するのは情けない話なのですが。

ただ、ガンランスを使用した時はついついガードしてしまい(頭上から降ってくる礫など)、
臭い状態になってばかりだった事から、ガード可武器は脱臭はあった方が良さそうです。

また、回復役を担う狩猟笛の場合、「消臭玉→回復」のタイムロスにより味方を助けられない
可能性がありますし、他の武器よりもスキル数の問題が少ないため、脱臭は付けても良いでしょう。

結局昨日と同じ結論になりますが、ガード可武器以外では、脱臭は重要ではないと思います。
ここははっきりと意見が分かれる所でありますので、あくまで個人的な意見だと捉えて下さい。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

あの頃の姿に戻って!! (´;ω;`)

昨日、第3の覇種モンスターとして、遂に覇種パリアプリアがベールを脱ぎました。
F5プレビューサイトで紹介された時点で、その変貌振りが注目を集めていましたね。

今回は純粋に覇種パリアというモンスターと戦えるのと楽しみにしていたというのも
ありますし、欲しい武具も多かったので、張り切って挑戦してみました。

戦闘の地は潮島で、タイクンザムザと同じエリアに覇種パリアは存在しております。
ワクワクしながらエリアインしてみたのですが、最初の時点で驚かされてしまいました (゜ロ゜)

覇種パリア1
通常のパリアは大きいお肉を食べておりますが、覇種パリアはドスファンゴ
(ただの大きいファンゴかも)の死骸を貪っているのです (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

覇種パリア8
これらの死骸はクエ終了後にも残ったままなのですが、
合わせて6匹のドスファンゴとファンゴの死骸が確認できました。

覇種パリアですが、誤って穴に落ちてしまい、抜け出す事が出来ずに腹を減らし、
遂にはファンゴ達をも食べてしまったという設定なのかもしれません。

余談ですが、ボウガンで行った場合、このファンゴの死骸が結構邪魔ですw
弾を撃とうとして照準を合わせる時に、この死骸が視線を遮る事がありました。

さて、私は最初のうちは太刀で挑んでみたのですが、覇種パリアはとにかく強かったですね~
最初に覇種黒レイアと戦った時の事を思い出してしまうくらいの強さでありました。

覇種パリア2
薙ぎ払いブレスなど、技のレパートリーは相当多いですが、慣れてくると
どの技を仕掛けてくるかが徐々に分かってくると思います。

覇種パリア3
立ち上がって吸い込んでくる技にも驚かされました。
ハンター達を吸い込んだ後、天高くジャンプし、ゲロ(?)玉ブレスを降下してきます。

覇種パリア7
吸い込みを行ってくると、大抵覇種パリアの懐に吸い寄せられる事になるのですが、
たまたま離れていた時は、吸い寄せられずに済みました。

遠くからのSSを撮るチャンスでしたので撮ってみましたが、かなりの跳躍力を見せております。
このゲロ玉ブレスを吐いた後は攻撃チャンスですので、極力当たらないようにしましょう。

覇種パリア5
紫・青・黄・赤のバリア(?)を纏ってくる所も驚きました。
しかも、この状態で攻撃を受けると、色に応じた状態異常にさせられるので注意が必要です。

覇種パリア4
紫は毒・青は睡眠・黄は麻痺で、睡眠や麻痺状態に陥ってしまうと、相当焦りますね^^;
オディバ胴と腰で発動させる事ができる「状態異常無効」があると安心でしょう。

覇種パリア6
赤の場合、攻撃力が相当上がっていると思います。
瀕死になると赤状態になるような気がしますので、体力回復は怠らないようにしましょう。

私が最初にお世話になったPTは「ガンランス2・弓1・太刀1(私)」という
構成だったのですが、5回目の挑戦で無事に討伐を果たす事ができました ヾ(*´∀`*)ノ

失敗を繰り返しながらも、少しずつ戦い方を学んでいき、そして力を合わせて
クエを成功させる事ができると達成感がありますね ヾ( ̄∇ ̄=ノ

覇種パリア9
このクエで入手できる「呑竜の爛石」が最大の目的ですが、
要求数が物凄く多いため、毎回大激運のお守りを持ち込んでおりました。

1枠2個の部分に大激運の効果が乗り、4個になると凄く得をした気分になりますw
大激運を持ち込みながらも、3個しか出なかった時は「ショボーン」となりますね (´・ω・`)

覇種パリア13
自由区では「元気のみなもと」募集が多かったのですが、私はあえて
みなもとを飲まずに挑戦し続けており、その結果、新しい称号を2つ手に入れております。

覇種オディバと覇種黒レイアの時も似たような称号がありましたから、
今後実装される覇種でも同様の称号が与えられるものと予想されます。

覇種パリア10
その後、身内で覇種パリアへ挑戦してみましたが、別の武器でも
戦ってみたいと言う事でガンランスを使用してみる事にしました。

この時は、ちゃっかりとみなもとを飲みましたけどねw
ちなみに、ガードできる武器種ですと、比較的安全に戦えていたような気がします。

そして求人区を覗いてみましたが、早速「(大)銃仙3笛1」募集ばかりになっておりましたw
バリア時は弾が効きづらいというような噂もありますが、結局ヘビィの強さは健在のようです。

覇種パリア11
どれくらい早いのか興味がありましたので、2部屋ほどお邪魔させていただきましたが、
普通の混成PTよりも断然早く討伐できたのは事実です。

私は攻撃を受けまくってしまっていましたが、きちんと対処法を覚え、
各自被弾を少なくしていけば、更に早くなるだろうなとは感じました。

初日の段階で7~8ラスタで討伐できておりましたので、
これからもっとタイムは短縮される事でしょう。

覇種パリア12
そんなこんなで討伐されてしまった覇種パリアですが、
死してようやく和らいだ表情を見せてくれました。

ちなみに、一度「呑竜の凄ヒレ」を剥ぎ取る事ができましたので、
その辺はHC剛パリアと同じだと思われます。

さて、初日という事でまだまだ不明な点が多い覇種パリアですが、
何となく戦い方や必要なスキルが分かってきたような気がします。

慣れない内は、とりあえず根性は付けていった方が良いと私は思います。
根性を過信すると痛い目にはあいますが、それでも安心感は相当増すでしょう。

そして、早食いはぜひとも欲しいスキルであります。
自分の体力回復に役立つだけではなく、生命の粉塵で味方を助ける時にも重宝します。

ここからは意見が分かれる所だと思いますが、脱臭は
必ずしも欲しいスキルだとは私は感じませんでした(太刀やヘビィを使っていて)。

もちろん、脱臭は付けられるのなら付けておいた方が良いとは思いますが、
臭い状態になっても消臭玉をすぐに使えば、それほど問題は無いと思います。

個人的には、脱臭よりも回避性能を付けた方が安定するような気がします。
ただ、「根性と脱臭」を必須とする募集が多いため、とりあえず付けていく感じでしょうか。

そういえば、太刀のようにガードできない武器種の場合は必然的に回避へ繋げる事になりますが、
ガードできる武器種ですと、ガード時に臭い状態になる事は多いはずです。

そのため、ガード不可武器の場合は脱臭はそれほど必要なく、
ガード可武器の場合は脱臭を付けていった方が良いという感じになるかと思います。

また、多々ある落石を喰らうと気絶効果に陥りますので、気絶無効は有効です。
落石は回避が難しくないので、気絶無効に関しても意見が分かれるとは思いますけどね。

慣れない内はどうしても被弾が多くなりますので、保護スキルを付けていくのは非常に大切では
ありますが、各自必須だと思うスキルが異なりますので、自分なりに判断するのが良いでしょう。

気休めではありますが、ホルクに「狩人を気遣う【消臭】」や
「サポート重視」の学びの書を付けてあげるのも良さそうです。

覇種パリアは昨日配信されたばかりですから、討伐数はまだまだ少ないものの、
私は覇種パリアを大いに楽しめていたと思います。

「体力が多いかな~」という気も若干しましたが、初日で慣れておらず、
苦戦を強いられていたからそう感じてしまっただけのような気もしますしね。

また、戦闘エリアが狭く、壁際の攻防が非常に怖いとも感じましたが、
逆に場所が狭い分、追いかけっこにならないというメリットはあるでしょう。

そして、覇種パリアの出来自体も良いと私は感じました。
見た目や行動に驚かされ、なおかつスリリングな戦いを楽しめておりました。

覇種オディバは大した事がなかったのですが、覇種黒レイアと覇種パリアは非常に
面白い存在でしたので、気が早いですが第4の覇種にも期待してしまいそうです。

とにかく、呑竜の爛石はまだまだたくさん集めねばなりませんので、
しばらくの間は覇種パリアを中心に狩っていく事でしょう。

とりあえず、新しい覇種武器を1個作成できる分の爛石は集まりましたが、
どの武器を作成するか非常に迷うところであります キョロ(((゚ー゚*)(*゚ー゚)))キョロ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

お馬さん、その場を動かないで下さい ((((((~  ̄ー ̄)~ コソコソ

前回の記事にて、ガンランスを用いてオディバトラスの討伐に勤しんでいるという事を書かせて
いただきましたが、それはオディバのガンランスを作成したかったからであります。

オディバ武器はどれも優秀なのは嬉しいのですが、「撃退の証×5・討伐の証×40・崩鱗×50」と、
とにかくオディバをたくさん狩らないといけないのが辛いですね (; ̄ー ̄A アセアセ

崩鱗は一度のクエで複数個出てくれますから、まだマシなのですが、討伐の証を集めるためには
オディバ討伐を40戦も繰り返す事を覚悟しなければならない所が辛いです。

今ですと狩人祭の最中で、オディバ討伐で15魂入るのが救いでしょう。
また、オディバ討伐でガンランス魂・天が手に入ると思えば悪くないのかもしれません。

こうして、必要な分の素材が全て揃いましたので、早速欲しい武器を作成してみる事にしました。
オディバトラスのガンランス、弩岩獄銃槍【突放撃】です (=゚ω゚)ノ

オディバトラスガンランス1

弩岩獄銃槍【突放撃】は「攻撃667・会心15%・スロット3・通常型砲撃LV6」
という性能で、他のオディバ武器と同様に無属性となりますが、相当強いガンスであります。

F5からはSRの値によって攻撃力が上がるようになりましたし、覇種・天嵐防具の効果で武器倍率
も加算されるようになりましたから、それに伴ってガンスの突きの威力も上がった事でしょう。

そして弩岩獄銃槍【突放撃】(以下:突放撃)は攻撃力が高い事から、
突き攻撃を中心に行っていくのなら絶大な威力を発揮する武器と言えそうです。

ただ、突放撃には残念な点はありますね。
個人的には、突放撃の斬れ味ゲージには物足りなさを感じております。

匠無しの場合は青ゲージまでしかなく、匠を付けると紫ゲージが発生する所までは
良いのですが、その紫ゲージが少々短いように感じてしまいました。

SSで見てみると「いや、これだけあれば十分では?」と感じてしまうのですが、
いざ使用してみると、意外とすぐに青ゲージになってしまう印象があります。

突放撃は攻撃力が高いので、基本的には突きを中心にして攻撃するのですが、戦闘に貢献しようと
麻痺剣を付ける事が多いため、その影響で斬れ味ゲージがすぐに落ちてしまいます。

また、突放撃の斬れ味に物足りなさを感じてしまう要因として、
ついつい他のオディバ武器と比べてしまうというのがありますね。

他のオディバ武器の場合、どれも斬れ味ゲージは素晴らしいです。
匠無しでも白・紫がありますし、匠を付ける事で更に斬れ味ゲージが優秀になります。

しかしガンスの突放撃だけは、他のオディバ武器と比べて
何故か斬れ味ゲージがイマイチなのですよね~ (o´Å`)

突放撃だけを見れば悪くないように思える斬れ味ゲージも、他のオディバ武器と
比べてしまうと、どうしても物足りなさを感じてしまいます。

個人的には、突放撃のスロットは3ではなくて2にしてくれて構わないので、
もう少し斬れ味ゲージを良くして欲しかった所であります。

逆に、「いやいや、今の斬れ味ゲージで良いので、スロット3の方が良い」と
お考えの方もいらっしゃるでしょうから、捉え方は人それぞれという事になるでしょう。

私のように斬れ味ゲージが気になるようでしたら、業物+1を付けておけば麻痺剣晶や
砲撃による斬れ味消費も抑えられますので、そういった対処法も有効です。

覇種・天嵐防具を使用していれば、業物+1から業物+2になりますので、
突きと通常砲撃による斬れ味消費がゼロになる事もありますから、更に改善されるでしょう。

とにかく、突放撃は作っておいて損はしない武器ではあります。
これからのガンス秘伝作成において、大いに活躍してくれるはずです。

オディバトラスガンランス2

突放撃の見た目は他のオディバ武器と同様に、ごつい感じがしますねw
盾はオディバの顔を表しているようで、中々面白いと思います。

さて、突放撃を作成したわけですが、砲撃LV6のガンスを手に入れたのは今回が初となります。
今まで砲撃LV6のガンスというと、進化武器か剛猫武器の大当たりしかありませんでした。

せっかく砲撃LV6という目新しい物が手に入ったのですから、使いたくなりますよねw
そこで、11月30日の夜に配信された下位キリン(HC)シクレで、積極的に砲撃をしてみました。

オディバトラスガンランス3

突放撃は砲撃LV6とはいえ、通常型ですから威力はそれほど高くはないのですが、
砲術神での竜撃砲が当たった時は、相当効いていたような印象があります。

しかしHCキリンは素早いので、砲撃するタイミングを誤り、
何度も外してしまっていましたけどね (ノ∀`)アチャー

この時は仲間内で狩っていたというのもありますし、キリンの肉質を考慮して
突きよりも砲撃の方が良いと判断したため、砲撃を積極的に行っておりました。

しかし、突放撃を用いるのなら、基本的に突きを有効に活用していくべきでしょう。
突きばかりだとガンスらしくないので、砲撃も織り交ぜたほうが楽しいとは思いますけどね。

また、ガンスの突き攻撃の威力は他の武器と比べると劣る事が多いので、
ガンスを使用している時は、その辺がもどかしいと感じてしまう事はあります (´・д・`)

突放撃は通常型の砲撃という事で、属性剣のスキルを発動させて連撃砲を行うという戦法も悪く
なさそうな気もしますが、属性剣晶は30個までしか持ち込めませんから、一般的ではなさそうです。

よほど短期決戦で終わる、もしくは身内で楽しく遊ぶ分には、面白そうではありますけどね。
連撃砲につきましては、また別の機会に書かせていただくつもりです。

今ではガンスの秘伝防具を作り終えてしまった人も相当多いと思いますので、
ガンス秘伝に関しては、私は後発組になってしまうと思います。

よって、取り上げる話題も今更なものが多いとは思いますが、
温かい目で見ていただけると幸いです (o・ω-人)

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

遂に、あの武器を本格的に使う時が! (゚ー゚☆キラーン

前回の記事でお知らせしたとおり、私はヘビィボウガンの
秘伝防具を、紅白どちらも完成させる事ができました。

そして太刀の秘伝防具も、紅白どちらも完成させるべく太刀・魂を集めており、
太刀魂は序・中・極を全て集めきるまで進めております。

太刀の紅白秘伝の完成まで、残すは太刀魂・天のみという状態になったわけですが、
ここで1つ決断しなければならない事が発生いたしました。

今までであれば、序・中・極のクエはヘビィか太刀で行っていたのですが、
今となってはそれを集める意味が殆ど無くなってしまいました。

つまり、序・中・極のクエへは、ヘビィと太刀以外の武器で行かなければならなくなったのです。
ヘビィと太刀で行ってはいけないという事は無いですが、必要の無い紙を集めるのは避けたいです。

仲間と遊んでいる時などで序・中・極のクエに行く事もあるわけですから、
その時にどの武器を使うのかを決めねばなりません。

そういうわけで、新たな秘伝防具を作る事に致しました。
それに伴い、どの秘伝防具を作るのかの決断を迫られたというわけです。

さて、どの秘伝防具を作成するか決めねばなりませんが、ちなみに私は8月の中旬ごろに
ランスの秘伝防具作成を始め、F5前にランスの秘伝防具作成を止めております。

ランス秘伝作成はそれほど進んでいたわけではありませんが、それでもある程度はランス魂が
集まっていましたので、今回ランス秘伝作成を再開するという選択肢もございました。

しかし、覇種防具が登場し、いたわり+2も実装された今となっては、
正直ランス秘伝防具には大きな魅力を感じません。

覇種・天嵐防具を4~5箇所使用し、剣術と匠を付けて火力を上げ、
更にいたわりを付けた装備の方が、私にとっては魅力的に感じてしまうのです。

そもそも私がランスの秘伝防具作成を始めたのは、
ランスの秘伝防具が欲しかったからではありません。

ただ、ランスを使いたかっただけなのです(※8月18日の記事を参照)。
もちろん、ランスの秘伝防具は、あれはあれで良い面もあると思います。

しかし個人的な捉え方として、ランス秘伝防具よりも覇種・天嵐防具の方が良いと
思っておりますから、今回はランスの秘伝防具作成を見送りました。

補足致しますが、ランス秘伝防具が大きく劣っていると言っているわけではございません。
ガードでダメージ無効や4連ステップは、扱ってみれば便利なのは予想できます。

また、剛種・覇種クエ以外では覇種・天嵐防具の火力も落ちますしね。
それに、今まで集めたランス魂を無駄にしないためにも、いつかは作成したいと思っております。

ただ、ランスに関しては、今の所は覇種・天嵐防具を使用した装備で十分だと判断し、
今回は他の秘伝防具を作る事にしました。

このような感じで、どの秘伝防具を作成するか非常に悩んだのですが、決断いたしました。
今回、私が新しく作成する秘伝防具の武器種は、ガンランスとなります (ノ*゚ー゚)ノ

振り返れば、HCクエが導入されてからは、ガンスを殆ど使用していなかったです。
その証拠に、私が所持していたガンス魂は序が5枚だけでした Σ(・ω・ノ)ノ

ガンスの嵐ノ型の解放のため、HC下位ドスランポスを5匹狩った時に集まった魂ですね。
HCクエ以外では少し扱っておりましたが、それでも他の武器よりは使用頻度は低かったです。

そういうわけで、久しぶりにガンスを扱ってみたくなったという事と、ガンスの秘伝防具は
相当強いという事が決め手となり、この度ガンスの秘伝防具を作成する事に致しました。

そうなると、ガンス用の装備をきちんと組まねばなりません。
この装備作りも、楽しみの1つでありますね (・∀・)

色々と探してはみたのですが、とりあえずガンスらしい戦い方ができる装備として、
暫定的にではありますが以下の装備を組んでみました。

ガンランス覇種防具1
武器スロットなし
武者F【兜】         (天)  Lv7  133  ●●● 匠珠, 剛力珠
シャドウFスーツ※    (キ)   Lv7  123  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ファランHCアーム・※  (パ)  Lv7  142  ●●● 剛力珠, 障壁珠G, 障壁珠G
ウィンドFXアンダ     (覇)  Lv7  160  ●●● 大砲珠, 慰労珠G, 音無珠G
オディバFXグリーヴ   (覇)   Lv7  149  ●●● 慰労珠G, 慰労珠G, 慰労珠G
服Pスロット2                    ★★  砲術師カフPA1

防御値:707 スロット:■0□0●15○0 火:4 水:11 雷:1 氷:13 龍:-1

いたわり+2,攻撃力UP【大】,砲術王,高級耳栓,風圧【大】無効
見切り+2,幸運,斬れ味レベル+1,ガード性能+1,業物+1


こちらは覇種・天嵐防具を扱い、スキルがワンランクアップする事を見越して組んでおります。
覇種2部位と天嵐1部位ですので、体力は約28%以上を維持していれば大丈夫です。

見切り2になっているのは印象が良くないですが、砲術王にするために仕方がありませんでした::
この装備では砲撃も扱っていきたいので、砲術王(砲術神になる)は欲しかったのです。

いたわり+2も付いておりますので、他人に怯まされる事もないですし、また
他人を気にせずにガンガン砲撃できるのは嬉しいです (*・)「」「」「」―――――――●ドカーン!

しかし、F5になって強力な武器が登場し、SRや覇種・天嵐防具で攻撃力が
上がる今となっては、砲撃に拘るのは良くないような気もします。

砲術神に拘るよりも、麻痺剣を付けた方が貢献できる場面も多そうですしね。
とりあえず上の装備は、砲撃も積極的に行うという時に使用するものだと思って下さい。

そして、防具だけではなく、武器も強い物が欲しいですよね。
そこで、私はオルガロンのガンランス「天狼極銃槍【七星】」を作成してみました。

オルガロンガンス6
天狼極銃槍【七星】は「攻撃598・氷490・会心20%・スロット1
・拡散型砲撃レベル5」という性能で、天嵐武器となります。

同じ天嵐武器ガンスとしてドドンガ・ズドドンもあり、どちらにするか迷ったのですが、
単純に比べると天狼極銃槍【七星】の方が強いので、こちらに致しました。

余談ですが、天狼極銃槍【七星】の作成に使用した響狼の破牙と響狼の輝白毛の
在庫を見ていただくとお分かりのとおり、かなり偏っていますね。

天狼極銃槍【七星】を作成する前は「破牙×4・輝白毛×13」と、在庫数が相当違います。
ヘビィ天を集めるために相当HC剛ガロンへ行っていたのですが、破牙が全然出なかったのです。

私の記憶に間違いが無ければ、ヘビィ天を集め始めてから手に入れた剛ガロン素材は、
「破牙×1・輝白毛×11」だったと思います。

偏りって、怖いですね~ (゚Д゚)
こうした素材の偏りは、モンハンあるあるの1つと言えるでしょう。

オルガロンガンス7
更に、天狼極銃槍【七星】は覇種ドラが実装されると、
覇種武器の天狼極銃槍【白夜】へと強化する事ができます。

オルガロンガンス8
こうして天狼極銃槍【七星】を作成する事ができたわけですが、
私にとって初めての天嵐ガンスとなります。

HCクエが本格化される前は、剛種ガンランスを殆ど所持していたのですが、
ガンランスを作成したのは久しぶりとなりますので、懐かしい気持ちになってしまいました。

オルガロンガンス9
そして天狼極銃槍【七星】を担ぎ、自由区にてオディバトラスの討伐を勤しんでおります。
その理由につきましては、後日書かせていただきます(バレバレでしょうけどねw)。

オディバトラス10
そういえば先日、グラフィックボードを新調した事について書かせていただいた時にも
出てきた話題ですが、オディバの首の下が白い線で縁取られているのですよね~(赤丸の部分)

この症状を他から聞いた事がありませんから、通常であればこの白い線は無いのでしょう。
グラフィックボードを取り替えた影響のような気がしておりますが、現状は気にしておりません。

本格的にガンスを使うのは久しぶりとなりますので、操作は若干戸惑う場面もありました。
それでも、色々な武器を扱うのはとても楽しいので、私にとっては嬉しかったです。

ただ、ガンスの秘伝防具作成については、試行錯誤しながら進めていく事になりそうです。
ガンス秘伝作成は特に急いでおりませんので、まったりと楽しみながら進めていくつもりです。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。