スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥類大戦争、勃発 (*゚θ゚) VS Σ^)/

昨日、クックデュアル【特】を作成したと書かせて頂きましたが、
せっかくですので火属性攻撃強化【大】が付いた専用装備を組む事に致しました。

クックデュアル【特】に備わっている属性値は「火400」で、極端に高い
属性値とまではいきませんから、属性のみで勝負する類の武器では無いと思います。

例えば、同じ火双剣のルビーノスワロウⅤ(火550)や水双剣のガーベラフィオーレ(水700)は
攻撃力が低めな分、属性値が高いので、属性で勝負する双剣の代表格と言えるでしょう。

そうなると、属性攻撃を十二分に発揮するために、
属性攻撃強化を付ける事が物凄く重要になってきます。

しかし、クックデュアル【特】は「そこそこ高い攻撃力・優秀な斬れ味ゲージ」も立派な武器となり、
属性攻撃強化を付けなくても十分使えるという認識でも、あながち間違ってはいないと思います。

ただ、クックデュアル【特】にはスロットが3つもありますので、
その利点を活かさないのも勿体無い気がしてしまいます。

そういう訳で、クックデュアル【特】はそのままでも使っても悪くは無いとは思いますが、
更なる高みを目指して、火属性攻撃強化【大】を付ける事に決めました。

昨日の記事の中でも候補がたくさんあると書かせて頂きましたが、
その中から選ぶのに相当悩みました。

その悩んでる間は、実は結構楽しんでいたりするのですけどねw
そして私が最終的に選んだクックデュアル【特】専用装備が、こちらになります ( ^-^)つ

HCクック亜双剣8

武器スロット3           Lv1      ●●● 怪力珠, 神足珠, 満腹珠
超絶のピアスⅥ          Lv7   66  ●● 剛力珠, 剛力珠
アオノコFベスト      (パ)  Lv7  123   ●●● 斬空珠G, 斬空珠G, 斬空珠G
千裂F腕環・※      (パ)  Lv7  123  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
百裂F腰帯・※      (パ)  Lv7  123  ●●● 音無珠G, 音無珠G, 毒剣珠G
レイルFグリーヴ     (BP11) Lv7  123  ●●● 毒剣珠G, 火攻珠G, 火攻珠G
服Pスロット2                    ★★  火攻撃カフSA1

防御値:558 スロット:■0□0●17○0 火:4 水:4 雷:4 氷:4 龍:4

攻撃力UP【大】,超高級耳栓,業物+2,見切り+3,龍風圧無効
火属性攻撃強化【大】,斬れ味レベル+1,回避性能+1,早食い,ランナー
猛毒剣+1
※猛毒剣は未発動

こちらはクックデュアル【特】専用装備ということで、スロットは3個使用しております。
スキルに関しては、申し分がないでしょう。

HCクエで使用する事が多いはずですので、火事場は必要無いと判断し、外しました。
火事場を外さないと火属性攻撃強化が11個目のスキルとなり、省かれてしまいますしね^^:

見た目に関しても、悪くは無いように思えます。
アオノコ胴は他の防具と合わせづらいですが、百列腰青となら悪い組み合わせではないでしょう。

欠点は、防御力が高めでは無いというところですね ( ̄▽ ̄;)
お守り・SR効果により防御力が50増えますので、609となります(602で軽減率20%)。

私は双剣装備を組む際、基本的に防御力が641(軽減率19%)になるようにしているのですが、
上記のスキルを実現させるためには、防御力を低めにするしかありませんでした::

ただ、実際にHC変種クエやHC剛パリアで使用してみたところ、防御力の低さはそれほど
気にはなりませんでしたので、この防御力で大丈夫かなと現時点では思っております。

HC変種やHC剛種の場合、喰らってはいけない技を喰らってしまうと、防御力が602であろうと
641であろうと683(軽減率18%)であろうと、どうせ即死ですしw

今後この装備を使用していく中で、「この防御力では辛い」と感じるようになったら、
また装備の組み直しも考えますが、とりあえずはこのままで行くつもりです。

HCクック亜双剣9

武器スロット3           Lv1      ●●● 音無珠G, 音無珠G, 音無珠G
超絶のピアスⅥ          Lv7   66  ●● 剛力珠, 剛力珠
アオノコFベスト      (パ)  Lv7  123   ●●● 斬空珠G, 斬空珠G, 斬空珠G
千裂F腕環・※      (パ)  Lv7  123  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ブレイズFコイル     (パ)  Lv7  123   ●●● 毒剣珠G, 毒剣珠G, 火攻珠G
レイルFグリーヴ     (BP11) Lv7  123  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
服Pスロット2                    ★★  火攻撃カフSA1

防御値:558 スロット:■0□0●17○0 火:4 水:4 雷:4 氷:4 龍:4

超高級耳栓,攻撃力UP【大】,見切り+3,業物+2,龍風圧無効
火属性攻撃強化【大】,斬れ味レベル+1,早食い,回避性能+1,ランナー
猛毒剣+1
※猛毒剣は未発動

もう一つの候補として、こちらの組み合わせがございました。
こちらの方が装飾品等の入れ替えがスムーズになりますので、私にとっては都合が良いです。

私は、超絶6に剛力珠×2・千裂F腕環に剛力珠×3・アオノコFベストに斬空珠G×3・レイルF
グリーヴに剛力珠×3と、各部位に詰める装飾品を固定しておきたいという希望がございます。

こちらの装備であれば、普段使用する事の多い4部位の装飾品を入れ替える事無く、
ただ腰にブレイズFコイルを装備するだけで良いので、準備が物凄く行いやすいのです。

欠点は、腰に使用するブレイズのデザインがあまり好きではないという事ですね~^^;
昆虫の殻を纏っているようで、どうもシックリきません (*ノω<*) アチャー

そういう訳で、最終的には最初にご紹介させて頂いた装備を選択する事となりました。
クエ毎に装飾品の入れ替えを行わなければならないのは、ある程度は仕方ないでしょう。

HCクック亜双剣10

装備が出来上がったという事で、HCヒプノックで試してみました。
昨日も似たような事を書かせて頂きましたが、剣で斬っている感覚は皆無ですw

ウチワの様な物で、ペチペチと叩いている感じが味わえます。
クックデュアルは、暑い時にウチワとしても使えそうですね (´ー`*) スズシー

HCクック亜双剣11
そういえば、クックデュアルはクック亜の双剣、そして相手がヒプノックという事で、
はからずも鳥竜種同士の戦いとなりました。

そこに、ホルクも参戦しております(一応、鳥っぽいという事で)。
上の場面ですが、ホルクが群がりすぎですねw

HCクック亜双剣12
結局、わが軍の勝利と相成りました。
よくよく見ますと、アオノコ胴とクックデュアルは色使いの面で合いますね。

アオノコ胴の色は他の武具と合わせづらいのですが、これは意外な発見でした。
クックデュアルの顎は、特異個体クック亜と同様に、もっとしゃくれていると面白かったと思います。

さてさて、クックデュアル【特】専用装備は一応出来上がりましたが、
納得のいく組み合わせを見つけるまで、結構苦労したように思います。

装備探しで苦労した一番の原因は、発動スキル数の上限が10である事です。
更に細かく言いますと、火攻珠Gに付いて来るおまけスキルが邪魔でしかなかったという事です。

火攻珠Gは「火属性攻撃5・回復速度5・水耐性-3」が付き、2個使用した時点で
「ダメージ回復速度+1」が発動してしまいます。

これにより、火属性攻撃強化が押し出されてしまうのです::
よって、私は満腹珠(回復速度-2)で強引にダメージ回復速度を消してあります。

早食いか回避性能のいずれかを諦めると、ダメージ回復速度+1が加わり、
防御力がもっと上がる組み合わせがいくらでも候補として浮上してきます。

今後高防御の装備を組み直す事になりましたら、その時は早食いを諦めるつもりです。
回避性能は絶対に欲しいのですが、早食いは無いなら無いで問題ないですし。

本当は、超耳・龍風といった感じで汎用装備にしなければ、
スキルをもっと充実させる事ができそうです。

耳栓が必要ない・風圧が必要ないという敵も存在しますから、風圧なしの火属性攻撃強化装備や
耳栓なしの火属性攻撃強化装備を組んだ方が理想的なのは間違いありません。

私は通常の双剣装備を一張羅にする事はあまり好みませんので、状況に応じた双剣装備を
組んではおりますが、さすがに各属性攻撃強化用として数種類も用意するのは辛い物があります。

一応組めなくもないですが、そうなると装飾品の詰め替えが物凄く面倒な事になって
しまいますので、今回は火属性攻撃強化装備を組むのは一着のみという事に致しました。

12月中に未実装のG装飾品が登場するらしいので、強精珠Gが実装されたとしたら、
間違いなく今までよりも良い双剣装備を組む事ができるでしょう。

それまでは、今日ご紹介させていただいた装備を
クックデュアル【特】専用装備として活用していくつもりです。
スポンサーサイト

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

クック亜の双子ちゃん、大活躍 \(★´-`)人(´▽`★)/

前々回の記事の中で、「HCグラビモスを待ち望んでいた」というような事を書かせて頂きましたが、
それはHCグラ変種から剥ぎ取る事のできる「鎧竜の灼殻」が欲しかったからです。

新しいHCモンスターが実装された直後は求人区での募集も多く、
人も集まりやすいため、早いうちに手に入れたいと思っておりました。

グラビモス特異個体13

幸い、木曜日の段階で無事に鎧竜の灼殻を手に入れる事ができましたのでホッとしております。
HCグラの場合、体力も低めで幾分倒しやすいですし、4回剥ぎ取る事ができるのが嬉しいです。

さてさて、なぜ私が鎧竜の灼殻を欲しがっていたかと言いますと、10月25日の記事
ご紹介させて頂きました、双剣のクックデュアルを完成させたかったからです。

HCクック亜双剣3

それまではクックデュアル【剛】までの強化でお預けを喰らっておりましたが、鎧竜の灼殻を
手に入れた事により、最終形態のクックデュアル【特】にまで強化する事ができました。

クックデュアル【特】にまで強化をしますと「攻撃336・火400・スロット3」という
性能になり、ようやく強い火双剣が出てくれたと感じさせてくれます。

本音を言いますと、攻撃力を350にまで上げてくれるか、もしくは火属性値をもう少し
上げて欲しかったような気もするのですが、剛種武器ではありませんので仕方ありません。

それでも、斬れ味ゲージの良さは魅力的ですし、HCクエで使用すると
長い紫ゲージが付くのは物凄く嬉しいです(SSの右下部分)。

また、スロットが3個ありますので、それを利用して
充実した装備を組みやすいというのも利点でしょう。

せっかくクックデュアル【特】にまで強化しましたので、早速HCクエで使用してみました。
この双剣を使用するという事は、狙いはもちろん、火に弱いモンスターです (ФωФ)キラーン

HCクック亜双剣4

フルフルは火に弱いので、クックデュアル【特】の試し斬りをするにはもってこいの相手です。
脚にはあまりダメージが通らないのですが、それでも転倒しまくりだったと思います。

HCクック亜双剣5

また、HC剛種パリアプリアにも挑戦してみましたが、この相手に対しても
クックデュアル【特】はかなりの威力を発揮できますね。

今までパリアに対してはルビーノスワロウⅤか極舞雷双【雀鷹】を使用しておりましたが、
両者共に斬れ味ゲージの悪さに不満を持っておりました。

しかしクックデュアル【特】であれば長い紫・白ゲージがありますので、
一度も研ぐ事無く討伐を果たせてしまいます。

ただ、剛パリアは部位によって火と雷の通り具合が異なりますので、
一概にクックデュアル【特】が良いという訳ではないと思います。

パリアの弱点である胴を攻撃できるのならクックデュアル【特】の方が強いですが、
脚ばかりしか攻撃できないのであれば、極舞雷双【雀鷹】の方が強くなります。

どの相手に対しても言えることなのですが、どの武器を選択するかという事と同様に、
できるだけ的確な場所を攻撃できるプレイヤースキルも大切ですね^^

フルフルやパリアプリア以外にも火に弱い敵は存在しておりますので、
これからはクックデュアル【特】を大いに利用していきたいと思います。

HCクック亜双剣6
HCクック亜双剣7

クックデュアルは、見た目がクック亜種そのままなのが面白いですね (*^m^)
クエで使っていると、剣で斬っている感じは味わえませんが^^:

クックデュアル【特】は作成難易度がそれほど高くありませんので、
双剣を頻繁に扱う人であれば作っておいても損はしないでしょう。

ただ、来年2月1日に行われる大型アップデート・F3にて、
新しい進化武器として火双剣が実装される可能性は極めて高いと思います。

通常の進化双として龍、BP(ブースターパック)11の表バージョンで氷、BP11の
裏バージョンで雷、BP12の表バージョンで水と、今まで4属性の進化双剣が実装されてきました。

そしてBP12の裏バージョンがF3で実装されるでしょうが、残る属性は火しかありません。
よって、F3で火属性の進化双剣が実装される事を期待しても良さそうです。

私としましては、普通にテオの剛種火双剣を出して欲しいのですけどね~ (;´▽`A
少なくとも、F3でテオ双剣が実装される事は無さそうです。

私はラヴィエンテに殆ど行きませんので、火の進化双剣が出ても作る事は無いと思います。
そのため、これから長い間、クックデュアル【特】には火双剣として活躍してもらう事でしょう。

ただ今、火属性攻撃強化【大】の付いたクックデュアル【特】専用装備を組む事を考えておりまして、
候補となる組み合わせが物凄くあり、どれを選択するかで迷っているところであります。

クックデュアル【特】専用装備が出来上がりましたら、改めてご紹介させていただきます。
装備の組み合わせを考える事も、MHFの楽しみ方の一つと言えますね L(´▽`L )♪

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

新事実が次々と明らかに!? 〆(゜▽゜*)メモメモ

25日から、『ムツゴロウさんがベルキュロスの生態を語る
「MHFボクの好きなモンスター」スペシャルムービー』が公開されております。

ムツゴロウ5
これは、アニバーサリー2011の中で行われたモンスター人気投票との連動企画で、
人気投票で1位を獲得したベルキュロスをムツゴロウさんが語るという内容の動画です。

そもそも、MHFとムツゴロウさんが絡むとは予想もしておりませんでしたから、
驚き半分・期待半分という気持ちで動画の公開を楽しみに待っておりました。

ムツゴロウ6
当初はムツゴロウさんがお1人で出演なさると思っていたのですが、女性の司会者も
いらっしゃり、テレビ番組として放送できそうな構成に仕上がっていたような気がします。

この動画のメインはベルキュロスの紹介ですが、おまけとして人気投票の2位から5位までの
モンスターもムツゴロウさんが軽く説明なさっておりました。

ムツゴロウ7
その中でヴォルガノスを軽く説明なさっておりましたが、「こういう風にね~、
怪獣になったんですね~」と、ヴォルガノスが怪獣扱いされていましたねw /  ゚д゚ ) ナンダト!?

ここで、ムツゴロウさんが司会の人に「ここだけは段取り通り、お願いできますでしょうか」とお願いさ
れておりましたが、この動画内のムツゴロウさんの説明は、ご自身がお考えになったのでしょうか。

台本を渡し、「全てこの通り話して下さい」とお願いしていたのか、もしくはモンスターの基本的な
設定について軽く説明をしただけで、話す内容はムツゴロウさんに一任していたのでしょうか。

これは予想ですが、私は後者ではないかと思います。
思い切り的外れな事を言われると困るでしょうから、入念な打ち合わせはしていたと思いますが。

ムツゴロウさんの説明を聞いていると、「え?そうだったの? (*゚0゚) 」
と思ってしまう箇所がいくつかありましたしね。

ベルの説明の中で、「背中の棘からイオンを吸収している」と
ムツゴロウさんが仰っていましたが、そんなの初めて聞きましたよw

動画の最後の方で、『この番組のムツゴロウさんの解説はムツゴロウさん個人の見解です。
実際にゲームとは異なる場合があります。』という注意書きも忘れずに書かれておりました。

さて、この動画に対しての評価ですが、「面白かった」という意見と、
「こんな動画、誰が得をするんだ」という意見で分かれているようです。

私個人の感想を述べますと、「まあまあ」面白かったと思います。
本音を言わせていただくと、私が期待していた内容とは違っていた様に思えます。

私は、ドキュメンタリー番組の様な出来に期待しており、「モンスターの一日の過ごし方」
という感じで、モンスターを身近に感じる事のできる内容であって欲しかったのです。

ただ、ベルが1位になった時点で、そういう内容の物にはならないとは感じていました。
例えばオルガロンが1位だったとしたら、動物のドキュメンタリーの様に作れたかもしれません。

しかしベルキュロスは一般的な動物とはかけ離れたイメージですので、
今回の様な動画の対象としては扱いづらく、動画は作りづらかったのかもしれませんね。

また、リアルなCGを駆使した演出も見せてくれるのかと思っていたのですが、
結局はゲーム内で見る事のできるレベルのグラフィックで、期待しすぎた感がございます。

ムツゴロウ8
ムツゴロウ9
それでも、ベルが空を飛んだり水を飲んだりするシーンはゲーム内で見た記憶がありませんので、
それらに関しては新鮮な気持ちで見る事ができました。

ムツゴロウ11
動画内でいくつか驚かされる場面がありましたが、ベル片手剣の紹介は意外でしたね~
わざわざこの動画のために特注品を用意してきたあたり、気合を感じてしまいましたw

ムツゴロウ12
正直言いまして、おもちゃの様に見えてしまったのですが、それでもこの片手剣を
作成するのに結構お金がかかっているような気がするのですが、どうなのでしょう。

ムツゴロウ13
そして最後にムツゴロウさんがベルと戯れているシーンがありましたが、
ここで登場してくるベルはリアルなCGっぽい出来ですね。

このシーンの直後、ベルが首を動かしてムツゴロウさんと被るのですが、「ムツゴロウさん、
ベルに食べられているじゃないですか (ノ∀`) 」と思ったのは私だけでしょうかw

そして最後は、『次回は「ムツゴロウさんがラヴィエンテと添い寝」をお送りする予定です。』
と次回がある事を含ませつつ、動画は終了となります。

まあ、「次回は~」のくだりはテレビ番組っぽい演出をしたかっただけでしょうから、
もう次回は無いとは思いますけどね。

先ほども申したとおり、まあまあではありますが私はこの動画を楽しめましたので、
今回の様な企画は悪くは無いと思いました。

もちろん、ゲーム内でユーザーを楽しませる事が一番大事な事ではありますが、
今回の動画企画の様に、ゲーム外でも楽しんでもらおうという意欲は評価したいです。

ちなみに、今回の企画を実行するために、一体どれだけのお金を費やしたのでしょう。
ムツゴロウさんへ支払うギャランティーだけでも、結構な額になりそうな気はします^^:

軽くネットで調べてみたのですが、ムツゴロウさんの講演のギャラは100万円(62万とも)
という情報があり、もしかしたら今回もそれ位カプコン側から支払ったのかもしれません。

また、今回の動画で司会役をなさった小口絵理子(おぐち えりこ)さんは
フリーアナウンサーで、もちろん彼女にもギャラは支払われている事でしょう。

私は芸能人や著名人に支払われるギャラの額に関しては全くの無知ですので、完全に予想にしか
すぎないのですが、この企画は相当お金がかかっていると思います(200万~300万くらい?)。

本当の事は分かりませんが、相当気合を入れて実行した企画である事は伝わりました。
その意気で、これからも気合を込めて頑張っていただきたいですね^^

=====================================

「ファミ通 コネクト!オン」様からの依頼により、
コネクト!オンの最新号のご紹介をさせていただきます。

先月号に引き続き、「消えて光る伝説の大剣インビシブルアサシン」
が購入特典として手に入ります。



以下、コネクト!オン様から頂いた紹介文です。

=============================

年末に向けてラストスパート!
コネクト!オン1月号は、
記事に付録に、気力充実中です!!

【モンスターハンター フロンティア オンライン】

2号連続第2回! 
消えて光る伝説の大剣インビシブルアサシンに強化可能な、
インビシブルリッカーのイベントコードが付録で復刻中。
その手で妖しいゆらめきを確かめよう! 

記事は剛種ゴゴモアの狩猟法を筆頭に、
厚く同作の狩猟事情をお伝えしています。
新たに強化先が追加されたランスの使い心地や、
話題の防具の活用法などに肉迫。
新しいスキルおよび消費アイテムの効果も検証中!


【ファイナルファンタジーXIV】

大増量27ページ!
真イフリート討滅戦、蛮族拠点潜入などのバトル系コンテンツはもちろん、
履歴評価で10万ギル超えに挑戦したり、
攻撃力+15とSTR+15など、マテリアの違いによりダメージ比較をしたりなど
パッチ1.19を調べ尽くしています! 
さらにソロプレイの現在を特集! 
ひとりで挑めるコンテンツのレベルや手順などをご報告!


【エヌ・シー・ジャパン特集】

『タワー オブ アイオン』、『リネージュII クロニクルス』、
『リネージュ』、『ブルーティアーズ』、『雀龍門3』など、
会社創立10周年を祝して、エヌ・シー・ジャパンを大特集。
韓国取材も敢行し、NCsoftの社屋に突撃訪問。
併せて、オンラインゲームの祭典"G-Star2011"で発表された
新作の魅力と反響もお伝えします。


【モンスターハンター シリーズ】

いよいよ発売を目前に控えた『MH3(tri-)G』の新しい要素の数々を、
コネオン流に総まとめ! 
個性的な操作感覚を想像しながら、最終チェックを!


【ファイナルファンタジーXI】

いまでも活用できるレベル75装備に着目して、少人数でHNMの討伐に挑戦!
ヴォイドウォッチ第2章、フリートライアル、「ヴァナ♪コン」のリポートにも注目! 


ほかにも、プレイヤー注目の連載記事などで内容ギッシリ。
あなたのオンラインゲームライフをお手伝いいたします!

CO1201_H01_fix2.jpg CO1112_hutou01.jpg


テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ハッスル父ちゃん、再び!! ビーム!!(((っ・ω・)っ≡≡≡≡☆

木曜日のメンテ明けから、HCグラビモスと戦えるようになりました。
F2からの新HCモンスターとしては、クック亜・ドラギュロスに続いて3体目となります。

私はHCグラビモス素材がとても欲しかったので、この配信を待ちわびておりました。
そういう訳で、早速HCグラビモスへ挑戦しております。

今回初めてHCグラと戦ってみましたが、以前ゲーム内イベント
「大ハッスル!鎧竜限界突破!」で配信されていた個体と結構似ていましたね。

グラビモスの必殺技と言うとグラビームを連想しますが、
薙ぎ払いビームの速度が従来のものよりも速くなっております。

一見、速度が速くなった薙ぎ払いビームは怖いとお感じになるかもしれませんが、
実は速度が速くなっている分、通常の薙ぎ払いビームよりは避けやすくなっているのです。

グラビモス特異個体1
グラビモス特異個体2
グラビモス特異個体3
グラビモス特異個体4
グラビモス特異個体5
グラビモス特異個体6
グラビモス特異個体7
グラビモス特異個体8
HCグラビモスの新薙ぎ払いビームを連続写真でご覧頂きましたが、こちらから見て
左から右へコロリン回避をすると、意外とあっさり回避する事ができます。

ビームが自分の脇をすり抜ける時間は一瞬ですので、
この回避に慣れてしまえば薙ぎ払いビームは怖くありません。

また、薙ぎ払いビームをする際、非常に分かりやすい予備動作がありますので、
「薙ぎ払いビームが来る!」と早めに察知できるのも助かります。

この薙ぎ払いビームの回避に慣れてしまえば、遠距離武器で
火事場を発動しながら戦う事も十分可能であると思います。

ちなみにこの薙ぎ払いビームですが、ハッスル個体と同様にグラは後ずさりしながら
ビームを放ちますので、近接武器で挑んでいる人も注意が必要です。

通常個体の薙ぎ払いビームであればグラの腹下にいれば安全でしたが、HCグラは
後ずさりしながら薙ぎ払いビームを撃つ分、腹下にいてはビームに当たってしまいます。

よって、近接武器で挑んだ時にHCグラが薙ぎ払いビームの予備動作をしてきましたら、
腹下から奥の方へ(尻尾の方向)移動すれば安全です。

グラビモス特異個体9
薙ぎ払いビームを敢行した後に、グラがオーバーヒートする所が面白いですねw
必殺技を敢行するのは楽ではないという事を体を張って教えてくれているのかもしれません。

グラビモス特異個体10
その他、蛙跳びアタックもしてきます。
この攻撃の当たり判定は緩いようで、こちらもコロリン回避で簡単に避ける事ができます。

HCバサルモスも似たような攻撃をしてきますが、やはり両者は親子ですねw
しかし、HCバサルモスの蛙跳びアタックの方が強いような気がします。

HCバサル変種の蛙跳びアタックは即死級の威力がありますが(防御力にもよりますが)、
HCグラ変種の蛙跳びアタックを喰らっても、極端にダメージがあるわけではありませんでした。

他に新しい尻尾攻撃もありますが、どれも予備動作がありますので、
慣れてくると対処はしやすいような気がします。

個人的な感想を申し上げますと、HCグラになって非常に面白くなったという所にまでは
至らないような気がするのですが、全体的に戦いやすくなったと思います。

体力も通常のグラと比べると0.7倍に減らされているらしく、
戦っていて「ダルイ・タフだ」という悪い印象は受けませんでした。

それらを考慮すると、HCグラの出来は決して悪い物ではないと私は思います。
少なくとも、「もう行きたくは無い」と思ってしまう事はないでしょう。

グラビモス特異個体11
私は求人区にてHCグラを連戦しておりましたが、最近完成した
ガーベラフィオーレが非常に役立ってくれております。

ただ、双剣で戦うとついつい調子に乗ってしまい、グラの攻撃が来るのを分かっているのに、
スタミナが足りなくて被弾してしまうという事がございます。

グラビモス特異個体12
その結果、ネコタクシーのお世話になる事もありました (ノ∀`)アチャー
HCグラの攻撃は避けやすいのですから、スタミナ管理には注意したいですね^^:

=====================================

『モンスターハンターフロンティアオンライン フォワード.3 プレミアムパッケージ』
の予約が始まりました。

ただ、こちらはXbox版ですし、プレミアムパッケージよりも高価なコレクターズパッケも
存在するかもしれませんので、予約は早まらなくても良さそうな気がします。

ガイド娘フィギュアプロジェクトも終了した事ですし、もしかしたら
コレクターズパッケの様な高価なパッケは発売されないのかもしれませんね。

とりあえず予約が始まったという事と、F3が来年の2月1日である(パッケの発売日)
という事をお知らせしたかったので、ご紹介させて頂きました。

F3は2月下旬かなと予想しておりましたので、予想より早い日程なのは嬉しいです。
また何か新しい動きがありましたら、お知らせしたいと思います。


テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

攻撃しすぎて絆を壊さないように…(三・o・)三☆三(`ε´三)

昨日から、ゲーム内イベント「決して忘れぬ絆」と「決して色褪せぬ絆」が
配信されておりまして、このイベントで武器のアミクスシリーズを作成する事ができます。

アミクスシリーズをまだ生産していない人は、まず最初に「決して忘れぬ絆」をクリアしなければ
いけないのですが、私は以前の配信で既にアミクスシリーズの生産を済ませております。

よって、「決して忘れぬ絆」の続編であるとともに、
今回が初めての配信となる「決して色褪せぬ絆」へと挑戦してみました。

「決して色褪せぬ絆」をクリアする事によって、今まで存在していたアミクスシリーズを
更に強化する事ができますが、クエの内容は結構面倒です^^:

「メイン:クック変種6頭の捕獲・サブA:クック変種4頭の捕獲・サブB:クック変種2頭の捕獲」
という内容のクエで、討伐してしまいますとクエスト失敗となりますのでご注意下さい。

今まで、下位クックではありますが「クック6頭捕獲クエ」がありましたので、
それと殆ど同じだと思っていたのですが、クックの初期位置や沸く位置などが異なっておりました。

アミクス1
今回のクエにおけるクック変種の初期位置ですが、エリア2と6に1頭ずつ配置されております。
そして、捕獲後に新たなクック変種が沸いてきますが、その位置も2と6になります。

2で3頭、6で3頭のクック変種が沸いてくるという感じですね。
2(6も)に4頭目のクック変種が沸いてくる事は無いようです(エリアチェンジはしてくる)。

4人で挑むのなら、エリア2とエリア6で2:2に分かれて戦った方が効率が良いと思います。
4人でフルボッコしてしまうと、うっかり討伐してしまうかもしれませんしね。

2:2に分かれて戦えば、戦力が分散される分、捕獲ラインを通り越して討伐してしまう
危険性も少なくなりますので、このクエにおいては分かれて戦った方が捗ると思います。

ゴゴモアライト2
今回は、10月12日の記事でご紹介させて頂きました装備を着て、
剛種ゴゴモアライトボウガンの緋猛軽弩【雄飛】を使用してみました。

アミクス2
クック変種を麻痺させ、その最中に嵐ノ型の超速射を叩き込むのは有効な手段です。
ただ、やりすぎると討伐してしまう恐れがありますので気をつけましょう。

クックの場合、瀕死になると耳をたたみますから捕獲ラインが分かりやすいのですが、
麻痺させているとその目印が分かりませんので、過度に麻痺させるのは危険だと思います。

自由区で知らない人とこのクエを回す場合、がむしゃらに攻撃して討伐してしまう人が
いるかもしれませんので、それを考慮すると麻痺武器は怖いような気もします。

私の場合、イベント系のクエは身内としかやりませんので、その心配はないですけどね。
知らない人と回すのであるのなら、安全策として捕獲名人を付けていくのも有効だと思います。

アミクス3
クック変種自体は強くないのですが、6頭も捕獲しなければならないという事で
結構面倒で気を使うクエであると言えるでしょう。

このクエの報酬は、メインで「悠久たる仲間の印」・サブAで「悠久たる仲間の力」・
サブBで「悠久たる仲間の証」が手に入り、各10個ずつ集めるとOKです。

アミクス4
ご覧の様に、一回のクエで一つの種類が複数個出る場合もあるのですが、結局3種類を
各10個ずつ集めなければいけませんので、結構な回数をこなす必要がございます。

例えば、「悠久たる仲間の力」と「悠久たる仲間の証」が早めに10個集まっても、
「悠久たる仲間の印」が10個に達していなければ、そのまま続けなくてはいけません。

実は私もまだ3種類を各10個集め終わっておりませんので、
引き続きこのクエへ行く事になります。

アミクスシリーズの強化は行うつもりがありませんので、急がず進めたいと思います。
さて、私は強化をしないアミクスですが、実は結構強い武器ではあります。

アミクス5
大剣のアミクスセヴァーは「攻撃1200・龍460・毒340」という性能で、
中々強い大剣です。※FreeDomの小部屋様から画像を拝借

ここで比較対象となるのは剛種武器のネブラグラディウスですが、
昨今の大剣事情を考えると、剛種武器にしては悲しすぎる性能です (つω:)

ネブラには紫ゲージはありますが極端に短いですし、スロット2も大きな利点にはならないでしょう。
つい最近も書かせて頂きましたが、剛種武器でありながら攻撃1152は残念すぎます。

また、アミクスセヴァーには親方印が付いているのが嬉しいですね^^
大剣は武器を構えたままの移動が苦手で、武器を収める機会が多いですから、相性は良いです。

私の場合、龍大剣は進化武器の大蛇ノ大鉈を使用しますのでアミクスセヴァーは必要の無い物
なのですが、大剣のSRを上げている途中というような人であれば十分使える武器だと思います。

アミクス6
一方、片手剣のアミクスグレインは相当利用価値の高い武器だと思います。
「攻撃力350・龍420・毒300・会心10・スロット1」と、剛種武器並の性能です。

剛種武器と比べると斬れ味ゲージがあまり良くないので、その点はマイナス要素ではありますが、
それでも片手剣を頻繁にお使いになる人にとっては嬉しい性能でしょう。

他の龍・毒片手剣と言うとリアンキット(4.0パッケ)に付いて来る
ヴェノムドラグーンがありますが、それよりはアミクスグレインの方が強いですね。

ヴェノムドラグーンにはリーチ長という利点がありますので、一概に優劣は
付けられないのですが、基本的にはアミクスグレインの方が良いと思います。

そして今現在は作成する事ができませんが、剛種オオナズチ片手剣のネブラボルヌスも
アミクスグレインと似たような性能を持っております。

ネブラボルヌスは「攻撃378・龍300・毒450」という性能で、
斬れ味ゲージも素晴らしいものがありますね。

ただ、個人的にはネブラボルヌスにはもう一声欲しかった気もします。
片手剣の場合、属性値の高さが重要になる事が多いので、龍300は少し物足りなく感じます。

私としては、龍と毒の属性値を入れ替えて欲しかったですね^^:
テオ・デュラ・ドラには毒が有効ですが、それ以外は毒の優先順位は低いような気がしますし。

ここで色々と述べてはみても、古龍種の髄が実装されない事にはネブラボルヌスは作成できません
ので、それまでのつなぎとしてアミクスグレインを使っていくのは悪くはないでしょう。

他に弓のアミクスアルクスⅤもありますが、これは必要ないかな~とは思います。
強化しないとは分かっていても、イベント系武具の素材は逃す事ができませんけどねw

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

小さい体ながら、驚きの噴出力です ( ・∀・)[====ビーム!!

F2でホルクが実装されて以来、特殊なクエでは無い限り私はホルクをクエへ同行させております。
ホルクとは行動を共にする機会が多いという事で、愛着も沸いてきました^^

現状では戦力として過度な期待をかける事ができない段階ではありますが、
それでも一生懸命戦闘に参加してくれる姿勢はありがたいと思います。

さてさて、10月21日の記事にて念願の「ブレス解禁」を手に入れたと書かせて頂きましたが、
その他にも「直前ブレス」という手に入れたい学びの書がございました。

「ブレス解禁」を手に入れた後も、「直前ブレス」欲しさにホルク放置を続けておりましたが、
一向に目当ての物を手に入れる事ができません (つω:)

しかし、前回の狩人祭で配信されていたシクレの下位オオナズチ戦後にて、
遂に念願の直線ブレスの学びの書を手に入れる事ができたのです ヾ(*´∀`*)ノ゛

ホルク14
この時は入魂を最大の目的としておりましたから、直線ブレスには期待しておりませんでした。
無欲でいた方が欲しい物が手に入りやすいという事はよくありますねw

沼地のエリア8の場合、生い茂る草が相当長く、
ホルクの落し物に気が付かない危険性がございます。

そのため、このシクレを連戦している時は、クエ達成直後のホルクの動きに注目しておりました。
クエ達成直後のホルクの動きを観察していれば、落し物をしたかどうかがすぐに分かります。

一応、ホルクの落し物は見つけやすいように光を発しますが、沼地のエリア8ですと草で
隠されて殆ど見えませんので、ここでクエが終わった時はホルクに注目した方が良さそうです。

もし、この時のホルクの落し物に気が付かなかったとしたら、私は未だに直線ブレスを
手に入れていなかった可能性もありますので、それを考えると怖いですね~ ((( ;゚Д゚)))

そして、直線ブレスを手に入れた次の一戦で、「狩人の攻撃力を高める」
という学びの書を手に入れる事ができました。

これも、私が結構欲しかった学びの書でありました。
2連続で欲しい物が手に入ったのは、物凄く嬉しかったです (*^m^)

「たくさん入魂できた・双剣魂序がたくさん手に入った・HC素材を2個剥ぎ取る事ができた・
欲しい学びの書が手に入った」という事で、このシクレは私にとって最高であったと言えます。

ホルク15
ちなみに、以前までは氷ホルクを選択していたのですが、今では火ホルクを選択しております。
ずっと同じタイプのホルクを使い続けていても、ホルク羽根が1種類しか集まらないので^^:

それでは、火ホルクのブレスをご紹介致します。
まず、玉状のブレスを発射する「ブレス解禁」を装着すると、こうなります。

ホルク11
氷ホルクが吐く玉状ブレスは雪玉の様で強そうには見えなかったのですが、
火ホルクの場合はきちんと火の玉になっていて、中々格好良いです。

特異個体イャンクック亜種が吐き出すミートボールブレスのミニ版という感じもします。
そして私が今現在ホルクに装着させているのは、「直線ブレス」となります。

ホルク12
ホルク13
これは、かなり格好良いブレスですね~ (*^ー゚)b
排熱砲やグラビームと何となく似ているように思えます。

ただ、命中率はあまり高くない印象がありますね^^:
ブレスに関しては見た目を楽しんでおりますので、命中率や威力に関しては期待しておりません。

ホルク10
どちらかと言うと、「直線ブレス」とセットで装着させている
「狩人の攻撃力を高める」の方が役に立っているような気がします。

クエが始まった後、ホルクが近寄ってきて、プレイヤーの攻撃力を高めてくれるのが嬉しいです。
※パートナーハンターに、鬼人薬と同等の効果を与える。パートナーハンター以外にも適用

現状では35種類の学びの書が存在しているようですが、全種類集めるのは結構大変です。
ホルクの落し物を拾う際、「○○は取得済みだった」となるとガッカリしますよね^^:

せめて、取得済みの学びの書はもう出てこないという仕組みであったとしたら良かったのですが。
今の所、私は34種類の学びの書を手に入れておりますので、あと1つという所です。

手に入れていない学びの書は「魚竜種には攻撃的に」ですが、これは特に欲しい物ではありません
ので、「いつか手に入れる事ができたらいいな」という軽い気持ちでいようと思います。

そういえば、要望対応状況の中で『ホルクに3冊以上の「学びの書」を
装着できるようにしてほしい』という要望に対し、『検討中』との回答がありました。

今現在は「直線ブレス」と「狩人の攻撃力を高める」の2種類をホルクに
装着しておりますが、別の学びの書も使ってみたいので、この要望が通ると嬉しいです。

大型アップデートが行われるごとにホルクの力の上限が上っていくでしょうから、
これからはホルクも立派な戦力として期待できるようになってくれると良いですね^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

花売り娘はお調子者 ヽ(,,・∀・,,)/

11月1日の記事にて、長期開催イベント「神秘に彩られた花々」で
作成できる双剣・ガーベライトについて書かせていただきました。

その後、「神秘に彩られた花々」の続編となる「続・神秘に彩られた花々」が配信されております。
そして昨日、「続・神秘に彩られた花々」も終わらせる事ができました。

ガーベライトの強化先としてガーベラフィオーレが実装されるのは分かっていましたので、
「神秘に彩られた花々」を終わらせた後も、イワヒメ草をコツコツと集めていたのです。

ガーベライトを作成するためには4950個、ガーベラフィオーレを
作成するためには1650個、計6600個のイワヒメ草が必要となります。

一つの素材を6600個も集めるのは大変ではありますが、イワヒメ草は
比較的集めやすい素材でありますので、他の長期開催イベントよりは進めやすいと思います。

ガーベラフィオーレ1
「神秘に彩られた花々」も「続・神秘に彩られた花々」も依頼主は同じ人物のようですが、
ノリが良いとでも言いますか、随分と軽い感じの印象がありますねw

イワヒメ草を50個納品すると飛来した種を手に入れる事ができ、飛来した種を33個納品すると、
ガーベラフィオーレの強化に必要な神秘の水を手に入れる事ができるという流れになります。

ガーベラフィオーレ2
早速、ガーベライトからガーベラフィオーレに強化してみました。
両者の違いと言いますと、水属性が100上がり、親方印が付くのみとなっております。

この違いを誤差と見るのであれば、無理をしてイワヒメ草を
1650個も集める必要性は薄いのかもしれません。

双剣であれば武器をしまう時間が短いので、親方印の恩恵も少なめですしね。
しかし私の場合、アメジストの作成のために双剣を数え切れないほど使用する事になります。

水が弱点の敵に対してはガーベラフィオーレが絶大な威力を発揮しますので、
ガーベライトの作成で満足する事無く、もう一頑張りをしてみました。

ガーベライトは絶対に作っておいた方が良いとは思いますが、その後の
イワヒメ草1650個が辛いという人は、無理をしなくても良いような気はします。

ガーベラフィオーレに強化する際に注意しなければならないのは、
ガーベライトに詰めている装飾品を外しておかないと、破壊されてしまうという点です。

例えば、剛力珠が破壊されたとしてもそれほど損害は大きくありませんが、
もし水攻珠Gを詰めていて、それが破壊されたとしたら、泣くに泣けません (つω:)

水攻珠Gを作成するためには蛇鱗原珠が15個必要で、現状ではアルゲン大剣クエの
HR共闘報酬か祭ポイント(100P)との交換でしか蛇鱗原珠は手に入りません。

ガーベライトをお持ちで水攻珠Gを2個詰めている人はいらっしゃると思いますので、
ガーベラフィオーレへ強化する場合は十分にご注意下さい。

そして、実は「続・神秘に彩られた花々」の前に、
先に終わらせてしまった長期開催イベントがございます。

それは「インセクト・オブ・フェイト」で、アクラ・ヴァシムの
ガンランスが作成できる「インセクト・プリズン」の続編となります。

6月28日の記事でも書かせていただきましたが、私は「インセクト・プリズン」を終わらせており、
アクラグレイプニルも作成しておりました。

その後、強化先としてアクラグナークが実装されまして、そちらの方も欲しくなりましたので、
アクラグナークを作成するために「インセクト・オブ・フェイト」も進めていたのです。

こちらはイワヒメ草の時とは違って、採取に時間はあまりかけませんでしたけどね。
私は祭ポイントでオオツノアゲハと交換しており、前回の祭で獲得したポイントで完成させました。

「インセクト・オブ・フェイト」では、オオツノアゲハを最大で1089匹納品しなければなりませんが、
大激運を持ち込む事によって、運が良ければオオツノアゲハの必要数を下げる事ができます。

アクラガンス8
私はオオツノアゲハの納品時に毎回大激運を持ち込んでおりましたが、
何回か発動してくれましたので助かりました。

このクエで大激運が発動してくれると、オオツノアゲハが99個も節約できるのが嬉しいです。
こうして、必要となるテュライト純晶石が全て揃いましたので、早速強化してみました。

アクラガンス9
アクラグナークの性能は「攻撃575・麻痺480・スロット2」という性能で、
麻痺ガンランスとしては相当優秀です。

また、通常のガンランスであれば武器をしまうスピードが遅いのですが、アクラグナークには
親方印も付いておりますので、素早く武器をしまう事ができるのも嬉しいでしょう。

しかし、アクラグナークは砲術レベル1ですので、間違いなく突き攻撃専門となるでしょう。
その点では、砲撃攻撃がお好きな人にとっては残念であると思います。

私も、ガンランスを使う時は砲撃を好んで使用しますので、アクラグナークを使用すると
突きばかりしか行えないのは残念ではありますが、そこは割り切って考えます。

せっかくですので、他の麻痺ガンランスとアクラグナークを比較してみました。

アクラグナーク 「攻撃575・麻痺480・スロット2・通常型砲術LV1・レア9」
浮岳銃槍【仙境】「攻撃575・麻痺320・スロット1・通常型砲術LV5・レア11」
痺牙大筒槍【参】「攻撃575・麻痺180・スロット1・拡散型砲術LV5・レア6」


こうして比べてみますと、麻痺属性値はアクラグナークが断トツですね。
麻痺属性値480は相当高いです。

また、アクラグナークであれば砲撃は行いませんので、その分突き攻撃の回数が
増える事を考慮すると、他のガンランスよりは麻痺役として適していると思います。

浮岳銃槍【仙境】は、バランスが良い麻痺ガンランスですね。
麻痺属性値320は低くありませんし、砲術レベルも5ですので、突きと砲撃の両立が可能です。

痺牙大筒槍【参】は、麻痺属性値が低いのが残念です。
攻撃力の高さと拡散型砲術レベル5がメインで、麻痺はオマケと見た方が良さそうです。

痺牙大筒槍【参】はレア6ですので、ガンランスのSRが低い内は活躍してくれる事でしょう。
私はアクラグナークしか持っておりませんので、こちらを使用して行く事になります。

アクラガンス10
アクラグナークですと突き攻撃しか行わないという事もあり、
ヒートブレードを積極的に使用するようにしております。

ヒートブレードを発動させている際、ガンランスの先端からバーナーの様に火を
噴出しているのは格好良いと思うのですが、その間はガニ股なのは笑えますねw

アクラガンス11
実際にアクラグナークを使用してみますと、麻痺480は伊達ではなく、
結構な回数で相手を麻痺させる事ができました。

アクラガンス12
アクラグナークは、見た目の良さも目立っていますね^^
ただ、アクラグレイプニルの時も書いたのですが、これを所持していなくても困る事はありません。

個人的な意見を述べさせていただくと、長期開催イベントを進めるのであるのなら、
ハーヴェスト(非課金派)やガーベライトを進めた方が有意義だとは思います。

この辺は、個人がどの武器を多く使用するかによって変わってきますけどね。
どの長期開催イベントも、コツコツと進めていけば必ず完成しますので、頑張ってください。

そういえば、F2のプレビューサイトにてアクラ・ヴァシムの
弓が紹介されておりましたが、いつ実装されるのでしょう。

エスピナス3種の太刀の様に、フロンティアクエにて配信されるような気がします。
実際にはどうなるかはわかりませんが、楽しみにしておきましょう マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ウナギだって、オシャレはしたい!?/◎ ゚д゚ )

最近、求人区にてHCティガレックス変種の部屋を見つけたら積極的に
参加するようにしておりますが、それは轟竜の裂爪を5個集めるためであります。

双剣の秘伝防具であるアメジストをFXに強化する際に使用しますので、
アメジスト作成を進める人にとっては、HCティガ変種は避けることのできない相手です。

そして、HCティガ変種の他にも、双剣使いの前に立ち塞がる敵が存在しております。
それは、HC上位ヴォルガノスです。

HC上ヴォルから剥ぎ取る事のできる「溶岩竜の刃ビレ」は、アメジストFへ強化する際に
必須となる素材ですので、轟竜の裂爪と同様に5個集めなければなりません。

つまり、アメジスト作成を進めようとするのなら、いやがおうでも
HC上ヴォルをたくさん狩らなければならないというわけです。

ヴォルと言うと、タフというイメージがありますね。
幸い、HC化する事により体力が若干減りますので、その点は助かります。

また、ヴォルは初心者ハンター殺しというイメージもあります。
予備知識や装備が乏しいMHF初心者が、HR17になってすぐにヴォルと戦うと大変ですね。

MHFを始めた当初、ヴォルの強さにトラウマを覚えた人は少なくないと思います。
私もその内の1人ですが、その頃を思い出すと懐かしい気持ちになります (つ∀-)

さてさて、この度ヴォルが私の前に再び立ちふさがる事になったわけですが、
ヴォル戦にかなり多くの回数を費やすはずですので、専用装備を組む事に致しました。

ガーベライト9

武器スロット2           Lv1      ●● 水攻珠G, 水攻珠G
ヴォルアポカリプス        Lv7   98  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
リブリーFZベスト     (パ)   Lv7  133  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
千裂F腕環・※      (パ)  Lv7  123  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 怪力珠
リブリーFZコイル     (パ)  Lv7  133   ●●● 怪力珠, 怪力珠, 怪力珠
レイルFグリーヴ     (BP11) Lv7  123  ●●● 怪力珠, 怪力珠, 斬空珠G
服Pスロット2                    ★★  水攻撃カフSA1

防御値:610 スロット:■0□0●17○0 火:7 水:4 雷:4 氷:4 龍:1

攻撃力UP【特大】,見切り+3,耐震+2,業物+2,水属性攻撃強化【大】
火事場力+2,ランナー,斬れ味レベル+1,回避性能+1


こうして出来上がった装備が、こちらになります。
武器はガーベライトを使用しますので、武器スロットを2個使用する前提で組んでおります。

ガーベライトではなく挽歌を使用する場合は、武器スロットが使用できない分、
水攻撃強化が大から小になりますが、あまり影響は無いでしょう。

HCヴォル専用装備と言うからには、耐震+2は外せません。
アメジストを作ろうとお考えの人は、耐震+2の双剣用装備を組んだ方が望ましいと思います。

一応、コロリン回避でヴォルの振動を受けずには済みますが、
耐震+2があるか無いかで、攻撃の手数は相当違ってきます。

ヴォルには耳栓も風圧も必要ないのですから、今流行の超高級耳栓・龍風圧無効の
装備で挑むのは、はっきり言いまして無駄がありすぎます。

ただ、耐震+2を発動させるためには、耐震のスキル値が25必要である所がいやらしいですね。
よって、耳栓や風圧といった保護スキルよりも、耐震は付けづらいスキルであるのは事実です。

ヴォルアポカリプスがあれば耐震装備は組みやすいですが、持っていない人は辛いと思います。
耐震+2を組む余裕が無い人は仕方が無いとは思いますが、組めるのならば是非組みましょう。

今回の装備の見た目ですが、やはりヴォル頭が断トツに目立ってしまっていますねw
ヴォル頭を使用した時点で、他の部位は何を使おうと関係無いと思います。

胴と腰にリブリーを使用しているので可愛らしいイメージが持てますし、ミニスカート+パンツ脚
という組み合わせも良いとは思うのですが、それでもヴォル頭の存在感には勝てません。

ヴォルを狩るための装備で、ヴォル頭を使用するというのは皮肉な感じがしますね^^:
この頭を被る事により、ヴォルの油断を誘えるという効果が実は存在していたりしてw

ガーベライト10

ちなみに、ヴォル頭を被ってガーベライトを装備してみますと、
意外な事に結構可愛らしく感じてしまいました (*^m^)

こうして見てみますと、ヴォル頭に大きなお花の髪飾りを付けているようですね。
ネタ扱いされる事の多いヴォル頭ですが、たまにはオシャレもしてみたい事でしょう。

ガーベライト11

実際にこの装備でヴォルと戦ってみましたが、耐震+2があると物凄く戦いやすいです。
やはり、ヴォルの振動に気を使う事無く、ガンガン攻撃できるのは大きいです。

まあ、ヴォルの脚にはあまりダメージが通りませんから、双剣向けの敵ではないですけどね。
それでも双剣で行かざるを得ない状況ですから、その辺は仕方ありません。

一応、脚を攻撃する事によってヴォルが転倒する機会も多いですし、
討伐するまで時間もそれほどかかりませんから、悪くはないでしょう。

ガーベライト12

討伐後、思いつきでヴォルにお花の髪飾りを付けてあげました。
あまり違和感がありませんねw


そのお花の       /⌒ヽ     ⌒ヽ
飾り、         /   ゚∀゚ )    ( ゚∀゚  |   ありがとう 
可愛いね     | U  /J    U U  |
           ~~~~~~~~~~~~

2頭の若い男女ヴォルが、こんな会話をしている場面を想像してみると、
ついつい笑ってしまいそうになります (*´∀`*)

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

北海道にアカムを呼ぼう \( `∀´)人(´ー`)人(´∇`)ノ カンゲイー

ただ今、シリーズクエストのベテランシリーズで、
新シナリオ「ディスカバリーリポート」が配信されております。

アトロ1
このシナリオをクリアする事により、防具の「アトロシリーズ」を手に入れる事ができます。
アトロシリーズはギアノスをイメージした色で、私は結構好きです。

ただ、アトロシリーズの性能は私にとってはイマイチで、使われる事はないと思います。
匠+2が付きますので、非課金派やMHFを始めて間もない人にとっては優秀かもしれません。

さてさて、「ディスカバリーリポート」のシナリオを進めるためには、
シリーズクエスト受付のミズキに話しかけ、依頼された内容をクリアしていかねばなりません。

今回、ミズキから依頼される課題は、①双眼鏡をミズキに渡す ②ギアノス7頭討伐 
③ドドブランゴ2頭狩猟 ④ヴォルガノス亜種1頭狩猟となっております。

②のギアノス7頭は、どのクエで達成しても良いので、候補は色々とありますね。
昨日ご紹介させて頂きましたが、オルガロンイベのついでにギアノスを倒しておくのも良いです。

ドドブラ2頭は、せっかくですのでHC下位ドドブラを2回クリアしました。
シナリオを進めるついでに、○○魂・序も手に入りますので一石二鳥です。

しかも、1回目の剥ぎ取りでHC素材の「雪獅子の砕牙」を剥ぎ取ってしまいました。
狙って狩った時は中々出ないHC素材ですが、今回の様に「ついで」で狩ると出てきたりしますよねw

こうしてシナリオを④まで終わらせたわけですが、その後に最後の依頼を受ける事になります。
その依頼ですが、アカムトルムを1頭討伐してきて欲しいというものです。

しかし、今までの依頼は「どのクエで達成しても良い」というもので、受注するクエは
指定される事がなかったのですが、このアカムの依頼だけは特殊です。

アカム特異個体1
「シリーズクエスト専用」の文字でお分かりの通り、ミズキから受注できるこちらの
アカムクエでなければ、認められません(そもそも、今週はアカムが配信されておりません)。

そして、このクエで登場してくるアカム自体が特殊であるという話は事前に耳にしておりました。
そこで、未知の強敵と対峙するという事で、安全にガードできるランスでの挑戦となります。

このクエで登場してくるアカムは、従来のアカムとは相当異なった動きをしてきますので、
特異個体アカムトルムという認識で問題無いと思います。

アカム特異個体2
開幕咆哮からのマグマ噴出は従来のアカムと変わりありませんが、地中から噴出してくる
マグマの規模は、上のSSでもお分かりの通り、かなりパワーアップしていますね。

このアカムは特異個体アカムという事で、咆哮を防ぐには超高級耳栓が必要となります。
ただ、咆哮の範囲は従来のアカムと同様に狭いですし、ガードもできました。

アカム特異個体3
ソニックブラストの発射時にも咆哮判定があり、驚いてしまいました。
ランスのせいで分かりづらいですが、耳を塞いでいるのが確認できます。

アカム特異個体4
特異個体アカム戦は、とにかくマグマがド派手であるというのが素直な印象です。
マグマは当たり判定が狭いので、あまり当たる事は無いのですが、迫力はありますね~

アカム特異個体5
そして私が一番驚いたのは、”超”咆哮です。
これを喰らっただけで体力が8割近くも減ってしまい、物凄い怖い技だと認識されられました。

咆哮から発せられるエネルギーが強大すぎて、アカムの周りに竜巻の様な物が発生しております。
しかも、この技を喰らうと防御力が低下してしまいますので、ご注意下さい。

一応、ガード性能+1でダメージを受ける事無くガードできましたが、
防御力低下は防ぐ事はできませんでした。

このクエの成功率を高めるためにも、忍耐の種等の防御力を上げるアイテムを持ちましょう。
幸い、この技を敢行する時の予備動作が大きいため、対処はしやすいです。

大きく息を吸い始めると、この咆哮をしてきます。
また、当たり判定が結構狭いようなので、距離をおくのも有効でしょう。

アカム特異個体6
また、特異個体アカムは通常のアカムと同様に尻尾振りも行ってきますが、
アカムから見て左から右へと、いつもとは逆の方向へ尻尾を振ってきます。

尻尾が通過した場所には火が灯り、その後マグマも噴出します。
もしかしたら、地面と尻尾との間で発生した摩擦熱が原因かもしれませんねw

アカム特異個体7
遠くへ行ってしまった後にソニックブラストを発射してくるのはいつも通りでしたが、
またまた一緒にマグマも噴出しております。

アカム特異個体8
その後、一斉に大爆発を起こすのですが、演出がド派手すぎますねw
特異個体アカムですが、とにかくマグマによる演出が印象に残りました。

ただ、先ほども申したとおり、マグマの当たり判定は緩いので、あまり脅威にはならないと思います。
SSで見ると物凄く怖い感じがしますが、実際に戦ってみると、マグマには殆ど当たらないでしょう。

このマグマが理不尽な当たり判定であったとしたら、ルコディオラの岩の様に
批判されてしまうのかもしれませんが、私は特に不満には感じませんでした。

現状では特異個体アカムとは1回しか戦っておりませんので、本評価はこれからになるでしょうか。
簡単に評価をするのなら、演出等も派手で楽しめましたので、良い出来であったと思います。

ちなみに、この特異個体アカムは連続して何度も受注する事はできません。
一度特異個体アカムを倒してしまうと、「ディスカバリーリポート」は一旦終了します。

つまり、再度特異個体アカムと戦いたいのなら、最初から
「ディスカバリーリポート」のシナリオを進めなければいけません。

「ディスカバリーリポート」は1週クリアする事によって、
アトロシリーズの剣士かガンナーのいずれかを作成する事ができます。

アトロシリーズを剣士・ガンナーと両方作成したいのなら、
「ディスカバリーリポート」を2週しましょう。

よって、特異個体アカムとは2回戦う事になるのです。
1週目は初見という事で安全にランスで行きましたが、2週目は双剣で行く予定です。

今回は特異個体アカムのお披露目式という感じでしたが、後々HCアカムも実装されるはずです。
F2直後から、HCアカム素材を使用する武器が明らかになっていましたしね^^

いつ頃HCアカムが実装されるのかは分かりませんが、MH3Gの発売により
人が少なくなる時期か、もしくは年末年始の頃になるのでしょうか。

「ディスカバリーリポート」の紹介絵に11月24日に新情報が発表されると書かれて
おりますから、そこでHCアカムに関する何かしらの情報が公開されるのかもしれません。

そういえば、遂に札幌でも雪が降り、積もってしまいました。
今では溶けてしまいましたが、これから冬に突入すると思うと、気が滅入ります。

しかし、アカムのマグマを発生させる力があれば、雪に悩まされる事も少なくなりそうです。
まあ、それ以上の被害も生むでしょうけどね (ノ∀`) アチャー

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

出張費は安くありませんよ~ (o´ω`o)

昨日から、ゲーム内イベント「地図の謎を解き明かせ!」が開催されております。
このイベントは過去も配信されておりましたが、その続編も追加されました。

その続編をクリアする事により、「ガルセイン(片手剣)」「グレンヴァイツ(ハンマー)」
「ジキール・ヒドラ(ガンランス)」を更に強化する事ができるというものです。

今週はイベントが多いので結構大変ですが、とりあえず
ガルセインの強化素材が手に入る「古塔を駆ける響狼たち」に挑戦してみました。

レア8以下の武器限定で、「カム・オルガロンの狩猟・頭部破壊・背中破壊」の
マストオーダーとなっております。

そしてクエストの名前からお分かりの通り、塔が戦いの舞台となっております。
今までオルガロンは沼と闘技場でしか登場してきませんでしたが、塔初登場となります。

オルガロン15
銀レウスと同じエリアが舞台となりますが、ここでオルガロンを見るのは新鮮です。
場所が変われど、この2頭はお構い無しにイチャイチャしていますねw チュッ (*  ̄)( ̄▽ ̄*)ゞ♪

オルガロン16
稀にですが、2頭のサイズ差が相当大きいオルガロンに遭遇する事があります。
上のSSの様に、カムが小さくてノノが大きい場合ですと、結構面白いと思います。

ここまでサイズの差があると、妻のノノの方が明らかに強そうですよねw
このカムは、ノノに頭が上らなさそうな感じがします m(_ _ )m ハハー

姉さん女房という存在は、人間だけではないという事でしょうか。
もしくは、ここまで大きさが違うと、母と息子という設定でも違和感は無いと思います。

さて、このクエではレア8以下の武器限定という縛りがある事に加え、
背中破壊が必須という条件がある所がいやらしいと言えるでしょう。

背中を攻撃する事ができる武器を使用する人がPTにいなければ、
背中を破壊する前に討伐してしまいそうです。

そこで、確実に背中を破壊するために、私は弓で挑んでみました。
弓であれば背中破壊は容易ですし、水竜弓【猛】という強力な武器が使用できます。

クエストをクリアするための条件は全てカム絡みですので、ノノは無視してしまいましょう。
2頭乱戦クエとなりますが、上位クエですので、それほど苦戦はしないと思います。

オルガロン17
無事にクリアした後は、帰還前の1分間でノノと遊んでいたりもしました。
旦那さんが捕獲されて、ノノもさぞかしお怒りの事でしょう。

昇龍弓を当てると、かなりのヒットストップが発生しますので、結構気持ちが良いです。
ちなみに、このクエで手に入る「凍てつく牙」を10個集めればOKです。

凍てつく牙は確定で1個手に入り、その他は基本報酬として
「凍てつく牙×1が1%、凍てつく牙×2が4%」の確率で手に入ります(FreeDomの小部屋様より)。

私は運悪く、このクエを5回やって、各1個ずつしか手に入っておりません (つω:)
そういう訳で、このイベはまだ終わっていない事になります。

ただ、私はグランドガルセインにまで強化するつもりはありませんので、
特にこのイベントを終わらせる事を急ぐ必要性はありません。

グランドガルセインは「攻撃350・氷620・会心15%」と剛種武器並みの威力がありますが、
剛ガロン武器の天狼剣【叢雲】がありますので、そちらで済むと思います。

グランドガルセインは、斬れ味ゲージが良くないのが残念ではありますね^^:
また、元々武器をしまうのが速い片手剣で親方印が付いても、あまり意味が無いでしょう。

それでも氷片手剣としては非常に優秀ですので、天狼剣【叢雲】を持っていないのであれば、
グランドガルセインにまで強化する価値は十分あると私は思います。

ちなみに、オルガロンエリアに入る前のエリアにギアノスがいますので、
シリーズクエストのイベント「ディスカバリーリポート」と並行しても良さそうです。

「ディスカバリーリポート」ではギアノスを7頭討伐してきて欲しいと依頼されますので、
その依頼を受け、ガロンと戦う前にギアノスを退治しておくと良いでしょう。

ついでに、「終着地点、そしてはじまり」にも一度だけではありますが挑戦しております。
こちらは、潮島にてパリアプリアと戦うという内容のクエストです。

パリアプリア11
先ほどのオルガロンと同様に、パリアプリアも新天地での登場となります。
生息地を峡谷から潮島に変えても、美味しいお肉が食べられるのですねw

パリアプリア12
今回は塔でのオルガロン・潮島でのパリアプリアでしたが、
いつもとは違う場所で戦えるようになるのは良い事だと思います。

場所が変わっただけでも、少なからず新鮮な気持ちが味わえますから、
これからも色々な場所にモンスターが出張してくれると嬉しいです (*^m^)

潮島1
そして、夜の潮島も、このクエで初登場となります。
昼の方が視界が明るいのでプレイしやすいのですが、夜は夜で静かな雰囲気が味わえますね^^

潮島は今後のアップデートにてエリア数が拡張される予定だそうですから、
この場所には今後も期待が持てます。

今の段階でもBCに塞がれた入り口が2個ありますが、早く先に進めるようになって欲しいです。
BCには塞がれた洞窟の入り口がありますが、中には何が待ち受けているのでしょうか (・・?)

==================================

「狩人御用達・至高の逸品セット」のイベントコード付
『3500 マイクロソフトポイント MHFバージョン』が11月23日に発売されます。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

「狩人御用達・至高の逸品セット」では貴重なアイテムが手に入りますので、
Xboxでプレイされている人にとってはお買い得だと思います。

Amazonでは「お一人様1点限り」と購入制限がありますが、ハンターバージョンと
モンスターバージョンの2種類ありますので、実質お1人で2点購入する事が可能です。

定価は5000円で、それ以上の値段がする場合は転売屋による販売となりますので、
購入の際はご注意下さい。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

狙った獲物は逃しませんよ~ (*^ ∋^*)チュンチュン

先日、第49回公式狩猟大会の結果が発表されました。
参加なさった皆様、お疲れ様でした ( ^-^)_旦""

今回の個人韋駄天の相手はヒプノック繁殖期でしたが、そもそもヒプノック系は戦っていて
あまり面白くありませんので、何となく嫌な予感はしていましたね~ ( ̄▽ ̄;)

防具は貸し出し・武器はレア5以下を使用という制限があり、
今回は弓のフルンブラッサムで挑戦してみました。

ヒプ繁殖期の腹の肉質は「弾90・雷30」となっておりますから、データ上では
フルンブラッサムで腹を連射撃ちするのが有効と思っていたのですが、甘く無かったです::

韋駄天270
そもそもヒプ繁殖期にソロで挑むと、殆どお尻を向けてくれません。
後ろ斜めの位置で尻尾の付け根辺りを撃ちたかったのですが、その機会が殆どありませんでした。

また、今回貸し出された防具にはランナーが備わっておりませんでしたので、
スタミナを消費しつつ溜めながら立ち回る弓での戦いにおいては、スタミナ管理が大変でした。

韋駄天271
そして私が一番イライラさせられたのは、ホーミングついばみです <^) ツンツン
ヒプ繁のついばみの精度の高さは異常なほどですw

先ほども申したとおり、弓の場合は溜めながらの戦いになる事が多いのですが、溜めながら
ついばみを避けようとすると、ギリギリの所でヒプ繁の脚に引っかかってしまうのです。

コロリン回避を使えば難なく避けられるのですが、そうすると、転がった分スタミナが消費されて
しまいますし、せっかく溜めていてもリセットされてしまい、また溜め直さねばなりません。

睡眠ブレスも、吐き出す直前までこちらに照準を向けてきますので、相当いやらしいです。
はっきり言って、私はヒプ繁をここまで攻撃精度が高い敵だとは思っていませんでした。

ソロで戦ってみると、今までとは違った一面を再確認する事ができる場合もあるのですね^^
そして私は今回の大会で、「ヒプ繁はやっぱり面白くない」という事も再確認してしまいましたw

そういえば、ヒプ繁は先日行われたモンスター人気投票にて最下位でしたね ( ゜ Θ ゜)ナンダト?
今回の件で、その理由が分かったような気がしますw

かなり前の話になりますが、ヒプノRシリーズが実装された当時は相当強い防具で、
その強化にヒプ繁素材を使用していた事から、多くの人がヒプ繁を狩っていた事と思います。

しかし今やヒプノRシリーズは使われる事がありませんので、ヒプ繁を狩る必要性はありません。
今後、ヒプノRXが実装され、それが相当強かったりしたら、少しはヒプ繁人気は高まるかも?

また、HCヒプ繁が実装されましたから、少しはヒプ繁の人気薄が払拭されるかと思いきや、
募集は殆ど見かけず、今の所は空気の様な存在ですね^^:

HCヒプ繁の素材は「眠鳥の純蒼毛(SR31~)」「眠鳥の輝蒼毛(SR51~)」 の
2種類ありますが、これらの素材は現在は有効な使い道が殆ど無い状態です。

こちらも、今後強い武器の作成に使用する事になったとしたら、
少しはヒプ繁人気が高まるかもしれません。

韋駄天272
最初の内はできるだけ腹を撃つ事を試みていたのですが、段々面倒になってきて、
中盤以降はずっとヤケクソ気味に昇龍弓ばかりをして遊んでいましたw

頭に上手く昇龍弓が当たるとヒットストップが発生しましたので、
ザックリ感が結構気持ちよかったように思えます。

ただ、それでもヒプ繁を楽しいと思える事はありませんでしたし、適当に戦いすぎた
という事もあり、討伐するまでかなり時間を費やしてしまいました (ノ∀`)

結局、挑戦したのはこの1回きりで、順位も300位台と散々な結果に終わっております。
韋駄天は適当にやりたい私にとっては、ヒプ繁は最悪な相手でしたw

韋駄天273
その他、猟団韋駄天の方にも挑戦しております。
バサルモスとドスファンゴの両討伐ですが、この組み合わせは記憶に無いですね~

2頭クエという事で乱戦になるかと思いましたが、バサルモスはいつも通り
地面に埋まっていましたので、普通に1頭ずつ戦え、事なきを得ております。

さてさて、今回の公式狩猟大会ですが、とんでもない自体になっておりました。
本来であれば、1日3回順位が発表されていたのですが、その順位発表が行われなかったのです。

過去にも途中経過の順位発表が遅れてしまった事があったと記憶しておりますが、
その時は今回ほど酷かったでしたっけ?

今回の不具合は、結局最終日の10時に修復したらしく(終了が14時)、
今現在の順位を随時確認したい人にとっては、相当頭にきていた事でしょう。

順位が発表されないと、今の自分の順位がどの位なのかが分かりませんから、
今選択している戦略が正しいのかの判断がしづらいというデメリットがあるでしょう。

きちんと順位が発表されていれば、「自分よりも順位が高い人が多いので、
違った戦法を試してみようかな」という判断に繋がる可能性もありますしね。

私の様にブログのネタにするために適当に参加しているような人であれば途中で順位が発表されて
いなくても全然問題ありませんが、本気で頑張っている人にとっては残念な出来事でしたね。

一応、公式狩猟大会の賞品である匠チケット・猟団ポイント・狩人祭の魂は補償されましたので、
結果的には今回の不具合で物理的に損をしたという人は殆どいないと思います。

ただ、物とかは関係なく、精神的に苦痛を受けた人はいらっしゃるかもしれませんので、
やはりこうした不具合の発生は避けて欲しいですよね。

今回の不具合に関して、発生した事はもちろん問題ですが、
個人的には発表の遅れなどの対応の遅さの方が気になりました。

不具合が発生した際、問題の解決が迅速になされる事がベストではありますが、
解決が難しくても、発表できる範囲で結構ですのでユーザーに知らせるべきだと思います。

今回の不具合に関し、公式で発表がなされたのは最終日となる月曜日の深夜でした。
土日は重要な社員が休日だったのかどうかは分かりませんが、発表は遅かったですね。

せめて、「順位が発表されないだけで、記録はきちんとなされておりますので、ご安心下さい」
というような発表が早い内に行われていたら、参加者は安心したと思うのですが。

「順位が発表されないという事は、記録自体が行われていない」という可能性も無くは無いので、
そう疑ってしまった人がいたとしたら、とても気の毒です。

そもそも、最初に今大会の種目が発表された時に、間違って違うモンスターが絵の中に
登場していたそうですが、結果論を言うと今大会は最初から躓いていたわけですね^^:

狩人祭とは違って、公式狩猟大会の参加者はプレイヤーの1割と少なめという事で、
先日の狩人祭の不具合よりは騒ぎになっておりませんが、やはりこの問題は感心しません。

個人的な見解をまとめますと、順位が発表されなかったという不具合はシステム上の問題だと
思いますので、ある程度は仕方がないと思います(あくまでシステムの素人の考え)。

しかし私が気になったのは、問題が発生した事よりも、発表などの対応が遅れた事です。
これに関しては、人によって意見は様々である事でしょう。

公式狩猟大会でも狩人祭でも、一番望ましいのは、問題を発生させない事ではありますけどね。
それに対する補償が行われたとしても、狩人祭の時の様に不公平感を招きかねませんから。

公式狩猟大会・狩人祭と不具合が立て続けに起こり、多くの人が不満を募らせていると
思いますので、運営・開発には今一度気合を入れて仕事をしていただきたいと願っております。

ついでにはなりますが、書き忘れていた第48回公式狩猟大会について。
個人韋駄天はババコンガでしたが、こちらも面白くなかったです^^:

韋駄天264
エリアチェンジしてしまう位置に居座られたりして、結構イライラしてしまいましたw
この大会も、300位以内にも入れずに大惨敗です。

韋駄天267
猟団韋駄天はクックとクック亜の両討伐で、こちらは結構楽しかったです。
2頭のポーズが揃っていて、物凄く息の合うタッグのようですねw

さて、次回は記念すべき(?)第50回大会となりますが、11月25日に開催されます。
新しい試みがなされる雰囲気もありますが、参加なさる方は頑張ってください^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

夫婦の愛の深さがオーラとなる♪ダーリン♪ヽ( 〃 ̄ω ̄)人( ̄ω ̄〃 )ノ♪ハニー

前回の記事にて、大剣魂・天を10枚集めたという事をご紹介させて頂きましたが、
それはHC剛種大剣を作成するためでありました。

「大剣魂・天が10枚必要」という時点で、何に使用するのかはバレバレですねw
HC剛大剣は現在は1本しか存在しておらず、それは天狼極剣【月蝕】となります。

HCオルガロン大剣1
天狼極剣【月蝕】はオルガロンの大剣で、「攻撃1296・氷670・会心30%・
スロット1・匠で紫ゲージ」という素晴らしい性能を持っております。

月蝕の前身である天狼大剣【月讀】は、はっきり言いまして使えない大剣でしたが、
HC剛武器として生まれ変わった事により、相当強くなりましたね^^

上のSSでもお分かりの通り、月讀に匠を付けても青ゲージが伸びるだけというのは
酷い扱いであったと思います (ノ∀`)

今まで、代表的な氷大剣としては剛デュラ大剣のフォルテペルフェット(攻撃1296・氷220
・睡眠120)がありましたが、月蝕はフォルテを超えているのは間違いありません。

フォルテには「匠無しでも白ゲージがある・匠を付けて発生する紫ゲージが月蝕よりも長い」
という利点もありますが、氷属性値と会心率の差で、やはり月蝕に軍配が上ると思います。

ただ、月蝕はレア12・フォルテはレア11という違いもあり、SR700以上にならないと
SRで月蝕が使用できませんので、大剣SR600台の人にとってはフォルテは現役でしょう。

HCオルガロン大剣2
月蝕の見た目ですが、オルガロンの武器に相応しく、フサフサ感がありますね。
しかし先端に巨大な牙の様な物があり、結構怖い印象があります。

HCオルガロン大剣3
そして月蝕はHC素材を使用した剛種武器という事で、
他のHC剛種武器と同様にオーラを発する所が特徴的でもあります。

他のHC剛種武器でサイズが大きめな武器の場合、オーラが一部にしか纏わず、オーラの量が
少ないと不満に思う物もありますが、月蝕の場合はオーラがほぼ全体を覆ってくれます。

これで、柄の部分にちょこっとだけ覆う程度のオーラであったとしたら、ガッカリしますよねw
派手さはないものの、ほぼ全体がオーラに覆われますので、手抜きにならなくて良かったです。

HCオルガロン大剣4
さて、せっかく月蝕が手に入った事ですし、試し斬りをしてみたくなります。
そこで、ラージャンと戦ってみました (ノ`ー´)ノ

HCオルガロン大剣5
やはり、ラージャンの尻尾を破壊するのには、大剣が一番やりやすいと私は思います。
この時はノーマルラージャンと戦いましたが、HCと比べると弱く感じてしまいました^^:

HCオルガロン大剣6
私の場合、大剣のSRが700を超えておりますので、思う存分月蝕を使用する事ができます。
大剣を使用する機会はそれほどありませんが、チャンスがあれば使っていこうと思います。

そういえば、剛種ゴゴモア相手に大剣でカウンター(ゴゴの糸移動で攻撃を当てる)
を上手に当てると、短時間でソロ討伐を果たす事ができるそうですね。

動画投稿サイトなどで拝見させていただきましたが、凄いと思いました(*^ー゚)b
そこで、作ったばかりの月蝕を用い、PT戦ではありますが剛ゴゴへ挑戦です。

ゴゴモア19
しかし、結局一度もカウンターを当てる事ができずに終わってしまいました (´□`川)
一応集中2を付けていったのですが、ゴゴの糸移動に上手く当てるのは難しかったです。

そもそも、PT戦ではターゲットが分散されてしまいますので、
カウンターで大剣の溜めを当てるのは向いていないですねw

今後、ゴゴモアへ行かなければならなくなった時ができましたら、カウンターで
溜めを当てる練習の意味もこめまして、大剣ソロに挑戦してみるかもしれません。

実を言うと、最近まで月蝕を作成するつもりはありませんでした。
その事については、7月25日の記事にて書かれております。

簡単にご説明いたしますと、月蝕よりも進化武器の天秤封剣・氷の方が強撃剣晶が使用できる分、
威力を発揮できることが多いと思っていたからです。

その考え方に関しては今もさほど変わっていないのですが、先日進化武器の双剣を作ってしまい、
gの貯蓄が少なくなってしまいましたので、天秤封剣・氷を作る事はおそらく無いと思います。

「それならば、月蝕の方を作ろうかな」と思い立ったというわけです。
月蝕を作成する際に不足していた物は大剣魂・天だけでしたから、作りやすかったですね。

天秤封剣・氷に食われた感が若干ある月蝕ではありますが、普通に使用する分には
相当強い大剣ではありますので、大剣がお好きな人であれば作る価値は十分あると思います。

ちなみに今現在、HC剛種大剣は月蝕のみとなっておりますが、
次にHC剛種大剣が追加されるとしたら、何になるでしょうね。

本命:ネブラグラディウス(ナズチ)、対抗:炎王大剣【暴君】(テオ)あたりでしょうか。
ベル・ドラ・パリアの大剣も微妙な性能ですので、候補に挙がると思います。

それでも、ネブラグラディウスが大本命の様な気がしますね~
剛種大剣唯一の攻撃力1152は泣けてきます (つω:)

仮にネブラグラディウスがHC化したとしても、龍大剣には進化武器がありますから、
あまり出番は回ってこないような気もしますけどね^^:

新しいHC剛種武器が追加されるのは、早くて来年2月予定のF3になるでしょうから、
それまでは月蝕を使用して、オーラを体感してみるのも良いかもしれませんよ^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

お馬さんを楽に狩ってみよう ~┬┬彡^・∋ ヒヒーン

つい最近の話になりますが、ある理由がございまして、
大剣魂・天が10枚必要になってしまいました。

大剣魂・天を10枚集めるためには、私自身が大剣を担いで
HC剛種クエを10回クリアしないといけません。

今では様々なHC剛種クエがありますので、どれに行こうか迷ったのですが、
手っ取り早く10回クリアしたかったという事もあり、キリンを選択する事にしました。

HC剛種キリンと言うと、黄金獣棍【狂】を作るために必要な「キリンの銀角」を手に入れるために
片手剣で挑み、物凄く苦労した記憶がございます(4月9日の記事参照)。

しかし、今では「大剣1・狩猟笛1・ボウガン2」という構成で楽に討伐できてしまいます。
つまり、HC剛種クエにて大剣が一番輝く場は、キリンという事になります。

私の場合、進化武器の大蛇ノ大鉈(派生前レベル100)を所持しており、更に
大剣のSRは700以上ですので、HC剛種キリン戦では十分に活躍できるのです。

HCキリン3
そこで、HC剛種キリン睡眠タメ4用の装備を組んでみました。
私がHC剛種キリン戦の大剣役を担うのは今回が初めてですので、スキルを充実させてみました。

ネットで大蛇ノ大鉈を使用した睡眠タメ4を色々と調べましたら、特4匠餓狼装備で
挑んでいる人ばかりでしたので、私も念のために特4匠餓狼にしております。

見切り4で餓狼を発動させる事により、会心率が100%になるという訳です。
※40%(見切り4)+10%(武器の斬れ味ゲージ補正)+50%(餓狼+2)=100%

見切り4を付けるのが厳しいのであれば、アイテムの「会心の砥石(キャラバンで購入可能)」
を使用する事により、会心率が10%上昇しますから、見切り3でも問題ありません。

ランナーと早食いは、迅速にエリア移動するのと、栄養剤で火事場を
発動させるのに役立ちますが、無くても大丈夫です。

剛種グレンゼブルの尻尾斬りの時も同様なのですが、自分が大剣を使うと、
自分の好きな時に求人区で募集できるのが嬉しいです^^

多くの人が、大剣の人が部屋を作るのを待ち構えている状況ですので。
そして大剣の人が抜けると、その部屋は大抵解散しますよねw

さて、先週は「剛雷(塔)」しか剛種キリンが配信されておりませんでしたので、
そちらに挑戦しております。

HC剛種キリンの睡眠タメ4は初体験という事で、事前に色々と調べておりました。
よって、これから紹介する内容は、全てそれらを真似した物となります。

最初に、寒冷区にてシモフリトマトと銀シャリ草(体力・スタミナ-50)の弁当を出しましょう。
大剣以外の人は、秘薬やこんがり肉で体力とスタミナを上げておくと良いと思います。

そしてクエが始まりましたら全員モドリ玉でBCへ戻り、エリア2へ移動します。
そこで、ガブラス2匹を倒しておきましょう(音爆弾があると良い)。

ちなみに、私は火事場を発動させてから、ガブラスを掃除します。
その方がすぐにガブラスを倒す事ができますしね^^

ガブラスを倒した後はキリンがやって来るまで待つ事になりますので、大剣は火事場発動・
強撃剣晶装填、ガンナーは睡眠弾装填、狩猟笛は旋律・睡眠剣晶装填をしておきましょう。

大低、2分経過して数秒~数十秒経つと、キリンがやってきます。
そうしましたら、ガンナーと狩猟笛がキリンを眠らせる事になります。

HCキリン6
キリンが眠りましたら、大体この辺りに睡眠タル爆弾等を置きましょう。
この頃には、3分経過して大剣の餓狼が発動していると思います(はらへり倍化大ありの場合)。

HCキリン4
そして大剣は怪力の丸薬を飲み、角を目掛けて溜め4を喰らわせます。
上のSSの位置ですが、少しキリンと離れてしまいました。

この時はSSを撮ろうとして配置に失敗してしまったのですが、もっとキリンに近づいて良いです。
そうしないと剣の中腹辺りをキリンの角に当てる事ができず、この時は先端でかする程度でした。

また、溜め4をする際には、溜めすぎにご注意下さい(3月28日の記事参照)。
丁度良いタイミングでボタンを離さないと、攻撃力が下がってしまいます。

HCキリン5
溜め4を喰らわせた後、先ほど設置した爆弾の位置にキリンが吹っ飛びますので、
ガンナーは睡眠弾を撃ちましょう。

キリンに睡眠弾が当たると同時に睡眠タル爆弾も爆発しますので、
2回目の睡眠はすぐに終わるはずです。

HCキリン7
2回目の睡眠の後、再度怪力の丸薬を飲み、溜め4を喰らわせると討伐完了です。
進化武器の大剣であれば、2睡眠で終わりますので、楽で良いですね^^

HCキリン8
この作戦のお陰で、サクサクと大剣魂・天を10枚集める事ができました。
ちなみに、10回やって2睡眠で終わらなかった事が2回ございます。

1回は先ほどご紹介した通り、SSを撮ろうとしてポジションを誤った時と、
もう1回は1睡眠目の時に餓狼が発動していなかったのに溜め4をしてしまった時です。

1回目の睡眠をとり、爆弾を置いて溜め4のポジションに着いた辺りに大体餓狼が発動していると
思うのですが、睡眠を早めにとれた時は、少し待たないと餓狼が発動しない時がございます。

そういう時は数秒待てば餓狼は発動しますので、慌てず確認しましょう。
そういったミスを犯さなければ、2睡眠+2回の溜め4で討伐できます。

大蛇ノ大鉈【燦然】であれば大剣も剥ぎ取り名人装備で行けると思うのですが、
大蛇ノ大鉈の場合ですと、剥ぎ取り名人でも2睡眠で終わるのかは分かりません。

ネット上でもゲーム内でも、大蛇ノ大鉈で剥ぎ取り名人の人を見た事がありませんから、
2睡眠では無理ではないかと思っております。

3睡眠で良いのなら、大蛇ノ大鉈でも剥ぎ取り名人を付ける事ができるでしょうが、
3睡眠になると面倒な事になる可能性がありますので、私は安全に2睡眠で行きたいです。

※追記:大蛇ノ大鉈でも、剥ぎ取り名人を付けて2睡眠で討伐出来るそうです

進化武器をお持ちでは無い人でも、3睡眠で討伐できてしまいますのでご安心下さい。
進化武器以外の大剣を使用して討伐している動画が投稿されているはずです。

おかげさまで、無事に大剣魂・天を10枚集める事ができました ヾ(*´∀`*)ノ゛
私が何故大剣魂・天を集めていたのかについては、後日ご紹介させていただきます。

ちなみに10回やって、一度もキリンの銀角と古龍種の腱を剥ぎ取る事ができませんでした::
キリンの銀角は2%ですから出なくても不思議ではありませんが、腱は出て欲しかったです。

「決戦場の剛き雷」は、古龍種の腱が報酬として獲得できますし、戦いの舞台が火山の決戦場
という事で移動のタイムロスが無い分、すぐに終わると言う素晴らしいクエでありました。

しかし、F2からは「決戦場の剛き雷」が実質廃止されている状況ですから、
今後キリンを狩るとなると、待ち時間が無駄とはいえ、塔で戦うしかないですね^^:

一応、「剥ぎの奥義・古龍種の腱」は火山の決戦場で戦えますが、
剛種チケットが5枚必要である事を考えると、あまり人は集まらないでしょう。

「決戦場の剛き雷」が廃止されるであろう事は予想しておりましたが、今になると、
もっと行っておけば良かったと少し後悔してしまいます。

ただ、HC剛キリンは今日ご紹介しました定番PTでの募集ばかりで、必要の無い魂を
集めたくない私にとっては、行きづらいものでしたので仕方ありません。

ただ今配信中の勝ち組ラオでは腱も獲得できますので、このクエに行く事のできる人は、
できるだけ多く行っておいた方が良いと思います。

==================================

「狩人御用達・至高の逸品セット」のイベントコード付
『3500 マイクロソフトポイント MHFバージョン』が11月23日に発売されます。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

「狩人御用達・至高の逸品セット」では貴重なアイテムが手に入りますので、
Xboxでプレイされている人にとってはお買い得だと思います。

Amazonでは「お一人様1点限り」と購入制限がありますが、ハンターバージョンと
モンスターバージョンの2種類ありますので、実質お1人で2点購入する事が可能です。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

完全に極楽へ行ってしまいました (*´人`*) チーン

ただ今、ゲーム内イベント「レッツ ノータッチ!」が配信されております。
このイベントは去年のアニバーサリーの一環として配信されており、約一年ぶりの配信です。

このイベントで肉球ランスを作成する事ができますが、去年手に入れる事が
できなかった人にとっては嬉しい配信であった事でしょう。

そして、「レッツ ノータッチ!」の続編として「シャルウィーノータッチ?」も
同時に配信されており、このイベにより、肉球ランスを更に強化する事ができます。

「シャルウィーノータッチ?」は初めての配信という事で、もちろん私も挑戦しております。
それでは、頑張っていきましょう~ ☆ミ(o*・ω・)ノ

肉球ランス1
「シャルウィーノータッチ?」のクリア条件は「メラルー30匹の討伐・爆弾6個の破壊」と
一見簡単そうに思えますが、上のSSでもお分かりの通り、ティガレックスも登場します。

防具は強制的にイーリスピアスSP+オルケシスシリーズとなり、ティガの攻撃で
体力が相当減ってしまいますので、油断をしていると死んでしまうでしょう。

爆弾破壊も必須となりますが、ティガの岩攻撃で勝手に壊れる事が多いので、
爆弾を無視してメラルー狩りに専念しても良さそうです。

肉球ランス2
武器も片手剣のシエロクワトロが貸し出されますが、これはリーチ極短の片手剣ですので、
きちんと狙いを定めないと、小さいサイズであるメラルーに攻撃が当たりません。

リーチ極短の片手剣を使用した事が無いという人は少なくないと思いますが、
このイベを機に、リーチ極短片手剣の扱いの難しさを体験していただければと思います。

肉球ランス3
今回貸し出されるオルケシスシリーズですが、ほぼ一式装備するのは初めての事です。
今まで、弓装備(8月13日の記事参照)としてオルケシス腰を使用しただけですので、新鮮でした。

オルケシスはシャッセの色違いですが、こうして装備していますと可愛らしいデザインですね^^
しかし、オルケシスもシャッセも性能がいまいちですから、使う機会が無いのが残念です。

肉球ランス4
ちなみにオルケシスの脚部位は、このようになっております。
ドロワーズっぽいデザインで、普通の下着だともっと良かったですね^^:

肉球ランス5
「ビリビリする爪」を10個集めると、大丈夫です。
油断をせず、被弾時に回復を怠らなければ、クリアする事は難しくないでしょう。

肉球ランス6
こうして、肉球ランス【よん?】から肉球ランス【ご?】へと強化する事ができます。
麻痺ランスとしては、かなり優秀な部類に入るでしょう。

そこで、他の麻痺ランスと比べてみました。
比較対象は、緋猛槍【仙道】と浮岳槍【極楽浄土】です。

肉球ランス7
これは私の見解ですが、麻痺ランスとしては剛ゴゴランスの仙道が抜きん出ていると思います。
攻撃力の高さ・斬れ味ゲージの優秀さ・リーチの長さ・スロットの多さと、素晴らしい性能です。

一方、肉球ランスは攻撃力こそ仙道と互角ですが、リーチ中と長とでは扱いやすさが
相当違ってきますし、斬れ味ゲージも相当仙道に劣ります。

麻痺属性値は10・スロット数は1個、肉球ランスが上回っているとはいえ、
それは誤差の範囲だと思います。

リーチの差・斬れ味ゲージの差は、覆りようのない程の差ですので、
SR600を超えている人であれば、絶対に仙道を使用した方が良いでしょう。

そもそも、肉球ランス【ご?】はF1中に登場する予定の物でしたから、
その予定通りに実装されていたら、結構活躍できたと思うのですけどね~  ̄ω ̄A;アセアセ

F2で仙道が実装されてしまい、肉球ランス【ご?】の実装が遅れてしまった事により、
主役になりそこねたと言っても過言ではないでしょう。

ただ、肉球ランス【ご?】はレア9ですので、SRが400~599の
人達にとっては利用価値の高いランスであると思います。

また、肉球ランス【ご?】は親方印の武器ですので、武器を収める速度が速いのは良いですね。
ランスの場合、武器を収める速度が遅めですので、これは何気に嬉しいでしょう。

「レア9・武器スロット3・親方印」の3点に魅力を感じる人であれば、
作成する価値は十分高いランスであると私は思います。

ここでようやく話の中で登場してくるのが、剛ヤマツランスの極楽浄土です。
はっきり言いまして、極楽浄土の出番はもうありません(私の場合)。

剛種武器であるにもかかわらず、攻撃力529は物足りなさすぎです。
リーチも通常ですし、斬れ味は紫こそありますが、すぐに無くなってしまいます。

麻痺属性は3本の中で一番高いですが、それも誤差と言っても問題ないでしょう。
極楽浄土が実装された当時は、「かなり良いランスが追加された」と喜んでいたのですけどね~

新しく登場してくる武器には敵わないというのは仕方の無いことですが、
時代の流れを感じてしまいます (つ∀-)

話をまとめますと、麻痺ランスとしてこれの3本を比較した場合、
仙道>肉球>極楽浄土という位置付けになるかと思います。

にくきゅうランス1
結局、肉球ランスは仙道には敵わないという事になりますが、
それでも見た目は一番良いと私は思っております。

2010年12月8日の記事でも肉球ランスについて書かせて頂きましたが、
肉球ランスは使っていて非常面白い武器であります。

「仙道を持っていて、SRも600を超えているから、肉球ランス【ご?】を作る事は無い」と
思っている人がいたとしても、「シャルウィーノータッチ?」をスルーするのは勿体無いと思います。

イベント系の物は見逃すと手に入らない物も多いので、可能であればクリアしておきましょう。
また来年、肉球ランス【ろく?】が実装されるかどうか、期待しておきます^^

==================================

昨日(11月10日)、拍手コメントにて非表示コメントをして下さった方へ

お心遣いは本当に嬉しいのですが、いただくわけにはまいりません。
あなた様の善意による物だとは存じておりますが、何卒ご了承下さい。

また、応援していただきまして、ありがとうございました。
これからも頑張らせていただきます。

==================================

「狩人御用達・至高の逸品セット」のイベントコード付
『3500 マイクロソフトポイント MHFバージョン』が11月23日に発売されます。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

「狩人御用達・至高の逸品セット」では貴重なアイテムが手に入りますので、
Xboxでプレイされている人にとってはお買い得だと思います。

Amazonでは「お一人様1点限り」と購入制限がありますが、ハンターバージョンと
モンスターバージョンの2種類ありますので、実質お1人で2点購入する事が可能です。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

悪い女よりも、バチバチとした刺激が好き!?(((((*ノДノ) ヒドイワ

私はラヴィエンテにあまり行っていないという事は9月20日の記事で書かせて頂いた通りですが、
誰でもパローネ開催中に集中的に通う事がありましたので、ある程度のgは所持しております。

そして、今まで貯め込んできたgを使う事を、遂に決意いたしました。
何に使うのかと言いますと、双剣の大蛇ノ双剣です (っ´∀`)っ

進化武器双剣2
この双剣が実装されてから、ずっと興味はあったのですが、今まで作成する事を見送ってきました。
それは、派生前レベル100にまで強化するためには、256540gも使うからです。

256540gは、ラヴィへあまり行かない私にとってはとても貴重なもので、
迂闊には手が出せなかったのですよね~

龍双剣は炎妃双【悪女】を持っていれば十分でしたので、貴重なgを
大量に使用してまで、大蛇ノ双剣は作成しなくてもよいと考えていたのです。

しかし先日お知らせしたとおり、私は双剣の秘伝防具を作成する事に決めましたので、
これから数え切れないほどのHCクエへ双剣で挑む事になります。

そうなりますと、これから龍双剣を使用していく事も多くなるでしょうが、
悪女を使用していると、どうしても斬れ味ゲージに物足りなさを感じてしまうのです。

悪女は長めの紫ゲージがありますので、瞬間火力は相当高いという認識で間違っていないと
思いますが、紫ゲージが無くなった後は青ゲージになり、その青もすぐに緑になってしまいます。

つまり悪女を使用していると、クエ中に研ぐ作業がどうしても避けられなくなってしまうのです。
一方、大蛇ノ双剣の斬れ味ゲージは素晴らしい物があります。

紫ゲージの長さは悪女には敵いませんが、白ゲージが相当長いので、
研ぐ作業が殆ど必要なくなります(後ほど両者のゲージを比較します)。

悪女を使用していると「隙を見て研がなければ」という事に気を使わなければいけないのですが、
大蛇ノ双剣はその心配が殆どありませんので、非常に扱いやすい双剣であると言えるでしょう。

そういう訳で、今後は双剣で物凄い数のHCクエへ行く事になったのですから、
ここは思い切って大蛇ノ双剣を作ってしまおうという結論に達したのです。

昨日の記事の中でも、大蛇ノ双剣を使用しているSSを載せておりましたから、隅々まで
お読みの人は「大蛇ノ双剣を作ったんだな」とお気付きになっていた事と思います。

進化武器双剣3
もちろん、進化武器を作成するからには、派生前ですがレベル100にまで強化しております。
バチバチと光を発している所も格好良いですね ∩( ´∀`)∩

『「進化武器を作成するからには」なんて言葉は、派生後レベル100まで強化してから使うべき』
と仰る人もいるかもしれませんが、私には派生前レベル100で精一杯です ┌┤´д`├┐

さて、先ほども話題に上りましたが、龍双剣としては悪女が多く使用されております。
そこで、大蛇ノ双剣と悪女を比較してみましょう。

進化武器双剣7
大蛇ノ双剣と悪女の攻撃力は共に350と互角で、龍属性は大蛇ノ双剣が20上回っております。
しかし、悪女には会心10%がありますから、数値の上ではシンプルに悪女が強いと言えるでしょう。

ただ先ほども申した通り、両者の斬れ味ゲージを比べると圧倒的に大蛇ノ双剣の方が優秀です
ので、悪女に瞬間火力で劣ったとしても、研がずに絶え間なく攻撃できる点では利点となります。

スロットは悪女に2個ありますので、これも比較対象にはなりますが、私は基本的に武器スロを
頼った装備を組みませんから(○○専用装備は除く)、スロットはあまり気にはなりません。

また、大蛇ノ双剣はレア12・悪女はレア11という違いもありますので、
SR600台の人は、悪女を使用した方が良いでしょう。

私の場合、斬れ味ゲージの差を考慮して大蛇ノ双剣を主な龍双剣として選択しましたが、
悪女の方が良いという人もいらっしゃると思いますので、その辺は個性で良いと思います。

大蛇ノ双剣を作成した事により、悪女は殆ど使われなくなる事になるでしょうが、武器スロット
2個を目当てに悪女の出番が来る可能性もありますので、産廃とまではいかないはずです。

ちなみに、剛ルコ双剣のニゲル=ニンブスは、大蛇ノ双剣と殆ど同じ性能を持っております。
攻撃力・斬れ味ゲージ・会心とスロット無しという点で、全く同じですね。

属性値も殆ど変わりませんから、大蛇ノ双剣とニンブスを
2本とも持つ意味は殆ど無いと思います。

よって、悪女の斬れ味に不満を抱いている人は、大蛇ノ双剣か
ニンブスのいずれかを作成するのが良いでしょう。

ラヴィエンテに全く行かないという人であれば、ニンブスの方を選択するかもしれません。
ただ、ニンブスに強化するためには古龍種の髄が必要で、今は強化する事ができません。

しかも、古龍種の稀玉を5個使用しますので、大蛇ノ双剣より辛いという人もいらっしゃるでしょう。
この2本は狩りの進め方によって作成難易度が変わりますので、作りやすい方を選択して下さい。

ニンブスに麻痺属性30が付きますが、PTに麻痺蓄積を計算する麻痺役の人が
いらっしゃった場合は、使用しない方が良さそうな気がします。

麻痺属性30はちっぽけな数字ですが、3分の1で発生する状態異常エフェクトを引きまくって
しまうと、双剣の手数の多さも相まって、麻痺のタイミングがずれる可能性もありますので。

私は既に大蛇ノ双剣を作ってしまいましたので、ニンブスを作成する事はありませんが、
ニンブスの格好良さは実を見張るものがあります。

いつになったら古龍種の髄が実装されるのかはわかりませんが、
ニンブスを作成する事を決めている人は、髄の実装が待ち遠しいでしょうね。

進化武器双剣4
さてさて、既に大蛇ノ双剣をクエで使用しておりますが、これは物凄く扱いやすいです。
悪女を使用している時と比べて、研ぐ回数が間違いなく減りました。

クエによっては、一度も研ぐ事無く討伐できてしまう事も多々あります。
それだけ、大蛇ノ双剣の白ゲージの長さは伊達ではないという事になります。

進化武器双剣5
例えばHCデュラガウアと戦う場合、悪女だと斬れ味が早い段階で青以下になり、
攻撃チャンスを潰してまで研ぐはめになったりしますが、大蛇ノ双剣はそうではありません。

研ぐ手間が省けるという事は、その分攻撃に専念できるという事になりますので、
その利点を活かす事ができれば悪女よりもダメージを多く与える事ができるでしょう。

ただ、全ての場合において大蛇ノ双剣が良いと思っている訳でもありません。
例えば、敵によっては誰も近づく事ができない状況になったりする事があります。

例として、エスピナス亜種の溜め中は近接は手持ち無沙汰になりますので、
そういった時に武器を研ぐ事が多いでしょう。

そういった敵と戦う場合は、攻撃チャンスを潰す事無く武器を研ぐ機会が多いので、
悪女の紫ゲージを維持しながら戦う事は難しくなくなります。

常に紫ゲージを維持できるのであるのなら、悪女の方が強いですしね。
つまり、状況に応じて両者の武器を使い分ける柔軟性を持っていた方がお得だと私は思います。

進化武器双剣6
とりあえず、私は大蛇ノ双剣を主に使っていく事になります。
これからHCクエへたくさん行かなければなりませんから、心強い相棒になってくれる事でしょう。

補足ですが、大蛇ノ双剣は進化武器ですので、強撃剣晶を装着する事ができます。
強撃剣晶を装着する事により、攻撃力を更に高める事も可能です。

しかし、強撃剣晶は1回のクエで30個までしか持って行く事ができず、手数の多い双剣では
あっという間に使い果たしてしまいますので、強撃剣晶とはあまり相性が良くないですね^^:

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ウナギに食べられ、犬に食べられ (゚◎゚)∋ウナー Uo・∇・oU ワンワン

本日、第45回狩人祭が幕を閉じました。
参加なさった皆様、お疲れ様でした ( ^-^)_旦""

狩人祭187
今回は紅組に振り分けられましたが、残念ながら負けを喫してしまいました (つω:)
×○○×××○○×××○○○○○○×○○××○○○××○○×○×○○××○×○○× (23勝18敗)

狩人祭188
個人成績は入魂数が5000を超え、結構頑張ったと思います。
今回は古龍の章という事で、シクレ(ボーナス試験)で獲得できる魂が多かったのが要因でしょう。

今回のシクレは獲得できる魂の数が49か99と定められておりましたので、
運良くシクレに出会えると、短時間で多くの入魂を果たす事ができたのが嬉しかったですね^^

剛種テオのシクレが配信された時、私はHCクエでの募集に参加させていただきました。
個人的には、HCクエにする事ができるクエは、できるだけHCにしたいもので。

狩人祭181
昨日の記事でも書かせていただいた通り、私は双剣の秘伝防具を作成する事に決めましたので、
今回のシクレ(HCクエの場合)では全て双剣で参加させていただいております。

双剣でHC剛種テオに参加するのは物凄く久し振りの事でしたので、かなり怖かったです。
ただ、緊張感を持って戦えるのは楽しいですし、HCテオは面白いのが良いですね。

この時は装備自由部屋にお邪魔させていただいたのですが、とても楽しかったです^^
しかし、このシクレでかなりくだらない失態を見せてしまいました (゜ロ゜)

テオタックルを喰らい、根性で生き延びた人がいらっしゃって、「このままだと
テオの熱で死んでしまいそう」と思った私が生命の粉塵を使おうとしたその時です。

慌てていたためか、アイテム選択を誤り、生命の粉塵を使うつもりが、
戦闘復帰玉を使ってしまったのです Σ(・oノ)ノ

全員が同じエリアに集結している時に戦闘復帰玉を使用しても意味が無く、
ただ同一エリア内でワープするだけです。

そしてよりによってテオの真ん前に私がワープし、その直後にブレスを敢行してきて、
なすすべなく喰らって私は死んでしまいました ヽ(ヽ>ω<)

HCクエの場合、自分が死んだ直後に討伐を果たすと剥ぎ取れない可能性がありますので、念の
ために戦闘復帰玉を持っていくようにしているのですが、思わぬ所で裏目に出てしまいましたw

剛テオの場合(通常でもHCでも)、構成次第では結構時間がかかったり、クエストが
失敗する危険性もありますが、迎撃ヤマツカミは難易度が低く、魂を稼ぎやすかったですね。

迎撃ヤマツでは私が求人区に部屋を建て、笛1ランス3で連戦しておりました。
このクエは難しい事は何もありませんので、気楽に連戦できるのが良かったと思います。

狩人祭182
この時はくろくろ【クゥーン】を使いましたが、この絵は面白いですねw
私がヴォルガノスに食べられ、それを更にカム・オルガロンが食べております。

狩人祭183
それが一転して、この場面ではヴォルガノスがカムを捕らえている様にも見えます。
こうしたモンスターをモチーフにした防具や武器は、見ていて面白い所が評価できます。

そういえば、前回の古龍の章でも迎撃ヤマツがシクレとして配信され、
その時は99魂だったのですが、今回は49魂に減らされてしまいました。

49でも十分嬉しいのですが、99と比べると少し物足りなく感じてしまいますね^^:
ただ、他のシクレとのバランスを考えて、今回は49に減らしたという事なのだと思います。

狩人祭184
そして剛クシャシクレの時は、当然の事ながらHCクエでの募集に参加です。
双剣でHC剛クシャと戦うのは初めてで不安でしたので、念のために根性を付けていきました。

根性に関しては否定的な意見をお持ちの人も多いとは思いますが、この時はシクレという事で、
皆さんがたくさん回数をこなしたいという状況ですから、死ぬのは極力避けなければなりません。

案の定、私は対HC剛クシャにて双剣での戦いに慣れていない事もあり、序盤は根性に
助けられた場面がありましたので、根性を付けたという選択は正しかったと思います。

ただ、慣れてくると咆哮のタイミングやスタミナの管理の仕方が徐々に分かってきますので、
このシクレも連戦していてとても楽しかったです。

狩人祭185
鋼龍の暴殻も1個ですが剥ぎ取れましたし、双剣魂・天や入魂数も相当稼げましたので、
私としては大満足です (v^ー°)

狩人祭186
そして下位オオナズチもシクレとして配信されておりましたが、
こちらももちろんHCクエにして、双剣で参加しております。

この時は通常では扱いづらいリーチ極長の氷雪双牙【氷河】を使用していましたが、
オオナズチは体が大きく、攻撃が当てやすいので、相性は良かったと思います。

ただ、HCナズチは緑の泡のような物を辺りに撒き散らし、それに触れると
スタミナが無くなってしまい、鬼人化が解除されてしまうのがいやらしいですね^^;

他の武器であれば強走薬を飲めば全く問題はありませんが、双剣を使用している場合は
そうもいきませんので、スタミナの管理には多少気を使います。

そこで、HCナズチに対しては10月9日の記事でご紹介させて頂きました
「スタミナ急速回復【小】」が付いた装備を使用しております。

スタミナ急速回復【小】を付けていれば、緑の泡に触れてしまってスタミナが失われても
すぐにスタミナが回復し、迅速に鬼人化を発動させる事が可能というわけです。

このクエは下位という事もあり、剛種とは違ってリラックスして臨めますし、気楽に49魂を
稼ぐ事ができる上に双剣魂・序もたくさん集める事ができたという意味では良いシクレでした。

さて、今回の祭は残念ながら負けてしまいましたので、楽しみにしていた
勝ち組ラオやストレガFXは夢へと消えました。

今回は物凄く勝ちたかった回ではありますので、負けてしまった事に関しては
素直に残念に思いますが、勝敗につきましては運ですので、仕方がありません。

勝敗を抜きにして振り返ると、入魂数が稼ぎやすかった事に加え、私個人の都合ではありますが
双剣魂もたくさん集める事ができましたので、結構良い祭だったと思っております。

前回の古龍の章は物議を醸した物となってしまいましたが、
今回は前回の反省点を色々と活かしていましたしね。

古龍の章では入魂数を稼ぎやすいという事で、祭ポイントの上限を増やしたのは良い事だと
思いますし、シクレの配信スケジュールも前回とは異なり、一応考えられてはいたと思います。

さすがに、今回は火曜日の夜に99魂のシクレは配信してこなかったですねw
その点においては、前回と同じ轍を踏まなかったという事で評価したいです。

さてさて、今回の古龍の章ではきちんと調整が計られていたと思いきや、
またまたとんでもないミスをしてしまいましたよね~

迎撃テオで31+18(テオ討伐分)で49魂と設定したつもりのシクレが、途中でテオが
逃げ出してしまって討伐できないため、31魂しか獲得できないという問題が発生しました。

この問題に対して公式でも発表がありましたが、「また、やらかしたか~」と思ってしまいました。
これはシステム上の不具合ではなく、100%人為的ミスと言えると思います。

シクレを選抜した担当者は、「下位の迎撃テオは途中で逃げ出す」という事を知らなかったのか
忘れていたのかは分かりませんが、間違いなく恥ずかしいミスです。

ただ、個人的にはシクレ担当者のみを責めるつもりはなく、「ミスは誰にでも起こりうる」
というのを十分承知しておりますから、過去の不始末にも寛大に捉えてきたつもりです。

問題は、一人(もしくは複数)が犯したミスを、他の誰かに気が付かれる事無く実行され、
ユーザーからの声で初めてミスに気が付くという、チェック体制の甘さだと思います。

最近行われた韋駄天においても問題が発生し、今後の対策として色々と書き綴っていましたが、
その直後に今回の問題が発生しましたから、これは大失態だと罵られても仕方が無いでしょう。

「反省の言葉は、もう聞き飽きた」とお思いの人は結構多いはずです。
文面や口先だけの反省よりも、私が望んでいるのはしっかりと仕事をして欲しいという事ですね。

一応、今回のミスのお詫びとして褒賞を増やすという措置を取ってくれましたが、
「ミスを犯す→お詫びとして補償します」の流れは飽きましたw

今回は補償は無いと思っていましたので、褒賞が増えた事に関しては棚ぼたではありましたが。
個人的には、勝者敗者共に勝ち組クエへ行ける様にしなかったのは妥当だと思います。

私自身、勝ち組ラオに行った事が無いですし、ストレガFXも作れない側の人間ですので、
「両者勝ち組クエへ行ける様にしろ」と言い出す人の気持ちは分からないでもないですけどね。

ただ今回のミスは、勝敗に直接影響を及ぼしたと100%断言できるというほどの物では
ありませんから、勝ち組クエを安売りしなかったのは妥当であるというのが私の見解です。

まあ、今回のミスにより、勝敗の結果が入れ替わっていた可能性が、
もしかしたらあったかもしれないとお考えの人もいらっしゃるでしょう。

今回の様なつまらないミスを犯すと、そういった疑いを持ってしまう人がどうしても現れてしまい
ますので、誰もがすっきりとした気持ちで祭を終えられるよう、やはりミスは避けて欲しいですね。

私になりに今回の祭を総評しますと、つまらないミスにより祭にケチが付いたのは事実ですが、
たくさん入魂できて、更に双剣魂もたくさん集まったという事で、結構有意義な祭ではありました。

5月26日の記事でも書かせて頂きましたが、私は古龍の章という企画に対しては概ね好意的に
捉えておりますので、今後もたまにで良いので開催していただきたいと思います。

負けてしまったのは、ただ単に運が悪かっただけと思っています。
また次回、勝てるように頑張りたいですね^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

高級バケツを被る決意をいたしました [ --]

先日、「弓の秘伝防具のラピス作成と並行して、新たな秘伝防具作成に着手します」
と書かせていただきました。

新たな秘伝防具に手を出す事に関してはさほど悩まなかったのですが、
「どの秘伝防具を選択するか」について、相当悩みましたね~ ( ̄▽ ̄;)

もっと細かく言いますと、双剣のアメジストとハンマーのエメラルドの、
いずれかを選択するかで非常に迷いました。

まず双剣のアメジストが候補に挙がった要因ですが、私個人が双剣を扱っていて
とても楽しいというのが理由の一つであります。

また、双剣という武器自体が強いのに、アメジストの性能も素晴らしいというのも大きいです。
全部位をアメジストFXに強化しますと、双剣技【双龍】が発動します(以下:双龍)。

双龍は『双剣の攻撃力が1.2倍に上がり、攻撃がはじかれなくなる。
また、鬼人化中にモンスターを攻撃するとスタミナが3回復する。』という効果があります。

つまり、通常の防具であれば鬼人化中にスタミナは減っていくだけですが、双龍ですと
実質スタミナの減りが緩和される事になりますので、鬼人化を長い間保つ事ができるのです。

この効果は、双剣と目茶苦茶相性が良いですよね (・∀・。)
多くの人がアメジストを作成していると思いますが、納得の性能です。

ただ、アメジストに限らず近接の秘伝防具全てに言えるのですが、
匠を付けづらいという欠点もございます。

双剣以外の近接武器の場合、匠を付けなくても標準で白ゲージや長い青ゲージを
持っている武器がそこそこありますので、匠が無くてもあまり影響はありません。

しかし双剣の場合、匠を付けないと斬れ味ゲージが悪すぎる物が殆どですので、
普通の双剣と匠無しアメジストとの相性は物凄く悪くなってしまいます。

そのため、匠無しでも標準で白ゲージを持ち、白ゲージが無くなった後も長い青ゲージを
持っている進化武器の双剣が、アメジストとセットで多く使われる事になります。

アメジストをクエで使用している人の多くは、大蛇ノ双剣【燦然】を使っていますね。
アメジストの威力を最大限に発揮するためには、進化武器を持っていた方が良いのは事実です。

しかし私はラヴィエンテに殆ど行きませんし、秘伝防具作成と進化武器強化を並行して進める事は
無理ですので、アメジストを作成したとしても、使いこなせるかが少々疑問になってしまいます。

場合によっては、アメジストに匠珠や匠カフを詰めて匠を発動させるという
選択肢もあるかもしれませんが、その辺りは今の所は深く考えておりません。

また、アメジストの見た目がどうも好きになれないというのもマイナスの材料です。
胴・腕・腰・脚は良いのですが、バケツの様な頭はどうしても好きになれません (つдT)

一方、ハンマーのエメラルドですが、ハンマーは匠無しでも優秀な斬れ味ゲージを
持つ物が多いので、スキル面に関しては特に悩む必要はないかと思います。

シンプルに、エメラルドには剛力珠を詰めておけば良いでしょう(基本形として)。
そして、エメラルドの見た目は物凄く魅力的です (*^m^)

アメジスト3
右がエメラルドですが、これは相当インパクトのある見た目ですよねw
これは好みが分かれる所だと思いますが、私は評価したいです。

エメラルド頭はヴォル頭に通ずるものがあり、パッと見は良くないと思われそうですが、
じっくりと見てみると、憎めない面白さがあると私は思います。

この頭を被って狩りをすると、ただそれだけで楽しくなれそうでしたので、
この事もエメラルドが作成の候補に挙がった要因の一つであります。

左の防具がアメジストでして、先ほども申しましたが、あまり好みではありません。
せめて口元を隠さないデザインだったら、少しはマシだったような気がするのですが (ノ∀`)

アメジスト4
ちなみに他の秘伝防具のデザインを見てみますと、多くの頭のデザインが好きになれません。
ガーネット・ラピス・エメラルドは悪くないですが、他のは好みではないですね~

また、エメラルドFXに強化するためにはHCバサルモス変種の「岩竜の厳殻」が5個
必要なのですが、私は6個所持しており、素材集めを気にしなくて良いという事情があります。

HCバサルモスは弓で行くとただの的で、弓魂・極集めのためにたくさん狩っていましたので。
しかし、ハンマーとHCクエはあまり相性が良くないという不安材料もございます。

HCクエに登場するモンスターはスタン耐性値が高く、中々スタンを取る事ができません。
私は、ハンマーの醍醐味はスタンを取る事だと思っておりますので、これは厳しいです。

色々と考えましたが、どの秘伝防具を作成するかを遂に決めてしまいました。
私が次に作成する秘伝防具は、双剣のアメジストです ( ゚∀゚)ノ゙

最終的に決め手になったのは、どちらが使っていて楽しいかという事です。
ハンマーも大好きな武器種ではありますが、どちらかというと双剣の方が好きと言う事になります。

秘伝防具を作成するためには、これから数え切れない程の回数を
同じ武器でこなさなければなりません。

私は楽しみながら秘伝防具作成を進めていきたいので、使っていて
楽しい武器を選択するのは間違ってはいないと思います。

ガーネット→ラピス(作成は今後も継続)→アメジストと、秘伝防具作りが移り変わって行く事に
なりますが、ラピスもアメジストも、多くの人が作成している物ではありますね。

しかし私の場合、「ただ単純に自分が作りたかったから」というのが理由ですから、
他の人が多く作っているからというのは全く関係ありません。

そういえば、ガーネット作成を一旦終え、2着目の秘伝防具を選択する時にアメジストか
ラピスかで迷いましたから、今回アメジスト作成を決めた事は自然な事なのかもしれません。

これからアメジスト作成を進めていくと決めた以上は、頑張っていきたいと思います。
ただ、ガッツリと進めていくつもりはありませんので、急がずマッタリと進めますけどねw

アメジスト作成は既に始まっておりますが、ラピスも進行中でして、弓と双剣を
バランス良く使用していく事により、魂集めを飽きずに進めていけるのが嬉しいです。

先日も書かせて頂きましたが、一つの秘伝防具の完成を焦るあまり、同じ武器ばかりを使用して
いると飽きてしまいますので、楽しく遊ぶために複数の秘伝防具を進める事は悪くないと思います。

「秘伝防具を完成させた」という「結果」を目指して頑張る訳ですが、
「楽しく秘伝防具作成を進める事ができた」と思えるための「過程」も大事だと私は思いますので^^

アメジスト1
さて、アメジストFXに強化するためには「轟竜の裂爪」が5個必要ですので、
求人区でHCティガレックス変種部屋を見つけましたら、積極的に参加するようにしております。

アメジスト作成のためにはHCティガ変種は避けて通れない相手ですので、
双剣を使う人が集まり、大体双剣4という構成になりますねw

全員でHCティガ変種の後ろ脚を攻撃していればティガは転倒を繰り返し、
3ラスタ安定(早ければ2ラスタ)とサクサク進めていけますので助かります。

アメジスト2
そして、人生初となる「轟竜の裂爪」を入手する事ができました ヾ(*´∀`*)ノ゛
必要となるHC素材は、魂集めをしている過程で集まっているとは思いますけどね。

ちなみに、前回の記事の中でも書かせていただきましたが、私は装備の一張羅を
あまり好みません(ラピスの様にそれが一番強い場合は除く)。

そのため、色々なケースを想定して、それに応じた双剣装備を組んでおります。
こうした、様々な装備構成を考えていくのもMHFの楽しみの一つであります。

それらの双剣装備については、機会がありましたらご紹介したいと思います。
まあ、一張羅の方が、あれこれ考えなくて楽だというのはありますけどねw

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ワイルドに開脚しちゃうよ!┗┐(*・∀・)┌┛

F2から追加されたFX防具で、今現在作成できる物はルコFXとゴゴFXがございます。
その中でも剣士・腰のルコFXウイングは優秀で、多くの人が作成した事でしょう。

しかし、以前も書かせていただいたのですが、私はルコFXを一つも作成しておりません。
一応、1部位ではありますが、ルコFXをすぐに作成・強化できる状態にはあります。

ただ、現状ではルコFXが無いと実現しない最高スキルの装備は見当たらず、
ルコFXを使用しなくても他の防具で代用できるというのが現状です。

代用できる他の防具というのは殆どが課金防具になりますので、極力課金を避けたいという人や、
できるだけ高防御にしたいという人は、ルコFXを作るべきでしょう。

しかし私の場合、防具への課金に大してはそれほど抵抗はありませんし、ガッチガチの高防御に
する事にも執着がありませんから、ルコFXを作成する必要性は薄いという事になるのです。

せめて、ルコFXウイングの見た目が良ければ間違いなく作成したのでしょうが、
あまり好きになれなかったもので (´-ω-`;)

今後、新しく追加される防具の性能によっては、ルコFXが無いと最高スキルが組めない
という事になる可能性もありますので、その時にルコFXを作成する事になるかもしれません。

さてさて、一般的にはルコFXは作る価値の高い防具とされていると思いますが、
同期のゴゴFXはそれほど目立つ存在ではないような気がします。

もちろんゴゴFXも優れた防具で、装備を探す際にかなり高い頻度で候補に挙がってくるのですが、
どちらかというとルコFXの方が作成の優先順位が高いと言えるでしょう。

剣士に関して言えば、匠+3が付くルコFXの方が使い勝手は良いですね。
その一方、見た目に関してはゴゴFXの方が良いと私は思います。

ゴゴFXは見た目も良く、性能もそこそこ良いという事で、ルコFXと同様に1部位ではありますが、
すぐにゴゴFXの作成と強化ができる状態にしておく事にしました。

ゴゴFXを作成するためには、当然の事ながらゴゴモア素材をたくさん集めねばなりません。
それでも、ゴゴモアは短時間で倒せてしまいますので、それほど苦労はしないと思います。

PTを組んだ場合、上位ゴゴモアは全破壊1ラスタ討伐も果たせてしまいますし。
ただ、今は上位ゴゴモアの募集を見かけなくなりましたので、それが問題かもしれません。

ゴゴモア16
糸で移動するゴゴモアに対し、タイミングよく攻撃を当てるとカウンターが発動しますが、
カウンターがフィニッシュ攻撃になった事が一度だけございます。

その時の報酬画面が上のSSなのですが、何やら怖い感じがしますね Σ(゚Д゚|||)
カウンター時はダメージが4倍になるらしく、お上手な人は剛種でも大剣ソロでいけるそうです。

先ほども申しましたが、求人区で上位ゴゴモアの募集を殆ど見かけなくなりましたので、
私はソロで上位ゴゴモアを結構狩っていました。

ゴゴモア17
睡眠剣のスキルを付け、火事場を発動して戦えば、5分もかからずに狩猟できてしまいます。
この時は、大剣でカウンターを狙うと早いというのを知らなかったのですよね^^:

ゴゴモア18
余談ですが、シャドウ装備で大剣の溜め4を試みるとお尻が目立ってしまい、
かなりセクシーな感じがしてしまいます (//∇//)

こうして無事に、ゴゴFXで必要となる素材を1部位分ではありますが集める事ができました。
ゴゴFX素材で面倒になってくるのが、部位破壊のみでしか手に入らない尖爪と上尾でしょう。

跳緋獣の尖爪は爪破壊で25%・跳緋獣の上尾は尾破壊で15%で手に入り、
尖爪は19個・上尾は5個必要となります。

尖爪は19個と要求数が多いですが、入手確率が高い上に左右の爪を壊せば
最大で2個手に入る事を考慮すると、それほど辛くはないような気がします。

デュラFX(たっぷり配信前)・グレンFX・ルコFXに比べれば、
ゴゴFXは比較的作りやすい部類に入るかと思います。

さて、ゴゴFXを1部位ではありますが作成できる状態になりました。
ここで、そのまま素材を貯めておく事無く、速攻とある部位を作成しております。

ゴゴモア9
その部位とは、剣士脚のゴゴFXグリーヴです (ノ*゚ー゚)ノ
ゴゴ脚のデザインは、私にとっては超どストライクであります。

ゴゴFXグリーヴの性能は「達人5・斬れ味4・聴覚保護4・回避性能4・食事4・
スロット3・防御152」と、中々良いものであると言えるでしょう。

聴覚保護と食事は4だと半端ですので、5にしてもらえると物凄く嬉しかったのですが^^:
それでも、見た目は最高・性能も中々良いという事で、作成した事に後悔はありません。

ちなみに、ゴゴFXグリーヴはレベル6までしか強化しておりません。
レベル7にまで強化しても防御力が3しか上らず、古龍種の剛翼を5枚も節約できるからです。

ゴゴFXグリーヴはレベル1の段階でスロットが3つ空きますので、防御力に拘らず、
素材の節約をしたい人にとっては、無理に強化をしなくても良いとは思います。

ゴゴFX1
武器スロットなし
超絶のピアスⅥ          Lv7   66  ●● 仙人珠
アオノコFベスト      (パ)  Lv7  123   ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
千裂F腕環・※      (パ)  Lv7  123  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
リブリーFZコイル     (パ)  Lv7  133   ●●● 剛力珠, 剛力珠, 神足珠
ゴゴFXグリーヴ      (FX)  Lv7  152  ●●● 斬空珠G, 斬空珠G, 斬空珠G
服Pスロット2                    ★★  食事カフⅡPA1

防御値:597 スロット:■0□0●14○0 火:3 水:5 雷:3 氷:1 龍:8

見切り+4,攻撃力UP【大】,業物+2,龍風圧無効,高級耳栓
火事場力+2,早食い,回避性能+1,斬れ味レベル+1,ランナー


そして、ゴゴFXグリーヴを使用した新しい双剣用装備を組んでみました。
今流行の早食い双剣装備をアレンジしております。

正直、超高級耳栓と龍風圧無効の両方が必要になる相手はそれほど多くはありません。
そのため、超耳龍風装備の一張羅で満足するのではなく、状況に応じた装備を組むべきでしょう。

こちらの装備は高級耳栓止まりになっておりますが、その代わりに見切り4になっておりますので、
火力の底上げに期待ができる装備です。

もちろん耳栓や風圧が必要無い場合も多々ありますので、それに応じた装備も組んでおりますが、
今回はゴゴFXグリーヴを使用した装備という事で、こちらをご紹介させていただきました。

この装備で唯一残念なのが、胴と腰の色が合っていないという所です。
アオノコとリブリーはどちらも可愛い系のデザインではありますが、色の違いは目立ちますね。

早食い装備を組もうとすると、どうしてもアオノコ胴が候補として挙がってくるのですが、
アオノコの薄い水色は他の防具と合わせづらいのが欠点であります。

それでも、リブリー腰とゴゴ脚の組み合わせは結構可愛いですし、
この組み合わせはどうしても外したくなかったので、今回の装備に落ち着きました。

ゴゴFX2
実際にクエで使用している時は、胴と腰の色の違いはそれほど気になりませんでしたので、
これから大いにこの装備を活用していきたいと思います。

ゴゴFX3
また、リブリー腰とゴゴ脚を組み合わせであれば、剥ぎ取りや採取の時に
上のSSのような状態になりますので、高評価を与えたいです (*^ー゚)b

ゴゴFX5
おまけとして、ゴゴ脚を装備して特異個体クック亜種の落とし穴に嵌ってみました。
いつ見ても、この格好は笑えます (^∇^*)

ちなみに先日、落とし穴に頭から突っ込むパターンをご紹介させて頂きましたが、
頭から突っ込むための条件として、スタミナの残量が関係しているようです。

ブログにコメントして下さった人のアドバイスを元に、再度色々と試してみましたが、
スタミナゲージが赤くなった状態(25以下)で落とし穴に嵌ると、頭から落ちていました。

話をゴゴFXグリーヴに戻しますが、実を言うと、
こちらも無いなら無いで困らない防具ではあると思います。

FX防具の作成のためには古龍素材もたくさん使用しますので、
それらの在庫が少ないのであれば、無理をしてまで作るほどの物ではないでしょう。

先ほども申しましたが、ルコFXの方が優先順位は高いはずです。
それでもあえてゴゴFXグリーヴを作成したという事は、それだけ魅力的だったという事ですね。

そういえば、F2ではルコFXやゴゴFXの他にも、祭防具のザーカー&チェイサーと
クラージもFX防具として登場する事になっております。

クラージFXはそこそこ期待できるのですが、ザーカー&チェイサーには全く期待しておりません。
※ザーカーFX一式で「餓狼+1・ランナー・攻撃小・受身・はらへり倍化大」が発動

クラージFXも、どうせ特定の回の狩人祭に勝たないと、作る事はできないでしょうね^^:
これらは、いつ実装されるかも分からないですし、その祭に勝てる保証もありません。

そのため、過度な期待はしないでおきます。
結局、F2で一番使えるFXは、最初に実装されたルコFXという事になりそうな気がします。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

横道にそれる事も、時には重要です (`・ω・´) シャキーン

私が弓の秘伝防具のラピスを作成している事は以前書かせていただきました。
今日は、ラピスの進行度をご紹介させていただきます。

ラピス9
上のSSにもあるとおり、今現在は胴がラピスF(レベル1)、腕・腰・脚が
ラピスFX(全てレベル1)にまで強化が進んでおります。

秘伝防具の多くは、5箇所全てをFXにしないと運用しづらいという事情がありますが、
ラピスの場合ですと、実はそこまで強化をしなくても十分実戦で使用できます。

頭に超絶ピアスⅩ・ラピスFXを2箇所・ラピスFを2箇所使用すれば弓技【皆伝】が
発動しますし、連射・ランナー・回避性能+1も一緒に発動します。

あとは剛力珠と矢強化のためのG装飾品とスキルカフを使用すれば、
上のSSのとおりのスキルが実現するというわけです。

大3皆伝は特5の弓装備より強いので、強化途中の秘伝防具とはいえ、十分強いと言えるでしょう。
ただ、きちんとラピスFXを5箇所装備すると、もっと強くなるのですけどねw

ラピス12
これは私が目標としているラピスFXの構図となります(FreeDomの小部屋様から拝借)。
これは、とてつもなく素晴らしいスキルですね~ ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

弓技【弓鬼】が発動すると攻撃力が1.2倍になりますので、それだけでも強くなります。
※弓技【皆伝】は攻撃力が1.1倍

更に、弓鬼は攻撃力が1.2倍になるだけではなく、強撃ビンの効果が1.6倍、剛武器は
1.7倍になりますので、シンプルに敵に与えるダメージが相当増える事になるのです。

ちなみに、上の画像は私が望む基本形ではありますが、場合によっては
最大数弾生産や早食いや体力-30を付けたりしても良さそうです。

理想は、きちんとラピスFXを全てレベル7にまで強化する事なのでしょうが、ラピスFXを1から
7にまで強化するのは物凄く大変な事ですので、私はそこまでは頑張るつもりはございません。

とりあえずレベル1のラピスFXを5箇所作成し、1部位だけレベル7にまで強化する事を、
ラピス作成のゴールにしようと考えております。

まず目指すのはレベル1のラピスFXを5箇所作成する事ですが、頭は生産だけした状態
・胴はレベル1ラピスFという事で、5箇所をFXにする日はまだまだ先になりそうです。

ただ先ほども申したとおり、ラピスは強化途中でも実戦で使用できるようになりますから、
第一の目標が他の秘伝防具よりも低めに設定できるという点では助かります。

今現在、ラピスを作成している人も多いと思いますが、とりあえずFXを2箇所
・Fを2箇所作成し、弓技【皆伝】を発動させる事を最初の目標として頑張って下さい。

さてさて、私のラピス作成はここまで進行しておりますが、
片手の秘伝防具を作成していた時よりも断然ペースは速いと思います。

まず、弓の場合はソロでも強さを発揮できる点が嬉しいですね。
はっきりとした弱点を持っている相手であれば、HCクエであってもすぐに終わります。

ラピス10
弓魂・序をソロで集める時は、モノブロスを大いに利用させてもらっていました。
失敗して潜られると厄介な事になるのですが、ミスをしなければ0ラスタで終わります。

ラピス11
また、弓魂・中のために、ソロでリオレウスをたくさん狩っていました。
剛種オルガロンの弓である天狼弓【村雨】を使えば、こちらもあっという間に終わります。

もちろん、他の武器種でソロで狩ってもすぐに終わる敵もいますが、
少なくとも片手剣の時よりは圧倒的にソロでの狩りが行いやすかったです。

弓魂・極と天集めに関しては、爆撃オーラアローの存在が物凄く大きかったですね。
色々と物議を醸した爆撃オーラですが、魂集めでは間違いなく役に立っておりました。

弓魂・極と天集めにおいて、片手剣の居場所がかなり少なかった時の事を考えると、
弓の魂集めは進めやすかったというのが素直な感想です。

しかし、実は最近、ラピス作成が殆ど進んでおりません。
上で書いたようにモノブロスやリオレウスを頑張って狩っていたのは、F1中の事です。

F2になってからは、以前ほどHCクエへ行かなくなってしまったのが現実であります。
F2からはHC素材が剥ぎ取りやすくなりましたから、更にHCクエへ行くと思ったのですが。

MHFにインしていても、ホルクの落し物狙いでクエ中に放置する事が多くなりました。
結局、ラピス作成もF2になってからは殆ど進んでいないという事になります。

できる事なら、もう一頑張りをしてラピスFXを5箇所作りたい所なのですが、
今現在はラピス作成を急いでおらず、まったり進めたい気分になったといった感じでしょうか。

片手剣の秘伝防具であるガーネットFXを5箇所作成した時、一気に目標を失ってしまった
といった事がありましたから、ここはあまり無理をしないでおこうと考えております。

今の強化途中のラピスでも十分実戦で使えますし、頑張りすぎても色々と負担がかかって
しまいますから、無理せず魂集めが苦にならない程度に進めていこうと思います。

ただ、ラピス作成を以前よりも頑張らなくなると、それはそれでやる事がなくなってしまいます。
そこで色々と考えた結果、私にとって3着目となる新たな秘伝防具の作成に着手する事にしました。

HCチケットの在庫はたくさんありますので問題ないですし、新たな目標を持つ事は良い事です。
はっきり言いまして、ずっと同じ武器で狩り続けるのは、次第に飽きてくるのですよね^^:

片手剣も弓も扱っていて楽しい武器ではありましたが、
魂集めをひたすら繰り返していると、さすがに飽きてきます。

そこで、新たな秘伝防具の作成に着手する事により、その時の気分や敵との相性に応じて、
弓と新たな武器のいずれかを選択できる事になります。

私の場合、ラピス完成がまだまだ先の事という状態で、中途半端である事は否めませんが、
同じ武器ばかりを使用してMHF自体に飽きてしまうよりは断然マシだと思います。

「きちんとFXを5箇所完成させてから、新しい秘伝防具の作成に取り組みましょうよ」と仰る人も
いるとは思いますが、私なりのモチベーションを維持する為の選択であるとご理解下さい。

肝心なのは、「次はどの秘伝防具を作成するのか」という事だと思いますが、
それはまた近いうちにお知らせしようと思っております。

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

また1人、若い芽を摘んでしまった ( ー`дー´) キリッ

ただ今、ゲーム内イベント「グークと小さな世界」が開催されております。
これは、グークの部屋の模様替えセット「ミニチュアシリーズ」が手に入るイベントですね。

今までのグーク関連のイベントでは、グーク服が手に入るという内容のものばかりでしたが、
グーク部屋の見た目を変える事のできるセットが手に入るイベントは今回が初めてです。

グーク47

さて、このイベントのクエストの内容は「エスピナスの狩猟」です。
依頼主の話によると、この主が飼っているグークがハンターになりたいそうです。

グークはプーギーの様にクエへ行く事ができませんから、
飼い主と一緒にクエへ行く事に憧れを抱いているのかもしれませんね。

早速クエへ出発してみましたが、そのクエで遭遇したエスピナスにとても驚かされてしまいました。
巣で寝ていたエスピナスのサイズが、物凄く小さかったのです Σ(・oノ)ノ

エスピナスミニ1

このイベント名は「グークと小さな世界」ですが、そのクエで登場する
モンスターも小さいという設定なのでしょう。

過去に、こどもの日のイベントとしてミニヴォルガノスが登場した事がありましたが
4月29日の記事参照)、今回はミニシリーズの第2弾となります。

普段はエスピナスを可愛いと思う事はありませんが、ここまで小さいサイズだと、
思わず可愛らしいと感じてしまいますねw

ちなみに、前回の記事で登場していたジャイアントコーンを食べているエスピナスは、
このクエのミニエスピナスとなります。

エスピナスミニ2

このミニエスピナスですが、体が小さいとはいえ、咆哮シーンは大人並みの迫力があります。
しかし、咆哮した直後に倒せてしまうほどの少ない体力で、あっという間に討伐できてしまいます。

最初にミニエスピナスを討伐した時は、「え?もう終わり? (*゚O゚) 」
と思わず拍子抜けしてしまいましたw

ミニヴォルガノスは攻撃力も高めで、そこそこ強かった印象がありましたが、
ミニエスピナスは攻撃させる間もなく終わってしまいますので、少し可愛そうな気もします。

エスピナスミニ3

この子がきちんと成長すれば、かなり強いモンスターへと変貌するのでしょうが、
残念ながら今は幼すぎましたね^^:

そもそも、HR5から参加できるイベントですから、弱い個体が出るのは当然でしょう。
HR5から受注可能という事で、剥ぎ取りや報酬でエスピナス素材は出てきません。

将来有望であった若い芽を摘んでしまったと思うと申し訳ない気もするのですが、
可愛いグークのためですから、ここは仕方ありません ( ̄ー ̄)

エスピナスミニ4

もちろん、エスピナスのサイズの最小値を更新いたしました。
このサイズは記録に残る物ですので、グークに興味は無くても挑戦する価値はあると思います。

「ミニチュアな図面」が10個集まりましたら、マイガーデンの世話やきネコに話しかけましょう。
こうしてグーク部屋を新しくする事ができます。

グーク48

早速、新しく手に入れた「ミニチュアシリーズ」に模様替えしてみました。
「ミニチュアな地面」「火山のベッド」「オアシスな水場」の3種類ございます。

私は当初からグーク部屋をデフォの状態にしていたのですが、
このミニチュアシリーズが気に入りましたので、今ではこちらの模様にしております。

オアシスを象ったプールで、グークが気持ち良さそうに泳いでいますね。
ただ、火山ベッドで寝ているグークに対し、熱くないのかと心配してしまいます^^:

今回のイベントですが、登場してくるモンスターも面白いですし、手に入るグーク部屋も
とても素晴らしいので、私は良い内容のイベントだったと感じております。

ただ、グーク関連の物には全く興味が無い人は少なくないでしょうし、多くの人が
望んでいるのは武具や装飾品が手に入るイベントだとは思いますけどね^^:

今週は狩人祭が開催されているという事もありますので、控え目なイベントで良いと思います。
他のイベントに関しては、また次週以降に期待しましょう^^

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

これを1人で食べきると、太ってしまいます(★  ̄∀ ̄ ★)プクプクー

10月4日の記事でも書かせていただきましたが、ただ今
グリコとのコラボ企画の「グリコ MHF キャンペーン」が開催されております。

10月3日からアイスのパピコを購入すると双剣が手に入るというキャンペーンが
既に始まっておりましたが、10月31日から第2弾が始まりました。

第2弾は、アイスのジャイアントコーンを購入すると、ハンマーが手に入るというものです。
パッケージにMHFのロゴマークが無いと企画対象外ですので、購入する際はご注意下さい。

名目上は10月31日からとなっておりましたが、地域によっては、
もっと早くに企画対象のジャイアントコーンが発売されていたそうです。

ジャイアントコーンのパッケージの裏にコードが書かれていて、それをイベント特別ハウスにて
直接入力するわけですが、10月31日前に入力できる状態でしたしねw

ジャイアントコーン1
企画対象のジャイアントコーンを購入すると、ハンマーのコーンスタンプを
作成する事ができますが、今回もパピコと同様に4色ございます。

個人的には、オーソドックスに白が一番良いような気がします。
ジャイアントコーンと言ったら、アイスの部分はバニラが王道でしょう。

そして昨日、某スーパーマーケットにて、MHFのロゴ入り
ジャイアントコーンを見つけ、購入する事ができました ヾ(*´∀`*)ノ゛

ジャイアントコーン2
先ほども申したとおり、私は白が欲しかったのですが、緑を入手いたしました。
抹茶をイメージしているのでしょうが、ジャイアントコーンで緑となると違和感があります^^:

ジャイアントコーン3
ただ、私は抹茶アイスも好きですし、こうして装備してみますと「和」特有の
落ち着いた気持ちになれそうですので、思っていたよりも悪くないというのが感想です。

ジャイアントコーン4
実際にクエでコーンスタンプを装備してみますと、かなり笑えます ( ´∀`)フフフ
これだけ大きなジャイアントコーンがあったら、1人では食べ切れませんねw

以前もグリコとのコラボでアイスの実のハンマーがありまして、あちらは可愛いという
印象でしたが、今回のハンマーは単純に面白いといったところでしょうか。

ジャイアントコーン5
コーンスタンプにはギミックは存在しておりませんでしたが、音が結構面白いです。
この武器で攻撃しますと、「サクッ」という感じの音が発せられます。

現実でジャイアントコーンを食べる際、コーン部分を食べると「サクサクッ」という感じの
音が出ると思いますが、その音に近いと思っていただいて良いでしょう。

試しにコーンスタンプで乱打(ハンマー天ノ型)を試みてみましたが、ハンマーを振っている間は
ずっと「サクッサクッサクッ」と音が出て、面白かったです (*^m^)

ジャイアントコーン6
エスピナスも、美味しそうにジャイアントコーンにかぶりついております。
このハンマーで狩りに行くと、甘い香りに誘われて、色々な生物が近寄ってきそうですw

このハンマーを装備していると勝手に「挑発」が発動し、大型モンスターに狙われやすくなる
という仕様だったら面白かったと思いますが、それはただただ迷惑なだけですね (。-∀-)

ジャイアントコーンは食べても美味しいアイスですから、このハンマーを使う事がないとしても、
武器コレクションのためという事で記念に購入してみてはいかがでしょう。

私は武器が一つ手に入れば満足ですので、これ以上は購入いたしませんが、
中には4色全て揃えたいとお考えの人もいらっしゃるでしょう。

パピコの時はチョココーヒーのみが対象になっていて、1つの味しか楽しむ事が
できませんでしたが、ジャイアントコーンは3種類の味が対象となっております。

今回は「チョコナッツ」「クッキー&チョコ」「チョコクリスプ」の3種類が企画対象商品
ですので、たくさん購入するという人にとっては色々な味が楽しめて良いと思います。

ただ、ジャイアントコーンの場合、コードを取り出すためにはパッケージを破らねばなりません。
つまり、どうしても中の商品が剥き出しになってしまうのです。

パピコの場合、外袋の裏側にコードが記載されていたのですが、外袋とは別にチューブ状の
容器の中にアイスがしまわれていましたから、コードだけを取り出す事は容易でした。

しかしジャイアントコーンの場合はそうはいきませんので、コードを取り出すためには、
基本的に中のアイスを食べる事になります。

すぐにコードを何個も手に入れたい人にとって、
何個もジャイアントコーンを食べるのは辛いですよね~ ( ̄▽ ̄;)

一応、中のアイスをラップ等で包んで冷凍庫で保管すれば何とかなりそうですが、
それでも早い内に食べないと、コーンの部分がしけってしまいそうです。

どうしても中のアイスを良い状態で保存しておきたいのなら、コード部分だけを
カッターナイフ等で切り出して、セロハンテープ等で切った跡を塞ぐとかw

まあ、そこまでする人は少ないとは思いますが、とにかく中のアイスは
きちんと責任を持って食べていただきたいと思います。

コードだけを取り出して、アイスを捨ててしまうというような事はしてほしくはないですね。
子供の頃、ビックリマンチョコというお菓子が大流行したのが思い出されます。

その当時、1個30円でビックリマンチョコが購入できたのですが、その中に入っているシールだけを
取り出して、チョコを捨ててしまうという不届き者が、一部ではありますが存在したのです。

私も子供の頃、少ないお小遣いを使ってビックリマンチョコを購入しておりましたが、
シール目当てではあっても、必ずチョコも残さず食べておりましたね。

それはウエハースでチョコとナッツを挟んだお菓子で、その当時は私の大好物でした。
しかし、道端にビックリマンのチョコだけが捨てられていたのを見た時は、ショックでしたね~

更に昔、仮面ライダースナックが発売されていた時も、中に入っていた仮面ライダーカードだけを
取り出し、スナックを捨てる人がいて、社会問題にまで発展したそうです。

中のおまけだけが欲しいという気持ちも分からないでもないですが、
やはり食べ物は粗末にしてはいけません。

皆様はそんな事をしないとは思いますが、昔の事を思い出してしまったもので。
ビックリマンと言われても、知らない世代も多いでしょうねw

とにかく、対象商品のジャイアントコーンを購入すれば美味しい物を味わいつつ、
面白い武器が手に入るという事で、お近くのお店で商品を探してみてはいかがでしょうか^^

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

主役は花びら!?:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:

今現在、様々な長期開催イベントが存在しておりますが、つい最近、
私はとある長期開催イベントを終える事ができました。

その長期開催イベントとは、「神秘に彩られた花々」です。
これは、双剣を作成する事ができる長期開催イベントですね。

6月28日の記事で書かせていただきましたが、私はこのイベントを
コツコツと進めていて、そしてようやく終わらせる事ができたという事になります。

この長期開催イベントはイワヒメ草を最大で4950個集める必要がありますが、
幸い高地にてイワヒメ草を採取できる確率が高めですので、いくらか集めやすいかと思います。

私は下位の「あめ葉4個納品クエ」で爆弾3死を繰り返しておりましたが、
一回のクエで12個くらいはイワヒメ草を採取できておりました。

また、F2からは高地のエクストラ採取クエが追加されましたので、
これまで以上に簡単にイワヒメ草を集めやすくなったのも嬉しいですね^^

「神秘に彩られた花々」は他の長期開催イベントと比べると進めやすいですし、作成できる双剣の
性能も素晴らしいですから、ご興味のある方はコツコツとお進めになってみてはいかがでしょう。

さてさて、イワヒメ草を50個納品すると「飛来した種」が1個手に入りますが、
それを99個集めると、双剣のガーベラナバートを作成する事ができます。

ガーベライト1
最終強化をするとガーベライトとなり、「攻撃308・水600・スロット2」という性能になります。
水属性が相当高いので、水が有効となる敵に対しては絶大な威力を発揮するでしょう。

ガーベライト2
匠を付けると、長い白ゲージが付くのも嬉しいですね^^
ちなみに、上のSSの右にあるガーベラフィオーレは、まだ未実装となっております。

過去の長期開催イベントで作成できる武器には強化先が追加されておりますが、
それと同様の扱いで、いずれはガーベライトに強化先が追加されるのだと思います。

ガーベラフィオーレに強化すると水属性が100増え、親方印が付く事になります。
双剣の場合、武器をすぐにしまえますから、親方印の恩恵は少なめではありますけどね。

ガーベラフィオーレに強化する際、他の武器と同様に必要となる素材数は3分の1になると
思いますので、4950÷3=1650個のイワヒメ草が必要になると思われます。

しかし、今現在はガーベラフィオーレは未実装ですし、ガーベライトのままでも十分実戦で
使用できますので、私はこれからガーベライトを大いに利用していきたいと思います。

ガーベライト3
ガーベライトは大きな花になっていて、とても可愛らしい双剣ですね (*^m^)
ちなみにガーベラとは、実際に存在するキク科の花の事を言います。

ガーベライト4
ガーベライト5
ガーベライト6
戦闘中は花の部分ではなく、茎の部分で攻撃する事になります。
それでも、どうしても花の部分に目が行ってしまいますねw

ガーベライトは、水が効く相手には絶大な威力を発揮します。
それは怒髪双乱【挽歌】を上回るほどの威力ですから、物凄く強い双剣と言えるでしょう。

また、ガーベライトにはスロットが2個ありますので、そこに水攻珠Gを2個詰めるだけで
水属性攻撃強化【小】が発動するのも嬉しいです。

もちろん、ガーベライトはそのまま使用しても十分強いのですが、せっかく高い属性値を
持っているのですから、水属性攻撃強化【大】も付けたくなってきます。

水属性攻撃強化【大】を付けると水属性の攻撃値が1.2倍になりますので、
600×1.2=720と、水双剣としては更に強くなります(強化小だと1.1倍)。

そこで、水属性攻撃強化【大】の装備を組んでみました。
あくまでガーベライト専用装備ですので、武器スロットを2個使用しております。

ガーベライト7
武器スロット2           Lv1      ●● 剛力珠, 剛力珠
超絶のピアスⅥ          Lv7   66  ●● 剛力珠, 剛力珠
アオノコFベスト      (パ)  Lv7  123   ●●● 剛力珠, 怪力珠, 剛力珠
千裂F腕環・※      (パ)  Lv7  123  ●●● 斬空珠G, 斬空珠G, 斬空珠G
アージェFZコイル     (パ)  Lv7  133  ●●● 音無珠G, 音無珠G, 水攻珠G
レイルFグリーヴ     (BP11) Lv7  123  ●●○ 水攻珠G, 水攻珠G
服Pスロット2                    ★★  食事カフⅡPA1

防御値:568 スロット:■0□0●15○1 火:4 水:4 雷:4 氷:4 龍:4

攻撃力UP【大】,超高級耳栓,見切り+3,業物+2,龍風圧無効
水属性攻撃強化【大】,斬れ味レベル+1,回避性能+1,ランナー,早食い


これに火事場を入れてしまうとスキル数が11個となり、水属性攻撃強化が
押し出されてしまいますので、火事場は諦めました。

どうしても火事場を発動させたい場合は、別の組み合わせを使用します(早食いが無くなる)。
それにしても、今のMHFではスキル数上限10は相当足枷になりますよね^^:

例えば、水攻珠Gを4個使用すれば水属性攻撃強化大が発動しますが、一緒に
体力回復アイテム強化と雷耐性-10が発動し、スキル欄を圧迫してしまいますし。

今回は腰に使用しているアージェFZコイルに水攻撃+5がありますので、
水攻珠Gの使用を3個に抑える事ができたのが大きいです。

アージェ腰や水攻珠Gを3個以上持っていないという人は、水攻珠Gを2個と
水攻撃カフSA1で水属性攻撃強化【大】を発動させると良いでしょう。

ガーベライト8
ガーベライトは見た目も可愛らしく、性能も実用的という事で、双剣を好んで
お使いになる人であれば、絶対に手に入れておいたほうが良い武器だと私は思います。

先ほども申しましたが、イワヒメ草は入手確率も高く、今ではエクストラ高地採取クエが
ありますので、あまり苦労せずに進める事ができるはずです。

コツコツと進めておけば必ず手に入る物ですので、
是非頑張って手に入れていただきたいと思います。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。