スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼鏡っ子はラブリーです (●´ε`●) チュッチュ

大型アップデートが行われるごとにパッケージが販売されますが、
私は当然の様に今回のコレクターズパッケも購入しております。

今回のコレクターズパッケにはアネットさんのフィギュアが付属しておりますが、
これにより、「ガイド娘フィギュアプロジェクト」が完結する事になります。

ガイド娘13
無事にパッケが届きましたので、早速開封してみましたが、
アネットさんのフィギュアの出来は中々良かったと思います。

眼鏡を上手に作ってある印象がありましたね。
髪の毛は三つ編みになっておりますが、ポキッと折れてしまいそうですので、注意して扱いましょう。

ガイド娘14
せっかくですので5人のガイド娘のフィギュアを並べてみましたが、冷静に考えると、
「よく全部集めたな~ ( ̄▽ ̄;) 」という気持ちになってしまいますw

私は今まで人間系のフィギュアには興味が無い人間でしたから(アイルーなどの可愛い系はOK)、
ガイド娘フィギュアの様な物は、かえって新鮮に感じました。

今では5体並べて飾っておりますが、せっかくですので大事にしていこうと思います。
MHFを全く知らない人が見たら、「ふ~ん、こういうのが趣味なんだ~」と思うでしょうけどね^^:

ガイド娘15
そしてガイド娘の新しい立ち絵を発見したのですが、そこに写っているヒルデさんは
センターの位置を獲得した喜びからか、メチャクチャ良い笑顔ですね ☆⌒(*^∇゜)v

面白いなと感じたのが、デメトリアさんが仁王立ちとも言えるような大股開きで立っている所です。
彼女にとっては、つつましい立ち方は似合わないのかもしれませんけどねw

さてさて、F2コレクターズパッケには、アネットさんをモデルとした
防具のリブリーシリーズも付属しております。

リブリー1
早速リブリーを生産し、装着してみましたが、キャラのフェイスタイプの関係上、
物凄く気難しい雰囲気のアネットさんになってしまいました (ノ∀`)

にっこり笑っているフェイスタイプ(フローラさんの顔と同じ)の方が、
アネットさんっぽくなるような気がします。

リブリー2
そして恒例の足部位紹介ですが、リブリーの足部位は、この様になっておりました。
これはまた、結構エロイ出来栄えですね~w

エフィーさんをモデルにしたメテネラシリーズの場合、厚手のタイツという感じでしたが、
リブリーの場合はタイツというよりもパンストと言っても良いと思います。

個人的には生足の方が好きなのですが、パンスト好きな人であれば、もしかしたら
これはストライクすぎる出来栄えなのかもしれませんね。

リブリー3
ちなみに、F2から追加された「マイホルク」にて、キャラをアップにする事ができます。
また新たな撮影ポイントができましたので、嬉しく思います。

リブリーシリーズですが、剣士・ガンナー共にかなり良い性能であると言えるでしょう。
また、リブリー→リブリーF→リブリーFZへと強化ができるようになりました。

FZへの強化素材は一般的な課金防具の強化素材で済みますので、助かりました。
剣士リブリーは、匠・達人・耐震・溜め短縮が付いております。

リブリーFZでラヴィ耐震装備が組みやすくなるはずですし、
大剣・ハンマー・太刀用に集中装備を組む際にも使えそうです。

ガンナーには達人・精密射撃・聴覚保護が付きますから、
狙い撃ち装備を組む際に使えるでしょう。

リブリーを使用した装備はまだ探しておりませんが、これから色々と組み合わせを探して
いこうと思いますので、良い装備が見つかりましたらご紹介させていただくかもしれません。

これはどうでも良い話なのですが、リブリーと聞くと、
「ラブリー」という単語を思い出してしまうのは私だけでしょうか (; ̄ー ̄A アセアセ

これにてガイド娘の防具が全て出揃ったわけですが、次回のF3パッケはどうなるのでしょう。
引き続き、通常パッケとは別にコレクターズパッケは発売して欲しいと思います。

コレクターズが発売されると、その分値段は高くなりますが、見た目や性能が良い武具が
付いてくるのなら、私はこれまで同様にコレクターズを購入していく事でしょう。

ただ、杉浦さん曰く、アニバーサリーパッケは原価率が高く、会社からも怒られたそうです。
もしかしたら、コレクターズも同様に原価率が高すぎるのかもしれません。

今後も豪華版パッケとしてコレクターズが発売されるのかどうかは分かりませんが、
MHFファンとして楽しみにしている部分でもありますので、継続してもらいたいと思います。

次回のコレクターズが販売されるとしたら、キャラバンにいる
キエル・オリオールの装備でしょうか。

キエルさんは胸が大きいですから、胴は是非使ってみたいですね。
オリオールさんは、いりませんw “ヘ( ̄∇ ̄ ) シッシッ

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ
スポンサーサイト

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

モンスターペアレント、参上!! ( ̄ー ̄(^^ )

昨日、待ちに待った大型アップデート「フォワード.2」がやってきました。
アップデート当日は、ログインするのが楽しみですよね^^

新しい武器の強化先を調べたり、ホルクを少し眺めたりと、色々と手を付けてみましたが、
やはりアップデート当日のメインになるのは新モンスターとの遭遇でしょう。

F2では新モンスター「ゴゴモア」が実装されましたが、一体
どのようなモンスターなのか気になりましたので、早速挑戦してみました。

新モンスターが実装される度に、最初はソロで挑んでみるのが恒例ですので、
今回もソロで挑んでおります(ラスタ無し)。

ゴゴモアは「HR3~」「HR31~」「HR100~(配信は来週)」の3種類あり、
初めという事でHR3のゴゴモアへ挑戦してみました。

ゴゴモア1
そうしましたら、あっという間に討伐してしまい、拍子抜けしてしまいました
HR3からのクエに、大人げなく本気装備で行ったのですから、当然ですねw

数戦、下位ゴゴモアへ行ってみたのですが、素材もあまり良い物が出ず、
上位の方がレア素材が出やすいと考え、上位ゴゴモアのソロ討伐に挑戦です (/゜▽゜)o

ゴゴモア2
上位となると、下位とは違った攻撃モーションを仕掛けてきますので、
慣れないうちにソロで行くと、結構手ごわいと思います。

ゴゴモアで面白いと感じるのは、お父さんの背中に子供のココモアが乗っている所ですねw
上のSSでもお分かりの通り、しっかりと背中にしがみついているのが可愛いと思います。

「父ちゃん、頑張れ~。父ちゃん、負けるな~」と応援しているように見え、
狩る側としては、少し申し訳ない気持ちになってしまいます (;^_^A アセアセ

ゴゴモア3
ゴゴモアを眠らせてみますと、ココモアが背中から落ちて、二匹が分断されます。
糸でぶら下がっているゴゴモアに閃光玉を使用した時も、ココモアが落ちるようです。

初めての上位ゴゴモアへの挑戦という事で、トリッキーな動きに結構苦戦したのですが、
どうにか瀕死の状態にまで持って行く事ができました。

ゴゴモア4
そうしましたら、ゴゴモアはエリアチェンジした後に、
木の上にぶら下がりながら眠り始めたではありませんか Σ(・ω・ノ)ノ!

ここで思ったのが、「え?これからどうすればいいの? (゜ロ゜;) 」ですw
閃光玉を投げても起きる事は無く、少しの間でしたが周りをウロウロしておりました。

ここで閃いたのが「木を切ってみたらどうかな」という事で、木を攻撃してみましたら、
案の定ゴゴモアが上から降ってきて、無事に戦闘を再開することができました。

それから無事に討伐を果たす事ができましたが、慣れない内の上位ゴゴはきつかったですね~
ゴゴモアは手から放たれる糸を活用して、上下左右と縦横無尽にエリアを動き回ります。

遠くへ跳んでいったかと思うと、そこから糸でぶら下がって
再び遠くへ跳んでいってしまう事が多々あり、追いかけっこの連続でした。

また、ゴゴモアはプレイヤーの頭上にぶら下がって移動・攻撃をしかけてきますので、
カメラの視点を上下に動かす必要がございます。

最初の頃は、上にぶら下がられると私の視線から外れてしまい、
ゴゴモアを一瞬見失う事がありましたので、結構戸惑いました。

ゴゴモア戦では、左右だけではなく上下にもカメラを移動させなければいけないという事で、
キーボードでプレイしている人はかなり厳しいのかもしれません。

その後は求人区で上位ゴゴモアを狩っておりましたが、PTで挑むと楽勝で、
1ラスタ討伐も果たせていたりもしました。

ゴゴモアが真価を発揮するとしたら、剛種クエでしょうね。
下位と上位は「HR3~・HR31~」という事で、難易度は低く設定されているのでしょう。

求人区で連戦していくなか、レア素材を求めて色々な狩りをしていたのですが、
ココモアが背中から落ちた時に、ココモアを攻撃してみたらどうなるのかを試してみました。

ゴゴモア5
背中から落ちたココモアは一切攻撃を仕掛ける事はなく、ただただこちらの攻撃を受けるのみです。
秘伝防具2人にフルボッコされるココモアを見ると、可愛そうになってきます (つω:)

そして一定の攻撃を与えた後、ココモアは地面を掘って
アイルーメラルーの様に地中へ逃げ出します。

ゴゴモア6
すると驚くべき事に、ゴゴモアが怒りのオーラを発してきたではありませんか Σ(゚Д゚;
まるで赤ラージャンの様な怒りっぷりに、驚いてしまいました。

ゴゴモア7
ゴゴモアが怒ると、普段よりは攻撃力が高くなっていた気がします。
ただ、怒らせたからといって、私の場合はレア素材が出たというわけではありませんでした。

その辺は、まだまだ不明な点が多いですね。
もしかしたら、怒らせた方がレア素材が出やすいのかもしれませんし。

とりあえずはっきりしている事は、ゴゴモアは爪系と尾系がレア素材だという事です。
毛・角・牙・ココモアの毛(柔毛)は、剥ぎ取りでも出た事を確認しております。

しかし爪・尖爪と尾・上尾は部位破壊報酬でしか獲得しておりませんので、
必ず爪と尾は確実に破壊しておきましょう。

尾は驚くほど耐久度が低く、あっさりと壊れてくれます。
尾の先端は破壊前は綺麗に丸まっているのですが、毛でボサボサになると破壊が成立しています。

ゴゴモア8
そして早速ですが、剣士ゴゴモア装備を一式生産してみました。
ワイルドな見た目の中にも可愛らしさを感じる事ができて、私は結構好きです (*^m^)

ゴゴモア9
そして多くの方が気になっているであろう足部位ですが、期待通りにパンツでしたw
このパンツは、高い評価を与えるに相応しい物だと私は思います (〃⌒ー⌒)

ゴゴモア10
胴の部分は控え目に胸の谷間が見えますので、こちらも高評価です。
全く強化はしていないのですが、必要と有ればFXにまで強化するかもしれません。

F2は始まったばかりですので、ゴゴモアに関しても、まだまだ未知な部分が多いです。
最初という事で、PT編成等はあまり気にせず、気楽に狩るのが良いでしょう。

F2が始まって、やりたい事が多いですから、どれから手を付けていくかが悩ましいですね^^
皆様も、大いにF2を楽しんでいただきたいと思います。

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

立ち止まり、振り返る事も大切です (・∀・)σ

いよいよ明日、大型アップデート「フォワード.2」が行われます。
毎回同じ事を言っておりますが、直前になるとワクワク感でいっぱいですねw

明日は、とりあえずソロでゴゴモアを狩る事から始めてみようと思いますが、
その他にも試したい事が多いので、色々と大変な一日になると思われます。

さてさて、無事にF2を迎える訳ですが、F1について振り返ってみようかと思います。
感じた事を全て述べると物凄く長くなりそうですので、気になった点だけ振り返ってみます。

まず、F1は4月20日から始まったわけですが、先に発生した大地震の影響で、
色々と大変だったはずです(これはMHF関係者に限らないのですが、MHFブログという事で)。

通勤の問題や計画停電等で仕事が思うように進まない事もあったでしょう。
そうした厳しい状況の中、当初予定されていた通りにアップデートを行ってくれました。

地震発生前からF1に関する事は概ね出来上がっていたのだと思いますが、それでも厳しい
状況の中、F1を待ち望んでいた私達を楽しませようと、尽力してくださったはずです。

その点に関しては、MHF関係者の皆様に「お疲れ様でした」と労いの言葉をかけたいです。
こうして、無事にF1が始まったわけですね。

しかし、ここからは苦言が多くなってしまうのですが、はっきり言いまして
F1は最初から躓いてしまったという印象がどうしても強いです。

F1から思い切って変更されたメゼポルタ広場ですが、カメラワークの動きがもっさりと
しすぎていて、広場を移動しているだけで酔いそうになるほど酷い出来でした。

私は今までゲーム酔いや3D酔いは経験した事がなかったのですが、F1当初の広場で初めて
ゲーム酔いを経験し、「こんなのが続いたら、とてもじゃないけど続けられない」とまで思いました。

広場の問題に関しては早めに修正してくれたので、今では何も問題ありません。
ただ、プレイヤーの視点で長時間テストプレイしていたら、あの出来にはならないでしょう。

今では、F1以降の広場の出来には満足しておりますので、
結果的には広場のリニューアルは成功であると言えると思います。

しかし、最初からきちんとして欲しかったというのが素直な気持ちです。
武具工房で生産リストを見ようとすると、異常なまでに重かったのも勘弁して欲しかったですね。

また、当初はF1を「史上最大の大型アップデート」と銘打っておりましたが、
アップデートを複数に分けて行われることになりました。

これに関しましては、私個人は目くじらを立てるつもりはございません。
地震のせいにすれば全てが許されるわけではないのかもしれませんが、仕方ないと思います。

結果的に問題続きのF1でしたから、無理に4月20日に一気にアップデートを行って、
無理をした代償が綻びとして現れるよりは、複数に分けてもらって良かったと思います。

ただでさえ、F1は不具合により緊急メンテが行われた回数が多かった印象がありましたし。
良くなかった点もありましたが、もちろん良かった点もたくさんありましたね。

アイテムボックスの量が劇的に増えたのは、本当に助かりました。
また、F1では非課金武具が結構充実していたように思います。

ヴォル頭やルデオス等は非課金としては素晴らしい性能でしたので、
武具にあまり課金をしない人にとっては嬉しかった事でしょう。

そして、ラヴィエンテ狂暴期の実装は大成功だったのではないかと思います。
ラヴィへ行かない人も少なくないと思いますが、人気のあるコンテンツに成長したと言えるでしょう。

私はそれほどラヴィに行っておりませんけどねw
今まで敷居が高かった進化武器が作りやすくなったという点では、ラヴィ狂は良い実装でした。

更に、F1から秘伝防具の性能が強化された事は素直に嬉しかったです。
秘伝防具は並大抵の努力では作り上げる事ができませんが、苦労に見合った性能になりました。

私は秘伝防具のためにHCクエを頑張っている最中ですが、この目標のお陰で、
モチベーションを落とす事無くMHFを続けていられるのだと思います。

グークの実装もF1からでしたが、MHFオリジナルのマスコットが実装されたという事で、
新しい試みとグークの可愛らしさに対して、私は大いに評価をしております。

グークに関しては、「そんなの必要ないので他の事を充実させてくれ」とお考えの人も
少なくないと思いますので、その辺の評価は分かれそうではありますけどね^^:

こうして振り返ってみますと、F1では良い点も結構多かったように思いますが、
それでも私はF1に対して、どちらかと言うと悪い印象の方が強い気がします。

一番残念だったのが、一部武器の強化に意味の分からない古龍素材を要求してきた所です。
普段使われる事の無いイベント武器等を使って欲しいという発想までは良かったです。

それを、唐突に古龍素材を10個単位で要求し、更にそれらの素材の
入手難易度を嫌がらせの様にグッと上げてきた所は相当頭にきました。

正直、イベント武器は所詮イベント武器ですので、作らなければ済む話ではあります。
ただ、とりあえず古龍素材を要求しておこうという安易な考えが気に入りませんでした。

一応、F2からはそれらの武器の強化素材は緩和されますが、それでもどうかなとは思います。
緩和したところで、殆どの武器を強化せずに終わるでしょう。

純粋に「普段使われないイベント武器を使って欲しい」という気持ちでいてくれたら
良かったのですが、そこから嫌がらせの様な措置に至ってしまった所が残念でありました。

また、「F1の歩き方」という形でスケジュールを載せておりましたが、あれは大失敗でしょう。
結局、あのスケジュールを無視した進行がいくつもありました。

あのスケジュールはあくまで予定であるという事は承知しておりますので、個人的には
その通りにいかなかった事に対して幻滅しているわけではございません。

しかし、あのような紹介の仕方をしてしまうと、見せられた方は潜在的に期待してしまいますよね。
結局あのスケジュールが守られなかった時に、意図せず「約束を反故された」と感じかねません。

それに関して、4Gamer.netのインタビューにて杉浦さんが回答しておりました。

以前「フォワード.1」プレビューサイト内で公開された「フォワード.1の歩き方」において
告知をしていたものの,フォワード.2まで実装できなかったコンテンツがあることを
お詫びするとともに,狩猟笛「くろくろ【クゥーン】」と防具「ブランFシリーズ」は2011年10月に,
大剣「アミクスセヴァー」と片手剣「グランドガルセイン」は2011年11月に実装予定であると,
あらためての予定を告知した。
 なお杉浦氏は,これらを実装できなかったことはお詫びするしかないが,
手抜きなのではなく,あくまで優先度に従ったものだと説明した。
 たとえば,「HC武器大作戦」など,フォワード.1で実装されたコンテンツやイベントなど,
全体の3割ほどは,フォワード.1実装以後に状況を見ながら急遽実装を行ったという。


との事です。
繰り返しますが、諸々の事情があるのでしょうから、私はこれに関しては幻滅しておりません。

ただ、出来もしない事を大っぴらに公表するべきではないと思います。
もちろん、F1の歩き方のお陰で先の楽しみができたという見方もあるでしょう。

しかし、あの様な先走りの公開方法では、実現できなかった時のリスクがあります。
今後は、F1の歩き方のようなスケジュール公開は絶対に無いでしょうね。

ちなみに4Gamer以外にも、ファミ通.COMGAME watchにて杉浦さんの
インタビューが掲載されておりますので、是非ご覧頂きたいと思います。

F1での感想を上げていたらきりがないので、ここまでにしておきます。
大事なのは、F1で失敗した部分を糧に、今後のサービス提供を充実させていく事ですね。

F1での忘れ物(未配信のイベント等)をF2に持ち越す形になりますが、
そういった負の部分を打ち消すかのような充実した内容である事をF2には期待したいです。

F3が2012年2月予定という事ですので、4~5ヶ月空いてしまうのは少し心配ですが、
他のゲームに負けないように、MHF関係者には頑張っていただきたいと思います。

プレイヤー側も、MHFを存分に楽しんでいけるようにはしたいですね。
とりあえず、明日のアップデートを期待しておきましょう。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

去り行く物へ、はなむけの爆発を オリャッ!! (ノ`∀´)ノ ⌒ .、●~

次回の大型アップデートであるフォワード.2が間近に迫っておりますが、
F2を迎えるにあたって、皆様は思い残す事はありませんでしょうか。

F2では「追加される物」と「失う物」の両方がありますが、
失う物として代表的なのは爆撃オーラアロー(以下:爆撃オーラ)でしょう。

今までの爆撃オーラは猛威を振舞う存在でしたが、それもF2からの修正により、
今までどおりの運用方法では威力を発揮できなくなります。

F2から行われる爆撃オーラに関する修正を、もう一度振り返ってみましょう。

●火事場+2の効果を適用
●威力を3分の2程度に下方修正
●射程距離を現在の6割程度に下方修正


以上で、爆撃オーラに関しては間違いなく下方修正という形が取られる事になります。
F2からは、火事場を発動させて、ようやくF1時の威力になるそうです。

これからは火事場を発動させないと威力を最大限に発揮できなくなりますが、
そうなると根性スキルの発動は見込めません。

爆撃オーラはしゃがみ撃ちという大きな硬直が伴い、ただでさえ
被弾するリスクが高い技でしたが、今まではそのリスクを根性で補ってきました。

しかし、これからは爆撃オーラ(火事場で威力を最大限に発揮)と根性の両立が
不可能になりますので、爆撃オーラの運用価値はとてつもなく暴落する事になります。

振り返ってみますと、爆撃オーラと根性との相性はこれ以上に無いくらい良かったですし、
そういえば爆撃オーラと根性の実装時期はシーズン10で、丁度同じでした。

根性装備を組む際にステノを使用する事が多いですからシーズン10パッケは相当売れたと思われ
ますし、弓のSRを上げる人が多かったため、ネカフェ・プレミアムからの収益も多かったでしょう。

爆撃オーラは明らかに調整ミスである事は否めませんが、
それが収益に繋がったと考えると皮肉な感じがします。

ただ、爆撃オーラは間違いなくゲームバランスを壊しかねない性能ですから、
それを修正するのは間違っていないとは思います。

もちろん、人それぞれ考え方が違いますから、このままにして欲しかったという人も
いらっしゃるでしょうし、逆に修正が遅すぎたとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

私は爆撃オーラを使用できる立場ですので、今まで爆撃オーラが非常に
役立った事を考えると下方修正は素直に残念だと思う反面、修正も仕方ないと思います。

今まで爆撃オーラを大いに利用してきましたが、これからは今まで通りに
使えなくなったとしても、それはそれでさほど困らないような気がします。

爆撃オーラ「しか」使えない人であれば事情は違うのかもしれませんが、私は爆撃とガチを
上手に使い分けていたつもりですから、結局は「まあ、いっか」で落ち着いてしまいました。

そういう訳で、最終的にはF2からの爆撃オーラの下方修正を受け入れております。
今まで爆撃オーラを大いに利用してきましたから、十分元は取ったと割り切りました。

それにしても、元々の調整ミスが非常にお粗末でしたよね~ ( ̄▽ ̄;)
お粗末さのお陰で爆撃が役立ったのは皮肉ですが、最初からきちんとしてもらいたいものです。

さてさて、F2から爆撃オーラが下方修正されると発表されてから、
HC変種・剛種クエを中心に、駆け込みで狩っていた人も少なくないでしょう。

私も、爆撃オーラの余命を楽しむかのように、そこそこ利用させてもらっていました。
そして今週は爆撃オーラ最後の週という事で、爆撃募集があれば参加させてもらっております。

爆撃オーラアロー10
初めて剛種ルコディオラの爆撃募集に参加させていただきましたが、
きちんと頭と翼を狙って撃てば、一応尻尾以外の部位破壊はできるのですね。

ただ、爆撃4だと尻尾は切れませんから、個人的には爆撃が良いとはあまり感じませんでした。
打撃2切断2の構成であれば全破壊できますし、それほど時間もかかりません。

尻尾から古龍種の稀玉を剥ぎ取れる確率はたったの2%ですが、私は2度尻尾から稀玉を
剥ぎ取っておりますので、2%とはいえ、尻尾を無視するのは勿体無いと思います。

爆撃オーラアロー11
根性・早食いを付けるのは当たり前ですが、更に龍耐性+30と全耐性+20をつけておけば、
剛ルコの攻撃を喰らっても全然体力が減らず、すぐに攻撃に復帰する事ができます。

剥ぎ取り名人を付けて耐性を全く上げていない人が混じると、根性が発動しても岩で死んだり、
喰らう毎に回復をして手数が大幅に減っていますので、その分討伐時間が延びてしまいます。

剛ルコ爆撃は今日明日と二日間しか残されておりませんが、もし剛ルコへ爆撃で行くのなら、
耐性を上げて行く事をお勧めいたします。

爆撃オーラアロー13
きり良く剛ルコ証を30枚にするために10数戦爆撃オーラでやっておりましたが、
古龍種の稀玉が出たのは1回きりでした (つω:)

これで在庫は3個になりましたが、F2で追加される武器で稀玉が要求されるとしたら、
5個単位になりそうな気がして怖いです。

その他にも、ナズチ剛種防具でも1部位に付き古龍種の稀玉を使用しますし、F2からはルコFXが
登場しますが、ルコFの段階でも古龍種の稀玉を使用しますから、全然足りないでしょう。

本当は今の内にできるだけ古龍種の稀玉を集めておきたかったのですが、F2からは剛ルコの
受注に必要な剛種チケットが2枚から1枚になるでしょうから、F2以降に頑張りたいと思います。

防具は比較的早くに作れるようになるとは思いますが、武器に稀玉を要求されたとしても、
どうせ他の新素材が絡んで、作成できるのは数ヵ月後になるでしょうし。

爆撃オーラアロー15
さてさて、爆撃オーラが今の様に使えなくなりますが、それがHCクエに影響を
及ぼすかどうかに関しては、相対するモンスターによって変わってきます。

例えば、昨日HCエスピナス変種爆撃募集に参加させていただきましたが、
安定して1~2ラスタで討伐できておりました。

これからはそうもいかなくなりますが、実はHCエスピナス種は、油断していなければ
弓のガチ装備で火事場を維持しながら戦うことは難しくありません。

しかし、HCエスピナス種は斬属性の武器で頭を攻撃する事が重要になりますので、ただでさえ
HCエスピナス種の募集が見当たらないのに、これからは弓での参加がしづらくなります。

今まであればどんな相手に対しても爆撃で参加しやすかったのですが、
これからはモンスターによっては中々そうもいかなくなる事もあるでしょう。

ラグの問題が無ければ、弓で参加しても大いに貢献できたりするのですけどね~
どちらにせよ、弓の秘伝防具を作成している関係上、私は弓で参加せざるを得ません。

弓の関しては、機動力を活かしつつ、敵の弱点を的確に撃つという非常にやり甲斐のある武器
ですので、今まで爆撃しか使ってこなかった人達も、これを期に普通に使ってみて欲しいです。

今回、爆撃オーラに対しての下方修正が注目されがちですが、
その他の面では上方修正されます。

●しゃがみ状態の解除の動作から、回避の動作までが速くなる
●しゃがみ照準撃ちの威力を1割程度上方修正(爆撃以外の強撃・麻痺・毒・睡眠)
●昇龍弓のヒット数・威力を2割程度上方修正し、攻撃行動中に怯まなくなる
●オーラアロー以外の爆撃ビンの威力を2~3割上方修正


こうして見てみますと、爆撃オーラの下方修正にばかり目が行きがちですが、
結構上方修正されるようです。

一番最初に上げた「しゃがみ状態からの回避が速くなる」に関してですが、この動作の速さに
よっては、今後も火事場をしたままオーラアローをする事が可能になってくるのかもしれません。

そして更に強撃オーラアローも強くなりますので、もしかしたら強撃オーラが流行ったりしてw
しかし爆撃とは違って、強撃オーラは的確に弱点を狙わねばなりません。

韋駄天のランカークラスの人であれば問題ないのかもしれませんが、一般人がしゃがみのリスクに
怯えつつ、ラグも計算して的確に強撃オーラを弱点に当てるのは難しいのかもしれません。

しかも、オーラアローを使うためには秘伝書を嵐ノ型にしなければなりませんが、地ノ型・天ノ型と
比べて溜め時間が長くなりますので、そのデメリットを考慮すると、結局は使わない気がします。

先ほども申しましたが、私は弓の秘伝防具を作成している関係上、これからも弓と長く
付き合って行く事になりますので、F2以降の弓の立ち回りに注目していきたいと思います。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

新しいお友達とオシャレを楽しもう (o'u(o'∀≦o)

先日、フォワード.2 プレビューサイトにて第3回目の更新がありました。
これが、最後の更新となります。

話題として取り上げるべき物はいくつかありますが、
今日は新しく追加される武器を中心にご紹介させていただこうと思います。

F214
まず新武器についてですが、片手剣の「ヴェニノプンティヤ」はキット販売ではないかと思います。
ファミ通に西洋の服装の様な防具が紹介されておりまして、それはおそらくキット販売でしょう。

そして、この片手剣も西洋の剣という感じがしますから、ファミ通で紹介されていた防具との
類似点を考慮すると、キット販売のおまけ武器である可能性が高いと思います。

こちらは毒片手剣のようですが、キット販売の武器はそこそこの性能でしかありませんので、
「攻撃322 毒500」くらいだと予想しております。

そして多くの方が気になっているであろう武器は、双剣の「ニゲル・N・アーラ」でしょう。
こちらは剛種武器である事が発表されていて、ご覧のとおりルコディオラの双剣です。

PVでこの双剣が登場しておりましたから、事前に予想はしておりましたけどねw
気になるのは、どういった性能に仕上がるかという点です。

この双剣には龍属性・麻痺属性が付く事はほぼ確定ですが、双剣に麻痺属性が付いてしまうと、
どうしても性能は控え目になるという印象がございます。

そのため、攻撃力364以上になる事は考えづらく、良くて攻撃力350、
悪くて攻撃力336という性能になるかと思われます。

麻痺属性が仇となり、何となく攻撃力336に落ち着きそうな気もするのですが、
今更336の双剣を出されても、悪女や進化武器に敵いません。

そのため、期待も込めて「攻撃力350 龍300 麻痺20 スロット無し」と予想します。
悪女よりは劣る感もありますが、ルコ武器は斬れ味ゲージが優秀なのを忘れてはいけません。

ルコ武器の大剣・片手・ハンマー・ランスは全て匠無しでも白ゲージがありますし、
匠を付けると紫ゲージが発生します。

ハンマーだけは若干残念な斬れ味ゲージですが、他のルコ武器は長い紫・白ゲージがございます
ので、もしルコ双剣にも長い紫・白ゲージがあるとしたら、かなりのアドバンテージになります。

そうなると、「スロット2の悪女・優秀な斬れ味ゲージのルコ双剣」という感じで、
両者の使い分けができそうです。

ルコ双剣は見た目も格好良いので、ぜひ使いたくなるような
良い性能にしていただきたいと願っております(人´∀`*)オネガイ!

F215
左の大剣は「浮岳大剣【鬼】」で、ヤマツカミの剛種武器となります。
ヤマツカミの大剣という事で、麻痺属性が付いている事でしょう。

見た目も面白いので作ってみたいのですが、残念なのはリーチ短という事です。
リーチが短い分、尻尾の様な高い位置への攻撃が当たらない可能性もありますね。

ただ大剣の場合、リーチ短はデメリットばかりではなく、振り回しても味方に攻撃が当たりづらい
と言う利点もありますので、一概にリーチ短が良くないという訳ではないと思います。

リーチ極長のオリンポスでむやみに薙ぎ払いをすると、味方に迷惑をかける事がありますしね。
要は使い方次第ですし、リーチ短でも小さいサイズの敵には十分戦えることでしょう。

今回は剛種大剣初となるリーチ短ですが、リーチ短の武器は強くなる傾向にありますので、
「攻撃力1296 麻痺450」くらいは期待できると思います。

攻撃力1344までは行かないような気がしますし、ヤマツ武器は
会心が付くイメージがありませんので、大体これくらいの性能に落ち着くことでしょう。

中央の太刀は「緋骨太刀」で、説明文からして原種ゴゴモアの太刀でしょう。
原種の武器が出るという事は、過去の例から考えて、剛種武器も出るはずです。

つまり、久し振りとなる剛種太刀が実装される可能性が極めて高いという事です。
太刀使いの方々は、おそらく歓喜している事でしょう。

今までいくつものMHFオリジナルモンスターの剛種武器が実装されてきましたが、
何故か太刀は蚊帳の外になる事が多かった気がします。

MHFオリジナルモンスターの剛種太刀を振り返ると、オルガロンの天狼刀【須佐之男】にまで
遡らなければなりません(進化武器のラヴィは特殊なので除外)。

しかも、リーチ中の剛種太刀はエール=ダオラを最後に実装されておりませんでしたから、
リーチ中の剛種太刀が実装される事を待ち望んでいた人は少なくないはずです。

剛種太刀が不遇だった事を考慮すると、剛種ゴゴモア太刀は強くしてしまって良いと思います。
気になるのが、ゴゴモア武器の属性ですね。

ファミ通では片手剣・ハンマー・弓のゴゴモア武器が紹介されていて、
弓は無属性の連射矢と書かれておりました。

となると、ゴゴモア武器は無属性になる可能性が高いと思います。
「攻撃1296 匠で紫ゲージ」でも罰は当たらない気がしますね。

そして右のハンマーですが、グレンゼブルの剛種武器の「怒髪大鎚【激浪】」です。
MHF初期の頃、物凄く活躍していたバルカンバスターを思い出させるデザインです。

カタツムリのような丸まったデザインが面白いと思います。
イベント武器のグレンハンマーも良かったですが、私はこちらの見た目も気に入りました。

ただ、水ハンマーには紅爪ノ鎚【破】(攻撃1300 水500 会心15% 通称カニハン)が
立ち塞がっており、怒髪大鎚【激浪】が中途半端な性能だと出番が無くなる事でしょう。

おそらくですが、怒髪大鎚【激浪】はテオハンマーと似た性能になると予想しております。
「攻撃1248 水550 会心20% スロット1 匠で紫ゲージ」という感じでしょうか。

グレンの剛種武器は全て会心15~30%ありますので、会心率の高さには期待できます。
これくらいの性能であれば、通常クエはグレン・HCクエではカニハンと使い分けできますね。

F216
上のランスは「緋骨槍」で、こちらも名前からしてゴゴモアのランスとなるでしょう。
そして太刀と同様に、剛種ゴゴモアのランスも登場してくると思われます。

見た目は獣らしく、フサフサしている感じがして、私は中々良いと思います。
そして注目すべき点は、このランスはリーチ長という事です。

太刀や大剣の場合、リーチが長いと逆に味方に攻撃を当ててしまい、迷惑になる危険性があり
ますが、ランスの場合は長いリーチは絶対的なアドバンテージになりますので、これは嬉しいです。

性能は太刀と同様に無属性の「攻撃力575 匠で紫ゲージ」と予想します。
何となくですが、ゴゴモア武器には会心が付かないような気がします。

下のガンランスは、ナナ・テスカトリの剛猫武器のナナ=マルシャとなります。
剛種ナナガンランスを期待していた人は、「剛猫か~ヽ(≧Д≦)ノ」とガッカリしている事でしょう。

はっきり言いまして、これ以上新しい剛猫武器は実装しなくても良いですから、
普通に剛種武器として追加して欲しいですね~( ̄▽ ̄;)

原種ナナガンランスは機械的なデザインでしたが、こちらは生物的なデザインの様に見えます。
盾がナナの頭かハート型を思わせる形で面白いと思いますが、私は作成しないでしょう。

ガンランスの場合、砲撃タイプが通常・放射・拡散の3タイプありますが、
どの砲撃タイプのナナ=マルシャが出来上がるのかもランダムとなるでしょう。

ただでさえ当たる可能性が低いのに、自分の好みの砲撃タイプを引き当てるのは
物凄く大変なのは間違いありませんから、ガンランス使いの人達は辛いでしょうね::

F217
左上はゴゴモアライトボウガンの「緋骨軽弩」ですが、それとは別に
剛種ゴゴモアのライトボウガンもおそらく出るでしょう。

緋骨軽弩はL2通常弾とL1散弾が速射できるとのことですが、そうなると
剛種ゴゴモアライトでL2通常弾とL1散弾が超速射できるようになると考えた方が自然です。

L2通常弾とL1散弾を超速射できるライトボウガンと言うと、浮岳ガンと怒髪弩級【海猫】が
ありますが、剛種ゴゴモアライトは両者とどう差別化されるのかが気になります。

「浮岳ガンは麻痺弾を多く撃てる・怒髪弩級【海猫】はL2通常弾を7発超速射するのであれば
一番強い」という特色をそれぞれ持っておりますが、剛種ゴゴモアライトはどうなるでしょう。

攻撃力300というように単純に火力を上げてくるのか、もしくは
スロットを増やしてくるのかのいずれかになりそうな気がします。

右のヴァシムボウは、何となくイベント武器の様な気がします。
デザインも良いので、実戦で使用できる性能だと嬉しいですね。

F220
そして、F2からはグークを2匹まで飼えるようになるそうです。
これにより、今飼っているグークに仲間ができますから、寂しい思いをさせずに済みそうです。

しかし、グークに興味が無い人にとっては、「鳴き声が更にうるさくなる」と
迷惑がっているかもしれませんね^^:

私はグークに毎日餌を与えているように可愛がっておりますから、そうは思いません。
新しく追加されるグーク服はどれも可愛らしく、着せてあげるのが楽しみです。

本当はまだまだ書きたい事があるのですが、長くなりましたので、最後にもう一点だけ。
次回予告の中に、F3に関する絵が公開されておりました。

F218
『この場所から始まる・・・新たな狩猟の高み!!』という文と共に公開された上の絵ですが、
これは一体何を意味しているのでしょう。

第一印象としては「新しい猟団部屋?」と思ったのですが、どうでしょうね。
猟団ランク13が解放されてからはずっとそのままですので、ランク14が解放されるのかも。

猟団ランク14になると更に猟団部屋がグレードアップし、そしてそこから特殊なクエに
行く事ができるという可能性もゼロではないと思いますが、そうなると問題が発生するでしょう。

猟団ランク14限定の特殊なクエを実装してしまうと、かなりの不公平感を招きかねません。
何となくキャラバンの館の様にも見えますので、キャラバン関連かもしれませんね。

今はまだ情報が少ないので、想像するだけに留めておきましょう。
F2関連の情報で書きたい事は他にもありますので、機会があればご紹介させていただきます。

========================================

先日、非公開コメントでご連絡を下さった○○様へ

ご依頼の件ですが、喜んでお受けいたします。
あなた様のサイト上でお返事するべきだったのですが、メールフォームしか連絡手段が無く、
私はメールでのやり取りは行っておりませんので、この場での返信とさせていただきます。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

華麗なステップをお見せいたしましょう (*´ω`*三*´ω`*)ヒュンヒュン

今週は、「砦を揺さぶる老山龍」という剛種クエが配信されております。
これは古龍種の骨を獲得できるラオシャンロンクエで、骨ラオと言った方が分かりやすいですね。

今現在、古龍種の骨の用途は2種類しか存在せず(剛キリンガンランスと剛シェン狩猟笛で
各8個の計16個)、「古龍種の骨を持っていなくて困った」という人は少ないはずです。

しかし、F2以降に一部の武器の強化素材が古龍種の骨に変更される事は既に発表されて
おりますし、それとは別に古龍種の骨の用途が増える事は十分考えられます。

古龍種の骨は「砦を揺さぶる老山龍」の基本報酬で15%の確率で手に入りますので、
今の所は入手難易度は高くはありません。

しかし古龍種の牙・珠・膜・顎が基本報酬で出ていたクエが廃止されたのと同様に、F2からは
砦を揺さぶる老山龍が廃止され、古龍種の骨が手に入りづらくなる可能性も否定できません。

例えば、砦を揺さぶる老山龍が廃止された上で「背中・肩の破壊報酬として各10%で
古龍種の骨が出る」というようになってしまうと、部位破壊の分だけ時間がかかってしまいます。

これは一つの可能性でしかすぎませんし、F2からも引き続き砦を揺さぶる老山龍が配信される
かもしれませんが、万が一のために今の内に古龍種の骨を集めておこうと思ったのです。

今までは剛ラオへは「特3火事場餓狼狙撃貫通強化ニゲル=フルグル」で挑んでおりましたが、
笛1フルグル3でも2ラスタで討伐できます。

こちらの戦法の場合、「体力-50・スタミナ-50」のご飯が出されるはずですが、
私は最初にコゲ肉を使って餓狼を発動させようとします。

コゲ肉は50%の確率でスタミナが25減少しますから、運が良いとすぐに餓狼を発動できます。
しかし50%の確率でスタミナが25回復してしまいますから、その際は劇薬黄を飲みます。

つまり、運が悪いと劇薬黄を飲むハメになり、コストパフォーマンスが悪くなってしまうのです。
劇薬黄はネカフェで頂けるとはいえ、貴重品である事には変わりありませんしね。

もちろん、開幕で餓狼を発動させなければいけないという義務はなく、超絶ピアス10で
はらへり倍化大が付くでしょうから、3分後に自然に餓狼を発動させる作戦でも良いでしょう。

しかし、私は前々から興味を持っていた戦法がございました。
それは、水強化ヘビィ3+狩猟笛作戦です。

水属性攻撃強化【大】を付け、怒髪重砲【白露】かメラニンシューターSPで
水冷弾を撃つというシンプルな戦法となっております。

ラオ剛種10
そして、骨ラオ専用の装備を組んでみました。
胴・腰にデュールFを、足にリアンFを使用しており、中々エロイ装備となりました。

ここで必須となるスキルは「攻撃力UP大(暴れ撃ちがある場合中で可)、火事場力+2、装填数UP、
水属性攻撃強化大、装填速度+1(メラニンの場合)」で、最大数弾生産があるとなお良いでしょう。

水冷弾で攻撃する事になりますから、見切りは必要ありません。
上の装備は、剛力珠を詰める事によって勝手に見切り2が付いただけとなります。

これらのスキルは簡単に付ける事ができますから、見た目が良い装備も組みやすいですし、
激運を付ける事ができるのも嬉しいです。

古龍種の骨は基本報酬15%で出ますから、運気の効果が非常に期待できますので、
必要スキルを組み込んだ上で、是非とも激運は付けていきましょう。

ラオ剛種11
それにしても、ディール胴はいつ見てもエロイですね~ (//∇//)
F2では、このデザインで新しい色の防具が実装されると良いですね。

個人的には、ファラン頭も結構好きです。
ザザミ頭を髣髴とさせるツインテールが中々可愛らしいと思います。

さてさて、水強化ヘビィ戦法ですが、やり方は非常に簡単です。
まず最初に火事場を発動させましょう(体力-50の普通の毒飯でOK)。

そして剛ラオが現れましたら、とりあえず貫通弾を正面から1セット撃ちます。
※人によっては首に水冷弾を撃つかもしれません

そして横へ移動し、背中の棘の様な突起の部分へ水冷弾を撃ち、
ラオが前進して尻尾を撃てるようになったら、尻尾へ水冷弾を撃ちます。

ラオ剛種12
尻尾へ水冷弾を撃ち始めると、暫くしてからラオは大ダウンを連発し、
もうラオはそこから動けなくなるはずです。

やる事といったらこれだけですから、誰にでもできる簡単な戦法と言えるでしょう。
2ラスタで終わりますので、サクサク進める事ができますね (*^ー゚)b

途中、水冷弾がなくなるはずですが、カラの実とキレアジ(ドスキレアジ)を調合して下さい。
私の場合、持込の水冷弾60発+カラの実キレアジの調合分で足りました。

注意点としましては、尻尾を撃ち始めた時に尻尾の先端辺りにいると
死んでしまう可能性がありますので、そういう時は無理せずに左へ移動しましょう。

この時ご一緒させて頂いた人は、SRヘビィ天ノ型のステップで位置調整をしていらっしゃっていて、
思わず「オオッΣ(・oノ)ノ 」と思ってしまいました。

そして、その後はちゃっかりと私もステップ移動を真似させてもらいましたw
まあ、わざわざステップを使わなくても問題は無いでしょう。

ちなみに5月11日の記事でヘビィのステップをご紹介させていただきましたが、
はっきり言いましてヘビィのステップを使う機会は限定的ですよね~

F2からはヘビィのステップが2連続で行えるようになりますが、これには
ヘビィの上方修正を期待していた人達はガッカリした事でしょう。

「ヘビィが強化されると思ったら、よりによってステップか~ (ノ∀`) 」という心境でしょうね。
ヘビィは、もう少し攻撃面で何とかして欲しいような気がします。

狩猟笛の役割ですが、攻撃大旋律を2回吹いた後に属性攻撃強化を吹き、
その後鬼人笛を吹いたりラオの頭を殴りましょう。

一応、笛の人も火事場を発動させた方が良いかと思います。
また、属性攻撃強化を吹かなければいけませんので、SRにする必要がございます。

ラオ剛種13
古龍種の骨の入手確率は15%と低い確率ではありませんし、激運効果も相俟って、
体感では1戦で1個は出ていたような気がします。

ラオ剛種14
そして、デュール腰+リアン足の組み合わせで剥ぎ取りを行うと、こうなりますw
ラオは剥ぎ取りを迅速に行わないと9回剥げませんから、撮影の位置取りが大変でした。

さてさて、この戦法は簡単かつ消費するアイテムも少ないため、もっと流行るべきだと思います。
ただ現実は、この戦法の募集が極端に少ないのですよね~

剛ラオ自体の募集も少ないですし、募集があったとしても笛1ガン3という曖昧な募集だったり、
良くて笛1貫通超速射3という感じです。

私はかなり前からこの戦法で参加してみたかったのですが、全然募集を見かけず、
昨日初めて求人区でこの戦法の募集を見かけ、喜んでお邪魔させていただきました。

今は棘眠が配信されておりますから、そちらに人が流れてしまい、
更に集まりづらくなっている事かと思います。

ただ、F2以降に古龍種の骨が手に入りづらくなる可能性を考えると、
ある程度古龍種の骨を集めておくために、剛ラオへ行く事を検討してみてはいかがでしょうか。

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

落とし穴に落とされるだけの存在ではありませんよ~ (「・ω・)「 ガオー

先日、「MHFボクの好きなモンスター」という企画のモンスター人気投票が行われておりましたが、
その結果が発表されました。

モンスター人気投票1
この投票で1位を獲得したモンスターのスペシャルムービーが公開されるという企画で、
ムツゴロウさんがそのモンスターの生態を語るという内容になるそうです。

ただの人気投票で終わらない辺りは、手の込んだ企画で良いと思います。
さて、気になる投票結果ですが・・・

モンスター人気投票4
ベルキュロスが堂々の第一位を獲得しました ヽ(゚▽゚)(゚▽゚)o∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*
21.06%という支持率で、5人に1人がベルに投票した事になります。

ベルが1位になった要因ですが、単純に見た目が格好良いというのが理由だと予想しております。
最初はFFで出てくるような召喚獣に見え、モンハンのモンスターらしくないような気がしました。

ただ、今までのモンスターにはない風貌であったのは間違いありませんし、
単純に「カッコイイー」と思わせる要素をベルは持ち合わせていたのだと思います。

個人的には、ベルは比較的年齢が低めの人が好みそうなデザインかなと思いましたが、
実際は年齢等は関係無いでしょうねw

狩人祭の時、ベルは落とし穴に嵌められてたくさん狩られるという事で
辛い思いをしていたでしょうが、この結果を聞いて大いに喜んでいる事でしょう。

モンスター人気投票5
モンスター人気投票6
2位以下の投票結果は以上の通りとなっております。
ドラギュロスが2位ですので、ベルドラがワンツーフィニッシュを飾りました。

私が投票したノノ・オルガロンですが(8月11日の記事参照)、
19頭中12位と、イマイチの結果に終わってしまいました。

カムも13位と低迷してしまいましたから、オルガロン夫妻はあまり人気が無いのですね::
それでも、2頭の順位が仲良く並んでいるあたり、夫婦愛を感じてしまいますw

さて、私が予想していた順位は「1位ヴォルガノス・2位アクラヴァシム・3位ドラギュロス」
というものでしたが、予想としては地味に惜しかったと思います。

結果的には「2位ドラギュロス・3位ヴォルガノス・4位アクラヴァシム」ですので、
思い切り的外れな予想ではありませんでしたね。

私が3位にドラギュロスを予想しましたが、ここにベルが入るかドラが入るかで迷いました。
つまり、ベルかドラのどちらかが3位に入ると予想していたのです。

シンプルに考えれば亜種よりも原種の方が人気が出そうですから、ベルと予想したかった
のですが、ドラの方がモンスターとしての出来が良いので、ドラが3位だと思ったのです。

ベルかドラかで迷ったという事もあり、どちらかが上位に食い込んでくる所までは
予想できたのですが、まさか両者が1位2位を獲得するとは思ってもみませんでした。

ベルとドラで票が割れると思いきや、両者合わせて3割以上の支持を集めたのは凄いですね。
こうして、11月にベルキュロスのスペシャルムービーが公開される事となりました。

どの様な出来になるのか今から公開が楽しみなのですが、
ベルの生態を紹介する内容に作り上げるのは、結構難しいような気がします。

例えばオルガロンだったら、「この子は喉の辺りを撫でてあげると喜ぶんですね~」
というムツゴロウさんの定番が使えたと思うのですが、ベルはそうもいきませんよね^^:

「ベルキュロスは電気を放出する生物なんですね~。少し触ってみましょう。ア~(ビリビリ)」
という展開だと笑えますw (o_ _)o ビリビリ

ベルキュロスは生物という感じがあまりしませんから、普段どのような生活を送っているのか
予想しづらいモンスターであるが故に、一体ベルをどう紹介するのかが楽しみです。

その他のモンスターですが、ヒプノック種が物凄く可愛そうですねw
19頭中、16位・17位・19位と、無残な結果に終わってしまいました。

はっきり言って、ヒプノック種は戦っていて楽しくないですし ( ̄▽ ̄;)
その中でも断トツに存在感の薄いヒプノック繁殖期が最下位になったのは納得できます。

一応、ヒプノック繁殖期はHC化しましたから、以前よりは存在感も増してくるかと思ったのですが、
求人区で部屋を探してみても、ヒプ繁殖部屋が建っている事は本当に稀です。

F2では新しいHC武器が登場してくると思いますが、強いHC武器に
HCヒプ繁殖素材を要求してくる事があれば、存在感が上昇していく事でしょう。

今回のモンスター人気投票ですが、私は良い企画だったと思います。
こうして、MHFプレイヤーの好みのモンスターが明らかになりましたしね。

今回、ベルが1位を獲得したという事で、来年に5周年記念パッケが発売されるとしたら、
エスピナスフィギュアのようなリアルなベルキュロスフィギュアが付いてくるかもしれません。

ただ、ベルキュロスは精巧に作るには難しいと思いますし、鉤爪や副尾の様に
細くて長い部位も多いので、破損の確率も考えるとフィギュア化は無いような気がします。

やはりここは、ヴォルガノスのフィギュアの出番ですよ (ФωФ)キラーン
ヴォルガノスは全体的につるっとしておりますので、フィギュア化はしやすいでしょうw

そういえば、モンスター人気投票とは別に、レジェンドラスタの人気投票も行われておりました。
こちらも既に、投票は締め切っております。

レスタ人気投票1
こちらのレジェンドラスタ人気投票ですが、扱いはモンスター人気投票よりも下でした。
1位のキャラのスペシャルムービーを公開するという事もありません。

投票結果も「後日公開」としか知らされず、ひっそりとした企画という印象は拭えません。
その影響もあってか、私はこの企画に投票するのをすっかり忘れてしまいました (ノ∀`)

この投票の結果ですが、何だかんだ言ってフラウさんが1位を獲得しそうな気がします。
たっぷりクエなどでフラウさんにお世話になった人も多いでしょうし。

私としては、正直フラウさんはあまり好きではありません (゜Д゜;)
ゲーム内キャラですから、ああいったキャラ設定でもありなのかもしれませんが。

この投票の結果を予想してみますと、1位フラウ・2位ナターシャ・3位フローラです。
個人的にはチルカさんが上位に来るとは思ったのですが、他の人の心を読んでみました。

私は、チルカさんを推しますね。
キャラ設定がフラウさんと似ているような気もしますが、チルカさんはOKですw

MHFをプレイする人の数は男性が圧倒的に多いようですから、
どうしても女性キャラが上位を占めることでしょう。

男性キャラの中では、エドワードさんが一番人気が高いような気がします。
以前も書かせていただきましたが、エドワードさんは意外と真面目で好感が持てます。

逆に、エドワードさんは嫌味を言うキャラにしていた方が面白かった気もします。
「悪いな、のび太。このクエは3人用なんだ」とかw Σ(゚ロ゚」)」

せっかくですので4位以下も予想してみましたが、4位チルカ・5位エドワード・6位ユウェル・
7位キース・8位リア・9位ギネル・10位タイゾウ・11位ティアラ となりました。

ティアラさんは、ここでも空気扱いされるのではないかと予想しております。
せっかく実装したのですから、もっと使われるような強さにして欲しいですね^^:

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ドドンさん、卒業の時? ャダ((o(;□;`)o))ャダ

15日から20日の10時までの間、「誰でもプレミアム&パローネコース!」
が開催されておりました。

普段であれば有料のサービスですが、それを無料で提供してくれるのは太っ腹ですね^^
多くの方が今回のサービスの恩恵を受けた事かと思います。

もしかしたら今回の誰プレ&パロは、ユーザーが溜め込んできたMHFへの不満を
軽減する事が目的で開催されたのかもしれませんが、ここは素直に喜んでおきましょう。

誰プレ期間中、HRやSRを上げたい人はそちらの方を頑張っていらっしゃったと思いますが、
私の場合はもうSR上げには執着しておりませんので、別の分野に力を入れておりました。

それは、ラヴィエンテ狂暴期です (ノ*゚ー゚)ノ
「誰パロ開催中は、ラヴィへ行くチャンス」という事で、久し振りに挑戦してみたのです。

ラヴィ狂暴期が初めて実装された週(6月29日~7月6日)にも誰パロが開催され、
その時は結構ラヴィ狂暴期に挑戦していたと思います。

しかし、それ以来は全くラヴィへ行かなくなり、8月3日~10日の間に
誰パロが開催されていた時も、結局一度もラヴィへ行く事はありませんでした。

興味が無かった訳ではないのですが、ラヴィは時間がかかりますので、
あまり気楽に参加できないのが残念なのですよね~

私はラヴィよりもHCクエの方に力を入れておりますから、
両立は難しかったという事情もありました。

では、なぜ今回ラヴィへ行く気になったかと言いますと、
もしかしたら今回が最後の誰パロになるかもしれないからです。

F2からは、キャラバンスキルに関わる狩人珠の劣化が撤廃されます。
一応、お手入れをしておかないとスキルは発動しないようではありますが。

元々、狩人珠のお手入れの救済ために、1ヵ月に1回のペースで
誰パロが配信されていた感がありました。

しかしF2からは狩人珠が劣化しなくなりますので、お手入れの重要性は以前よりは低くなります。
もちろん、お手入れをしないとスキルが発動しませんから、引き続きお手入れは必要です。

ただ、狩人珠スキルをあまり利用しない人であれば、お手入れをする必要性が薄れるでしょう。
今までは、「劣化するから、仕方なしにお手入れをする」という感じでしたし。

そして、「狩人珠が劣化しなくなったから、もう誰パロは開催しなくても大丈夫でしょ?」と
運営が言い出す可能性も無きにしも非ずだと思います。

「一月に一回の誰パロが廃止される可能性が出てきた」という一つの可能性を上げただけですから、
実際はどうなるのかは分かりません。

結局、狩人珠のお手入れは必要である事は変わりありませんので、
従来通り一月に一回のペースで誰パロが配信されるのかもしれませんし。

とりあえず、今後は誰パロがあまり配信されなくなる「かもしれない」という事で、
今回重い腰を上げてラヴィ狂暴期へ挑戦する事に致しました。

私が最後にラヴィへ挑戦してから2ヶ月以上が経過しておりますが、相変わらずの盛況振りでした。
盛況だったのは、誰パロ中という事で私のような人間も少なくなかったという事かもしれませんが。

ラヴィエンテ狂暴期6
最初に支援と放置を決めておいてから討伐隊を募集するのが一般的なのですが、
支援と放置が決まった後、あっという間に討伐枠が埋まってしまうほどの人気振りです。

一斉にカシラに群がりますので、カシラに話しかけるのも大変でした。
自分の姿がどこにあるのかすら、分からない状況ですw

2ヶ月以上もラヴィ狂暴期から離れておりますから、最初はリハビリがてらに
装備自由のPTに参加させていただきました。

さすがに、いきなり火事場PTや火事場練習PTへは参加できなかったですね^^:
参加してはいけないという決まりはないですが、その辺りはきちんとわきまえた方が良いでしょう。

ラヴィエンテ狂暴期7
装備も、2ヶ月前の物とは変えてみました。
前回までは付けていなかった、耐震+2を付けております。

ラヴィ原種の場合は毎フェーズで咆哮しますので超高級耳栓が必要でしたが、
ラヴィ狂暴期はP1とP9でしか確定で吼えません。

そのため、超高級耳栓を付ける必要性はいくらか薄れますので、替わりに耐震+2にしております。
ラヴィを物凄く頑張る人からは、「どちらも付けろ」と言われそうですねw

パリアFX腰があれば、超高級耳栓も耐震+2も両方付けられるのですが、
ラヴィのためにわざわざFXを作りたくはなかったので、妥協してしまいました。

個人的には、耐震+2があった方が手数が減りませんので、
超高級耳栓より耐震+2を優先した方が良いと思っております。

ラヴィエンテ狂暴期8
ラヴィ狂暴期は久し振りではありますが、一応アイテム使用等は下調べしておきました。
皆で的確にアイテムを使用する事が、ラヴィ狂暴期では物凄く重要になってきます。

ラヴィ復帰後の初戦の装備自由PT以外では、事前に打ち合わせもしていないのに、皆当たり前の
様にアイテムを使用しており、下調べしておいて良かったと胸を撫で下ろしております。

ただ、アイテムを使用するタイミングが微妙に違っている人もいらっしゃり(自分も含めて)、
ガッチガチの火事場PTではないPTでは、アイテムが完全に浸透しているわけではなさそうです。

「大討伐にPTチャットを採用して欲しい」という要望があり、それが検討中になっておりますが、
今後大討伐においてPTチャットが使用できるようになると、結構助かるでしょう。

狩りに出発する前に、組んだPT内で打ち合わせができますしね。
今では大討伐チャットで発言を垂れ流すか、個人チャットで打ち合わせするしかないですし。

大討伐チャットで全体に打ち合わせ内容が流れても良いとは思いますが、垂れ流す事に対して
抵抗があるのか、事前に打ち合わせしてくれた貼り主は1人しかいませんでした(個チャで)。

全PTが大討伐チャットで打ち合わせし始めると、収拾が付かなくなるかもしれません。
貼り主がPTメンバー3人に個チャするのも一苦労ですので、PTチャットの採用が待たれます。

ラヴィエンテ狂暴期9
皆が足並みを揃えてアイテムを的確に使用すると、ラヴィ狂暴期は物凄くやりやすくなりますね。
今回の誰パロ期間中に初めて信号弾でラヴィ狂暴期をスタンさせた時は、オオッとなりましたw

ラヴィ狂暴期実装当初は皆慣れておらず、アイテム使用等の攻略法も確立されておりません
でしたから、100万超えばかりしていたのですが、今回はさすがにそうは行きませんでした。

今回の誰パロ中は、大体90万超えに留まっていたように思えます。
それでも、80+40(誰パロボーナス)=120も秘撃玉を貰えますので、私には十分です。

今回は2ヶ月ぶりのラヴィ狂暴期という事で、普通に10死はするだろうと覚悟していたのですが、
3~7死と、予想より死亡回数が少なかったので驚いております。

それでも、ラヴィのプロハンターの皆様からは、「死にすぎ」と言われそうですけどね (ノ∀`)
本気で10死は覚悟しておりましたので、私からすると大健闘ですw

こうして、今回の誰パロのお陰で、292010gを超える事ができました。
前々から、20万g近くありましたけどね。

そして、前回の狩人祭の褒賞として、50000gが頂けます。
つまり、342010gを超える事になるのですが、この数字は大きな意味を持っております。

これは、通常の進化武器派生前レベル100を1本、そして
課金の進化武器派生前レベル100を1本作成する事のできるgの数となります。

※通常の進化武器派生前レベル100に必要なgは256,540g
 課金の進化武器派生前レベル100に必要なgは85,470g 256540+85470=342010

もしくは、課金の進化武器派生前レベル100を4本作成できるgの数でもあります。
F2では新しい進化武器が追加されるでしょうから、そのためにgを集めておいたのです。

通常の進化武器は狩猟笛が追加されますが、これは作りません。
しかし、双剣の大蛇ノ双剣を作るかどうか迷っております。

龍双剣は悪女で十分かなとは思うのですが、斬れ味ゲージの関係で大蛇ノ双剣を
持っていても損はしないと思いますので、作るかどうか悩んでおります。

また、BP11の裏バージョンとして再び課金進化武器が追加されるはずですが、
先日行われたネカフェ大会からの情報で、水と雷の武器が追加されるという話があります。

これは噂ですので本当かどうかは不明ですが、個人的には火が良かったですね。
火の進化武器というよりも、正確には強い火の双剣が欲しかったという感じです。

水武器は結構充実している物が多いですし、雷の使いどころもいまいちありません。
ただ、水の進化片手剣が出るとしたら、かなり期待できます。

巨蟹鋭剣・氷が「攻撃力378 氷510」でしたから、水だとしたら同じ数値になるでしょう。
ドドン・エッジ以降、良い水片手剣がありませんでしたから、これは嬉しいです。

ドドン・エッジも結構古い武器になってしまい、「攻撃力336 水460」は物足りません。
BP11の裏バージョンで水の進化武器が出るのなら、絶対に片手剣にして欲しいと思います。

と、ここで、とても悲しい事実に気が付いてしまいました。
BP11の表バージョンでは、BP11生産券・1を使用して片手剣を生産します。

しかし、私はBP11生産券の1だけ持っていないのです ∑(゚Д゚)
BP9と10は、表バージョンと裏バージョンの武器種が全く同じでした。

例を挙げると、BP9の生産券・1で表バージョンでは片手剣が生産できましたが、
裏バージョンも同様に生産券・1で片手剣が生産できます。

つまり、この傾向からして、BP11の裏バージョンも表バージョンと同様に、片手剣を
生産するためにはBP11生産券・1が必要になってくる可能性が極めて高いと言う事です。

雷の片手剣だったとしたら、私は黄金獣棍【狂】を持っておりますので進化の方は作りませんが、
水の片手剣だったとしたら、MHF史上初となる、武器のために課金する事になるかもしれません。

普通だったら、防具のためのBP生産券・8を狙って課金し、
1~7の生産券は余る事になるのですが、まさかこのような展開になるとは ( ̄▽ ̄;)トホホ

まだ先の事は分かりませんので、課金するとしたら先の話となりますが、どうなることやら。
一つ言える事は、私はまた暫くの間、ラヴィから離れると言う事です。

私が進化武器を作成しても派生前レベル100から強化しませんので、
これ以上ラヴィへ行く意味もあまりありません。

うっかり派生後レベル100への強化に足を突っ込んでしまうと、物凄く大変ですしね^^:
こうして、誰パロの終了と共に、私のラヴィ人生も一旦幕を閉じる事となります。

私は引き続き、秘伝防具のためにHCへ通う日々に戻る事でしょう。
HCもラヴィもどちらにも行ける人が羨ましいのですが、それは人それぞれのスタイルですしね。

今後は、放置枠での参加を虎視眈々と狙う事があるかもしれません。
これからもラヴィをガッツリとプレイされる方は、引き続き頑張っていただきたいと思います。

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

MHFもモンハンです ~~-v(= ̄ω ̄) キリッ

9月8日の記事にて、ニンテンドー3DS(以下3DS)から発売されるMH3Gについて
書かせていただきましたが、その後、再び驚かされる発表がございました。

MH41

なんと、MH3Gと同様に、3DSからモンスターハンター4(以下:MH4)
が発売されるというのですΣ(・oノ)ノ

先日発表されましたMH3Gの発売だけでもインパクトが強かったのに、
更に畳み掛けるようにしてMH4の発売が発表されましたから、とても驚いてしまいましたね~

MH3Gの発売だけでは3DSの販売促進に繋がるかどうか若干疑問だったのですが、
その後にMH4が発売されるという事で、3DSの購入を決めた人は少なくないと思います。

現状では、MH4の発売日・価格等は決まっておりませんが、
今後の3DSの売り上げに大きく関わってくる存在に十分なりえると思われます。

それにしても、現在3DSを持っていないモンハンファンは、
これを期に3DSを買うかどうか悩ましいでしょう。

最近、3DSの値段が安くなりましたから、以前よりは断然購入しやすいはずです。
ちなみに、私は購入しませんけどねw

携帯ゲームの小さい画面で遊ぶ気にはなれませんし、MHFで精一杯なので、
私は今後発売される携帯型モンハンに手を出すことはしないと思います。

さてさて、今回公開されたMH4のコンセプトムービーを見て感じた事ですが、
今までのモンハンの概念から少し外れた感じがいたしました。

当記事の最後にムービーを掲載いたしますので、そちらを見ていただきたいのですが、
私の第一印象は「ワンダと巨像に似ているな~」です。

ワンダと巨像とは、PS2用として発売されたゲームソフトで、
ワンダという少年が巨大な像によじ登るなどして戦うという内容の物でした。

MH43

今回公開されたムービーでは、ハンターがリオレウスの背中に乗って攻撃するシーンが
ありましたから、その辺りはワンダと巨像と似ていますね(他にも似たようなゲームはあるでしょう)。

また、マップに関しても、今までのモンハンとは違う感じがいたします。
今までのモンハンのマップというと、いくつかのエリアで構成されるものでありました。

MH42

しかし今回公開されたムービーを見る限り、複数の独立したエリアで構成されているというよりも、
広大な一つのフィールドを舞台に狩りを行っているようにも見えます。

ゲームシステム等は一切発表されておりませんので、これら全ては推測の域を脱しませんが、
MH4では今までのモンハンの概念を覆すシステムを採用してくるのかもしれませんね。

MH4は開発段階だと思いますので、発売されるのはまだまだ先の話となるでしょう。
それでも、ゲーム業界全般から注目されるゲームだと思いますので、動向に注目が集まります。

そういえば、PSPに続く新しい携帯ゲーム機のプレイステーション ヴィータ
(以下:PS Vita)の情報も色々と明らかになっております。

先に行われた3DSの発表ではMH3Gがありましたから、それに対抗してPSVitaでは
MHP3rdGが発表されるのではという期待を持たれていましたね。

蓋を開けてみれば、PSVitaでのモンハンの新作などは一切発表されませんでしたが^^:
MH3Gの発売が迫っておりますから、ここでMHP3rdGと被せる事はしないでしょう。

今現在ではPSVitaでモンハンが出るのかどうかは分かりませんが、
いずれMHP3rdG、もしくはMHP4がPSVitaから発売されると思います。

私が毎日拝見しているゲームの事を色々と論ずるサイトがありまして、
そこで私と全く同じ考えを述べておりました。

今後、モンスターハンターシリーズは任天堂(3DS、Wii)で、モンスターハンター
ポータブルシリーズはソニー(PS3、PSP、PSVita)で発売すると予想しております。

そしてオンライン部門は、モンスターハンターフロンティア(PC、Xbox)ですね。
このような感じで、多機種にわたってサービスを提供していくのではないかと思っております。

こうして見てみますと、モンハンは幅広くサービスを提供していますね~
それだけ、日本におけるモンハンブランドはとてつもなく成長しているという事なのでしょう。

とりあえず12月10日にMH3Gが発売されますから、そこでまた一つ
モンハンソフトが旋風を巻き起こす事になるのかもしれません。

MHFをプレイしつつMH3Gも購入する人は、色々と大変でしょうねw
私は、MHFのみをまったりと楽しんでいくつもりです^^




テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

秋の味覚を堪能しよう (●≧v≦)オイシー

ただ今、ゲーム内イベント「グークのトロピカルポーチ」が配信されております。
これは、新しいグーク服を手に入れる事ができるイベントとなります。

グーク服11
イベントを紹介しているこの絵ですが、グークの佇まいが物凄く可愛いと思います (*^m^)
オレンジをモチーフにした可愛らしい鞄を与えられて、喜んでいる子供のようですねw

このイベントで12種類のフルーツ鞄を手に入れる事ができるのですが、
そのためには「フルーツ鞄の型紙」を10枚集める必要がございます。

「フルーツ鞄の型紙」が手に入るクエですが、樹海でランゴスタとカンタロスを
各10匹倒すという簡単な内容となっております。

防具はコムラダ一式が貸し出されますが、使用する武器は自由ですので、
散弾を撃つ事ができるボウガンで挑むと楽だと思います。

この時はライトボウガンのヴァシムファイアを使用しておりました。
ヴァシムファイアはL1散弾を速射できますので、今回の様なクエでは活躍してくれます。

ヴァシムファイアはアクラ・ヴァシム実装時に追加されたライトボウガンですが、
麻痺弾を多く撃てる事から、その当時はたくさん使用していた記憶がありました。

MHFでは新しい武器がドンドン追加されていきますから、昔に登場した武器の出番が無くなって
いくのは必然ではありますが、こうしてたまに使ってあげると懐かしい感じがしますね^^

グーク服8
このクエではフルーツ鞄の型紙が確定で1枚、その他基本報酬にて10%で1枚・
10%で3枚出てきますので、あまり時間をかけずに必要数が揃うと思います。

フルーツ鞄の型紙が10枚集まりましたら、マイガーデンの世話焼きネコに渡してあげましょう。
そうしますと、新しいグーク用アクセサリが追加されるはずです。

グーク服9
早速、私が飼っているパトラック君にオレンジの鞄を与えてみました。
その他にも魅力的な鞄があるのですが、私はオレンジの鞄が一番好きです (´∀`)

グーク服10
今回追加されたグーク用アクセサリは12種類ですが、鞄の形は
オレンジ型・リンゴ型・ナシ型・ブドウ型の4種類あり、あとは色違いとなっております。

※リンゴの鞄・モモの鞄・青リンゴの鞄・洋ナシの鞄・ラフランスの鞄・ビワの鞄・
オレンジの鞄・レモンの鞄・ライムの鞄・ブドウの鞄・ブルーベリーの鞄・マスカットの鞄

この中にナシ(梨)がありますが、私が連想する秋の果実というと、梨と柿があります。
梨は8月下旬から11月頃にかけて果実に成長しますので、秋の果物に分類されるでしょう。

これからがまさに、梨が美味しくなってくる季節でもあります。
ちなみに「梨」と言うと、一般的には「和梨」の事を指すようです。

和梨はシャキシャキ感があり、とてもみずみずしい所が良いですね。
ただ、どちらかと言うと、私は洋梨の方が好きです。

洋梨は和梨とは違って、食感がネトっとしていますよねw
洋梨のそういう所が好きではないという人もいらっしゃるような気がします。

洋梨と言うとラ・フランスが有名で、生産量のおよそ7割を占めており、
日本における洋梨の代表格と位置づけられているそうです。

実際に、洋梨の中ではラ・フランスが一番美味しいと思います。
ただ、ラ・フランスは洋梨の中では、それなりの値段はしますね。

個人的には、ブランデーという品種の洋梨がお勧めです。
値段もお手頃で、ラ・フランスに引けを取らない美味しさを持ち合わせております。

ちなみに、「和梨」と変換しようと「わなし」と入力したのですが、「罠師」と変換されてしまった時は、
「ああ、MHFプレイヤーとして染まってしまったなぁ」と思わずにはいられませんでしたw

さてさて、F2を間近に控えておりますが、未だに配信されていないイベントが多数ございます。
プレビューサイトに載っていた「フォワード1の歩き方」通りには、行かなくなっていますね。

フォワード1の歩き方は4月に公開されたもので、結構前の事ですから、
配信予定が多少違ってくるのはあまり気にはしません。

F1.52
ただ、上の画像はF1.5のプレビューサイトに載っていた物で、
これはそれほど前の話ではございません。

F2まではあと1週間近くしかありませんが、まだ未実装の武器は
上の絵の4種類だけでも3種類もございます(狩猟笛・ランス・弓)。

更に、片手剣のグランドガルセイン・大剣と片手剣のアミクスシリーズ、
グークの水玉服も、F1で追加される予定だったのが、未だに配信されておりません。

来週は3連休がありますので、2つくらいイベントを配信してくるのかもしれませんが、
予定されていたイベントをF2前に全て配信するのは絶望的と言えるでしょう。

これらはあくまで「配信予定」という事ですから、あまり目くじらは立てていないのですが、
期待させておいて結局配信しないというのは、良い印象は持てません。

この辺りのF1への評価は、機会があればもっと掘り下げて記事にしてみたいと思います。
F1を振り返ってみると、間違いなくブログ更新1回分のネタになりますので。

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

太腿が生々しいです グハッΣ(´Д`(○=(´∀\*)ヤダァー!!

本日、フォワード.2 プレビューサイトの第2回目の更新がございました。
毎週金曜日は、これが楽しみになっておりますねw

時間の関係で新要素の全てを取り上げる事はできませんが、
気になる点を軽くご紹介させていただきたいと思います。

F28
F2での新要素の目玉の一つになるであろう「ホルク」ですが、
それについて色々と明らかになってきました。

マイシリーズ内の「マイホルク」にて、ホルクに名前をつける事ができ、
訓練したり共に狩りに出かける等して、自分のホルクを成長させる事ができるそうです。

F29
ホルクに特定の属性を与える事もできるようで、上は氷属性を強化したホルクです。
見た感じ、ミラルーツの子供という印象がありますねw

また、ホルクの落し物を利用して「本気飲料」が調合でき、
それを使用すると属性値が強化される「本気モード」になるそうです。

本気モードになると左手にエフェクトが発せられるとの事で、先週公開されたPVで
左手からエフェクトを発しているハンターがいましたが、これの事だったのですね。

果たして、ホルクがどのくらいの頻度で落し物をしてくれるのか、または本気モードの効力は
どれほどなのかによって評価は変わってきそうですが、とりあえず楽しみにしておきます。

F210
そして、F2からは新しいキャラが実装されます。
開発ブログの方でも登場していた、シリーズクエスト専用受付嬢「ミズキ」さんです。

開発ブログの執筆者の苗字が単に「水木」さんなのだと思っていたのですが、
このキャラの名前がミズキになったようです。

ちなみに、公式サイトではキャラ名が明かされておりませんでしたが、
4Gamer.netの方ではこのキャラを「ミズキ」と紹介しております。

公式の方でミズキと紹介しておりませんから、実際の名前がこの通りなのかは分かりません。
注目すべき点は、キャラよりも「シリーズクエスト」という新要素ですね。

シリーズクエストは「ビギナーシリーズ」「ベテランシリーズ」「アイテム交換」の
3つのメニューがあり、様々な依頼内容をクリアしていくという事になります。

依頼は随時追加され、シリーズクエストでしか入手できない武具もあるそうです。
この新しい試みですが、正直言って嫌な予感がしてしまいます。

キャラバン航路や狩猟技クエストの様に、盛り上がるのは
最初だけというコンテンツにならないか心配してしまいます^^:

キャラバン航路も狩猟技クエストも、実装当初は楽しめたのですが、
結局は同じ事の繰り返しで、すぐに飽きてしまいましたし。

シリーズクエストも、同じ轍を踏まないような出来にしていただきたいと思います。
話は逸れますが、ミズキさんの全身像を見た時、ビックリしてしまいました。

下半身の格好が、上半身とあまり合っていないと感じたのは私だけでしょうか。
そしてミズキさんの太腿ですが、これ以上にないくらいリアルな感じがしてしまいます。

ゲームやアニメの女性キャラは、総じてモデルさんの様なスラッとした足になっておりますが、
ミズキさんの太腿はゲーム内キャラとは思えないほど生々しく、少し驚きです。

F3コレクターズパッケが販売されるとしたら、もしかしたらミズキさんの
服装を防具にした特典が付いてきたりしてw F3パッケ、マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

F211
その他、様々な防具が公開されました。
ゴゴモア装備ですが、いかにも「モンスター素材を使用していますよ」という感じがしますね。

見た目に対する評価は分かれそうな気がしますが、私は結構良いと思います。
ワイルド感を持ちつつも、どこか可愛い感じがします。

驚いたのが、F2でいきなりゴゴモア防具のFXが出るという所です。
見た感じゴゴFXの性能は良さそうですので、非課金でも充実した装備が組めるかもしれません。

ちなみに、ゴゴシリーズを一式装備すると、「氷耐性-10」が発動します。
という事は、ゴゴモアは氷が弱点になるのかもしれません。

ただ、グレンゼブル防具を一式装備すると「火耐性-10」が発動しておりましたが、
グレンゼブルが火に弱いという訳ではありませんでしたので、あまりあてになりません。

F212
そして剛種防具第3弾となるナズチ防具が登場します(剣士・ワダツミ、ガンナー・オカミ)。
見た目は、いかにもナズチという雰囲気を醸しておりますねw

男性ガンナーですが、ホラーゲームで登場しそうな物凄く怪しい感じがしますw
女性の下半身ですが、下着系ではなく、どうやらホットパンツ系のようですね::

F213
そしてリエットシリーズですが、これはガルルガをモチーフにしたBP(ガチャ)防具でしょう。
PVにて、女性リエット装備の胸が揺れておりましたから、間違いないと思います。

リエットで注目すべき点は、「属性攻撃強化」です。
これは、以前からあった火属性攻撃強化や氷属性攻撃強化とは、別物のスキルなのでしょう。

つまり、属性攻撃強化を付けるだけで全属性がパワーアップするという事なのだと思います。
となると、「○属性攻撃強化」と「属性攻撃強化」の組み合わせが有効になりそうです。

例えば、炎妃剣【渇愛】に火属性攻撃強化を付けると、火属性値は2100×1.2=2520
という数値になっておりましたが、これに更に属性値が上乗せされると凄い事になりそうです。

ただ、○属性攻撃強化と属性攻撃強化の2つを同時に発動させた場合、どちらも効果があるのか、
もしくは効果の高い方しか採用されないのかについては現状では不明です。

私の予想としましては、両者共に効果が現れるのではないかと思っております。
○属性攻撃強化【大】が1.2倍でしたから、属性攻撃強化は1.1倍が妥当でしょう。

ここで「炎妃剣【渇愛】の火属性値が2100、そこから火属性攻撃強化【大】で1.2倍の2520、
更に属性攻撃強化で1.1倍の2772だ~」というウォーズマン理論が当てはまりますねw

ホルクに関連した新要素の本気モードも属性強化という効果でしたから、
F2からは属性値というものが重要になってくる可能性はあると思います。

宮下さんが「麻痺・睡眠以外の剣晶の効果を上げる」と仰っていましたから、
剣晶効果アップと合わせて属性強化を活用するのも良さそうですね。

秘伝防具の実装後、属性攻撃よりも物理攻撃が重視されてきておりましたが(秘伝防具の効果で
攻撃力1.2~1.3倍)、F2以降はどうなっていくのかに注目してきたいと思います。

本当はもっと書きたい事があるのですが、時間の関係で最後にもう一つだけ。
F2からのリファインとして「ダッシュ時のスタミナ消費半減」が実装されます。

これは物凄く良い変更ですね^^
比較検証動画を拝見しましたが、両者の差は歴然でした。

今まであれば、狩人祭のシクレの時などでいち早く狩りの場へ辿り着くためにランナーが
欲しくなっていたりしたのですが、今回の変更で移動が相当楽になります。

さて、プレビューサイトの更新は、あとは残り1回となりました。
また来週の金曜日が待ち遠しいですね~ (*^m^)

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

お猿さんもウナギが大好物のようです φ(c・ω・ )ψ モグモグ

昨日、第43回狩人祭が幕を閉じました。
参加なさった皆様、お疲れ様でした( *´∇`)_旦~~

狩人祭167
今回は蒼組に振り分けられたのですが、運良く勝利を収める事ができました ヾ(*´∀`*)ノ゛
×○○×××○○×××○○○○○○×○○××○○○××○○×○×○○××○×○ (22勝17敗)

サーバー1の蒼組が勝利したのは、第39回以来の事となります。
最近、蒼組だと負けるというイメージがありましたので、勝ててホッとしております。

狩人祭168
個人成績ですが、予想を遥かに超えた4441という入魂数でした。
シクレ(ボーナス試験)に効率よく出会えた事が大きいのですが、それだけではございません。

個人の入魂数に応じて秘撃玉を獲得できるというのも影響しておりましたし、弓の秘伝防具強化
のため、入魂対象となるHCクエにたくさん行った事が、たくさん入魂できた大きな要因です。

弓早食い1
ちなみに、祭期間中に新しい弓装備を組んでみました。
火事場を迅速に発動させる事のできる、「早食い・体力-30」装備となります。

HCクエで近接武器と混じると体力飯になるのが普通ですが、これらのスキルのお陰で
普段よりも断然火事場を発動させやすくなります。

狩人祭169
特に今回、ノノ・オルガロンが入魂対象(9魂)でしたから、
こちらの装備でたくさん狩らせていただきました。

HCノノの場合、「麻痺剣挽歌」の募集ばかりで弓では参加しづらいのですが、
装備自由部屋がありましたら喜んでお邪魔させていただきます。

HCノノの場合、どの武器種が集まっても1ラスタで終わるところが嬉しいです。
ただ、近接は麻痺剣を付けた方が狩りが捗るとは思います。

弓の場合、麻痺で貢献する事ができませんから、
装備自由であっても煙たがれないか不安ではありますけどね^^:

とにかく、今回はHCノノで相当入魂数を稼がせてもらいましたので、
予想に反して入魂数が4000を超えたという事になりました。

さてさて、今回は従来よりも多めに通常入魂を行いましたが、
それでもシクレで稼いだ魂の数には到底及びません。

今大会では何種類ものシクレに出会えましたが、ティガレックスが一番良かったです。
HCクエにしても魂が貰える場合は、私は積極的にHCで参加したいですね。

狩人祭170
ティガシクレの時、私が部屋主になって求人区で募集させていただきましたが、
参加してくださった方々が皆様お上手で、とても快適にクエをこなす事ができました。

双剣さんが2人いらっしゃいましたが、後ろ脚を粘着して転倒ハメに持ち込むと楽勝です。
私は皆様に比べると仕事をしていない気もしましたが、できるだけティガの転倒を狙っておりました。

秘伝防具を作成しようとすると、魂・中が一番足りなくなりますので(あくまでFXを
レベル1で止める場合)、魂・中が手に入るこのクエは物凄くおいしかったです。

ティガシクレは4種類ありましたので、時間さえ合えば私は全種類に行ってみたかったのですが、
さすがにそういうわけにはいかず、1種類しか行く事ができませんでした (つω:)

狩人祭171
下位グレンゼブルも良いシクレでしたね^^
この時は3人で行っておりましたが、毒→睡眠→麻痺→捕獲の流れで1ラスタ安定でした。

こういう時に、大剣のSRを700にまで上げ、大剣の進化武器を作っておいて良かったな~
と感じる事ができます *゚∀゚)ノ

ヴォル頭でツタを登っていくと、魚が頑張って上流を目指しているように見えて笑えます。
また、クエ後の1分間でイワヒメ草を採取する事ができたのも、良かったと思います。

狩人祭172
そして日曜日のお昼に、猟団クエのドドブランゴ2頭がシクレとして来ましたが、
人数さえ揃えば悪くないシクレだと思います。

問題は、人数が揃うかどうかという事と、猟団ランクが4以上であるかどうかという事ですね。
この時は運良く団員3人+レスタで狩る事ができましたので、ホッとしております。

ちなみに、団クエですと追加依頼を受注する事ができますので、「雪だるま不可・ホット肉系禁止」
の追加依頼を受注し、毎回大タル爆弾G2を2個頂いておりました(*^m^)ウマウマ

狩人祭173
これは団ドドシクレの中のワンシーンなのですが、
ドドが私のヴォル頭に噛み付いているではありませんか (∩;゚皿゚) イタイ!

猿が魚類を食べているシーンは想像できないのですが、
意外とウナギは好きなのかもしれませんねw

狩人祭174
そして火曜日の夜に配信されたガンランス限定のフルフル変種2頭クエですが、
これは異常なまでに面白くなかったです (ーヘー;)

ランス装備で火事場を発動させ、ひたすらガード突きを繰り返すだけです。
火事場を発動していても、そこそこ時間がかかりますから、マズシクレだったと思います。

せっかく獲得できた火曜日のシクレがこんなマズイシクレでしたから、
水曜日の朝に紅組に逆転され、負けを喫する事を覚悟しておりました。

しかし意外な事に、こんなマズイシクレでも紅組に60万差を付けるに至りましたから、
腐っても「火曜日の夜のシクレ」という事ですねw

火曜日に夜のシクレを獲得した組が圧倒的に有利である事は皆様もご承知だと思いますが、
今回の祭ではサーバー2が伝説を残してくれました。

火曜日の20時に発表された入魂数で、サーバー2の紅が12594772・蒼が12594850となり、
その差がたったの78だったのです ∑( Д )゚ ゚

前回の祭では、サーバー1にて火曜日の20時の段階での紅と蒼の差がたった5000という
奇跡を体験いたしましたが、今回はそれを遥かに凌ぐ奇跡だと思います。

78の差というのは、1人の1回分の入魂数とほぼ同等ですから、この差で勝敗が決した事を
考えると、かなりドラマチックな展開だったと人事ながら思います。

こうして無事に狩人祭で勝利を収める事ができたのですが、実はそれほど嬉しくありません。
と言いますのは、今回勝ててもストレガFXを作成する事ができないからです。

ストレガFXを作成するために必要な物は祭典の追憶・朱ですが、
今回の祭では手に入らないのですよね~ ( ̄▽ ̄;)

これは前回の祭の後に書かせていただいたのですが、ストレガFXは
毎回勝ち組クエストで作る事ができるようにしてほしいと思います。

祭典の追憶は朱・桃・藍の3種類ありますが、もし朱を手に入れる事ができる勝ち組クエが、3回の
内1回の祭でしか配信されないようであれば、いつまで経っても作成できない恐れがあります。

今回の祭も、祭典の追憶・朱が手に入らないと知ってからは、正直やる気が相当薄れましたし。
次回の祭ですが、10月5日から登録祭が始まります。

F2で追加される防具の性能によっては、ストレガFXがどうしても必要になる事も
考えられますので、次回の祭はできれば「勝ちネコからの挑戦状」にしていただけると嬉しいです。

その上で、祭典の追憶・朱が手に入る勝ち組クエを配信してくれると最高です。
勝ちネコが無理ならば、せめて祭典の追憶・朱だけでも手に入るように配慮していただきたいです。

F2直後にも関わらず祭を開催するのですから、既に企画が手詰まりなのかもしれません。
よって、次回は勝ちネコからの挑戦状になる可能性は低くは無いと思いますが、どうなることやら。

そして忘れてはいけないのが、個人の入魂数に応じて秘撃玉を獲得する事ができたという事です。
これに関しては、私はかなり高い評価を与えております。

祭の褒賞のシステムとして、団内の入魂総数を入魂した人数で頭割りされておりましたから、
個人の頑張りというものはあまり重視されておりませんでした。

一応、5000以上入魂したら祭りポイントが1.5倍という感じで個人の頑張りを優遇して
おりますが、それでも褒賞の頭割りが気に入らないという人は多いと思います。

それが今回、10魂を入魂するごとに1秘撃玉(上限500まで)与えると言う個人優遇の
措置が取られ、従来よりも個人の頑張りを助長する役目を担った企画だったと思います。

5000入魂で500秘撃玉という事は狂ラヴィ約5回分なので、
それだったら普通に狂ラヴィで稼いだ方が良いとお考えの方もいらっしゃる事でしょう。

しかし、個人の頑張りをそのまま素直に反映した褒賞という事で、私は良い企画だったと思います。
本当は、祭ポイントの頭割りというシステムをもう少し改善した方が良いとは思いますけどねw

私の団では祭ポイントの頭割りに不満を持っている人はいないはずですが、
所属している団の事情によってはそうもいきませんので、難しいところです。

この褒賞の頭割りのシステムの改善を願う要望は、相当な数が運営に届いているはずですが、
頑なに変えない辺り、これからも変わる事はないような気がします。

そういえば、13日から14日にかけてXbox LIVEにおいて障害があり、
Xboxでプレイできないという問題が発生したそうです。

その影響で、PC・Xbox全てのプレイヤーの祭褒賞が上方修正される事になりました。
この辺りの対応ですが、非常に好感が持てます。

今回の問題はXbox LIVEが原因ですので、言ってしまえばマイクロソフト側が悪く、
MHF側には非がありませんでした。

それでも、プレイヤーが満足に遊ぶ事ができなかったという事態を重く受け止め、柔軟に対応した
のは褒められるべきでしょう(MHFに非がなくても当然の措置という声もあると思いますがw)。

MHFの運営は、こういう所は良い意味で腰が軽いのですから、他の所でも
その柔軟さを発揮して、より良いサービスを提供してくれると嬉しいです。

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ドカンと打ちあがる前に存在が萎んでしまいました (;´-`)

本日のメンテ明けから、「炎王龍の衝撃」が配信されております。
これは特異個体モンスターが登場するクエで、G装飾品の生産素材が手に入ります。

今回の衝撃クエの相手は特異個体テオ・テスカトルで、
作る事のできるG装飾品は大砲珠Gとなります。

今回の衝撃クエは下位と上位の2種類ございまして、キーアイテムは下位の場合は1個、上位の
場合は4個必ず手に入りますが、集めやすさを考えると上位へ行った方がよろしいでしょう。

大砲珠G1
私は求人区の上位部屋へお邪魔させていただき、そこで連戦させていただきました。
特に装備等の指定はなかったのですが、自然と双剣3笛1になっておりましたw

私の場合、HC剛種テオへは数え切れないほど行っておりますが、
今回の上位特異テオはHC剛種テオと比べるとそれほど強くありません。

全員で頭を攻撃し、ゴリ押ししていたら、短時間で勝てるはずです。
通常のテオであれば前触れも無くタックルをしてきますが、特異テオはそれが無いのが嬉しいです。

特異テオの場合、動きにメリハリがあり、私は戦っていてとても楽しい相手だと感じております。
キリン・クシャ(ナズチも悪くないですが)と共に、古龍系特異個体は良い設定がされていますね。

大砲珠G2
これは私がいつも感じていることでありますが、特異個体テオが辺りに撒き散らす
赤い光を発する粉塵は、見ていてとても綺麗だと思います。

その中に身を置いてみると、どこか幻想的な気分が味わえますね (*^m^)
さて、私はとりあえず、大砲珠Gを4個作れる分だけ素材を集めておきました。

大砲珠Gは「砲術師+5・気絶+5・聴覚保護-3 スロット1消費」という性能で、
ガンランス・排熱用ヘビィ・ドラカナで利用価値がある物だと思います。

ただ、大砲珠Gは結構扱いづらい装飾品でありますね^^:
「砲術師+5」は嬉しいのですが、その他のスキル値がかなり厄介です。

「気絶+5」は一見するとプラスのスキルですが、大砲珠Gを2個使用しただけで「気絶確率半減」が
発動してしまい、スキル数10個が限界のMHFでは、逆に邪魔な存在になりかねません。

そして、「聴覚保護-3」も、装備を組む上で結構痛いですね~
そのため、気絶と聴覚保護のせいで、大砲珠Gの2個以上の運用は難しいように思います。

超絶ピアスⅩであれば「聴覚保護+25」が付きますので、大砲珠Gを3個使用しても
「聴覚保護+16」になりますから、高級耳栓は確保できます。

また、秘伝防具のサファイアFX(ガンランス)・トルマリンFX(ヘビィボウガン)を一式装備
していれば超高級耳栓が自動的に付きますので、大砲珠Gをいくら使用しても大丈夫でしょう。

それでも、大砲珠Gは気絶と聴覚保護のスキル値が足を引っ張ってしまい、
扱いづらいというのが一般的な見解かと思います。

軽くガンランス・排熱ヘビィ・ドラカナ装備をシミュレートしてみましたが、
大砲珠Gが無くても困る事はありませんでしたし。

と言いましても、後々大砲珠Gが欲しくなる場面が出てこないとも限りませんので、
衝撃クエが配信されている内は、ある程度集めておいた方が良いでしょう。

さてさて、先ほども申したとおり、ガンランス装備をシミュレートして探してみたのですが、
かなり良い装備が見つかりましたので、早速組んでみました。

ガンランス11
こちらが、新しいガンランス用の装備となります ( ^-^)つ
先日購入いたしましたアニバパッケのアオノコFコイルを、早速使用してみました。

武器スロットなし
超絶のピアスⅥ          Lv7   66  ●● 剛力珠, 剛力珠
メランFジャケット         Lv7  167  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 剛力珠
ブリッツアーム      (剛)  Lv7  104   ●● 剛力珠, 剛力珠
アオノコFコイル      (パ)  Lv7  123  ●●● 剛力珠, 剛力珠, 大砲珠
エディオFフット・※    (パ)  Lv7  123  ●●● 斬空珠G, 斬空珠G, 爆剣珠G
服Pスロット2                    ★★  匠カフPC1, 斬味カフⅡPC3

防御値:583 スロット:■0□0●13○0 火:2 水:4 雷:4 氷:4 龍:5

攻撃力UP【大】,見切り+3,龍風圧無効,砲術王,火事場力+2
高級耳栓,業物+1,斬れ味レベル+1,砥石使用高速化,ガード性能+1


アオノコFコイルは「毒5・回避性能5・砲術師5・斬れ味4・匠3・スロット3」という性能で、
ガンランス装備として相当利用価値の高い武具となっております。

胴のメランと腰のアオノコの、色の違いが少し残念です (;-ω-`A) アセアセ
しかし、さりげなく腕に剛種防具のブリッツを使用している所が特徴的でもあります。

ガンランス12
剛種防具の効果として、体力が満タンの時はスキルがワンランクアップしますから、
物凄く強い装備へと変貌します。

この特殊効果は体力満タン時でしか発動しませんので、過度の期待はしていないのですが、
スキルがワンランクアップしていなくても十分強いですから、あくまでオマケと捉えております。

ちなみに、こちらの装備は回避性能が「+9」となっておりますので、爆剣珠Gを外して
軽足珠等を詰めると、砥石高速が無くなる替わりに回避性能+1のスキルが付きます。

8月26日の記事でご紹介させて頂いた装備とは異なり、今回の装備は攻撃大・見切り3を
付けた上で砲術王を発動させ、突きと砲撃をバランスよく使用する事を目的として組みました。

そのため、この装備は砲撃も高い頻度で行う事を前提としており、砲撃を行う事によって
斬れ味が相当消費される事を補うために、私は回避性能よりも砥石高速の方を選択しております。

ガンランス13
その他、剛種防具に頼らずとも、常に砲術神が発動する装備を探してみましたが、
目ぼしい物が見つからず、かろうじて上の装備が見つかりました。

無理矢理、大3装備に砲術神を組み込んだという印象の装備ですね ( ̄▽ ̄;)
悪くは無いのですが、ガンランス装備としてはちょっと中途半端な気もしてしまいます。

見た目もイマイチで、腕のエディオと足のギザミRのギザギザ感が気になりますw
後々、砲術神を組み込んだもっと良い装備が登場するかもしれませんので、そちらに期待です。

あれ?そういえば大砲珠Gは1個も使用しておりませんねw
機会があれば、大砲珠Gにも出番は回ってくると思いますよ。・・・タブン (ノ∀`) アチャー

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

分かっちゃいるけど、やめられない (´・ω・`;) ショボーン

期間限定クエストの中には、猟団ランク13の猟団部屋のみで受注できる
「猟団部屋フロンティアクエスト」というクエストがございます。

猟団ランク13という制限がございますし、猟団員としか(ラスタ・レスタは除く)
行く事ができませんから、あまり馴染みの深いクエストではないのかもしれません。

猟団部屋フロンティアクエストをクリアすると「カルド鉱石」が手に入りますが、
それを集めると武器のカルドシリーズを作成する事ができます。

カルドシリーズはそこそこの強さではありますが、正直剛種武器には及びませんので、
SRが低い内に使用する程度の扱いになるかと思います。

しかし弓の場合、各属性で分かれる上に、連射・貫通・拡散と更に3種類に
分類されるため、剛種武器や進化武器が最強になるとは限りません。

そしてカルドシリーズの中で弓も実装されておりますが、実は結構強い弓でもあります。
生産時はカルドボウで、最終強化でロートカピテルとなります。

ロートカピテル1
ロートカピテルは「攻撃300 火310 スロット2 溜め3で拡散LV4」
という性能で、剛猫武器を除けば最強の火拡散弓となります。

ちなみにその他の火弓ですが、連射矢の最強が剛種武器の炎妃弓【媚態】、
貫通矢の最強がHC武器の飛炎弓リオブリッツです(剛猫武器を除く)。

つまり、矢のタイプが違えど、剛種武器とHC武器と同様にロートカピテルは
最強レベルの武器と言えますので、作る価値は十分あると思います。

ただ、火拡散の使い所があまり無い様に思えますし、通常弓の強撃ビン効果は
攻撃力1.5倍に対し、剛種弓は1.6倍ですので、その差は相当大きいです。

結局、強撃ビン1.5倍と1.6倍の差を考慮すると、通常弓はそれほど使われないのですよね^^:
また、ロートカピテルは攻撃300ですが、攻撃312の弓と比べると物足りなさがあります。

この弓に使用するカルド鉱石の数は、生産時にカルド鉱石【桜】を10個、
最終強化時にカルド鉱石【紫】と【空】を50個ずつ使用します。

10個とか50個とか言われるとギョッとしますが、猟団部屋フロンティアクエストをクリアすると、
該当するカルド鉱石が確定で10個貰えますので、最悪でも11回クリアすればOKです。

※カルド鉱石【桜】は、試されし絆・黒水編(ガルルガ討伐・ガノトトス討伐・ヒレ破壊)
カルド鉱石【紫】は、試されし絆・鎌赤編(ギザミ討伐・フルフル亜討伐・フル亜部位破壊)
カルド鉱石【空】は、試されし絆・蒼棘編(ヒプ繁殖討伐・エスピナス討伐・エスピ尻尾)

どのクエもモンスターが2頭登場しますし、マストオーダーをクリアしなければなりませんから、
団員が集まらずに少数で挑戦する場合は、結構面倒になりそうです。

私の場合、該当する「試されし絆」が配信されている週は、団員とコツコツと通っておりました。
そして、無事にロートカピテルにまで強化する事ができたのです ヾ(*´∀`*)ノ゛

ロートカピテル2
見た目は、祭武器のエクエスボウやストレガボウと同じデザインの色違いとなります。
すっきりとしたデザインで、中々格好良いですね (*^ー゚)b

ロートカピテル3
カルドシリーズはどの武器種も赤色となっておりますが、
赤い防具であるクラージとの相性はバッチリです。

今回せっかく作成しましたので、本当は積極的に使用していきたいところであるのですが、
実はまだ一度もロートカピテルを使用した事がございません (; ̄ー ̄A アセアセ

火弓を使う時は、どうしても炎妃弓【媚態】を使用してしまいます。
全身が火に弱い敵がいれば、ロートカピテルにも出番が回ってきそうではあるのですが。

F2で登場する新モンスターのゴゴモアは猿という事で、火が弱点だと嬉しいです。
ただ、火に極端に弱い設定にしてしまうと、炎妃剣【渇愛】が威力を発揮しすぎますねw

さてさて、現状では最強の火拡散弓を手に入れた訳ですが、この「最強」というのは、
あくまで「剛猫武器を除く」という前提を踏まえたものであります。

剛猫武器は特殊すぎて、一応他の武器とは区別して考えているのですが、
それでも「剛猫武器を除いて最強」という言葉にシックリ来ないものを感じてしまいます。

やはりどうせなら、本当の意味での「最強」の武器が欲しくなってしまいます。
そういう訳で、久し振りに剛猫武器の生産に挑戦してしまいました。

私は弓の秘伝防具を作っている関係上、弓でHCクエに行っておりますから、
強い剛猫弓を当てる事ができれば、この先の狩りが楽になる事でしょう。

そして、先日配信されていた「1日限定!日替わりクエスト」では討伐の証が通常の2倍
いただけましたが、良い機会ですので討伐の証をたくさん集める事に致しました。

剛種テオ1
弓魂・天も欲しかったので、HC剛種の方での挑戦となります。
消費する剛種チケットは1枚ですが、確定で2枚の討伐の証が出ますので、物凄く嬉しいです。

かなり頑張って連戦しましたので、テオとナズチの証が200枚にまで増えました。
もちろん、この期間だけで200枚ずつ集めたわけではありませんよw

証の在庫も増えたという事で、テオ弓とナズチ双剣の剛猫武器の作成を試みたのですが、
その数あわせて110となります。

そして、生産した110個の内、全てがハズレという悔しい結果に終わってしまいました(つω:)
ちなみに、5月22日の記事の段階では合計361回挑戦しております。

そして最近110回挑戦しましたから、計471回も挑戦したことになり、その内、小当たりが
5回ですから、大当たり0%・小当たり1.06%・ハズレ98.94%という結果となります。

分かっていた事ではありますが、剛猫武器には手を出さない方が良いですねw
小当たり1%・大当たり0.1%という噂がありますから、あまりにも低確率すぎます。

討伐の証が余っているのであれば試しに挑戦するのもよいと思いますが、
そうではないのであれば、普通に他の剛種武器を作った方がよほど役に立つでしょう。

私の場合、テオは全ての、ナズチは大剣以外の剛種武器は作成しておりますし、
これから弓魂・天のためにこれらを狩り続けるでしょうから、証は相当余るはずです。

剛種防具の生産に討伐の証を5枚使用しますが、その際に古龍種の稀玉も使用しますので、
ホイホイと剛種防具を作成する事もないと思いますし。

特にナズチの剛猫双剣ですが、他の剛猫武器と違って大当たりを出さないと
実用レベルの物にはならないようですから、あまりのめり込まない方が良いと思います。

と言いつつ、心のどこかで最強剛猫武器を手に入れたいという願望もあります^^:
弓の大当たりのテオ=インフェルノは見た目も素晴らしいので、欲しいな~ |∀・)チラッ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

私は月へ帰らねばなりません 。゜:(つд⊂):゜。エーン

ただ今、ゲーム内イベント「月下幻想奇譚」が開催されております。
これはお月見イベントでありますが、時期的に丁度良いですね^^

イベントの内容としては、メイン:グレンゼブルの狩猟、
サブ:ブルック12頭の討伐となっております。

サブをクリアすることによって手に入る武器は弓のルナ・ベールですが、
これは以前配信されていたイベで入手できた物となります。

つまり、過去のイベントをきちんとこなしてきた人であれば既に持っているはずですので、
今回のイベントはメインのみをクリアするだけで大丈夫です。

メインのグレンゼブル狩猟ですが、対象は下位ですので強くありませんし、尻尾を切る
メリットもあまりありませんから、部位破壊は気にせずサクサク狩猟してしまって良いでしょう。

お月見イベント1

メインを達成すると、「幽玄樹の枝」が必ず2個手に入り、その他
基本報酬として15%の確率で幽玄樹の枝×2が手に入ります(FreeDomの小部屋様より)。

幽玄樹の枝は10個集める必要がありますが、数戦で(最悪5戦)で
集まる可能性が高いため、楽な部類に入るイベントと言っても良いと思います。

今週は狩人祭が開催されておりますので、面倒な内容ではなくて助かりましたね。
さてさて、幽玄樹の枝を10個集めると、太刀の「アマカゲノツルギ」を作成する事ができます。

お月見イベント2

名前からして和風な感じがしますが、鞘の見た目も和風です。
神社に収められていそうなデザインだと思います。

お月見イベント3

鞘から取り出してみますと、このような形になっております。
刃物の部分は和風の太刀というよりも西洋のソードに見えますが、気にしないでおきましょうw

お月見イベント4

私が面白いなと思ったのが、柄の上の部分に絵が描かれている所です。
ススキの傍らで、うさぎさんがお月見をしている所が可愛らしいと思います (*^m^)

実際に武器を振ってみても、音やギミックは特に存在しておりませんでしたが、
このデザインは非常に面白いですね。

ちなみにアマカゲノツルギですが、天光剣【仲秋】→天光剣【晩秋】→天煌剣【かぐや】
へと強化する事ができ、攻撃1152 睡眠200 スロット3 という性能になります。

名前も秋っぽいですし、武器の名前に「かぐや」という言葉が付くのはステキな感じがします。
かぐやというとかぐや姫を思い出しますが、そういえば、かぐや姫は月の住人でした。

今回の太刀を名づけた人は、ネーミングセンスがあると私は思います。
ただ、性能はイベント武器らしく控え目なので、使う機会はありませんけどね^^:

レア8で最終強化ですので、太刀のSRを上げている人であれば、出番があるかもしれません。
この太刀は強化をせず、生産だけしておいて、うさぎさんを見るだけで満足してしまいました。

そういえば、今現在のメゼポルタ広場では、お月見バージョンの風景になっております。
去年と同じデザインではありますが、季節の変わり目を感じさせるのは良い事だと思います。

お月見イベント5
お月見イベント6
お月見イベント7

夜になると、お月様が光るのは面白いですね^^
アイルー(メラルーかも?)とプーギーが、餅つきをしている所が可愛らしいです。

さてさて、現実社会のお月見ですが、それほど重要な行事ではないように思います。
お月見に関してあまり報道されませんし、商戦も大掛かりにはなっていないような気がします。

お月見の事をwikipediaで調べてみましたが、これは東アジアで行われる慣習のようです。
主に、日本・中国・台湾・韓国にあたります。

私はお月見を楽しむという事はしないのですが、気が向いたらお団子でも買って、
気分だけでもお月見を楽しんでみる事になるかもしれません ( ゜∀゜)ノ ○ マンゲツダー

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

父ちゃん、頑張れ~ (*・∀・*)/~~ (@・`ω・) マカセナサイ

本日、フォワード.2 プレビューサイトにて第1回更新がありました。
これは毎回なのですが、プレビューサイトの更新が待ち遠しいですよねw

プレビューサイトの更新に伴って、F2のプロモーションビデオ(PV)が公開されておりました。
そこで、気になった点をピックアップしていこうと思います。

まず最初は、新モンスター「跳緋獣 ゴゴモア」です。
MHFでは、オルガロン以来となる牙獣種の実装となります。

F21
ゴゴモアはご覧の通り、猿系のモンスターです。
既存の猿系モンスターよりは、頭が人間の様な形をしているような気がします。

ババコンガ・ドドブランゴ・ラージャンは頭が体に埋もれている感じですので、
ハンマーとは相性が悪かったですが、ゴゴモアの場合はいくらかマシなのかもしれません。

そして上の画像でもお分かりの通り、子供を背負っているところが面白いですねw
ゴゴモアは雄とは限らないのですが、何となく父と息子という組み合わせの様に思います。

正直言いまして、ゴゴモアの見た目はあまり好きになれそうもないのですが、
子供(ココモアという名前らしいです)は可愛らしいです (*^m^)

この親子という設定ですが、狩りにどのような影響を及ぼしてくるのかが気になります。
ゴゴモアを紹介していたPVでは、ココモアは特に目立った動きはしておりませんでした。

ココモアも戦闘に参加してくるのか、そして狩猟対象なのかは不明ですが、
何となくココモアを狩る事を躊躇ってしまいそうな気がします^^:

F22
さて、ゴゴモアの動きはPVで明らかになっておりますが、一言で言うとスパイダーマンでしたw
手から糸を出し、それを利用して移動や攻撃を行ってくるようです。

一見したところ、動きが素早い上に上空からも攻撃してくるので、中々手ごわそうです。
個人的には、結構楽しみなモンスターであると感じました。

PVでは、双剣に糸を切られて転倒しているシーンがありましたので、戦闘のヒントになりそうです。
この「糸」というアイディアですが、未実装に終わった蜘蛛の設定を引き継いだのでしょう。

開発ブログの方でも、「新モンスターは当初は蜘蛛の予定だったが、牙獣種に変更された」
と書かれていましたしね。

これから、ゴゴモアの動きや武具の情報が明らかになるでしょうから、楽しみにしておきます。
ゴゴモア防具は、鎧というよりもモフモフとした暖かそうな服になる予感がします。

さてさて、その他にも気になる点がいくつかありましたので、SS付きでご紹介させていただきます。
ゴゴモアと戦っていたランス使いが繰り出した技は、今までに無い物でした。

F23
糸を伸ばしているゴゴモアに対し、ランスが踏ん張り上段突きを食らわすシーンです。
カウンターで技が決まったのですが、その後驚くべき事に、ゴゴモアに爆発が起こります。

この爆発は、天ノ型・嵐ノ型に続くランス特有の新技なのでしょうか。
もしくは、剣晶による攻撃という可能性もあります。

例えばですが、爆発剣晶という新しい剣晶が実装され、それで攻撃をすると、
時限爆弾の様に一定時間後に爆発が起こるという感じで。

ただ、新しい剣晶を実装するという事は、それに伴い新スキルも追加しなくてはいけません。
既存の剣晶を強化する(麻痺と睡眠以外)と宮下さんが仰っておりましたが、どうなるのでしょう。

F25
そして、同じくゴゴモアとの対戦で登場してきたのが、ナズチの剛種防具です。
新しいデザインのナズチ防具という事で、これが剛種防具であるのは間違いありません。

今までの剛種防具は「ブリッツ」「フレイム」とシンプルな名前でしたので、
今回のナズチ剛種防具も同様にシンプルな名前になりそうな気がします。

「ステルス」とかw ※ステルス:隠密、こっそり行うという意味
名前の中に、漢字が含まれる可能性も否定できないでしょう。

剛種防具と言うと特殊効果が特徴ですが、ナズチ剛種防具に限り、
体力満タン時には防具が透けるという設定だったら笑えますね (〃ノ∇ノ) ハズカシイ

また、ナズチ防具のハンターが所持している片手剣がナズチ片手ではないか
という話がありますが、そうであれば嬉しいです。

F24
F2で追加されるモンスターはゴゴモアだけではなく、特異個体モンスターも追加されますが、
そこで気になる武器を持っているハンターを見かけました。

上の大剣ですが、これはヤマツカミ大剣でしょう。
軍配団扇(ぐんばいうちわ)のようなデザインで、中々面白いです。

剛猫武器になる可能性もありますが、普通に剛種武器として出して欲しいですね。
ニゲル=モルスが攻撃1248龍500麻痺300ですので、攻撃1296麻痺450くらいでしょうか。

そして下の画像で写っているのは、おそらく進化武器の狩猟笛だと思います。
形状もそれっぽいですし、色も白っぽいですから、派生後の進化武器である可能性が高いです。

また、右に写っている弓は、アクラっぽい弓でした。
F2では魅力的な武具がたくさん追加されると良いですね^^

F26
そして、F2からは「ホルク」という新しい仲間が登場します。
PVを見る限り、戦闘に参加してくれる頼もしい存在であるようですね。

4人ハンターがいて、4匹のホルクがいましたから、1人1匹連れて行けるという事なのでしょう。
ホルクの足元で光っている色は、おそらくどのハンターのホルクかを表す印なのだと思います。

こうして見てみますと、各ホルクのデザイン・色は異なっております。
育て方によって、自分のオリジナルのホルクを作り上げる事ができると楽しそうですね。

F27
こちらは、PVでゴゴモアと戦っていたハンターですね。
見た目からしてガルルガの防具のようですが、胸が揺れておりましたので、BP防具でしょう。

そしてこのハンターが持っている武器は、果たしてルコディオラ双剣なのでしょうか。
パッと見はルコ双剣だと思ったのですが、じっくり見てみると、金色すぎるような気がします。

もしかしたら別の双剣なのかもしれませんが、ルコ双剣だと嬉しいです。
ただ、麻痺属性が付与される分、控え目な性能になるかも? 例)攻撃350 龍280 麻痺30

その他、気になる点がいくつかありましたが、きりが無いのでここまでに致します。
これから、もっともっと情報が明らかになるでしょうから、また一週間後が楽しみです。

さてさて、ここからはF2のPVとは関係の無い話になるのですが、
非常に面白い企画が発表されました。

今まで発売されてきたコレクターズパッケですが、それを5種全て集めると、
ごほうびが貰えるというのです (*´∀`*b) ワーイ

ガイド娘12
この画像に写っているガイド娘ですが、新しい絵ですね。
ヒルデさんが、堂々とセンターポジションをゲットしておりますw

気になるごほうびの内容ですが、「①ガイド娘のお助けパック×5 
②NP5000 ③秘撃玉1000または豪華レア素材セット」の3点です。

②と③は思い切ったプレゼントですねw
私は過去のコレクターズは全て購入しておりますし、新しいパッケももちろん購入いたします。

高い値段を払ってコレクターズを買ってきましたから、このごほうびは素直に嬉しいです。
迷うのが、③のごほうびを秘撃玉にするか、豪華レア素材にするかです。

秘撃玉1000ですが、大体ラヴィ狂暴期10回分です。
それも大いに魅力的なのですが、現時点では豪華レア素材を選択するつもりです。

古龍種の剛翼が無いのが残念ですが、牙・珠・顎・膜・舌・腱を10個ずつ頂けますし、
これらを10個ずつ集めるのは今では結構大変ですので、おそらくこちらを選択するでしょう。

まだ時間はありますので、これからじっくり考えます。
とりあえず、私はこの企画は凄く嬉しいのですが、そうではない人もいらっしゃるでしょうね::

8.0や9.0コレクターズは品薄で手に入りづらく、仕方無しに
コレクターズではない通常パッケを買った人もいらっしゃる事でしょう。

しかし、このごほうびを貰うためには、あくまでコレクターズパッケを5種買う必要がございます。
今では通販で過去のコレクターズを購入できますが、もう一度買うのも腑に落ちないですよね。

しかも、8.0コレクターズはXbox用の物は売られておりませんので、Xboxプレイヤーは
必要の無いPCハンターライフクーポンの付いた物を買わなければなりません。

それでもこのごほうびが欲しいという方は買うべきでしょうし、
「そこまでして・・・」と思った方は、スルーしてしまって良いと思います。

さあ、ガイド娘フィギュアプロジェクトも、いよいよ終わりを迎えようとしております。
F3パッケも何かしらの企画がなされると思いますので、それも期待したいと思います。


雑誌『フロンティア通信 フォワード.2』の予約が始まっております。
今回はハンマーが特典として付いてくるようです。


テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

杉浦P 「うぐぐっ、ライバルが次々と (´д`||i)ヤッベー」

9月5日、ゲーム業界全般から注目されるソフトの発表がございました。
皆様もご存知のタイトルであろう、ドラゴンクエストの新作発表です。

ドラクエ101

そこでドラゴンクエストⅩ(10)について発表がありました。
発売日は2012年を予定しており、Wii(Wii Uも予定)対応ソフトだそうです。

ドラクエ9がニンテンドーDSで発売されておりましたから、
同じ任天堂のゲーム機であるWiiで発売される事は全く不思議ではありません。

ここで驚くべき事は、ドラクエⅩはオンラインゲームになるという事です (゚O゚;;
ドラクエがオンラインになると発表されて、多くの方が驚いた事でしょう。

私も、「まさかドラクエがオンラインゲームになるとは」と、とても驚いております。
ドラクエと言うと、自分一人で物語を進めていくというイメージがありましたもので。

詳しくは4Gamer.netのサイトにて書かれておりますので、
ご興味のある方はご覧になってみて下さい。

ドラクエ102
街では、このような感じでプレイヤーが歩き回るようです。
これら全てのキャラが、本物の人間が操作しているキャラという事になるのでしょう。

発売は2012年とまだまだ先の話ですので、色々と明らかになっていくのはこれからでしょう。
ドラクエのオンラインゲーム化という展開は、これからどう影響していくのかに注目が集まります。

ちなみに今回のドラクエのオンライン化についてですが、
不安に感じている人の数が多いように思えます。

今までであれば普通にソフトを買ってきて遊ぶという単純な話でしたが、
オンライン化にする事により、そのゲームで遊ぶ事が難しくなる人も、中にはいらっしゃるでしょう。

一人で遊ぶという従来通りの遊び方であれば気楽に触れられますが、オンラインとなると
本物の人間との関わりが避けられないので、それが煩わしいと感じる人もいそうですよね。

一人でまったりと好きな様に遊ぶ事ができたのが今までのドラクエの良い所でしたから
(ドラクエ9は分かりません)、オンライン化に不安を感じるのは仕方が無い気もします。

4Gamerさんのサイトには、オンライン化のデメリットとして、

「本物の人間が相手となると必要以上に気を使ってしまい,楽しくプレイすることに支障をきたす,
あるいはログインすらためらわせることになってしまう可能性もある。」


という事が書いてありましたが、そうならないように気を配っていくそうです。
やはり、新しい事に挑戦していこうとすると、どうしても不安な点が浮き彫りにはなるでしょう。

私個人の意見としては、ドラクエのオンライン化は不安の方が先に感じてしまうのですが、
結局のところ、蓋を開けてみない事には分かりません。

もしかしたらオンライン化が高い評価を受ける事になるかもしれませんし、
逆にFF14のように大コケしてしまうのかもしれません。

ドラクエ好きな人にとっては、これからの情報公開が楽しみにはなりますね。
ちなみに私の場合ですが、実は殆ど興味がありません ( ゜_゜;)

私はゲーム機のWiiを持っておりませんし、これからも購入する予定はございません。
つまり、私はドラクエⅩをプレイしませんので、はっきり言って関係のない話になります。

一応、ドラクエというと注目タイトルですし、過去に数作品楽しませてもらっておりましたから、
私自身に関わる事はなくても、情報だけは仕入れていこうと思います。

私が過去にプレイしたドラクエの作品ですが、4,5,7,8の4作品です。
4と5は非常に面白いと感じまして、特に5はこれからも語り継がれる名作だと思います。

7,8も面白かったとは思うのですが、あまり記憶には残っていませんね^^:
3が一番の名作と言う声も根強いですが、私はもうドラクエをプレイしないと思います。

そういえば、今回のドラクエⅩがオンライン化するという発表の後、
非常に面白い現象が起こったそうです。

午後2時過ぎ、ドラクエⅩがオンラインゲームであることが判明するのとほぼ同時に、
スクウェア・エニックス・ホールディングスの株価が急落したそうです。

ドラクエ103

物凄く分かりやすい株価の落ち方ですねw
多くの方がドラクエⅩのオンライン化を危惧した事が、この様な急落に繋がったのでしょうか。

さてさて、ドラクエⅩがオンラインゲームとして参入する事になりましたが、
MHFへの影響はどのようなものになるのでしょう。

個人的には、ドラクエⅩが参入してこようとも、あまり関係無いような気がします。
そもそもMHFとドラクエは性質が違いますし、プレイ層も全く同じという訳ではないでしょう。

もちろんドラクエは魅力的なビッグタイトルですから、MHFを一時休止してドラクエへ
流れる人も出てくるでしょうが、物凄く多い数ではないと予想しております。

ドラクエはPCやXboxではなくWiiでしか遊べませんから、
Wiiを持っていない人は、そのままドラクエⅩをプレイしないまま終わるかもしれませんし。

発売日も2012年としか発表されておりませんから、当分先の話になるでしょう。
そのため、ドラクエⅩの影響でMHFが過疎するのではという心配は、気が早すぎますw

と、安心していましたら、何と身内から刺客が現れたではありませんか ∑( Д )゚ ゚
何と、2011年末に、モンスターハンター3(トライ)Gが発売されるのです。

このタイトルはニンテンドー3DSでプレイする事ができ、
Wiiで遊ぶ事ができたMH3をベースに、追加要素を盛り込んだタイトルとなるそうです。

MH3G1
二足歩行で翼を持たない獣竜種の「ブラキディオス(上のSSのモンスター)」を始めとした
新モンスターが追加され、モンハンファン期待のソフトと言えそうです。

MH3G2
また、MH3をベースにしておりますので、水中戦も実現するそうです。
ガノトトスと水中で戦うと言う、非常に羨ましいシチュエーションが待っていますね。

ただ、多くの人が気になったのが、PSPではなくニンテンドー3DSで発売されるという事でしょう。
ニンテンドー3DSを持っていない人は、ガッカリしたでしょうね::

色々なゲーム機にソフトを提供するというのはカプコンさんらしいですし、
他のゲーム会社さんも同じだと思いますが、それでも落胆した人は多いと思います。

今回、ニンテンドー3DSでモンハンタイトルが出る事になりましたから、他のゲーム会社さんも
それに追随して、3DS対応の魅力的なソフトがガンガン登場してくるようになるかもしれません。

そうなってくれると、3DSを買う価値も高まってくれますね。
3DSを持っておらず、MH3Gを遊ぶ予定の方は、今からお金を貯めておきましょう。

ちなみに、私は3DSを持っておりませんし、わざわざこのために買う事もしませんから、
MH3Gをプレイする事はございません。

一つ気になるのが、MH3Gの発売がもたらすMHFへの影響ですね。
MH3Gの発売は今年の事ですから、メチャクチャ気になります。

仮にPSP用ソフトとして売られるのであれば、MHFから相当人が流れるとは思います。
しかし、3DSを持っている人の数は、現時点ではそれほど多くないと予想しております。

そのため、MHP3rdの時ほどは、MHFに影響を与えないのではないかと思っております。
そうだとしても、少なからず今よりはMHFが過疎しそうではありますが。

去年の年末ごろも、MHP3rdが影響して人が減っていたそうですが、
今年もMHFチームにとっては頭の痛い時期になりそうですね^^:

MHFチームがMH3Gに負けないものを提供してくださる事を、私は期待しております。
ここで出番となるのが、呑竜のなわばりですよw杉浦さん? マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

まあ、呑竜のなわばりは、もう来ないような気はしますけどね。
とにかく、本家様に負けない気持ちで運営・開発に取り組んでいただきたいと思います。

=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ソニーさんは寛大です (゚∇^d)サスガッ

今日は、前々からご紹介したかった内容を書かせていただきます。
今月の9月28日に、驚くべき商品が発売されます。

Xbox1

「Xbox 360 250GB モンスターハンター フロンティア オンライン トライアルパック」で、
Xbox360本体に、MHFのコードが付属してくるのです。

「Xbox本体を持っていないけどMHFに興味があった」という人にとっては、
お買い得な一品なのかもしれません。

そして上の画像にもあるとおり、片手剣と防具のコードも付いてきます。
注目すべき点は、防具のクロッスシリーズでしょう。

デザインはリゲリアと同じですが、色はXboxをイメージした物となっております。
Xbox版MHFのベータテスト特典であった、スフィアと同じ様な色ですね。

気になるのが、クロッスシリーズの性能がどのような物になるかという事です。
今の所、クロッスシリーズの性能は何処にも発表されておりません。

今までであれば、特典武具が発表されると同時に性能も明らかになっていたと思うのですが、
発売日が9月28日と間近に迫っているにも関わらず、未だに不明となっております。

スフィアの時は、当時は素晴らしい性能だという事で評判になりましたが、
今回のクロッスシリーズは一体どうなるのでしょうね。

私は既にXbox本体を持っておりますので、クロッスがどんなに高性能であったとしても、
再びゲーム機を買い足す勇気は無いですね~ ( ̄▽ ̄;)

果たして、どうなることやら。
次の話題も、ゲーム繋がりで。

これも今更な感じがするのですが、先日発売されたPS3用ソフト
「モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver.」についてです。

PSP用ソフトとして爆発的に売れたMHP3rdですが、
それがPS3でHD版として移植されたのです(画面が綺麗になった)。

MHP31

そこで、何とMHP3rdHD版とXbox版MHFのコラボが実現いたしました。
これはある意味、大事件だと思います。

今まで、辻本氏率いるMHPやトライ組(いわゆる本家様)とMHFが表立って
絡む事がありませんでしたから、今回のコラボは非常に驚いてしまいました。

以前、モンスターハンターが5周年を迎えた時、その記念サイトにて
モンハンタイトルのロゴマークがズラッと並べられておりました。

モンハン5周年1

ここでお気付きになると思いますが、MHFが完全に蚊帳の外ですよね (つω:)
私はこれを見て、MHFはモンハン扱いされていないのかなと邪推してしまった記憶があります。

本家様はカプコン大阪本社で、MHFはカプコン東京支社で活動なさっているようですので、
同じモンハンというタイトルを扱っていても、両者は別物という感じなのかもしれません。

それが今回、本家様のタイトルとMHFがコラボするという事で、何気ないコラボではありますが、
MHFが認められたのかなと、少し嬉しい気持ちになってしまいました (*^m^)

ただ、PS3用ソフトに、Xbox用ソフトのクーポンを同封するという
コラボ内容にはビックリしてしまいました。

これって、PS3本体の販売元であるソニーさんは怒らないのでしょうかねw
その辺は、私が心配するまでも無く、きちんとクリアされている問題なのでしょう。

このコラボですが、MHP3rdHD版を購入し、更にXbox本体を
持っている人にとっては、意味があるコラボなのかもしれません。

しかし、Xbox本体を持っていない人にとっては、意味が無い特典ですよね^^:
わざわざXbox本体を購入してくれるほど、MHFに興味を持ってくれるのなら嬉しいですが。

さてさて、新しく発売されたMHP3rdHD版ですが、色々と酷い事になっているようですね。
私は実際にプレイしているわけではありませんから、あくまで外から仕入れた情報になります。

どうやら、フリーズや回線落ちなどのオンライン関係のトラブルが多いらしいです。
自分の体験したことではありませんので、詳しくは省略いたします。

私はMHFでオンラインをプレイしている立場ですが、お陰様で楽しめております。
MHFも色々と不満を言われておりますが、オンライン関係の不具合は少ないので嬉しいです。

そもそもハードが違いますので、比べるのは無意味なような気もします。
しかも、MHP3rdHD版の不具合は、ソニーさんとの絡みもあるようですし。

MHFにも「ラグやホスト制を何とかして欲しい」という不満がありますから、
どちらにも良い所と悪い所が混同しておりますね。

私は本家様のソフトはプレイしないですが(MHFの前はMHGやMH2はプレイしていた)、
どちらもモンハンである事には変わりありませんので、共に更に面白くなる事を期待しております。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

ゲリョ 「ベルさん、チーッス」 (`∇´)

昨日は「アニバーサリー2011パッケ」に付属してきたイベントコード類を
ご紹介させて頂きましたが、今日はそれを利用した装備をご紹介させて頂きます。

ご紹介と言いましても、少し乗り遅れた感じがしますので、
多方面で既に紹介されている装備もあるかと思います。

とりあえず、スキルシミュレーターで探し当てた装備をいくつかご紹介させて頂きます。
その全てが、剣士アオノコFベストを使用した装備になりますけどねw

アオノコFベストは「回避性能+5・匠+3・毒+5・食事+5・斬れ味+4」という性能で、
匠業物早食い装備を組むのに重宝する部位となっております。

はっきり言いまして、アオノコFベストを最大の目的として
アニバパッケを購入した人も少なくないと思います。

そのくらい、アオノコFベストは優れている部位であると言えるでしょう。
今回は、双剣用装備を組んでみました。

アオノコ1
アオノコFベストを使用した装備をいくつか見つけましたが、今回一番のお気に入りはこちらです。
双剣で欲しくなるスキルも満載で、なおかつ早食いも付いていますね ('-^*)

龍風圧無効や超高級耳栓がありませんが、私はHCクエに双剣で行く事は殆どありませんので、
こちらの装備で全く問題ございません。

防御力も高めですし、何より見た目が気に入りました (*^m^)
アオノコは、胴と腰を一緒に使った方が、見栄えは良くなりますね。

私は基本的に、双剣装備として6月24日の記事でご紹介させて頂いた特4業物装備を
使用しますが、早食いがあった方が良い場合は、今回の装備を使用することにしました。

アオノコ2
栄養剤Gを飲んで火事場を発動させる時や、被弾した時に素早く回復したくなるような
クエの場合は、特4から特3に劣化したとしても、早食いがあった方が良さそうです。

アオノコ3
それにしても、アオノコは涼しげな水色で、私は相当好きです。
胸の膨らみを、おぼろげながらも感じる事ができるのも高評価です。

ちなみに、腕をリゲリアFにしても同じスキルが実現します。
ただ、リゲリアは鎧系ですので、服系のアオノコとは合わない気がします。

アオノコ4
そして私はこの装備のために、BP11を購入いたしました。
狙うは、足部位のレイルFグリーブです。

レイルFグリーブは「匠+2・攻撃+3・斬れ味+4・スタミナ+5・スロット3」という性能で、
足部位はベルFXグリーブの独壇場でしたが、それに風穴を開ける存在であります。

レイルシリーズはゲリョスをモチーフにしたデザインですが、
レイルFグリーブはパンツである所が嬉しいです (///∇//)

個人的には、もっと太股を露出して欲しかった気もするのですが、それでも
性能の良さと見た目の良さで、絶対に手に入れる価値のある防具だと思います。

また、食事カフⅡPA1も使用しておりますので、
これのために1000円を払わねばなりません::

これから先、新しいスキルカフPセットは追加されず、
スキルカフPⅡセットで新作が登場して来ることでしょう。

パッケを毎回購入している人達はスキルカフPセットが余っているでしょうが、
今後新しい物が追加されないのであれば、ただの紙切れになってしまいそうで残念です。

とりあえずF2パッケにはスキルカフPセットが付いてきますが、F3パッケからは
スキルカフPⅡセットが付属してくるようになると嬉しいのですけどね~ (/ω・\)チラッ

先ほども申しましたが、基本的に私は双剣装備として特4か特3早食い装備を使用します。
しかし、龍風圧無効や超高級耳栓が欲しい場合は、以下の装備を使用します。

アオノコ5
こちらの装備は攻撃大止まりでありますが、その代わりに龍風圧無効と超高級耳栓が付きました。
今までも龍風・超耳の双剣用装備はありましたが、アオノコのお陰で早食いも追加されました。

見た目に関しても私は悪くないと思いますし、防御力も645あれば十分です。
防御力が36落ちてしまっても構わないのなら、腰はハーヴェストコイルでもOKです。

アオノコ6
それでは防御力が心許ないという方は、こちらの装備がよろしいでしょう(食事カフⅡPA1使用)。
超絶6・アオノコ・ケプト(デスモ)・ケプト(デスモ)・ベルFXで、同じスキルが実現します。

この装備は、多方面で広く紹介されている装備だと思います。
私はベルFXの厚ぼったさから解放されたかったので、フレイヤコイルの方を使用致します。

今回アオノコを手に入れた事により、装備の選択肢が大幅に増えたのは喜ばしい事ですね^^
それだけ、アオノコは使える防具であるという事になります。

ただ残念なのが、アオノコに共通して「毒+5」が付いておりますので、
アオノコを2部位使用してしまうと「毒半減」のスキルが勝手に付いてきてしまう所です。

そうなると、肝心の「早食い」が11個目のスキルとして押し出されてしまいますので、
非常に迷惑な話になるのです (つω:)

発動するスキル数の上限「10」を撤廃するか、もしくは発動スキル(マイナススキルは除く)
を自分で選択できるようにしてくれると嬉しいですね マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

その他、アオノコを使用した装備を色々と見つける事ができましたが、
そのご紹介はまたの機会とさせていただきます。

今回はアニバパッケとしてアオノコが付いてきましたが、通常パッケとして売られたとしたら、
かなり多くの人が購入したのではないかと思います。

やはりネックになるのが、アニバパッケは1万円近くもするという事ですよね^^;
しかも、昨日も申しましたが、アオノコ以外の防具は全く必要ありませんし。

他の武具コードやぬいぐるみ等が付属してくるとはいえ、実質アオノコのために
1万円近くを使うのには抵抗があるという人も、少なくないと思います。

去年のアニバパッケは通販サイトであっという間に売り切れましたが、
今年は発売後も普通に取り扱っておりますから、在庫が余っていそうですねw

在庫を捌きたいのなら、プーギー・マンドラシリーズを上方修正したほうが… (つд・)チラッ
なんて適当な事を言っていると、アニバパッケを買っていない人から文句が出そうです^^:



今でも、アニバパッケ2011が購入できます。
左がPC版、右がXbox版となっております。

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

やる気が無い訳では無いのですよっ! (;・∀・) タ、タブン

昨日の記事では「アニバーサリー2011 プレミアムパッケージ」について書かせて
いただきましたが、今日は付属の武具コード類を話題に取り上げてみたいと思います。

今回のアニバパッケには様々な武具が付いてきましたが、その中で一番優秀な武具は、
間違いなくアオノコシリーズだと思います。

アニバパッケ20115
「アオノコ」という名前から察するに、アオキノコをイメージした防具となります。
ゲーム内のアオキノコのアイコンは濃い青でしたが、アオノコは薄い水色ですね。

個人的にはアオノコの涼しげな色が好きですので、濃い青ではなくて良かったです。
デザインも、とても可愛らしいですね^^

頭のキノコハットが良い味を出していると思います。
シャランやルクスのキノコハットはあまり好きにはなれませんが、こちらはOKです。

アニバパッケ201110
アオノコの胸の部分は、控えめにではありますが開いていて、中々好印象です。
露骨に胸を露出しているデザインとは違った良さが、アオノコには存在しております。

アニバパッケ20116
アオノコで唯一残念なのが、足部位がパンツではないという事です (ノ∀`)
まあ、今回の様なドロワーズも、一応下着の一種ではあるのですがw

頭が水玉模様でしたから、それに便乗して水玉パンツにしてしまっても良かった気がします。
それとも、水玉パンツはF2パッケのアネットさん防具で実装するというオチですか?( ̄ー ̄)

アニバパッケ20117
そして今回、色々な意味で度肝を抜かれたのが、プーギーシリーズです。
最初、この防具が発表された時は、「なんじゃ、こりゃ~ Σ(゚ロ゚」)」 」となりましたねw

完全に、ネタに走って出来上がったデザインと言えそうです。
それでも、これはこれで面白いので、ありと言えばありなのかもしれません。

背後のチャックが、これまた良い味を出しております。
遊園地にこんな着ぐるみが登場したら、意外と子供達が群がってくるかもしれません。

アニバパッケ20118
ちなみにプーギーシリーズの足部位ですが、パンツというよりも、おむつという感じでしょうか。
お尻の部分のハートマークが可愛らしいと思います (*^m^)

この他、アオノコと同デザインのマンドラシリーズがあり、防具はその3種類となります。
しかし、実際にクエで活用できるような防具は、アオノコのみなのですよね~

プーギーシリーズとマンドラシリーズは、「どうして、こんな性能にしてしまったの?」と
嘆きたくなるような酷い性能です。

例えば、プーギーシリーズには「剥ぎ取り」のスキルを付けてしまっても良かったと思います。
結局、防具に関しては、アオノコのみを目的として購入するという感じでしょうか。

去年のアニバパッケにも3種類防具がありましたが、どれも当時は素晴らしい性能だっただけに、
今年のアニバパッケの防具の性能に対しては不満を抱かざるを得ません。

課金防具を強くしすぎても、非課金派から批判が出るという事情があるのかもしれませんが、
プーギーシリーズとマンドラシリーズに関しては、もう少し何とかして欲しかった所であります。

今回のアニバパッケは、速攻売り切れた去年とは違って在庫が余っているようですから、
プーギーシリーズとマンドラシリーズの上方修正が来たりしないですかね~ [壁]・m・) ジー

昨日も書かせていただきましたがコミックに対しての不満と、防具に対しての
不満は諸々とございますが、良かった点ももちろんございます。

アニバパッケ20119
まず、グーク服「ガンマンシリーズ」がおまけとして付いてきました。
グーク服がパッケの特典となるのは、今回が初めてですね。

早速、私が飼っているアヒルのパトラック君に着せてあげました。
悪に猛然と立ち向かう、正義のガンマンの様な格好が面白いと思います。

アニバパッケ201111
また、久し振りにプーギー服の新作が登場いたしました。
「レインボウな服」で、アニバパッケのぬいぐるみと同じデザインです。

服自体が虹色で派手ですので、この子がクエ中に飛び出してくると、結構目立ちますw
プーギー服といえば、「美味しそうな服」以来の新作になるでしょうか。

「美味しそうな服」の実装を最後に、それ以降のパッケに付いてくるプーギー服は
実装済みの物を使いまわされてきましたから、今回の新作の服の登場は嬉しいです。

しかし、9月28日に発売されるF2パッケでは、
プーギー服の替わりに「NP150」がおまけとして付いてきます。

今後はプーギー服は追加されずに、NP150になりそうな気がしますね。
既存の服を使いまわされるよりは、NPを頂ける方が断然嬉しいのは確かです。

ただ、新しいプーギー服が追加されないのも、それはそれで寂しい気もしてしまいます。
「デュラっぽい服」や「グレンっぽい服」のプーギーも、見てみたいですよね。

ネカフェに行かない人にとってはNP150は嬉しいでしょうから、
その辺は立場の違いによって捉え方が異なってくるでしょう。

その他に、太刀・狩猟笛・ライトボウガンが付いてきますが、
その中でも狩猟笛が面白いと思います。

アニバパッケ201112
左がプリティホルン・右がラスティホルンで、プーギーをそのまま表現していますね。
プーギーが肩車をしてもらっているようにも見え、中々可愛らしい一品です。

アニバパッケ201113
プーギーシリーズを纏ってプリティホルンを担ぐと、
プーギーの親子の様に思えてくるところが笑えます ( ´∀`)

そしてこれらの旋律音を聞いてみたのですが、あまりのやる気の無い音に、驚いてしまいました。
動画でご紹介致しますので、思わず力が抜けてしまう音をお楽しみ下さい (´ー)フニャー

次回は、アオノコを使用した装備をご紹介させていただきます。
剣士アオノコですが、神器と言っても過言ではない性能で、良い装備を作る事ができますね^^



=====================================

ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックをお願い致しますm(_ _ )m


MHF・攻略ブログ

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

我が家のアイルーに仲間ができた (∩´∀`@)⊃ ヨロシク~

先日、我が家に念願の「アニバーサリー2011 プレミアムパッケージ」が届きました。
かなり前から販売を受け付けておりましたが、ようやく手に入ったという感じです^^:

アニバーサリー関連のイベントやキャンペーンは8月3日に始まりましたから、このパッケも
8月31日発売という感じでひっぱらずに、同時期に発売してしまっても良かったように思います。

結局、アニバパッケが発売される前にF2のパッケの情報が出てしまいましたから、
「アニバパッケを買わず、F2パッケを買おう」と心変わりした人がいらっしゃる気がしてしまいます。

さて、今回のアニバパッケですが、宅配便の人から受け取った時は、とても驚いてしまいました。
ものすごく大きいダンボール箱で、やってきたのです Σ(・oノ)ノ

去年のアニバパッケは「電子レンジでも入っているのでは?」と思えるような
大きさのダンボールに入れられておりましたが、今回も凄かったですw

ダンボール箱を開けると、その中に更にダンボール箱があり、その周りには
丸めた紙がビッシリと詰められており、かなり厳重な包装の仕方でした。

そしてダンボール箱を開けてみますと、出てきましたよ~
今回のアニバパッケの目玉の一つである、プーギーのぬいぐるみです ( ´(00)`)ブヒ

アニバパッケ20111

上の写真の様に透明な袋に入れられて、リボンで封がされております。
このままの状態で飾っておきたい気持ちになり、リボンを解くのが若干勿体無い気がしました。

店頭販売では、上の状態で陳列されているのでしょうか。
これを抱えてゲーム売り場のレジに並ぶと、周りから注目されそうですねw

アニバパッケ20112

プーギーを袋から出してあげましたが、思っていたよりも大きく、そして
ぬいぐるみとしての質の良さに驚いてしまいました。

アニバパッケの発表時に写真を見た時は、安っぽい出来のぬいぐるみだろうと
思っていたのですが、普通にぬいぐるみとして販売しても問題ない出来の良さであります。

撫でてみるとフワフワな質感である一方、着飾っているレインボウ服はスベスベで、
手にとってみると、そのギャップを感じる事ができて面白いです。

このぬいぐるみは、子供さんが普通に喜びそうな物ですよね^^
また、サイズは長めで結構大きいため、抱き枕としても使えそうな気がします。

アニバパッケ20113

ちなみに今回のイベントコード類ですが、何とぬいぐるみの中に隠されております。
ぬいぐるみのお腹にチャックがあり、それを開封すると、箱に入ったパッケージが出てくる訳です。

この事を知らない人がいらっしゃったとしたら、「あれ?コード類がない」と焦りそうですねw
ちなみに、私は大きいアイルーのぬいぐるみも持っております。

アニバパッケ20114

そこで、アイルーとプーギーを一緒に写真に収めてみました。
プーギーの上に、チョコンとお座りしているアイルーも可愛らしいですね (=´∀`)

これからは、この2体を並べて飾りますので、仲良くしてもらいたいものです。
私はこれからも、この2体を大事にしていこうと思っております。

しかし残念だったのが、付属してきたコミックがイマイチだった事です。
作者さんは一生懸命お描きになった事と思いますが、素直な気持ちを言わせていただきました。

去年のアニバパッケには設定資料集が付いてきて、同じ読み物としても、
そちらの方が読み応えがありましたね。

辛辣な事を言わせていただきますが、はっきり言ってコミックは必要なかったと思います。
それだったら、ぬいぐるみに便乗して、子供向けに絵本にしてしまった方が良かったかも。

アイルー・メラルー・プーギー・グークを題材とした、ほのぼのとしたお話で。
それはそれで、「絵本の方が、ますますいらない」と言われそうですけどねw

そもそも、ぬいぐるみ自体を必要ないとお感じの人は、結構いらっしゃると思います。
「こんなのいらないから、1000円でも安くしてよ」という意見は多そうです。

今回のアニバパッケは1万円近くもしますから、決して安い買い物ではありませんし。
ただ、去年はフィギュア・今年はぬいぐるみと来ましたから、来年も抱き合わせで来るでしょう。

かなり気が早い話になりますが、来年のアニバパッケのおまけが気になります。
先日行われたモンスター人気投票で1位を獲得したモンスターのフィギュアはありえそうですね。

今回、私は当然のようにアニバパッケを購入したのですが、
あと一ヶ月もしないうちに新しいパッケが発売されるのですよね~

今回のパッケで1万円近くも使いましたが、また更に8千円近くのお金が
パッケ代として消えていく事になります A;´・ω・)アセアセ

何だかんだ言って、これから発売されるパッケは全て購入していく事でしょう。
「悔しいッ、でも買っちゃう (*ノω<*) 」という姿勢は、これからも変わらないでしょうねw

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

足が痛くたって、ここは守る!o┤*`‥´ *├o

つい先ほど、2014年サッカーワールドカップ・
アジア3次予選の初戦となる北朝鮮戦が終わりました。

日本は3次予選からのスタートという事で、
これが日本にとってワールドカップ予選の初戦となります。

結果的に、試合終了直前に日本チームが得点を決めて勝利を収めました。
辛うじてという印象はありますが、幸先の良いスタートを切る事ができましたね。

いやはや、それにしても、ホームの試合で格下相手に引き分けで終わるのは
勘弁してほしいと思っていましたから、日本が勝利を収めてくれてホッとしております。

日本はアジアではトップクラスの強さを誇っておりますが、それでも最近のアジア勢も
力をつけておりますので、簡単に勝てる試合なんて、なかなか無いのですけどね^^:

この3次予選も、北朝鮮・ウズベキスタンという不気味なチームと同じになりましたから、
そう易々と予選突破をさせてくれないだろうとは思っておりましたし。

ただ、どんなに苦しもうともワールドカップ予選では結果が最優先ですので、
試合終了直前に勝利をもぎ取ったのは、とてつもなく価値があります。

それにしても、北朝鮮チームのゴールキーパーは凄かったですね~
前半に足を痛めたにもかかわらず、好セーブを連発していました。

北朝鮮にとってアウェーの地で、日本相手に引き分けるという偉業を逃したわけですが、
それでも彼の活躍は賞賛に値するものだったと思います。

この3次予選は、日本・北朝鮮・ウズベキスタン・タジキスタンという組み分けで、
上位2チームが最終予選へ進む事ができます。

個人的には、同じ東アジアの一員という事で、北朝鮮に2位をとって欲しいと思います。
まだ戦いは始まったばかりですから、これからも日本チームから目が離せません。

本当は、モンハンブログを書きながらサッカー中継を見るつもりだったのですが、
結局は中継に見入ってしまい、ブログを書く事ができず、こうして手抜き記事となりましたw

テーマ : モンスターハンターフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。